動作分析 (歩行含む)のセミナー58 件中 49 - 58 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/02/27 12:30
     1.再生医療概観    1-1 再生医療とは    1-2 再生医療等安全性確保法と医薬品医療機器等法    1-3 開発におけるPMDAの役割    1-4 カルタヘナ法  2.再生医療等製品の品質    2-1 再生医療等製品の品質における課題    2-2 生物由来原料基準    2-3 無菌試験  3.再生医療等製品の非臨床安全性試験    3-1 再生医療等製品の安全性問題    3-2 毒性評価の考え方    3-2 非臨床安全性試験のポイント  4.再生医療等製品の臨床試験    4-1再生医療等製品の特殊性と治験    4-2条件及び期限付承認制度  5.開発のツール    5-1 機構相談    5-2 参照すべき指針等    5-3 参考URL
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/02/26 12:30
    第1部 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法  1.毛髪の構造と特性   1)毛髪の構造   2)毛髪の特性   3)ヘアサイクル   4)毛髪の損傷とその原因  2.毛髪のケア   1)損傷の改善   2)毛髪ケア成分の解説  3.ヘアケア製品の開発のポイント   1)シャンプー   2)リンス   3)ヘアトリートメント   4)洗い流さないヘアトリートメント   5)ヘアオイル   6)育毛剤  4.ヘアケア製品の評価法   1)引張り強度   2)くし通り   3)なめらかさ(平滑性)   4)ハリコシ   5)ツヤ   6)まとまりやすさ(静電気防止)   7)官能評価   8)毛髪防御指数(HPF)  5.評価機器(摩擦感テスター)の測定デモ 第2部 評価機器(KES-SE摩擦感テスター)の測定デモ    ~毛髪の表面摩擦「すべりやすさ」「なめらかさ」を評価・数値化~       ●ご担当:カトーテック株式会社 営業部 牧野悟 様 毛髪の表面摩擦を測定することによって摩擦係数、摩擦係数の変動を数値化 摩擦係数の数値は、人が毛髪を指先で触れた時に感じる、すべりやすさ・すべりにくさと相関がとれます。 摩擦係数の変動の数値は、人が毛髪を指先で触れた時に感じる、なめらかさと相関がとれます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/02/26 12:30
     1.先発品企業が特許切れ対応をしない原因と結果:   ・開発部・研究所にGE対応はインセンティブがない   ・大型品があるとAGと後継品開発をしない   ・製品戦略を元に次を狙う結果、各社同じLCM戦略をする.  2.新製品マネジメントとゾロ対策のあるべき姿:   ・新製品マネジメントの前提がそもそも間違い    -後継品がない原因はゾロ対策戦略がないため    -武田、塩野義、アステラス、中外の新薬開発注力は短期利益のみ優先    -後付けのため後手に回る製品戦略の原因を退治する方法   ・後発品と先発品を協創する  3.領域のライフサイクル・マネジメントによるゾロ対策:   ・製品マネジメントではいつも緊急導入   ・第一選択薬MTX(販売 : ワイス/武田、沢井)を売った先発品企業は抗体を否定   ・MTXと抗体があればリウマチ領域のゾロ対策ができた。   ・製品マネジメントではゾロ対策はできない。  4.ジェネリックによる差別化と新製品誕生のための使い道   ・ポイント1    満足度の高い製品領域でも新製品はできる    例:クレストールの差別化訴求点、       高血圧・胃腸障害・糖尿病・高脂血症には様々な治療と投与法       降圧剤・PPIも使い分け   ・ポイント2    今は無い市場が大きく成長する⇒自社・他社のGEも使い道     1.利便性     2.安全性     3.新機序のみが、薬ではない   ・ポイント3     製品があれば後から領域を作る     領域戦略は机上の空論と後づけでできる     領域1位の先発品と後発品は先発品企業が予想できず、否定した製品     領域戦略では否定した製品が大型後発品に育つ  他、具体的ポイントを解説  5.ジェネリックが注目される背景   ・後発品大手の利益率は先発品企業より高い  6.日本の医薬業界はジェネリックと改良から始まった  7.医療保険制度  8.GE80%時代を迎えた業界の特徴的変化  9.新薬以上の市場になるGE  10.先発品企業によるGE逆転戦略   ・GEを逆手に取る戦略   ・先発企業として何ができるか?  <先発品企業の選択>   ・役に立つ良い企業になるか?   ・一発もうけ主義でいくか?  11.変わるジェネリックの流通形態と成長するジェネリックへの対抗法  
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/02/23 10:30
     1.なぜ化学プラントで事故が起こるのか   -物質危険性、人、設備、外乱で事故は起こる   -事故が起こる主原因を12のキーワードで紹介します  2.HAZOPの基礎知識   2‐1 HAZOPの歴史   2‐2 HAZOPの目的   2‐3 HAZOP基本的考え方   2‐4 HAZOP全体の流れ  3.HAZOPの実践知識   3‐1 HAZOPの実施体制と事前準備   3‐2 HAZOPのメンバーとリーダーの役割   3‐3 HAZOPの留意点  4.HAZOPで知っておいて欲しい事故や失敗事例-その1   4‐1 事故の現状   4‐2 最近の重大事故とHAZOP   4‐3 「プロセスパラメーター」の切り口で事故を学んでおく       流量、圧力、液面、温度、組成、その他  5.HAZOPで知っておいて欲しい事故や失敗事例-その2    「装置の種類」という切り口で事故を学んでおく   5‐1 反応器   5‐2 塔槽類   5‐3 ポンプ、圧縮機   5‐4 熱交換器    5‐5 その他HAZOPでのキーワード
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/02/22 10:30
     1.はじめに   1-1 品質マネジメントシステム   1-2 逸脱管理とは   1-3 変更管理とは   1-4 ICHQ9を考慮した逸脱管理(CAPAシステム)  2.製造販売業三役の適切な実施   2-1 総括製造販売責任者・承認書と製造実態の相違等の法令遵守   2-2 三役体制、品質管理業務   2-3 安全管理業務・副作用の報告の遅延対応   2-4 今後の改善に向けて  3.GMP省令第15条「逸脱管理」とは   3-1 逸脱・不適合・異常の相違点   3-2 品質不良並びに逸脱
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/03/09 18:45
    皆さんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。そんな時に有効な訓練方法があります。ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する「ポジショニング To シーティング」です。臥位姿勢で異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから動作を引き出していくアプローチです。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/04/02 18:45
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/03/21 10:00
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。まずは、基本となる工学エビデンスを学びませんか。 車椅子を卒業し、「もう一度椅子に座る」「もう一度インテリアを使った生活をする」という当たり前の生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療を担っているのではないでしょうか。 いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点である人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/03/11 10:00
    ■車椅子設計採寸技術セミナー 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。セミナーでの技術、知識が消えないように、プロでも使う車椅子身体採寸ツールセットをプレゼントします。 ■車椅子メンテナンスセミナー 車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/04/01 10:00
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用したクッションをつくっていきます。 急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考え、バスタオルや段ボール等身近にある物、病院や施設で準備出来る物だけで座位保持クッションを作ります。この徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会