地域・在宅のセミナー13 件中 1 - 13 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/03/18 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/03/02 18:45
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/04/18 18:45
    車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなく自らの目線で車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は、治療技術や治療器具となるでしょう。在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から採寸や適合、選定を実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。セミナーでの技術、知識が消えないように車椅子身体採寸ツールセットをプレゼントします。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on福岡県query_builder2018/03/18 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/11 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/04 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/03/16 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/09 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/02 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/07 19:30
    概要:リハビリテーションにおいて糖尿病のリスク管理はちゃんと出来ていますか? 現在、糖尿病患者、糖尿病患者予備軍は年々増加の一途をたどっています。 臨床では脳血管障害や整形外科疾患の患者様で糖尿病を合併症とし持っている方は少なくないと思われます。 今回、糖尿病を有する症例に対してどのような運動を行えばいいか、負荷量は?など適切な運動指導ができるように教授したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/02/28 12:30
     1.バイオ医薬品のガイドラインと動態試験の位置づけ   ・毒性試験の一部としての動態試験:TK  2.バイオ医薬品の毒性試験の概要   ・単回投与毒性試験および反復投与毒性試験   ・生殖・発生毒性試験   ・遺伝毒性(変異原性)試験   ・がん原性   ・依存性試験   ・局所刺激性試験   ・免疫毒性試験   ・安全性薬理試験  3.毒性試験・動態試験における動物種・モデルの選択  4.薬物の定量方法   ・放射性標識体   ・特異的分析(EIAなど)  5.曝露量の評価(吸収)  6.組織分布  7.代謝および排泄  8.臨床試験開始にむけて   ・生体成分と免疫交差性があるときのバイオ医薬品の定量   ・PK/PD解析とその留意点   ・Flip-Flop型動態   ・TGN1412事件の教訓  9.バイオ後続品(後発品)の開発  10.改変型バイオ医薬品の開発とPK   □質疑応答・名刺交換□
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/04/02 18:45
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/03/11 10:00
    ■車椅子設計採寸技術セミナー 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。セミナーでの技術、知識が消えないように、プロでも使う車椅子身体採寸ツールセットをプレゼントします。 ■車椅子メンテナンスセミナー 車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会