地域・在宅のセミナー16 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2019/12/14 10:30
    ・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク ・送迎待ちの方を退屈させない環境づくり ・パタカラで終わらない目からウロコの口腔体操 ・食事を楽しくさせる口腔体操 ・呼吸・摂食機能改善レク ・食事やおやつが楽しくなるワクワク感を引き出すレク ・「幼稚」にならないレクアクティビティ ・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操・上手なレクの案内と心理的アプローチ ・根拠のあるレクプログラムは生活機能を改善する ・「脳」を活性化させる感情へのアプローチ ・「伝える」「思考する」「 実行する」 ・ご利用者の可能性を伸ばす方法 ・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レク ・場面ごとの動作確認につながるレク、体操 ・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動 ・視力低下で困る生活動作を考えてみよう! ・できることはできるままに!できないことはできるように! ・潜在する手の感覚を使って行うレク5連発 ・潜在する足の感覚を使って行うレク5連発 ・手続き記憶を活用したチラシタワー ・あなたが主役!一問一答形式のインタビュー ・役割みっけ ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/12/08 10:30
    ・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク ・送迎待ちの方を退屈させない環境づくり ・パタカラで終わらない目からウロコの口腔体操 ・食事を楽しくさせる口腔体操 ・呼吸・摂食機能改善レク ・食事やおやつが楽しくなるワクワク感を引き出すレク ・「幼稚」にならないレクアクティビティ ・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操・上手なレクの案内と心理的アプローチ ・根拠のあるレクプログラムは生活機能を改善する ・「脳」を活性化させる感情へのアプローチ ・「伝える」「思考する」「 実行する」 ・ご利用者の可能性を伸ばす方法 ・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レク ・場面ごとの動作確認につながるレク、体操 ・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動 ・視力低下で困る生活動作を考えてみよう! ・できることはできるままに!できないことはできるように! ・潜在する手の感覚を使って行うレク5連発 ・潜在する足の感覚を使って行うレク5連発 ・手続き記憶を活用したチラシタワー ・あなたが主役!一問一答形式のインタビュー ・役割みっけ ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on愛知県query_builder2019/12/15 10:30
    「通所介護計画」「個別機能訓練計画」の作成でもう悩まない! 適切な「アセスメント」「目標設定」「評価」で活動と参加を推進するデイをつくる 【内容】 ・残された人生がマシンを使った機能訓練に明け暮れる日々で終わらせて良いのか? ・疑問とソーシャルワークの視点から始まった社会的自立支援ケア ・ご利用者の人生(過去・現在・未来)の過ごし方のニーズを効率よく引き出す ・ICFに準拠して「身体的自立支援」と活動と参加につながる「社会的自立支援」にバランスよく働きかける ・問題点だけに着目しないアセスメント
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/12/07 10:30
    「通所介護計画」「個別機能訓練計画」の作成でもう悩まない! 適切な「アセスメント」「目標設定」「評価」で活動と参加を推進するデイをつくる 【内容】 ・残された人生がマシンを使った機能訓練に明け暮れる日々で終わらせて良いのか? ・疑問とソーシャルワークの視点から始まった社会的自立支援ケア ・ご利用者の人生(過去・現在・未来)の過ごし方のニーズを効率よく引き出す ・ICFに準拠して「身体的自立支援」と活動と参加につながる「社会的自立支援」にバランスよく働きかける ・問題点だけに着目しないアセスメント
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/24 10:15
    1. お世話型サービスから利用者の意思でやりたいことが出来るサービスへ 2. ケアマネジャーが選びたくなる広報物の作り方とプレゼンの仕方 3. 利用者・家族が「デイを見に行きたくなるように伝える」ということ 4. 地域に自事業所の必要性を感じてもらうための広報とは 5. キーワードは「循環」と「継続」!地域連携拠点のつくりかた
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/23 10:15
    1. 預かり希望のケアマネジャー・家族への説明 2. 今までのケアの常識は能力を奪っている 3. 「居宅」における生活のどこに「目」を向けるべきか? 4. 利用者のモチベーションアップ 5. 介護技術の重要性
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/11/30 10:00
    <午前>10:00~12:15 生活期リハビリテーション関係者が知っておきたいマネジメントとマーケティング 講師:高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士) 【内容】 ・外来リハ患者激減、入院日数短縮で生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問)の需要増大 ・利用者の流れを確立する ・なぜ、マーケティングが必要なのか(基本と導入の視点) ・押さえておくべき地域におけるマーケティングの考え方と手法 ・自法人のサービスがどの医療・介護事業所の問題解決に寄与するのか ・認知度と信頼を勝ち取る!利用者・家族・ケアマネ向け情報提供の工夫 ・「報酬」と「加算」の考え方 ・「報酬が高い」という理由のみで加算算定のマネジメントは行き詰る ・医師の関与増大で生活期リハビリのマネジメントは複雑化 ・必須!「基本報酬」「加算算定」の意義に基づくマネジメント ・課題となっている「効率化」への対応 ほか <午後>13:15~15:30 今求められる老健・通所・訪問の連携!在宅復帰・在宅療養支援力アップで収益・運営改善 講師:塩原 貴子 氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理) 【内容】 ・「軸」「ウリ」がしっかりした「困った時のフェルマータさん」 ・どれだけ「地域の事業所」「インフォーマルサービス」を巻き込むか ・「数字上の限界値」「体制の限界値」「方法の限界値」 ・「活動」と「参加」の生活期リハビリマネジメントの展開実践事例 ・リハビリ機能を強化しながらケアの質を担保するマネジメント術 ・稼働率を落とさないために ・セラピスト配置の工夫 ・多部門連係で一貫した目標達成 ・併設部門があることのメリットを十分に生かす ・自己管理に導くのは可能か?効果を上げる自主トレーニングメニューの工夫 ・地域に利用者を出していく ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2020/01/05 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/10 18:40
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防しましょう。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/14 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/11/29 10:00
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用したクッションをつくっていきます。 急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考え、バスタオルや段ボール等身近にある物、病院や施設で準備出来る物だけで座位保持クッションを作ります。この徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/06 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/11/30 18:40
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/05 18:40
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/15 10:00
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/20 10:00
    ■車椅子設計採寸技術セミナー(車椅子身体採寸ツールセット付属) 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。車椅子姿勢を見ただけで適合が正しいかどうかがわかるようになります。 ■車椅子メンテナンスセミナー(車椅子調整専用工具セット) 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から、メンテナンスの重要性と技術を実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会