栄養、リスク管理、薬学などのセミナー49 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/07/13 19:30
    概要 理学療法士は基本動作能力を向上させるためADL練習を実施することは多いと思います。しかし、基本動作は多くの関節運動を伴う動きであり、非常の多くの筋の協調的な活により達成できているものです。今回は体幹の可動性向上、四肢の可動性向上のために寝返り動作を利用できるようになることを目的とします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/11 19:30
    概要 ハンドセラピィに対して難しく感じていませんか?正しく評価ができれば、楽しくセラピィはできます。「Useful Hand」を作るためにはしっかり評価を行う必要があります。臨床では「評価に始まり評価に終わる」が基本となります。 ハンドセラピィの理解を深めるためには、まず評価から。曖昧になっていることも再認識できると思いますので是非ご参加ください。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/15 10:30
    複雑な手関節・手指の解剖学と運動学を理解して治療できていますか? 手関節・手指は動作を完成させるための最終的な効果器になります! 人間が人間らしく生活するために、必要不可欠な機能であり、様々な効果を発揮する器官である『手』。 その手に何か異常が生じ、うまく使えなくなった時、そんな症例を目の前にして、あなたは何をしてあげられますか?   手関節・手指には人間が進化する上で培ってきた特殊な機能が存在しています。 その機能を解剖学・運動学的に理解し、適切な介入・治療手技を行わなければなりません。   今回は、急性期病院と地域の整形外科クリニックで作業療法士として経験を積んだ石原が、基礎の部分から実技を交えて講義致します。 【内容】 手関節・手指の機能解剖と触診について 手関節・手指の障害について 手関節・手指への治療手技の紹介 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/10/22 10:30
    膝関節の治療技術を高めるための触診技術を徹底習得! 膝関節は人体の関節の中で特に複雑な構造をしており 治療はとても知識や技術が要求される難しい関節の一つです。 特に術後の癒着や拘縮へのアプローチをするためには、拘縮の病態をきちんと把握し、適切なアプローチが必要となります。 そのため、治療手技だけでなく、癒着拘縮の病態と共に解剖や組織動態から見た阻害因子の捉え方を、どのようにアプローチに繋げるかを知る事が重要なのです。 本講義では、 膝関節を中心とした下肢の機能解剖を、療法士に必要な評価知識・技術の研鑽を目的としております。 膝関節およびその周囲に付随する骨・筋の触診を進めていきます。 特に新人のセラピストに向けて重点的に基礎から話しをさせていただきます。 【プログラム】 1.膝関節の運動学 2.膝関節の靭帯のバイオメカニクス 3.下肢の触診実習 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/07/22 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/08/22 13:00
    1.微生物制御の基本概念   2.化粧品の微生物による汚染  2-1微生物による一次汚染と二次汚染  2-2環境からの微生物汚染  2-3ヒトからの微生物汚染 3.防腐剤について  3-1防腐剤の種類  3-2防腐剤の作用機構  3-3防腐剤の安全性 4保存効力試験について  4-1参考とされる試験方法  4-2保存効力試験の流れ   4-2-1微生物株の入手・保存・継代   4-2-2試料・接種菌液の調製   4-2-3菌液の接種・保存   4-2-4生菌数測定  4-3結果の判定
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/08/31 13:00
    1. 臨床試験とは  - ヒトとはそもそもなんぞや? 2. ヒトの皮膚とはどうなってる? 3. ヒトの皮膚の試験とは 4. ヒト試験をするには? ~試験デザインの立案~  - 試験目的を立てる    -主な肌試験  - 目的に即した評価方法の検討  - 観察期間・観察回数の検討  - 被験者の検討    -被験者として外してはいけないポイント  - 被験者数の検討 5. 試験結果の処理  - 統計学とは  - 具体的なデータ処理方法は? 6. 安全性をどう考える? 7. ヒトの試験を実施するには
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/08/23 10:30
