コミュニケーションのセミナー62 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/07/07 10:30
    1 ぬめりという現象 -日常出くわすぬめり -産業上ぬめりの問題  -医療、食品、衛生、土木・建築、船舶、土壌、自動車 -ぬめりとは?なぜぬめるのか? 2 細菌とぬめり -抗菌、バイオフィルムとぬめり -バイオファウリングとバイオフィルム -形成プロセス -バイオフィルムとスケール、スライムの関係 3 ぬめりの科学 -構成要素 -原因となる細菌 -細胞外重合物質(EPS)とその作用 -ぬめりの水分 -バイオミネラリゼーションとぬめり -どのように実験室的に再現するか -どのように検出し評価するか
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/07/03 12:30
     においの評価に必要な基礎知識をはじめ、嗅覚測定法(官能試験法)、機器分析法(ガスセンサ、GC/MSなど)まで、体系的に解説します。 製品や空間に放散する臭気、低濃度の試料を濃縮して分析する方法、国内外の最新情報を紹介します。  においの評価経験の無い方にも、必要な基礎知識を習得して頂ける内容です。嗅覚テスト試薬を嗅いで頂く体験や、評価に使用する器材の紹介も実施します。  これからにおいに関わる業務を立ち上げられる方にも最適です。  パネル選定試験、臭気強度評価の体験もして頂きます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on愛知県query_builder2017/09/10 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。 テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on群馬県query_builder2017/08/26 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治ら
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/07/02 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/08/27 10:00
    個別機能訓練、短期集中リハ、生活行為向上リハに応用でき、現場実践ですぐに使える術を身につける! (1)機能訓練の質を上げるプログラムの実践 (2)生活機能の総合的な向上の実践 (3)効果のある認知症リハに認知訓練 (4)新しいプログラムのヒント 【分科会の内容】選べる12の分科会 「個別ケアで成果を出す!関節可動域訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!筋力増強訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!バランストレーニングで効果を出す工夫」 「効果的で明日から使える集団での転倒予防訓練」 「効果的で明日から使える集団でのADL訓練と小集団で行うIADL訓練」 「効果的で明日から使える集団での関節可動域訓練と筋力増強訓練」 「認知症リハビリ・認知トレーニングの実践」 「認知症の方とその家族のニーズに接近し支援計画を実現する」 「認知症の方の生活行為向上へ向けたチームアプローチ」 「口腔機能を改善するBOSSトレーニング」 「姿勢が変わると日常生活も変わる骨盤・肩甲骨トレーニング」 「脳トレと下肢運動を中心とした脳足トレーニング」
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/09 10:00
    個別機能訓練、短期集中リハ、生活行為向上リハに応用でき、現場実践ですぐに使える術を身につける! (1)機能訓練の質を上げるプログラムの実践 (2)生活機能の総合的な向上の実践 (3)効果のある認知症リハに認知訓練 (4)新しいプログラムのヒント 【分科会の内容】選べる12の分科会 「個別ケアで成果を出す!関節可動域訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!筋力増強訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!バランストレーニングで効果を出す工夫」 「効果的で明日から使える集団での転倒予防訓練」 「効果的で明日から使える集団でのADL訓練と小集団で行うIADL訓練」 「効果的で明日から使える集団での関節可動域訓練と筋力増強訓練」 「認知症リハビリ・認知トレーニングの実践」 「認知症の方とその家族のニーズに接近し支援計画を実現する」 「認知症の方の生活行為向上へ向けたチームアプローチ」 「口腔機能を改善するBOSSトレーニング」 「姿勢が変わると日常生活も変わる骨盤・肩甲骨トレーニング」 「脳トレと下肢運動を中心とした脳足トレーニング」
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/08 10:00
