コミュニケーションのセミナー39 件中 33 - 39 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/03/26 12:30
     第1部 再生医療等製品の特許入門  1.再生医療等製品とは  2.再生医療等製品に関する特許出願動向  3.再生医療等製品に関する発明と特許化のポイント  4.特許権存続期間の延長登録出願制度  第2部 再生医療等製品の知財戦略のポイント   1.再生医療等製品の知財戦略   2.今後の課題    再生医療等製品の知財に関する今後の課題について最後に触れる。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/25 10:30
     1.GMPとは  2.ICHとは  3.PIC/SGMPガイドラインについて  4.治験薬GMPとは:なぜ治験薬GMPが必要なのか   a) 治験薬の3原則   b) 治験薬GMPとGCPの位置づけ(日本、米国、EU)   c) Q7原薬GMPガイドラインにおける治験薬   d) 治験薬GMPと医薬品GMPの主な相違点と共通点  5.新薬開発状況と欧米における承認状況  6.Annex13(治験薬製造) の要旨と留意点   a) Annex13とは   b) Annex13のポイント   c) Annex13の活用  7.治験薬製造の参考になるガイドライン   a) 国際基準として   b) 日本   c) アメリカ   d) 欧州   e) 三極におけるGMP要件の違い  8.治験薬GMPにおける治験薬製造、品質管理上の留意点   a) 目的   b) 考え方   c) 治験薬品質の一貫性と同等性   d) 開発段階での変更管理   e) 治験薬製造における留意点   f) 治験薬の品質管理における留意点:バリデーションとベリフィケーション   g) 治験薬GMPのポイントと対応策  9.適格性評価とは:なぜ必要か、その進め方は   a) DQ(設計時適格性評価)   b) IQ(据付時適格性評価)   c) OQ(運転時適格性評価)   d) PQ(稼働時適格性評価)  10.治験薬に関する文書  11.手順書等に関する留意点とポイント  12.治験薬受託製造の留意点  13.治験薬出荷承認体制  14.教育訓練の必要性と実施上の留意点  15.治験薬GMPに関するQ&A  16.生データ、実験ノートの留意点  17.GDP(Good Distribution Practice) とは   a) GDPの必要性:なぜGDPが要求されるようになったか   b) GDPの概要   c) GDPの業務   d) GDPに関する規制当局の動き:日本、米国、EU, WHO,PIC/S   e) 輸送における配送リスクマネジメント   f) 医薬品保管中の温度管理:温度モニタリングシステム、温度逸脱対策   g) 流通業者とのギャップと対応策   h) 偽造医薬品問題  18.製薬企業の最近の動向
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/22 12:30
     1.OAの発症機序   ・発症に関与する要因   ・加齢によりOAが発症する機序  2.OAの進行機序   ・各組織の変化とOAの進行   ・軟骨について   ・滑膜について   ・軟骨下骨について  3.OAの進行と症状   ・実際の症例にみるOAの進行   ・OAの進行と症状の関連   ・膝OAの症状:痛みはどこから生じるのか?  4.OAの治療の現状と将来   ・膝OAに対する種々の診療ガイドラインの紹介   ・OA治療の実際   ・治療薬開発の現状と将来  5. OAの病態解明に関する我々の取り組み   ・軟骨、滑膜における遺伝子発現の網羅的解析   ・軟骨、滑膜におけるタンパクの半網羅的解析   ・関節液の解析   ・ヒト検体の解析結果から考えられるOAの進行および疼痛発現の機序
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/23 10:00
    本セミナーでは「レクの目的」「視点」などをケアに取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが「レク=ゲーム」にならない、意味ある【人生再創造】活動の一助となる提供方法について学びます。 【参加のポイント】 (1)レクを目標達成型プログラムのツールにする (2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える! (3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない! (4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する (5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!
    日本通所ケア研究会
  • location_on埼玉県query_builder2019/03/31 10:00
    医療、リハビリ、福祉などの分野で働くセラピストのために、今回のワークショップを企画いたしました。 このワークショップは、忙しい臨床の中で、自分が本当はどんな想いで働いているのか?本当はどんなことをしたいのか?そんなセラピストとしての、自分の本心を探っていくワークショップです。
    リハビリコミュニケーション研究所
  • location_on東京都query_builder2019/03/28 10:30
     1.官能評価とは?   1.1 なぜ官能評価をするのか?   1.2 機器分析との違いと特徴   1.3 官能評価のプロセス   1.4 倫理審査  2.官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール   2.1 評価方法の種類   2.2 実験環境をどうするか?   2.3 試料数とその提示法   2.4 パネルの選び方と数   2.5 評価に使うことばの選び方   2.6 官能評価の尺度と特徴  3.官能評価用質問紙の作り方   3.1 フェイスシートにはどんな内容を盛り込むか?   3.2 質問紙の具体例  4.官能評価データの解析   4.1 データ解析の基本    ・平均    ・分散    ・標準偏差    ・ガウス分布    ・t分布   4.2 検定:2つのスコアの間に差があるか?   4.3 相関分析:2つの変量の間の関係   4.4 回帰分析:3つ以上の変量の間の関係   4.5 高度な解析法    ・クラスター分析    ・パス解析    ・共分散構造解析  5.感覚に関する機器分析の一般的な考え方  6.手触り・触感のメカニズムと定量化技術の最新動向   6.1 ヒトの触覚認識メカニズム   6.2 触覚センサと触覚ディスプレイ   6.3 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用   6.4 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発   6.5 触覚による水認知のメカニズム   6.6 水の触感のディスプレイの可能性   6.7 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源   6.8 シルクのような手触りの粉黛とその化粧料への応用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/27 12:30
     1.はじめに   1.1 医療の経済評価はなぜ必要か   1.2 医療経済と薬剤経済の違い   1.3 費用対効果の考え方   1.4 増分費用効果とは   1.5 投入と結果を比較する  2.病気に関するお金の話   2.1 病気の値段とは   2.2 医療費の推計について   2.3 患者・家族の負担   2.4 生産性損失   2.5 支払い意思額  3.薬物治療の効果の話   3.1 効能と効果   3.2 患者アウトカム   3.3 生存期間   3.4 ネットワークメタアナリシス   3.5 QOLとQALY  4.費用と効果を比べる   4.1 費用効果分析   4.2 費用効用分析   4.3 費用便益分析   4.4 モデル分析   4.5 不確実性・割引  5.おわりに   薬剤経済分析の実例(国内の研究事例を中心に)
    株式会社R&D支援センター