    1管理基準:WHO、三極の基準比較 -精製システム -貯水と配水システム -製薬用水システムのバリデーション 2設備の管理と維持 -WFI、精製水製造法と超濾過法 -設計時の留意点 -装置と付帯設備 -維持管理 -サニテーションと滅菌処理 3品質管理 -微粒子管理 -菌とエンドトキシンの管理 -バイオバーデン管理 -サンプリングと局方対応の測定法 -アラート・アクションレベルの設定と管理手法 4管理装置 -導電率計 -TOC計 -迅速菌管理法 5最近の指摘事項から見た査察時の必須準備項目と留意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/09/05 12:30
     査察の対応を正確にスムーズに進めるためには、GMPの基本的な考え方を理解し、どう説明し、どんな質問に答え、どんな文書を準備するのか、また重要なGMP用語、通訳を使う際に留意する点などを想定して、準備する必要があります。  本セミナーでは、講師の豊富な経験に基づき、実際の査察の流れに沿って説明します。まだ査察官の注目するポイントは時代の流れ、GMPの進展に伴って変化します。  最近ますますチェックが厳しくなる「データ・インテグリティ」についてもポイントを説明します。 ※詳細はHPをご覧ください
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/08/25 13:00
    1.ジェネリック80%時代の展望 -医療制度改革とジェネリック医薬品 -市場動向とメーカの事業戦略 -80%時代に見えてくるもの 2.ユーザはメーカに何を求めているか -ユーザは何を評価しているか -ユーザがメーカに期待するもの 3.ユーザに選ばれるためのキー・サクセス・ファクタ -ジェネリックのパラドックス -価値の訴求 -信頼の醸成 -ユーザ環境の理解と関係構築 4.マーケティング戦略の転換 -ジェネリック推進のメカニズム -地域医療の構造変化 -地域密着マーケティングの勧め
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 12:30
     ◇オイルゲル化剤の種類とゲル化の機構   -低分子ゲル化剤   -粒子によるゲル化   -オリゴマー、ポリマーによるゲル化   -乳化を用いたオイルのゲル化   -オイルワックスゲル  ◇ゲルの硬度発現機構   -ワックスがオイル固化の主流であるわけ   -オイルゲルの物性を自在に制御するには    ・オイルの種類と硬度の関係    ・固化剤の種類と硬度の関係   -ゲル化に適するワックスやゲル化剤とは  ◇化粧品における油性ゲルの活用の実際   -スティック製品(口紅、リップクリーム、制汗剤)   -ペースト状、ゼリー状製品(リップグロス、オイルゼリー)   -鉛筆状製品(アイライナー、リップライナー)   -乳化製剤(サンスクリーン、ファンデーション)  ◇食品、医薬品での油性ゲルの活用    -油脂食品   -健康食品  ◇ゲルを崩す、崩したゲルを活用する   -ゲルは崩してからが勝負    ・ゲル化剤とつやの関係    ・スティック製品の感触制御   -崩す性能とゲル安定性の両立技術  ◇オイルゲルの構造評価   -熱分析の活用   -光学顕微鏡観察   -SEM観察   -レオロジー評価  ◇オイルゲル製品のトラブル   -結晶の析出(ブルーミング)   -オイルの分離(発汗)   -製造条件によるゲル物性の変化   -経時での物性の変化   -共存物質によるゲル物性の変化   -トラブルの予想と定量的評価方法  ◇ゲル化剤の未来   -固化したいオイル種とその課題   -望まれるオイルのゲル物性とは
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/28 12:30
     1.はじめに  2.「失敗学」事件簿 あの失敗から何を学ぶか  3.トラブル再発防止策について(対処療法型と根本治療型)  4.リスクマネジメント  5.最近のトラブル事例  6.品質管理手法  7.安定性試験法   8.特性値の変化と許容範囲  9.保管条件  10.保存期間およびチェック時期  11.チェック項目(特性値)  12.汎用される試験法、分析法(分析機器)と測定対象(測定項目)  13.安定性を評価するためのチェック項目と測定機器  14.安定性チェック法  15.外観検査におけるチェック項目  16.安定性試験法各論   16.1 加速(過酷)試験法   16.2 ブツ(結晶析出)加速試験について   16.3 成分抜去試験   16.4 光安定性(耐光性)試験   16.5 応力試験   16.6 落下試験法   16.7 振動試験   16.8 荷重法   16.9 ワイパー試験法  17.使用場面を考慮した安定性保証  18.クレームを考慮した安定性試験および評価基準の設定   18.1 コンパクト製品の「割れ」クレームへの対応  19.クレーム率と対応基準(製品改良の目安等)  20.