コミュニケーションのセミナー37 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/11/26 10:30
    内臓・頭蓋治療や経絡治療などは、アドバンスコースやマスターコースなどまで学ばないといけないため、時間と費用が掛かり学ぶことに躊躇する方も多いでしょう。 さらに、1つ1つの技術では対応できない患者様が来院された際には、筋膜や内臓、経絡治療など幅広いテクニックが必要になりますが、それらのテクニックを1度に学ぶことは他のセミナー団体さんではおこなっていません。 さらに、患者様とのラポールつくりに必要なスキルを学び、苦手な患者さんも本気で向き合えるようになるためのメンタルアプローチも指導しています。
    ALLアプローチ協会
  • location_on東京都query_builder2017/11/27 12:30
    〇 GDP関連の文書管理 - GDP委受託契約と品質協定書 - GDP委受託契約に盛り込むことが必要とされる項目 - 製品調達元(サプライヤ)との品質協定書に盛り込むことが必要とされる項目 - 運送業者との品質協定書に盛り込むことが必要とされる項目 - 必要とされる手順書例、記録類 - 手順書の作成 - 記録を含む文書管理の留意点 〇 GDP監査 - 監査の計画とタイプ - 監査頻度と評価 - 監査の準備 - 監査の実施 - 心掛けること、チェックリスト - 監査の事例 - 指摘事項の事例
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/22 12:30
    1PIC/S GMPガイドラインの法的位置づけ 2国内GMP省令とPIC/S GMPガイドライン 3検査室管理の実践 1)原材料受入試験  ・ガイドラインに沿った原材料受入試験のサンプリング方法 2)参考品管理 4変更管理 1)クラス分類 2)管理実践 3)一変と軽微の区分 4)変更事例 5異常・逸脱・OOS・ラボエラー対応 1)FDA のOOSガイドライン 2)異常・逸脱・ラボエラーの発生原因とその対応 6試験検査業務の信頼性確保 1)Data Integrity 2)信頼性確保への取り組み
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 10:30
    【習得できる知識】 〇 においの分類 〇 人がにおいを嗅いでいるメカニズム 〇 においの分析方法と原理、その特長と適応事例 【趣旨】 ・におい形態を説明 ・形態ごとの見える化方法の説明 【プログラム】 1においのいくつかの形態 ​2嗅覚の検知メカニズムから見た複合臭の特長 3においの単位は? 4においの見える化方法 5官能評価法って実際どのようにするの? 6機器分析の種類と特徴 7おいしさ、風味の定量、快・不快度を調べるのあたって 8臭気・悪臭の定量化 9複合臭に対する最近のアプローチ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/24 10:30
    1 Global担当者とのe-mailのやり取り 2 同意取得の医学英語表現 3 治験開始の医学英語表現 4 AE/SAE出現対応時の医学表現   ​5 被験者の処置/対応の医学表現 6 入退院・転院時の医学表現 7 治験の中止・終了時の医学英語表現 8 医師の評価コメントの医学英語表現 9 検査および検体キットの取り扱いの医学英語表現 10 数多くの事例、(失敗事例も含む)を提示し、受講者の回答を添削いたします    ※参加者にはよく使う「医学英語事例集」を最後にお配り致します
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/27 12:30
    1部:プロジェクト計画の作成と計画の目標達成のための進捗管理 1 プロジェクトチームの構成とガバナンス 2 開発計画の作成 3 開発計画の進捗管理 -問題の発生と解決策 -開発が遅れる要因と対策 4 プロジェクト成功のために 2部:プロジェクトの遅れる原因とスピードアップのための求められるスキル 1なぜプロジェクトが計画通りに進まないのか 2効果的な部下面談 3全員参加型会議のファシリテーション技法 4プロジェクト・マネージャーが意識したいコミュニケーション手法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/16 10:30
