動作分析 (歩行含む)のセミナー72 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/07/24 13:00
    近年では企業主導により再生医療の産業化が推し進められている。再生医療を実現するために必要不可欠な周辺産業についても事業化が進められている。キーワードとして標準化や産学連携、パッケージ化などが挙げられ、さまざまなレポートやセミナーが開催されている。その多くは業界全体に対する俯瞰や個別具体的なサービスの紹介であり、産業にとっての「将来シナリオ」や「戦い方のオプション」については議論が必要とされている。 本講演においては、再生医療産業及び周辺産業における参入プレーヤーの戦い方についての整理を行う。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/25 13:00
    1パウダー製品に使われる原料 −体質顔料 −白色顔料 −着色顔料 −複合顔料 2成型 −乾式成型 −湿式成型 3剤型別処方設計の基礎 −ルースパウダー −パウダーファンデーション −リキッドファンデーション −オイルファンデーション −チーク・ハイライト・アイシャドウ 4 人による感覚的評価のギャップ −ルースパウダー −パウダーファンデーション −リキッドファンデーション −オイルファンデーション −チーク・ハイライト・アイシャドウ 5パウダー製品の安定性試験 −温度・光・落下による安定性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/31 10:30
    再生医療等製品の開発において非臨床安全性評価は医薬品と同様に臨床研究/治験申請前に実施することが求められており,その特殊性,専門性に頭を悩ます開発者は少なくありません. また明確なガイドラインがない上に,製品の種類や特性等によって“柔軟かつ合理的にケース・バイ・ケースに対応”ということがさらにハードルを高くしています. 本講演では細胞加工製品を中心に、これから再生医療等製品を開発されている方が安全性試験の理解を深めたうえでよりスムーズに開発を進められるように,基礎から実践まで網羅して紹介します.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/30 12:30
    【習得できる知識】 〇 ICH E6R2の概要 〇 Clinical QMSの概要 〇 品質改善手法Lean Six Sigmaの概要 〇 Quality managementの観点から注意すべき社内プロセス 〇 必要な社内プロセスの構築 〇 作成が必要なSOP  被験者の保護とデータの信頼性を第一に考えた日本における臨床試験の発展、モニタリングコスト抑制のため、また、自身と会社の成長のために、ぜひご参加ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/31 10:30
    1部:バイオ医薬品製造のポイント 2部:バイオ医薬品製造 - USP (Up-Stream Processes)  1研究ステージ:MCB樹立  2培養工程 3部:バイオ医薬品製造 - DSP (Down-Stream Processes)  1バイオ医薬品製造における不純物  2一般的なヘテロジェナイエティー  3糖タンパク質医薬品の糖鎖  4バイオ医薬品の製造工程由来不純物  5バイオ医薬品の精製工程の例  6バイオ医薬品の分析  7バイオ医薬品精製におけるポイント  8同等性/同質性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/23 10:30
     ろ過とは製品品質の向上や設備の信頼性向上を目的として、プロセス流体やシステム流体から、不要な成分(コンタミナント)を取り除く操作・工程である。このろ過を適切に、かつ効果的に行うには、適切なフィルターの選定とともに、目的に適したろ過操作法の決定が重要です。  本セミナーでは、フィルターやろ過操作の基礎から応用、フィルターやろ過方式選定の際に考慮すべき要素について紹介いたします。  フィルターやろ過の基礎から説明をしていくので、これからフィルターやろ過について勉強を始める方も、お気軽に受講下さい。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/19 10:30
     PMDAなどの当局は、正式に製薬企業に対して「無通告査察」の実施を強化すると公表し、何社も実際にPMDAによる「無通告査察」を受けている。  また、「無通告査察」の実施は、都道府県による製造所の定期的査察にも適応・拡張させて行くとのことである。よって、製薬企業は優れた医薬品の患者様への安定供給を継続的・恒久的に達成させるために、早急に製造所の「無通告査察」の体制を構築/再構築することが必須である。さらに、データのライフサイクルを通しての完全性(データインテグリティー)の強化はもちろん必須である
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/26 10:30
    【趣旨】  日米欧中同様に,アジア諸国でも,薬制環境が目まぐるしく変化している。一方で,変化の予見性という点では,日米欧とアジア諸国では大きな差がある。  その中で,ASEANでは特有フォーマットのACTDがどのように運用されているのか,また,その他アジア諸国(韓国,台湾,香港,インドなど)ではどのような申請要件を満たす必要があるのか,新薬および変更管理申請における申請資料の概要,各国の要求事項について,実際の経験及び最新の規制動向を踏まえて伝える。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/25 13:00
