コミュニケーションのセミナー59 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/07/10 12:30
    ◎米国医療機器規制の概要 医療機器規則と体系と特色 医療機器クラスと法的要求事項 ◎FDA 510(k)申請 認可システム概要 伝統的/簡略510(k)の必要項目と概要 《ユーザビリティ、リスク分析、実質的な同等性、ラベリング、原材料等と生物学的安全性、ソフトウェア》 スペシャル510(k)の必要項目 データベースからの情報入手方法 事前相談制度 拒絶に対する考え方 ◎QSR査察で必須な対応 QSR概要と関連する規則 仕様変更時の判断基準 必要な登録 必要な市販後監視 指摘事項への必要な対応
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/09 12:30
    1. CSVの基本的な概念 規制当局のCSVに関する主な指摘事項 2. データインテグリティとCSV 規制当局のデータインテグリティに関する主な指摘事項 3. 運用フェーズにおけるCSV活動 CSVの適用範囲 アプリケーションのカテゴリー分類 既存システムのリスク評価 システムの管理 リタイアメント 4. システム導入におけるCSV活動 開発計画とバリデーション計画 供給者の評価 Vモデルによる適格性評価 教育訓練 運用開始と報告 5. システムオーナーとサプライヤの関係
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/08 12:30
    ◎毛髪の構造とダメージの評価方法 毛髪の構造と特徴 毛髪ダメージの原因・評価方法 定量化のポイント ◎頭皮の構造と頭皮トラブルについて 頭皮の構造と特徴 頭皮トラブルの原因 フケ・かゆみに有効な成分 ◎ヘアケア製品の開発のポイント シャンプー コンディショナー スタイリング剤 育毛剤 分析型・嗜好型官能評価 機器評価との相関 ◎近年の技術開発と製品開発事例 頭皮にやさしい洗浄剤 なめらかな指通り 泡性能 「心地よさ」を評価する生理機能測定 「ふんわり髪」のための逆転の発想 加齢に伴うぱさつき抑制
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/26 10:30
    1.はじめに 2.全身性エリテマトーデス(SLE)の疫学と病態 3.SLE治療の現状 4.薬剤選択 5.求められる新薬像 既存薬剤の使いやすさ、使いにくさ、一日投与回数・投与方法、薬剤効果、副作用、飲み合わせなど 患者や医師の負担が少ない製剤とは 新しい薬 6.医師から見た臨床試験のポイント 臨床試験の問題点 効率の良い臨床試験デザイン いかにentryを増やすか 副作用 うまくいった事例やドロップアウト事例 7.課題や留意点 unmet needs precision medicineへの期待
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/25 12:30
    1.改正QMS省令(案)と2016年版ISO 13485 2.リスクに基づくアプローチ アウトソーシング 人員の教育訓練 購買工程 購買物品の検証 製品受領者の意見 不適合品の管理 是正措置と予防措置 3.プロセスバリデーション -1- QMSソフトウェア 製品実現計画 設計開発計画 工程入力情報 設計開発変更の管理 製造工程 設備・器具の管理 4.プロセスバリデーション -2- バリデーションの基本 統計学的な手法とは FDA・GHTFの見解 参考例 5.QMS新規作成書類規定書 手順書 記録
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/25 10:30
    特有の英語表現、頻用キーワード、言い回しをワークショップ形式で身に付ける 1. 国内外規制当局によるGCP査察の進め方と年次レポート(講義) 2. GCP査察所見のトレンド(グループワークと発表) 3. FDA Warning Letterを読もう(グループワーク) 4. 臨床試験で多用される英語(講義) 5. 会議に使える英語~上司に3分でWarnings letterの内容を報告する~ シナリオ準備/ロールプレイと相互フィールドバック/グループ代表スピーチコンテスト/ディスカッション
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/28 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/03 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ ・場面ごとにおけるアプローチの工夫 ・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには ・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援 ・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/07/06 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ ・場面ごとにおけるアプローチの工夫 ・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには ・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援 ・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/09/07 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/07/27 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/07/08 10:30
     第1部.体外用診断薬性能試験の統計的方法   1.統計の基礎    1)データの種類と解析方法    2)代表値とばらつき    3)分散の加法性、分布の性質   2.相関分析    1)2種類の相関係数の違い    2)回帰分析と残差分析   3.検定と推定を理解する    1)仮説検定の原理    2)検定方法の選択に間違いはないか    3)代表的な検定手法   4.分散分析法と多重比較法の基礎を学びます。    ・臨床試験では必須です。   5.サンプルの選び方とサイズの決め方  第2部.統計手法の応用例   1.基本的性能試験の応用例(最小検出限界や直線性について)   2.臨床的許容誤差    1)許容誤差の考え方と求め方    2)評価方法と精度管理への応用   3.基準範囲の計算方法と確認方法    1)考え方    2)計算方法と確認方法   4.精密さと正確さの評価の仕方を考える    1)2種類の精密さ評価    2)3種類の正確さ評価  第3部.ベイズ統計学   1.感度と特異度、適中率、尤度、オッズを考えます   2.ROC分析の有効な活用方法と注意点について
