地域・在宅のセミナー5 件中 1 - 5 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2017/09/24 10:00
    【開催のねらい】 診療報酬による要介護被保険者に対する長期の外来維持期リハは「平成30年3月末まで」とされ通所リハへの移行が進んでおり、今後入所・通所問わず医療分野でみていた患者を介護施設でみる機会は益々多くなります。老健は在宅復帰をするための生活期リハを提供する「病院」と「住まい」の中間リハ施設として位置づけられ、在宅復帰機能のない老健は、医療機関(地域包括ケア病棟、回復期リハ病棟)や在宅復帰を進める特養の競合も予想され、機能を果たせない老健は大幅なダメージを受ける事が容易に予想されます。通所リハは次回改定で「活動と参加のリハビリテーション」がより推進されることが予想され、医療機関や老健との連携強化による在宅復帰後の生活を軌道に乗せる生活リハの重要な役割が求められ、「循環型」サービスの起点となることが求められます。本セミナーではリハビリ施設(維持期リハ、通所リハ、老健)が次期同時改定に向けて取り組むべきシステムの運用準備についてお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「維持期リハ、通所リハ、老健それぞれが収益改善のために今やるべき具体策」 <内容> ・単価アップの具体策 ・リハビリテーションの質の強化による病院との連携推進 ・在宅復帰型→在宅支援強化型に力を入れたサービスへの転換 ほか 13:00~15:00 「短時間通所リハの効率的・効果的な運営と訪問リハ」 <内容> ・リハビリ室を共有した「みなし短時間通所リハ」のメリット ・通所の強みと訪問の強みを合わせると在宅生活の可能性が広がる ・通所リハと訪問リハの連携だからこそできる活動・参加への工夫 ほか <Q&A>15:15~16:00 「回復と自立に向けて」
    日本通所ケア研究会
  • location_on兵庫県query_builder2017/09/10 10:00
    療法士・医師の臨床実践に明日から役立つ、運動器疾患のリハビリテーションに欠かせない画像の見方を、基本から学ぶセミナーです。X 線・CT・MRI画像の基本と、脊椎/ 脊髄・上肢・下肢の重要な疾患について、画像を中心に、リハビリテーションに重要なポイントを交えてわかりやすく解説します。急性期や回復期の病院、また地域で働く運動器リハビリテーション初心者におすすめです。
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on兵庫県query_builder2017/09/09 10:00
    昨年開催した「摂食嚥下アプローチ」セミナーを、更に多面的な視点から掘り下げます。口から食べる幸せを支援したい、そのために必要な摂食嚥下の基本知識、口腔ケア、食事介助技術が学べるセミナーです。「NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」にもご出演された小山珠美先生には、食事介助方法についてご講演いただき、相互実習を通じて技術指導も受けられる内容となっております。
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on神奈川県query_builder2017/09/09 10:00
    【開催のねらい】 昨年の未来投資会議では今後の介護保険制度は高齢者の「予防・健康管理」「自立支援」に軸足を置く新たなシステムを2020年までに本格稼動させる方針を固めている。これは制度自体をレスパイト中心からアウトカム中心に見直すという意味合いがあり、次回改定以降の介護保険制度は大きな転換を迎える事となる。レスパイト中心のデイなどは基本報酬ダウンを覚悟するか、加算算定が急務となる。また、通所リハでは、リハマネ加算2を算定できない通所リハはデイへの転換をせまられるかもしれない。本セミナーでは、そのスタートラインに過不足なく立ち、今後も生き残れるデイ・通所リハとなるために必要な準備すべきことをお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「2018年同時改定に向けて通所介護の先手必勝の準備」 講師:小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表) <内容> ・デイに求められる活動と参加の本質の理解 ・すべてのデイは「活動」と「参加」を実践、個別機能訓練加算2を算定せよ ・5ー7、7ー9の1日滞在型デイは「認知症ケア加算」「中重度者ケア体制加算」が必須 ・加算算定を念頭に置いた質を落とさず効果的な人員配置 ほか 13:30~15:30 「2018年の同時改定に向けて通所リハの先手必勝の準備」 講師:村井 千賀 氏(石川県立高松病院 主幹/作業療法士) <内容> ・これからのリハビリ施設におけるリハビリテーションの展開 ・社会参加支援、地域移行など利用卒業・回転率のアウトカム指標 ・通所という機能!通所リハは「娯楽施設」ではない ・通所リハに求められる外来リハの代替としての機能 ・医療機関から求められるリハビリ施設になるために ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/09/23 10:00
    【セミナー概要】 拘縮、体幹のねじれ、斜め座り、姿勢の崩れなど、高齢者の症状に合わせた姿勢の整え方を体験実技で学んでいただきます。 教科書レベルの「きれいな座位」ではなく、現場の高齢者お一人おひとりを徹底的に考えた、その方のためのシーティングを学んでいただきます。 【当日の内容】 ・生活の場で確かな成果を出したいならクッション本体より○○のほうが大事! ・斜め座り解消&移乗能力向上!○○を使った驚異の100円シーティング! ・サイドサポートに頼らない!左右への座位の傾きが根本から整う50円シー
    日本通所ケア研究会