     1.生体分子プロファイル型の計算創薬/DR の基本概念   (1)創薬を巡る状況とこれからの展望   (2)疾患・薬剤・生体ネットワークの基本枠組み  2.ビッグデータ創薬/DR(非学習型方法)   (1)遺伝子発現プロファイル比較型の創薬/DR   (2)疾患ネットワーク準拠の創薬/DR   (3)計算創薬・DRの理論的な枠組み     a.疾患関連遺伝子、薬剤標的分子、生体分子ネットワークの関係     b.タンパク質相互作用ネットワークの3環構造と薬剤標的分子の分布     c.タンパク質相互作用ネットワークにおける薬剤標的分子、疾患関連分子の関係     d.様々な距離の定義(Wang, Sun, Barabasi ら)による有効薬剤の評価  3.AI 創薬/DR(学習型方法)の実際と将来の方向   (1)ビッグデータの特性と医療・創薬のパラダイム変革     a.新 NP 問題とビッグデータの「構成性原理」     b.層別化医療と Real World Data   (2)人工知能の分類と歴史     a.知識型人工知能とニューラルネットワーク     b.医療分野での2つの人工知能のアプローチの展開   (3)ニューラルネットワークの発展と ディープラーニング(DL)の革命性     a.ニューラルネットワークの発展と従来の方式の限界     b.ディープラーニング(DL)の革命性:「教師なし学習」による特徴表現学習     c.多層自己符号化(deep autoencoder)による超多次元ネットワークの次元縮約   (4)超多次元複雑ネットワークの革新的縮約法としての DL     a.医療・創薬ビッグデータの縮約としての DL     b.タンパク質相互作用ネットワーク(PPIN)の DL による縮約     c.DLと従来の統計的縮約法との比較   (5)AI 創薬―- DLによる薬剤標的分子の探索     a.人工知能(DL)と機械学習による薬剤標的分子の(PPINの縮約準拠型)探索     b.Pharm-AI の創薬:薬剤標的分子の探索方法の評価:     c.Pharm-AI の DR:アルツハイマー症での探索結果とこれまでの結果との比較   (6)AI 創薬発展の将来的方向と国際的研究状況   4.質疑応答
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1. CTD 第3部を基にした第2部(QOS) の作成   1-1 S.1 一般情報   1-2 S.2 製造    1-2-1 S.2.2 製造方法及びプロセス・コントロール    1-2-2 S.2.3 原材料の管理    1-2-3 S.2.4 重要工程・重要中間体の管理    1-2-4 S.2.5 プロセスバリデーション    1-2-5 S.2.6 製造工程開発の経緯   1-3 S.3 特性   1-4 S.4 原薬の管理    1-4-1 S.4.1 規格及び試験方法    1-4-2 S.4.2 試験方法    1-4-3 S.4.3 分析法バリデーション    1-4-4 S.4.4 ロット分析    1-4-5 S.4.5 規格及び試験法の妥当性   1-5 S.5 標準品又は標準物質   1-6 S.6 容器及び施栓系   1-7 S.7 安定性  2.CTD第2部を基にした申請書(MF) の作成   2-1 共通ヘッダ   2-2 別紙規格について   2-3 製造方法   2-4 規格及び試験方法   2-5 原薬等の製造所   2-6 備考  3.照会・GMP適合性調査  4.承認後の変更   4-1 変更登録   4-2 軽微変更届   4-3 原薬等登録原簿登録承継届  5.参考通知
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    趣旨 医薬品事業の永続的な成功には、ポートフォリオ戦略に加えて、重点製品のライフサイクルマネジメントLCMを有効に行う事が必須である。 この重要なタスクについて実践的に分かりやすく解説し、色々な角度からLCMについて考察する。 この講演は、経営企画部門、マーケティング部門の管理職、マーケティング実務に携わる方々の、ライフサイクルマネジメントに関する体系的な理解を促す事を目的としている。 プログラム  1.イントロダクション   -Marketing Managementとは   -Marketing の役割  2.マーケティングマネジメント   -Marketing Management Flow   -Marketing Management Cycle  3.ライフサイクルマネジメント   -LCMとは?   -LCMのゴール   -製品の各ライフステージでのポイント   -LCMにおける Target Product Profile(TPP) と           Target Product Claim(TPC)の重要性  4.有効なLCM戦略   -優れたLCM計画策定を可能にする基礎知識   -LCM実施のこつ   -Market Access   -LCMスキル習得の意義  5.まとめ ※当日の講演内容に変更の可能性がございます。予めご了承ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1.はじめに   1-1 医薬品開発の課題   1-2 Model Informed Drug DevelopmentとPharmacometrics  2.母集団薬物動態解析を学ぶための準備   2-1 母集団とは何か   2-2 薬物動態解析の基礎知識(非モデル解析, コンパートメントモデル解析, PBPK)   2-3 通常の薬物動態解析と母集団薬物動態解析の違い   2-4 母集団解析を理解するために必要な生物統計  3.母集団薬物動態解析   3-1 母集団薬物動態解析の基礎理論   3-2 NONMEMを用いた母集団薬物動態解析   3-3 モデル構築の進め方とモデル診断   3-4 解析支援ソフトウェアの紹介(R, PsN, Pirana)  4.母集団PKPD解析   4-1 薬力学解析の目的   4-2 NONMEMを用いた母集団PKPD解析   4-3 Exposure – Response解析の基本   4-4 Clinical Trial Simulation  5.発展的な話題   5-1 代謝物のPK解析   5-2 疾患進行モデル   5-3 QSPとその医薬品開発への利用   5-4 終わりに
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/21 10:30
    第1部:身に着けておきたいGMPの基本知識  1.はじめに  2.製造販売業GQPと製造業GMPの関わり  3.GMPの基本事項 第2部:GMP要員としてのスキル構築と業務のポイント  4.原薬のGMP管理(原薬GMPガイドライン)   4.1 製品品質の照査   4.2 再加工、再処理   4.3 リテスト   4.4 不純物プロファイル   4.5 製造販売業者と原薬の製造業者   4.6 製造販売業者と原薬等登録原簿(MF:マスターファイル)   4.7 治験薬GMP   4.8 GMP関連用語  5.原料・資材の入庫から製品出荷まで(トラブル事例も交えた運用手順と対応例)   5.1 原料・資材の入庫、受入試験、保管と表示   5.2 原料・資材の出庫   5.3 製造指図書・記録書の発行、製造作業と製造記録   5.4 設備機器の点検と衛生管理   5.5 機器の校正(キャリブレーション)、計量と識別の管理   5.6 製造用水の管理。設備機器の洗浄、小分け・包装作業の管理、ラベル管理   5.7 品質部門の行う試験検査、検体のサンプリング、試験検査記録の作成と保管   5.8 標準品及び試薬・試薬の管理、参考品の保管   5.9 安定性試験と安定性モニタリング、規格外試験結果の措置(OOS)   5.10 製品の入庫管理と保管管理   5.11 製造所からの出荷管理  6.グローバルGMPに要求される品質マネジメントシステムの構築とは   6.1 品質リスクマネジメント   6.2 製品品質の照査   6.3 供給者(サプライヤー)管理   6.4 CAPA及びマネジメントレビュー  7.今後のGMPについて 第3部:実行性の評価  8.GMP要員としてのスキル習得用模擬演習(自己評価)                (一部、内容変更の場合あり)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/20 12:30
     1.敗血症の定義   1-1.成人向け旧定義   1-2.成人向け新定義   1-3.小児用定義  2.敗血症の病態生理   2-1.感染症による臓器障害   2-2.炎症   2-3.微小血管障害、内皮障害   2-4.凝固異常  3.敗血症の診断   3-1.成人SIRS基準   3-2.成人SOFA score   3-3.小児基準   3-4.バイオマーカー   3-5.救急外来や一般病棟で早期に発見するために: スクリーニングツール  4.敗血症の治療   4-1.抗病原体薬   4-2.抗炎症   4-3.凝固・線溶系に対して  5.病態から見た求める診断・治療薬、診断・治療機器   5-1.炎症性メディエーター   5-2.その他  6.臨床試験実施の際の留意点   6-1.対象患者の多様性   6-2.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/17 10:30
