動作分析 (歩行含む)のセミナー64 件中 49 - 64 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/05/28 12:30
    1バイオ医薬品製造システム  1-1 基質(細胞)   -目的産物vs 細胞   -細胞   -原材料  1-2 ウイルス、TSE  1-3 培養系   -培養法   -設備及び施設  1-4 精製系   -抗体医薬精製   -Case-by-Case  1-5 分析   -タンパク質及び複合タンパク質分析能   -標準品、特性試験、規格 2至適化  2-1 QbD  2-2 至適化   -培養工程   -精製工程 3スケールアップ  3-1 培養系  3-2 精製系  3-3 規制 4CMO
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/30 12:30
    1メディカルライティングについてのガイドライン、規程の考え方 2医薬品の開発におけるライティング 3治験総括報告書からCTD 2.7.6の作成 4ドキュメントQC点検の定義と実際《QC点検演習》 5ドキュメントQC点検の意義と実際 6海外データの活用およびチェックリストの考え方 7メディカル分野で汎用される用語(英語) 8機械翻訳(MT)をメディカル文書翻訳に用いる場合の注意点 実際に作成された文書や、使用頻度の高い文章で、間違いの起きやすいポイントを知ることが、実際の業務に生きると考えます
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 12:30
    《習得できる知識》 ・2003年度版との差異 ・要求事項を理解するための必要な事項 ・対応のための具体的方法  2016年版は、新しい考えが取り入れられているよりも、規制要求事項を取り込むためにより明確になった印象です。従って、今の品質システムの大部分はそのまま使用できますが、活用中の手順にある曖昧な部分が思わぬ落とし穴になります。  規格の主旨を理解し、適合性証拠として採用されやすいものを、スムーズな移行に役立つよう解説いたします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/23 12:30
    《習得できる知識》 ・プレゼンテーションの基礎から実践までのノウハウ ・自分を知ってもらうためのプレゼンテーションスキル向上5つのポイント ・医師・当局・社内・クライアントへの効果的なプレゼンテーション ・シチュエーション別ケーススタディ  プレゼンテーションの真の目的は、自分を知ってもらうこと、そして相手の心を揺さぶることです。  本講演では、プレゼンテーションの基本からスキルをお伝えして、皆さんと一緒にケーススタディを行うことで、自分を知ってもらい、相手の心を揺さぶるスキルを学習します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 13:00
    1 はじめに -経皮吸収技術・評価の必要性 -医薬品外用剤と化粧品の違い 2 経皮吸収の基礎 -皮膚構造 -定義 -薬物の経皮吸収経路 -各種パラメータ -経皮吸収に影響を与える要因 3 経皮吸収の評価法 -in vitro 評価法 -膜の選択 -経皮吸収評価の流れ  ・ 試験条件の設定  ・ 実験方法  ・ 分析  ・ 解析方法 -蛍光物質によるイメージング評価  ・ カルセインやナイルレッドを用いた評価例  ・ 評価の注意点 -in vivo 評価法 -血中濃度測定 -テープストリッピング法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/24 12:30
     本セミナーでは、界面活性剤や乳化、製剤化の基礎的な知識や、界面活性剤の選択方法等についての説明を行う。  また乳化製剤にフォーカスし、安定化のポイントや処方上のテクニック等についても紹介する。  こういった基礎の部分をしっかりと理解しておくことが、処方開発スピードの短縮化へ繋がるものと確信している。 1.界面活性剤とは 2.酸化エチレン系界面活性剤の特徴 3.乳化、可溶化 4.分散 5.さまざまな乳化方法 6.乳化物の安定化 7.その他化粧品原料
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/31 12:30
    1品質保証・品質管理システム -品質管理のサイクル -モニタリング業務の品質管理 -QC活動 -CAPAの手順とコンセプト 2品質向上・維持のために -高率的モニタリング -risk based monitoring -治験事務局、CRCとの円滑な情報交換 -モニターのコミュニケーション能力、交渉力、事務処理能力の向上 -QC活動 -原資料マネジメント -逸脱の原因に関しての考察とリスク評価 3今後のモニタリング業務 -サンプリングSDV -中央モニタリング -組織・プロジェクトチームの体制
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/17 10:30
    1部:体外診断用医薬品・医療機器の中国申請及び臨床試験のポイント 1.中国医療機器登録申請 2.体外診断試薬登録申請、管理、申請 3.医療機器承認申請におけるCFDA指摘事項の対応及び提案  4.体外診断試薬の臨床試験 2部:中国における医療機器・診断薬市場動向と取るべき戦略 1ビジネス環境 2医療機器・診断薬の市場 3中国で有望な医療機器・診断薬 4有望な販売地域 5医療機関の種類と状況(販売価格等) 6販売代理店の選択方法、契約、リコール 7日本の医療機器・診断薬メーカーの取るべき戦略
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/20 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/05/26 13:30
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/14 10:00