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/02 10:00
     1.ファンデーションの粉体技術と市場動向   (1) 日本人の肌環境の変化とファンデーション人気復活の兆し   (2) 使用動作と使用感の知覚要素   (3) メイクアップ化粧品と粉体技術;体質顔料・着色顔料・光学的微粒子・結合油剤   (4) 化粧品開発における人工知能AIの応用に不可欠な機器分析データ  2.粉体化粧品の使用感の官能評価と機器分析の基礎   (1) テカリ感と透明感のある明るい肌のツヤとマットな隠ぺい力をもたらす粉体の違い   (2) アスペクト比と粉体形状係数   (3) フワッと軽くのびる粉体の心地よさと嵩密度と動摩擦係数   (4) 均一にのびてピタッとつく付着力と分散性と結合油剤の影響   (5) 隠す効果とぼかす効果の光学的機能の差異と粉体形状と屈折率の関係   (6) 化粧くずれを防ぐ持続性の官能指標と粉体の物性機能   (7) ファンデーションの皮脂濡れによる外観の変化と撥水撥油効果をもたらす表面処理   (8) 肌水分率計を用いた保湿効果の盲点と切り餅評価試験法の特徴と応用   (9) 製品開発に用いる機器分析の常用項目  3.肌の光老化防御と紫外線・近赤外線の遮蔽技術の設計方法   (1) 紫外線・ブルーライト・近赤外線による肌の光老化と防御剤の特徴   (2) SPFとPA   (3) 紫外線・近赤外線遮蔽複合粉体の設計と使用感の改良   (4) 湿式充填プレス法と乾式粉砕プレス法の特徴   (5) 湿式スラリー複合化と撹拌乾燥・溶媒回収工程の1ステップ連続処理プロセス   (6) 処方を変えずに紫外線・近赤外線防御効果を高め、           使用感を改善する粉体加工プロセス技術の要点  4.実験実習:粉体物性の機器評価と官能評価   (1) 粉体原料と製品ケーキの嵩密度   (2) 落下強度試験   (3) 粉体の色(L*, a*, b*)と光沢と隠ぺい力   (4) 粉体の濡れ性   (5) 肌スコープを用いる粉体表面の接触角測定による撥水度と撥油度の評価   (6) 化粧品の保湿効果   (7) 粉体の滑らかさ   (8) 粉体表面処理による複合化と評価方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/10/11 10:30
     1.分析法バリデーションとは   1-1 定義および重要性   1-2 分析法バリデーションをいつ実施しますか?   1-3 医薬品の開発過程における実施目的    (1)分析法の開発段階    (2)承認申請段階    (3)GMP生産段階  2.分析能パラメータの評価方法   2-1 正規分布と標準偏差   2-2 直線性   2-3 範囲   2-4 真度   2-5 併行精度   2-6 室内再現精度   2-7 検出限界   2-8 定量限界   2-9 頑健性   2-10 信頼区
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/12 10:30
     1.洗浄バリデーションの実施関する法規制について   1.1 海外の洗浄バリデーションに関わる法規制   1.2 PIC/S GMP Annex 15の改定に対応した洗浄バリデーション   1.3 cGMPにおける洗浄バリデーション     「FDA Guide to Inspections of Validation of Cleaning Processes」   1.4 ICH Q7(原薬GMPガイドライン)における洗浄バリデーション   1.5 GMP省令改正案(2019年2月)における      「設備共用に関する規定」と洗浄バリデーション実施範囲  2.EMA及びPIC/S GMPに対応した洗浄バリデーションのリスク管理   2.1 洗浄工程のリスク管理と交叉汚染のリスクアセスメント   2.2 残留許容値の設定方法   2.3 手洗浄のバリデーション、洗浄バリデーションで基準外だった場合の対応   2.4 情報量の少ない治験薬、ケミカルハザード物質の洗浄バリデーション   2.5 閾値設定が出来ない場合の留意点   2.6 改正GMP省令案(2018年2月)示された「設備共用の禁止(案)」への考察  3.PIC/Sの求めるダーティーホールドタイム(DHT)・        クリーンホールドタイム(CHT)の設定と評価方法  4.洗浄バリデーションにおけるサンプリング及び分析法の留意点   4.1 スワブ法、リンス法と他の方法(PHなど)の併用   4.2 サンプリング法の妥当性とバリデーション   4.3 分析法バリデーション及び回収率の評価方法  5.3極GMP 洗浄バリデーション査察指摘事例と対策について  6.洗浄バリデーション関わる手順書(SOP)及び報告書作成上の留意点  7.医薬品ライフサイクルにおける洗浄手順の構築  8.高度な封じ込め設備を必要とする     高生理活性医薬品の洗浄バリデーションと設備共用・専用化に関する判断基準   8.1 固形製剤設備の洗浄バリデーション(事例1)   8.2 マルチパーパス製造設備における高生理活性化合物製造時の        洗浄バリデーション及び設備共用/専用設備化の可否について     (事例2:FDAへの質問と回答)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/12 12:30
     1.はじめに  2.微生物とは  3.微生物実験の基本操作   3.1. 微生物実験室における注意点   3.2. 基本的な設備と機器の取り扱い方   3.3. 無菌操作の仕方および注意点   3.4. 滅菌方法   3.5. 実験操作の注意点~バイオセーフティの面で  4.細菌・放線菌の分離・培養・同定方法   4.1. 試料の採取方法   4.2. 培地と培養方法の選択   4.3. 分離・培養操作   4.4. 細菌・放線菌の同定方法    4.4.1. 培養性状および形態観察    4.4.2. 生理・生化学性状試験    4.4.3. 表現形質による簡単な同定    4.4.4. 遺伝子解析  5.カビ(糸状菌)・酵母の分離・培養・同定方法   5.1. 試料の採取方法   5.2. 培地と培養方法の選択   5.3. 分離・培養操作   5.4. カビ・酵母の同定方法    5.4.1. 培養性状および形態観察    5.4.2. 生理・生化学性状試験    5.4.3. 遺伝子解析    5.4.4. カビの同定の一例  6.微生物の保存管理
    株式会社R&D支援センター