    高齢者へのリハビリテーションは心身機能の回復を目指した訓練ではなく、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を可能にし、その自立を促していくことが求められています。高齢者リハの現場で散見される目的のあいまいな訓練や、効果に乏しい介入方法を見直し、ご利用者が本当に望まれるリハビリテーションの提供のために、本セミナーをご活用ください。 講師:生野達也氏(株式会社動きのコツジャパン 理学療法士) ・脳卒中片麻痺の方の「動きにくさ」を理解した効果的なリハビリテーションのコツ ・高齢者の症状別に合わせた歩行訓練の進めかたと歩行介助のコツ 講師:津田泰志氏(インターリハ株式会社フィジオセンター 理学療法士) ・高齢者の大腿骨骨折・脊柱圧迫骨折の方へのリハビリとケア ・高齢者の変形性膝関節症の方へのリハビリとケア 講師:杉長彬氏(リハビリコミュニケーション研究所 作業療法士) ・意欲を引き出す関わり方。夢や目標を5倍膨らませるコミュニケーション術~あなた自身、あなたの周りの人のやる気を引き出す方法~ ・意欲を引き出す関わり方。誉めてやる気を膨らませるコミュニケ-ション術~利用者さん・スタッフ・自分自身に使えるいいところを見つけてやる気を引き出す方法~ 講師:宮川博文(愛知医科大学 運動療育センター主任 理学療法士) ・上肢に慢性疼痛のある高齢者へのリハビリテーション(肩の痛みを中心に) ・下肢に慢性疼痛のある高齢者へのリハビリテーション(腰・膝の痛みを中心に) プログラムのもっと詳しい内容はコチラから http://www.tsuusho.com/reha2017
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/29 10:30
    ケアレクインストラクターとは・・・ 介護もレクも「生活を豊かにする」という同じ目的を持った対人サービスです。 ケアレクは単に楽しいレクではなく、今後必要とされるケアとしてのレク知識・技術を身に付けた人が提供するものです。 介護はADL介助など生活を支援するサービスですが、この講座は、日常生活のさまざまな場面や活動にレクの視点で味付けをすることで、より重要な活動である「楽しみ活動」が支援できる介護職員を育成するための資格講座です。 【スクーリング内容】 介護現場に留まらず、予防事業にも応用できる
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/30 10:00
    効果の出るレクや活動!リハ・機能訓練に変わるレク活動! (1)ご利用者の疾患や状態に合わせた効果の高いレク・活動が提供できるようになる!! (2)少ないスタッフでもご利用者を手持ち無沙汰にさせず満足度を上げる机上活動が分かる!! (3)レクのマンネリ化を防ぐアイデアレク・ネタが手に入る!! (4)支援の工夫につながる!認知症予防・症状緩和のアイデアレク (5)「レクの時間だからレクをする」「教えられたから体操をする」という意識が変わる!! 【分科会の内容】選べる15の分科会 「脳卒中、脳梗塞な
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/05 12:30
     1.再生医療等に用いる細胞製品について   1-1 新法における「再生医療等」とは   1-2 再生医療等製品の作用機序と製品形態の考え方   1-3 細胞製品の移植方法と再生医療の多様性  2.再生医療等安全性確保法と改正薬事法(薬機法)について   2-1 新法施行により変わったことは   2-2 医療法/医師法下での治療・臨床研究の実施手順   2-3 薬機法下での再生医療等製品に係る法令   2-4 GCTP省令とは~無菌医薬品製造との違い   2-5 バリデーションとベリフィケーションの概念  3.細胞培養製品に求められる工程設計の考え方   3-1細胞製造性を考慮した工程設計の要求   3-2無菌医薬品製造と再生医療等製品製造の違い   3-3 再生医療等と細胞製品の多様性   3-3 細胞培養加工施設と工程設計における留意点   3-4 施設の適格性評価とプロセスバリデーション   3-5 細胞培養製品の品質規格とその課題  4.細胞培養加工施設設計の要点   4-1 無菌的環境の構築のために求められる要件   4-2 現状の施設における無菌操作環境の構築手順   4-3 施設の典型例紹介   4-4 施設の設計における留意点  5.製造コスト低減の考え方   5-1 製造におけるコスト低減可能な運用方法   5-2 施設の稼働率とチェンジオーバーの考え方  6.最終製品の形態と輸送について  7.今後の展開予想
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/07/04 10:30
     1.ERES対応の基礎   -真正性(アクセス管理、監査証跡)、見読性、バックアップとアーカイブ、生データ  2.データインテグリティとは   -ALCOA原則、信頼性基準など  3.FDAとEMAの査察指摘  4.国内におけるFDAの指摘  5.483に見る査察現場における指摘  6.データインテグリティ対応における用語   -メタデータ、ダイナミックレコード、スタティックレコード、オリジナルレコード、真正コピー  7.MHRAガイダンスの要旨  8.FDAガイダンスの要旨  9.PIC/S査察官むけガイダンスの要旨  10.実務対応   ・記録の特定(生データ、メタデータ、ダイナミック、スタティック)   ・インテグリティの確保(アカウント管理/権限、システム管理者、       データレビュー、監査証跡のレビュー、QAレビュー、監査証跡のバリデーション)   ・記録の維持(バックアップ/リストア、アーカイブ/リトリーブ)   ・HPLC試し打ち指摘への対応  11.紙ベースシステムにおける対応   -ブランク書式の管理、ブランク書式ファイルの管理、印鑑の使用、記録の検証方法など  12.業務委託における対応   -定期監査、委託業務のデータレビュー、データインテグリティの評価方法など  13.