試験法の開発事例   20.1 ジグリセリンジイソステアレートによる異臭発生   20.2 メチルハイドロジェンポリシロキサン処理粉末によるケーキング  21.処方幅(処方の安定性の幅)について  22.安定性に関する基礎理論   22.1 乳化安定性に関する基礎理論   22.2 顔料分散に関する基礎理論   22.3 口紅の安定性(発汗、発粉、折れ(経時硬度低下))に関する基礎理論  23.剤型別品質保証   23.1 医薬部外品   23.2 化粧水・ジェル・美容液   23.3 クリーム・乳液   23.4 ファンデーション・コントロールカラー(クリームタイプ、リキッドタイプ)   23.5 ファンデーション・アイシャドー(コンパクトタイプ)   23.6 ファンデーション(油性・スティックタイプ)   23.7 口紅   23.8 ネイルエナメル   23.9 サンケア製品   23.10 エアゾール製品   23.11 外装・容器  24.官能テスト  25.在庫償却について
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/25 10:30
     1.GDP制定の背景と歴史  2.GDPの定義  3.GDPの対象物流と関連業者   3.1 輸送管理は誰の責任?   3.2 製造業者とGDPの関係   3.3 製造販売業者とGDPの関係   3.4 GMP&GDP(=GMDP)という考え方   3.5 GMPとGDPの融合化が進む  4.国内の状況   4.1 医薬品卸売業界の自主基準JGSP   4.2 JGSPとPIC/S GDP  5.PIC/S GDPガイドの内容  6.EU GDPに関するQ&A集  7.GDPの要請事項   7.1 偽造原薬の特徴   7.2 偽造医薬品を感知するシステム   7.3 EUの医薬品包装の安全対策  8.WHOの保管と輸送に関するガイダンス  9.事前の試験・検査   9.1 GDP対応のための前提条件の明確化   9.2 GDP対応のための実験・検証事項  10.保管・配送業者の選定   10.1 査察・監査時の指摘から学ぶ  11.GDP文書の整備
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/21 10:30
     1.乳化と可溶化  2.界面活性剤とは?   2.1 界面活性剤の定義と種類   2.2 界面活性剤の機能と応用例   3.どうやってエマルションの保存安定性を高めているの?   3.1 クリーミングと合一の防ぎ方   3.2 αゲル乳化法   3.3 粘土鉱物乳化法   3.4 保存安定性の評価法  4.どうやって微細なエマルション滴を調製しているの?   4.1 転相乳化法   4.2 転相温度乳化法 (PIT乳化法)   4.3 D相乳化法   4.4 液晶乳化法  5.多相エマルションはどんなふうに応用すればよいの?   5.1 カロリーオフタイプマヨネーズへの展開例   5.2 皮膚外用剤への展開例   5.3 安定性確保の秘訣  6.がんがん落とせるマイルドクレンジングの仕組み   6.1 たくさん油を可溶化する活性剤の選び方   6.2 油剤・高分子・添加剤を使った性能アップ  7.粘度コントロールの考え方とテクニック   7.1 化粧品・食品・化学品開発で使用される増粘剤とその特性   7.2 乳化物・可溶化物における増粘剤の挙動とそのコントロール  8.これからの実用化が期待される乳化・可溶化技術   8.1 固体粒子を利用したピッカリングエマルション・ドライウォーター   8.2 高分子を利用したサーファクタントフリーエマルション   8.3 超音波を利用したサーファクタントフリーエマルション   8.4 肌荒れやニキビのもとになる黄色ブドウ球菌やアクネ菌を選択的に殺菌する界面活性剤
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/09/07 10:30
     1. 凍結乾燥プロセスの概説と基礎となる物理化学現象   1.1 凍結乾燥プロセス   1.2 凍結乾燥装置の概要   1.3 凍結乾燥と関わる物理化学現象      (固液相平衡,過冷却,凍結濃縮,共晶,ガラス転移,コラプス)   1.4 氷結晶のパターン形成   1.5 凍結過程をどう制御するか  2. 凍結乾燥操作の基礎   2.1 乾燥の基礎理論   2.2 凍結乾燥における乾燥のメカニズム   2.3 凍結乾燥プロセスの数学モデル   2.4 凍結乾燥シミュレーションによるデザインスペースの求め方  3.凍結乾燥過程において製品が受けるストレスとプロセス最適化の指針   3.1 凍結時のストレス   3.2 乾燥時のストレス   3.3 保護物質の役割と選定   3.4 凍結乾燥プロセスの最適化   3.5 新しい技術動向の紹介
    株式会社R&D支援センター