動作分析 (歩行含む)のセミナー63 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on岩手県query_builder2017/03/05 10:00
    様々なインソール療法(足底板療法)があり、ご興味を持っている方も多いかと思いますが、作成するには、その知識や技術も作成する為の道具等々で、なかなか実際には関われていないのが現状ではないでしょうか?そこで今回グラインダーという機械を使わないで作成出来るためパッド挿入等で足底板を入れることが可能となります。どうしても難しいイメージがある足底板アプローチを簡易的に誰でもできる方法に改良してお伝えする内容となっております。詳細は当会Facebookページの記事をご覧下さい。
    達人に学ぶセラピストの会inいわて
  • location_on東京都query_builder2017/03/31 12:30
    1.はじめに -高分子とは -化粧品における高分子の役割 2.化粧品に汎用される高分子材料の分類 -構造、由来からみた分類 3.化粧品に汎用される高分子材料の機能 -増粘、乳化安定 -保湿 -その他 4.増粘剤としての高分子材料 -粘弾性(レオロジー) -特性ごとの増粘のメカニズム 5.高分子材料の使用感における影響 -構造による要因 -レオロジー特性による要因 -その他使用感に及ぼす要因 6.化粧品に汎用される高分子各論(実際のサンプルを触りながら)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/03/28 19:30
    歩行動作にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 一般的な方法の復習から脳血管障害特有の方法まで歩行を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/21 19:30
    立ち上がり・立位保持にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な方法から脳血管障害特有の方法まで立ち上がり、立位を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/16 19:30
    CVD患者さんや運動器疾患の患者さんを担当した際に座位で体幹の練習を実施することがある。座位では頭頸部、肩甲帯、骨盤帯を利用して脊柱の運動を引き起こすことが可能である。  今回の講義では歩行時の体幹機能に着目し頭頸部、肩甲帯、骨盤帯から影響を与える方法について実技を交えながら紹介する。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/14 19:30
    基礎から応用へ  基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてアドバイスを行います。股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/09 19:30
    運動器疾患の患者さんを担当した際に胸部や腰部の過剰固定がみられ、可動性の低下した症例を経験する。また、歩行の制御のうち肩甲帯、体幹は約40%を制御するとの報告がみられるなど動作に対する影響も大きい。 今回の講義では骨盤、腰椎の解剖、運動学について慨説し下部体幹の安定性や可動性向上を目的としたアプローチについて実技を交えて紹介する。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/07 19:30
    基礎から応用へ  基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてアドバイスを行います。股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/30 19:00
    股関節疾患は様々ですが各疾患(手術後含む)の注意点や特徴は理解できていますか? 今回、股関節の疾患の特性と運動療法での注意点を知ることでリハビリテーション場面でのリスク管理や動作観察、動作分析に貢献すると思います。実技を交えながら股関節疾患の患者の理解を深められる内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/23 19:00
    股関節のROM改善に自信はありますか? ROM制限の原因を追究し、ROM拡大や筋力増強に結びつけることは重要です。 そのため、今回は股関節の機能解剖と筋の触診に重点をおいて教授したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/03/17 10:00
    第一部:分析法バリデーションにおける統計の基礎 ​【習得できる知識】 ・統計的有意差と信頼区間の関係 ・併行精度、室内再現性、直線性を評価するための試験デザインと解析方法 第二部:分析法バリデーションにおけるパラメータ基準値設定のポイント 【習得できる知識】 ・評価すべき分析のパラメータと算出方 ・各パラメータの基準値設定 ・システム適合性試験 第三部:分析機器の適格性評価と日常運用のポイント ​【習得できる知識】 ・分析機器の適格性評価 ・DQ、IQ、OQ、PQの実施 ・日常の運用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/22 10:30
     官能評価は、人間の感覚特性を考慮したものづくりをしたい時、または、感覚を利用してすでに作り上げた製品の特性を正しく評価したい時に用いる。  本講演では、パネル(評価者)や検査室、試料の管理などの官能評価を実施する際の注意点、官能評価手法の概要とその使い分け、主な手法としての順位検定とQDA法の実施法と統計手法、さらに、官能評価の事例などの紹介と解説を通して、官能評価をものづくりに役立てるための知識と技量の修得を目指す.なお、QDA法は、製品の官能特性を様々な評価用語を用いて評定するものである.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/24 12:30