     1.バイオ医薬の物理化学分析に関する基礎知識   1-1 タンパク質、抗体の取扱に必要な基礎的知識  2.バイオ医薬品と凝集体   2-1 バイオ医薬品に含まれる凝集体研究の現状、免疫原性との関係   2-2 凝集体の分類   2-3 粒子サイズに応じた分析法 0.1〜0.2μm以下   2-4 粒子サイズに応じた分析法 0.2〜2μm   2-5 粒子サイズに応じた分析法 2μm以上   2-6 バイオ医薬品における凝集体関連情報    2-6-1 2014年8月発表”Guidance for Industry” について    2-6-2 USP787について  3.タンパク質の安定性と凝集メカニズム   3-1 タンパク質の安定性    3-1-1 コロイド安定性と構造安定性    3-1-2 コロイド安定性とDLVO理論    3-1-3 構造安定性と自由エネルギー変化   3-2 タンパク質の凝集メカニズム   3-3 第2ビリアル係数、拡散係数の濃度依存性  4.タンパク質の電気的性質、安定性とpH   4-1 タンパク質の等電点、ゼータ電位、ネットチャージ   4-2 溶液のpHとタンパク質の安定性  5.タンパク質の安定性と溶媒組成、添加剤の効果   5-1 タンパク質の安定性と塩   5-2 タンパク質の安定性と糖類   5-3 タンパク質の安定性と界面活性剤   5-4 タンパク質の安定性とその他の添加剤    5-4-1 アミノ酸    5-4-2 アルコール  6.凝集体の免疫原性   6-1 抗体産生のメカニズム    6-1-1 T細胞依存的抗体産生    6-1-2 T細胞非依存的抗体産生   6-2 免疫原性の評価法    6-2-1 各手法の原理    6-2-2 各手法の特徴・比較    6-2-3 各手法の測定例   6-3 免疫原性の要因となり得る因子    6-3-1 アミノ酸配列    6-3-2 修飾状態    6-3-3 凝集体   6-4 免疫原性を低減させる方法   6-5 免疫原性の予測法    6-5-1 in silico    6-5-2 細胞アッセイ    6-5-3 動物モデル
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 13:00
    【習得できる知識】 ・人用の医薬品と大きく異なる動物用医薬品の開発と承認申請の特徴 ・動物用医薬品の開発コスト(時間と経費)削減のためのポイント ・実例に基づく申請書、添付資料概要作成のポイント ・製造販売後臨床試験を避けるための市販後使用成績調査立案と実施のポイント 【趣旨】  今回は、動物用医薬品の開発と承認申請、再審査について、「動物用医薬品等製造販売管理者講習会」で語られることのない基本的な知識から、コンサルタントならではのノウハウまで幅広くお話します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/29 13:00
    【習得できる知識】 〇 再生医療等製品の臨床試験の計画実施において留意すべきポイント 〇 条件及び期限付き承認と承認を分けるポイント 〇 製造販売承認申請書作成時のポイント 【趣旨】  今回は、これまでの再生医療等製品の開発経験加え、昨年発出された技術的ガイダンス及び承認申請書留意事項通知の内容を織り交ぜながら、再生医療等製品の臨床試験と製造販売承認申請書の作成のポイントについて事例を交えて説明させていただきます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    1はじめに 2非臨床試験とその信頼性を確保するための基準 -非臨床試験の目的 -新医薬品開発の主要項目と実施のタイミング -各非臨床試験のデータの特徴 -非臨床試験の信頼性を確保するための基礎 ​3信頼性を確保するための基礎 -試験担当者の責任とリスク管理 -コンプライアンス対応 -信頼性基準試験の信頼性確保 -GLP基準試験の信頼性確保 -適切な教育研修計画と実施 4信頼性確保の実践  各開発段階における信頼性確保の取組み(QC/QA)のポイント -探索段階 -開発展開中段階 -申請段階
    株式会社R&D支援センター