良くある質問(FAQ)  14.質疑応答 ■「良くある質問(FAQ)」 以下をはじめとする質問、および事前に提出いただいた質問にお答えする。  1) 監査証跡の定期的レビュ-をどのようなタイミングで行えばよいのか  2) 監査証跡の定期的レビュ-をどのような方法で行えばよいのか  3) 監査証跡機能がない場合どのように対応すればよいのか  4) 監査証跡はどのようにバリデートすればよいのか   5) 試験関係者がシステム管理者になるとなぜ指摘を受けるのか  6) HPLCのプリントアウトを生データとすると指摘を受けるのか  7) データインテグリティはどのように査察されるのか  8) 工程内検査のインテグリティは査察されるのか  9) 個別のアカウントを設定できない器機/システムは更新が必要か  10) 電子生データはどのように管理・運用すればよいのか  11) スタンドアロン器機のデータインテグリティ対応はどの程度必要か  12) ハイブリッドシステムはどのように
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/07/06 10:30
     1.はじめに  2.知財(主に特許)と知財制度について   2.1 知的財産と知的財産権   2.2 特許取得の目的   2.3 特許と事業との関係   2.4 知的創造サイクル   2.5 特許の強さ   2.6 新規性喪失の例外について  3.医薬品と特許   3.1 薬業界の動き    3.1.1 後発医薬品の伸長    3.1.2 長期収載品の販売委託    3.1.3 オーソライズト・ジェネリック(AG)    3.1.4 ドラッグ・リポジショニング   3.2 新薬(新規医薬品)の特殊性   3.3 医薬品を取り巻く知的財産権   3.4 医薬品開発の流れと特許   3.5 医薬品の特許期間   3.6 特許と薬事行政  4.医薬品の特許戦略   4.1 特許権によるLCM   4.2 医薬品のLCM   4.3 特許戦略の位置付け   4.4 医薬品LCMにおける特許戦略   4.5 特許戦略の例?  5.職務発明   5.1 従業員(研究者)の発明   5.2 職務発明の帰属   5.3 従業員と会社との利益調整   5.4 企業内ルール、利益の算定   5.5 不合理か否か  6.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/06/30 12:30
     1.新医薬品の品質に関する承認審査   1.1 新医薬品の審査チーム   1.2 承認審査の流れ   1.3 審査報告書について   1.4 承認申請書について   1.5 CTDの構成   1.6 照会事項の対応  2.『製造方法』の記載方法と留意点   2.1 本項に関する、通知・ガイドライン等   2.2 審査経験から、本項の審査官の着眼点   2.3 公開されている審査報告書、資料概要等からの例   2.4 照会事項の多い項目  3.『規格及び試験方法』の記載方法と留意点   3.1 本項に関する、通知・ガイドライン等   3.2 審査経験から、本項の審査官の着眼点   3.3 公開されている審査報告書、資料概要等からの例   3.4 照会事項の多い項目  4.『安定性』の記載方法と留意点   4.1 本項に関する、通知・ガイドライン等   4.2 審査経験から、本項の審査官の着眼点   4.3 照会事項の多い項目  5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/06/29 12:30
     1.外用剤や経皮吸収型製剤の適用部位としての皮膚    ・皮膚の生理的機能と薬物の適用部位としての特徴    ・経皮吸収型製剤の利点と欠点    ・経皮吸収型製剤に適した薬物    ・経皮吸収実験法    ・経皮吸収実験のデータ解析    ・In vitro 実験からのin vivo経皮吸収性の予測    ・薬物の皮膚内動態の研究法  2.経皮吸収型製剤の処方設計    ・皮膚に適用する製剤    ・経皮吸収型製剤に用いる材料    ・貼付剤の処方設計    ・製剤の処方設定と薬物利用率    ・製剤の粘着特性の調整  3.製剤の放出試験法    ・放出試験の装置    ・放出試験の目的    ・放出試験の条件設定    ・パップ剤の放出試験の問題点    ・皮膚代替人工膜の設計と利用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/06/27 10:30
     1.なぜ粉は固結するのか   1.1 水による固結(凝縮/溶解/蒸発、ガラス転移、水和反応、酸化)   1.2 熱による固結(溶融/固化、ガラス転移、化学反応)  2.どのような因子が関係しているのか?   2.1粉体特性(粒子の大きさ、形状、充填率、配合 等)   2.2環境条件(温度、湿度、圧力、保持時間/繰返し数 等)  3.どのように固結性を評価するのか   3.1 粉体特性の評価(水蒸気吸着、臨界相対湿度、ガラス転移温度、スティッキポイント温度)   3.2 固結度合の評価(一軸圧縮強度、解砕度、貫入度 等)  4.どうすれば固結は防げるのか   4.1 原料の対策(粉体特性の改善、粉体表面特性の改善、固結防止剤の添加 等)   4.2 装置・構造の対策   4.3 運転・操作条件の対策   4.4 保存条件の対策  5.どのような固結対策がとられているのか   5.1 原料の対策例   5.2 プロセスの対策例   5.3 原料粒子の対策とプロセスの対策の併用例
    株式会社R&D支援センター