     本セミナーでは、エンドトキシンの分子構造と生物活性、エンドトキシン測定の基礎と応用、局方エンドトキシン試験法(LAL)の実際と留意点、製造・品質管理のポイントとPitfall(Low Endotoxin Recovery)について海外の動向も交えて分かりやすく解説します。  さらには医療(Et血症・敗血症の診断と治療、透析液の品質確保、PET検査薬等々)および農業、ナノテクノロジー、環境衛生など種々産業分野への応用ならびに次世代 LAL、微生物迅速試験法も含めた現状と将来展望について述べます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on福岡県query_builder2017/05/21 10:30
    いまだ!見直そう。歩行の動作分析方法!   療法士としてまず最初に聞かれることは 【この患者様の問題点は何?】 ですよね。 ではあなたはどうやって問題点を導き出しますか?     歩行の動作分析において重要なことは、立脚期(初期接地・荷重応答期・立脚中期・立脚終期・前遊脚期)と 遊脚期(遊脚初期・遊脚中期・遊脚終期)の歩行周期に分けて考えること、 そして歩行中の身体をパッセンジャーユニットとロコモーターユニットの二つに分けて考えることです。 パッセンジャーユニットは、頭部(head)、上肢(arms)、体幹(trunk)からなり、英語の頭文字を取って「HAT」と呼ばれています。 そしてロコモーターは、下肢のことであり「HAT」を運ぶ機能を持っています。 基本的にパッセンジャーは完全な姿勢を保持しているだけです。 正常歩行では、パッセンジャーへの負担が最小限で受動的にロコモーターによって運ばれる状態が効率の良い状態になります。   本講演では、患者の歩行を理解するために必要な、「床反力」、「ベクトル」、「力のモーメント」、「フォースカップル」、「ロッカーファンクション」、 「歩行時の重心変動の減少」、「立位・歩行に必要な腰椎骨盤リズム」について説明し、中枢神経系障害患者様の異常歩行動作について、どこにポイントを置いて考えればいいのかを評価し治療していく方法を学びます。   前回のセミナーでは内容がとてもわかり易いと好評だった大阪人間科学大学の弓岡先生にご登壇頂きます。 プログラム 10:30-12:30 立位での姿勢・動作の評価 12:30-13:30 昼食 13:30-14:30 歩行の準備のための治療手技 14:30-16:00 歩行場面での治療手技 16:00-16:30 質疑応答 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ※実技を含みますがヨガマットは必要ありません。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on神奈川県query_builder2017/05/28 10:30
    痛みのある肩を根本的に治療するために必要な5つの評価技術とは? 肩関節の治療を進めていく上で、痛みのある部位に対して、どのような機能障害が起こっているかを理解することは大切です。 それ以上に、どのような動きで「いつ」「どこに」「どのような」痛みが出るのかも合わせて評価していかなければいけません。   例えば、上腕二頭筋長頭腱の炎症が疑われる場合、どのような整形外科的テストを行って理学的根拠を出せばいいか分かりますか? その前に、何故その整形外科的テストが有用なのか、どういう意図があってそれを使用するかわかりますか??   治療する上で必要な知識は、しっかりと解剖学、運動学の知識を元に、なぜそこにメカニカルストレスが起こっているかを理解することです。   これらを理解した上で、「なぜ、どのようにしてこの部位に障害が起こっているのか」を推察し、それを改善していくことが大切です。 本セミナーは肩関節疾患の治療に精通した千葉慎一先生にお越しいただき、痛みのある肩関節をしっかりと評価できるよう実技を交えてご講義いただきます。   概要 病院に来る患者さんは皆、ただ「肩が痛い」としか言いません。 しかし、患者さんの話をよく聞くと痛みが出るタイミングや場所、動作がバラバラであること気付きます。   痛む場所や動作が違うということは、患者により損傷している部位や障害されている身体機能もそれぞれ異なるということになります。 そんな病態も機能障害も、異なる患者さんに同じ内容の訓練を一様に行っても肩の痛みを取り除くことはできません。   患者さんの「肩の痛み」を取り除くためには患者個々に合った治療プログラムを立案する必要があります。   そのために重要なのが評価です。 まず、問診により「いつ」「どこに」痛みが現れるのかを聴取します。 次に疼痛誘発テストなどにより「どこが」責任病巣であるかを確認し、最後に機能評価により「なぜ」その様な病態に至ったのかを考えます。   ここで得られた「なぜ」に対する答え、対策が治療プログラムとなります。   治療手技は何でも構いません。 大事なのは患者さんの肩が「なぜ痛くなってしまったのか」その理由を把握することです。   今回は肩関節に対する評価の一連の流れを実技を中心にご紹介したいと思います。   プログラム 1.肩関節運動の特徴 2.肩関節の運動機能と評価 1)病態診断(疼痛誘発テスト) 2)機能評価 (1)肩甲上腕関節の運動機能と評価 (2)肩甲胸郭関節の運動機能と評価 (3)肩鎖関節と胸鎖関節の運動機能と評価 (4)体幹の運動機能と評価 (5)下肢の運動機能と評価   持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) ・バスタオル(枕代わりとして使用します) <お知らせ> 本セミナーではヨガマットのレンタルは行っておりません。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on東京都query_builder2017/03/27 12:30
    1.はじめ -PMSとPVの違い -原資料 -合併症、既往歴 -投与前の有害事象 2.有害事象 -有害事象と副作用 ・重篤/ 非重篤との関係性 ・臨床検査値の異常値 -悪化と悪化傾向 ・疾患のぶれ -該当しない場合 -重篤/ 非重篤の判断、症例処理 3.有害事象評価 -最近の質問 -評価のための『3ステップ』-有害事象処理の流れ- ・安全性情報の考え方 ・治験薬との関連性 4.留意点 -SAE発現日 ・各社の悩み -関連性評価で困ること -補償 5.Global開発での留意事項
    株式会社R&D支援センター