     近年、難治性疾患や遺伝性疾患に対する新しいモダリティ(治療手段)として核酸医薬品が注目を集めている。一方、核酸医薬品の品質・安全性評価については、規制当局が開発品目に応じて個別に対応しているのが現状であり、核酸医薬品に特化した国際的なガイドラインは存在しない。  この背景から、核酸医薬品の規制整備に向けた議論が活発化しており、核酸医薬品の特徴を踏まえた考慮事項が整理されつつある。  本セミナーでは、核酸医薬の基礎、国内外における規制動向、および品質・安全性評価におけるポイントを整理し、概説する
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/19 13:00
     洗剤・雑貨、化粧品、医薬部外品の商品開発において毒性情報、使用感、安定性を考慮することは非常に重要です。  毒性情報・安全性試験の項目について学習し原料選定・管理方法について学習していただきます。また、お客様の要求を満たすためには使用感の調整、安定性の調整が不可欠です。過去トラブルについて過去の事例を紹介いたします。  過去の毒性の問題は忘れることが良くあります。化粧品原料の原料管理、原料選択ツール(エクセルデータベース:2019年2月現在11965成分収載)無料開示いたします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/26 12:30
     賞味期限を設定する前に受講者自身が確認すべきポイントを整理して,実際の設定手順を具体的に説明する.また賞味期限の予測に関しては,試験の生データから食品工学的手法による予測の方法を講師が具体的な演習形式でわかりやすく実演する.  さらに実際の予測データ例も豊富に提示して,賞味期限予測に関する注意点や予測できない場合などの応用編までを幅広く解説する.  特に,科学的・合理的な根拠に基づき,開発や営業等での経験を活かすならば具体的にどのように賞味期限設定を設計すれば良いかを明確にしていく.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/08/17 10:00
    ・知っておくべきADLの注意点 ・ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・ケアを阻害する因子 ・ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・身体機能、認知機能の評価と介入 ・日常生活を想定した関わり ・実技・演習 など
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/07/13 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/06/22 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/06/06 10:30
    ■本講座の流れ:  ・データインテグリティの基礎  ・FDA査察指摘の紹介  ・ラボにおける指摘  ・製造における指摘  ・年次品質レビュー/QAにおける指摘  ・供給者監査に関する指摘  ・PMDAの指摘動向  ・各極ガイダンスのポイント紹介  ・実務対応の解説  ・コンピュータ化システム(ラボ)  ・紙記録(ラボ、製造共通)  ・製造装置と検査装置 また、ERES(電子記録、電子署名)およびCSV(コンピュータ化システムバリデーション)の基礎から説明するので、コンピュータに馴染みがなかった方にも十分理解していただける。 ■講演内容  1.データインテグリティとは  2.ERES対応の基礎  3.CSV対応の基礎  4.データインテグリティ用語  5.FDAの査察指摘   ・国内における指摘   ・ラボにおける指摘   ・製造における指摘   ・年次品質レビュー/QAにおける指摘   ・供給者監査に関する指摘  6.MHRAガイダンスの要旨  7.FDAガイダンスの要旨  8.PIC/S査察官むけガイダンスの要旨  9.PMDAのデータインテグリティ指摘動向  10.FDA指摘トップ10  11.ハイレベルポリシーの例  12.実務対応   ・コンピュータ化システム(ラボ主体)   ・紙記録(ラボ、製造共通)   ・製造装置と検査装置  13.今すぐ行うべきこと/行えること  14.良くある質問  15.質疑応答
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/08 10:30
     第1部.体外用診断薬性能試験の統計的方法   1.統計の基礎    1)データの種類と解析方法    2)代表値とばらつき    3)分散の加法性、分布の性質   2.相関分析    1)2種類の相関係数の違い    2)回帰分析と残差分析   3.検定と推定を理解する    1)仮説検定の原理    2)検定方法の選択に間違いはないか    3)代表的な検定手法   4.分散分析法と多重比較法の基礎を学びます。    ・臨床試験では必須です。   5.サンプルの選び方とサイズの決め方  第2部.統計手法の応用例   1.基本的性能試験の応用例(最小検出限界や直線性について)   2.臨床的許容誤差    1)許容誤差の考え方と求め方    2)評価方法と精度管理への応用   3.基準範囲の計算方法と確認方法    1)考え方    2)計算方法と確認方法   4.精密さと正確さの評価の仕方を考える    1)2種類の精密さ評価    2)3種類の正確さ評価  第3部.ベイズ統計学   1.感度と特異度、適中率、尤度、オッズを考えます   2.ROC分析の有効な活用方法と注意点について
    株式会社R&D支援センター