    ・患者様、利用者様のために何とかしたい ・勉強が必要なのはわかっているけどなかなか続かない ・どの講習会に行っても納得した結果が出せるようにならない ・患者様、利用者様に信頼されるようになりたい ・自分の知識の無さを痛感している ・何から勉強していいのかわからない ・土台となる基礎を固めたい ・自分のやっていることに自信が持てない ・触診が苦手 ・評価のポイントがわからない 実はこれ、全部講師が悩んでいたことなんです。 みなさんこんにちは。療法士活性化委員会の大塚です。 私は養成校に通っている時から勉強は大の苦手でした。 解剖学・運動学は追試。評価実習でのレポートは表紙含め5枚。 実習を終えてからの課題の量はそれは凄まじいものでした。(実際実習よりきつかったです笑) そんな私は就職してからも臨床で患者様が納得のいく結果は得られませんでした。 でも「あること」を学んでから徐々に臨床で結果が伴うようになり、患者様からも信頼され、指名を受けるまでになりました。 そして現在では療法士活性化委員会を立ち上げ、のべ年間500名を超える療法士に「あること」をお伝えするまでになりました。 ではその「あること」とは? 信頼される療法士の土台を作るには? そもそもリハビリの流れは 問題となっている動作を分析する 評価する アプローチして確認する です。 その流れを学んでいきます。 講義内容 1日目 触診 ・ 腸骨稜、PSIS ・ 肩甲骨 ・ 脊柱C1,Th3,Th7,Th12,L4,S2 ・ 大腰筋 ・ 小胸筋 ・ 胸鎖乳突筋 ・ 僧帽筋 ・ 斜角筋 報告書の書き方 ICFを用いた評価報告書の書き方 2日目への課題 ICFを用いた評価報告書を1つ作成してくる。 2日目 触診 ・ 胸鎖関節 ・ 大腿骨頭、小転子 動作分析 ・寝返り 症例報告 3、4日目までの課題 日報(毎日)、評価報告書4通 3日目 触診 ・ 肩甲上腕関節 ・ 橈骨頭、橈骨茎状突起 ・ 舟状骨、月状骨 ・ 腓骨頭 ・ 距腿関節 ・ リスフラン関節 症例検討 4日目 ・ 上腕筋、上腕三頭筋 ・ ハムストリングス 症例検討 総復習
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/05/12 10:00
    「あなたは歩行分析・アプローチに自信を持っていますか?」 こんなことで悩んでいませんか? 歩行分析はどこを見ればいいのかわからない・・・ アプローチ後の歩行に変化がなく自信をなくしそう・・・ 歩行分析の方法って色々あってどれをみればいいのかわからない・・・ OTなので歩行分析をやったことがない。でも職場の都合で歩行を見なくてはいけない・・・ なんとなくやっているけど確信が持てない・・・ 何から見たらいいかわからない。なのでぼーっと見てしまっている・・・ そんな、新人・若手セラピストの為に、IAIRは考えました!! その答えがこれです・・・ https://www.youtube.com/watch?v=cNTJLC9d8bg 実は、歩行分析は3つの部位を見るだけでかなり分析できます!! さらにIAIRコンセプトに基づくテクニックで簡単にその原因を取り除くことができます!! 実は私自身も歩行分析は苦手でした。 なぜなら分析をしたくてもどこを見ていいかが分からなかったんです。 でも、今は違います。 なぜなら歩行分析で見るべきポイントはたったの3つだけなんです。 歩行分析で見るべきポイントとは...? [歩行分析セミナーの説明] [ 講 習 内 容 ] 治療に必要な歩行分析のポイント、アプローチの方法をシンプルに2日間でお伝えします。 あなたのアプローチをさらに効果的に出来る内容です。 【一日目】 歩行分析を可能にするたった3つのポイントとは 肩甲骨のアライメントについて 骨盤の動揺について ロッカーファンクションについて 動画を使って歩行分析(グループワーク) 【二日目】 ・歩行分析で抽出した3つの問題に対するアプローチ方法 肩甲胸郭関節のリリーステクニック 腹部ポンピングテクニック 内側ハムストリングストと腓腹筋のリリーステクニック 立方骨のリリーステクニック リハビリで忘れてはいけない4つのキーワード
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/04/27 12:30
    《趣旨》  本講演ではスキンケア設計の経験が浅い企業や技術者に向けて、どのような問題が起きやすいかを知って少しでも事前に回避できるようにする知識や、問題が発生した際に解決の糸口となる情報や知識を提供します。 《習得できる知識》 〇 スキンケア設計の過程で発生しやすい問題 〇 問題を事前に回避するための対策 〇 問題が起きた時に解決の糸口となる情報や知識 〇 スケールアップから本生産にかけて起きる問題
    株式会社R&D支援センター
  • location_on山梨県query_builder2018/06/03 09:30
    昨年の岩永先生のセミナーでは距骨下関節と第1列を解説・指導していただきました。 今回は距骨下関節と第1列に内側楔状骨、果部、第5列、横アーチの評価を追加して直接的評価を解説・指導していただきます。 評価に時間がかけられるため公式セミナーではなかなか確認できない「歩行中見ている部分は⁇」を1つ1つの評価で解説・修正していただきます。  公式セミナー受講した方は今の自分の癖を修正してもらえ、受講したことがない方は歩行の捉え方が完全に変わります。 ※受講費に加え道具代として別途300円ほどかかります(当日支払い) ※持ち物:はさみ、ハーフパンツ、バインダー、筆記用具
    上野原梶谷整形外科
  • location_on東京都query_builder2018/06/28 18:45
    皆さんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。そんな時に有効な訓練方法があります。ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する「ポジショニング To シーティング」です。臥位姿勢で異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから動作を引き出していくアプローチです。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/05/19 18:45
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会