画像診断のセミナー59 件中 49 - 59 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/10/11 10:30
     1.分析法バリデーションとは   1-1 定義および重要性   1-2 分析法バリデーションをいつ実施しますか?   1-3 医薬品の開発過程における実施目的    (1)分析法の開発段階    (2)承認申請段階    (3)GMP生産段階  2.分析能パラメータの評価方法   2-1 正規分布と標準偏差   2-2 直線性   2-3 範囲   2-4 真度   2-5 併行精度   2-6 室内再現精度   2-7 検出限界   2-8 定量限界   2-9 頑健性   2-10 信頼区
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/26 10:30
     1.アメリカ   ・医療保険制度(民間保険、メディケア、メディケイド)の概要   ・薬価設定方法(新薬・ジェネリック薬)   ・様々な医薬品の価格と実勢価格の水準   ・薬剤の保険償還システム((民間保険、メディケア、メディケイド)   ・マネージドケアの概略とその対応(薬剤費抑制策、フォーミュラリなど)   ・オバマヘルスケア改革とトランプ新政権による廃止に向けた動き   ・アメリカの最新動向(バイオシミラーの承認状況、メディケアパートBの      国際医薬品指数による新たな償還制度、メデ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/30 10:30
     1. 凍結乾燥プロセスの概説と基礎となる物理化学現象   1.1 凍結乾燥プロセス   1.2 凍結乾燥装置の概要   1.3 凍結乾燥と関わる物理化学現象      (固液相平衡,過冷却,凍結濃縮,共晶,ガラス転移,コラプス)   1.4 氷結晶のパターン形成   1.5 凍結過程をどう制御するか  2. 凍結乾燥操作の基礎   2.1 乾燥の基礎理論   2.2 凍結乾燥における乾燥のメカニズム   2.3 凍結乾燥プロセスの数学モデル   2.4 凍結乾燥シミュレーションによるデザインスペースの求め方  3.凍結乾燥過程において製品が受けるストレスとプロセス最適化の指針   3.1 凍結時のストレス   3.2 乾燥時のストレス   3.3 保護物質の役割と選定   3.4 凍結乾燥プロセスの最適化   3.5 新しい技術動向の紹介
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/23 10:30
     1.知っているようではっきりしらないこと   1.1 GMP省令とは、PIC/Sとは、ICHとは、ガイドラインとは?   1.2 日本薬局方とは?   1.3 医薬品とは、部外品とは、一般用医薬品とは、先発医薬品とは、後発医薬品とは?   1.4 原料とは、資材とは、直接の被包と内袋の違い  2.GMPの歴史   2.1 国内の医薬品製造技術の変遷   2.2 米国の法規制の歴史   2.3 連邦食品・医薬品・化粧品法とは   2.4 cGMPの制定を契機にWHO GMP、そして国内GMPの制定へ  3.日本の薬事法体系   3.1 悪い医薬品とは、ロット回収に至る医薬品とは?  4.古いGMPの特徴と最新GMPの特徴および要請事項   4.1 GMP省令改正のポイント   4.2 医薬品品質システムとは?   4.3 そもそも「Quality」とは   4.4 Quality Cultureの適切さはQuality Metrics(品質指標)に現れる   4.5 品質指標を改善するには  5.全社一丸でないと 国際整合化を図った改正GMPの趣旨に対応できない   5.1 職員全員にリスクマネジメントスキルが必要   5.2 CAPAの実践には認識能力と報告しやすい環境が必要   5.3 「いつもと違う」への対処法を構築  6.品質リスクマネジメントとは   6.1 日本はFMEA手法の点数付けに偏重しているが、欧米ではHACCPが主流  7.GMP+GDP=GMDPの要請   7.1 リスクマネジメントは工場内に留まらない   7.2 GDP制定の背景   7.3 日本版GDPガイドラインの概要  8.製造販売業者と製造業者の関係   8.1 製造実態と承認内容の乖離から、品質保証体制のさらなる充実が要求されている   8.2 取り決めの重要性   8.3 供給者管理のポイント  9.汚染、交叉汚染、混同、ミス防止がGMPの基本   9.1 共有設備内の交叉汚染に関するPIC/S備忘録(PI043-1)2018年7月発効   9.2 ハードへの要請事項と実施事例   9.3 ソフト対応の第一は文書化すること   9.4 証拠書類に求められるのは「ALCOA+plusの原則」   9.5 省令の求める手順書とSOPの関係   9.6 スキル(力量)とは
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/30 09:30
    「消化管エコー」のハンズオンセミナーです Bモードでの描出方法から~スクリーニングまで消化管エコーの検査手技をお伝えします!
    株式会社US-ism
  • location_on東京都query_builder2019/05/12 09:30
    ○ 深部静脈血栓症の診断に欠かせない検査 「下肢静脈  超音波検査」のハンズオン(実技)セミナーです ○ 下肢静脈エコーの意義や描出方法、注意点について  やさしく解説します ○ 下肢静脈エコーにおけるドプラ法の使い方と評価方法  そして実際の写真による症例検討も! ○ 実際の装置を使って、日常における下肢静脈超音波検査  が実施できるようになることが目的のセミナーです ○ 各回、1台につき5名までの少人数制で、受講者全員が  プローブをしっかりお持ちいただきます
    株式会社US-ism
  • location_on福岡県query_builder2019/05/03 16:30
    動脈硬化性疾患の診断に欠かせない検査「頸動脈エコー」のBモード画像の描出からドプラまでのすべてを! 翌日からすぐに頸動脈エコーを始められることを目的として、超音波装置1台に6名を上限とした少人数制の実技セミナーです。
    株式会社US-ism
  • location_on福岡県query_builder2019/04/27 14:30
    わかる!「心臓超音波検査」 大人気の少人数(装置1台に5名まで)心エコーセミナー。経験豊富なベテラン超音波検査技師が初心者の皆様にも丁寧にわかりやすく「心エコーのコツ」や「心機能評価」についてお伝えします。
    株式会社US-ism
  • location_on福岡県query_builder2019/04/13 14:30
    シンプルでわかりやすく腹部エコーを学べるハンズオンセミナー。超音波装置1台に5名を上限とした少人数制の実技セミナーです。これからエコーを始める方、そしてプローブを持ち始めて間もない方に最適のセミナーです。 自分の検査に自信がもてない方や、もう一度最初から腹部エコーについて確認したいという方にもおススメの初心者・初級者向け講習会です。
    株式会社US-ism
  • location_on東京都query_builder2019/05/03 09:30
    大人気の少人数(装置1台に5名まで)心エコーセミナーです わかりやすく丁寧に「心エコーのコツ」をお伝えします 装置1台に参加者5名を上限とした「少人数制 心臓超音波セミナー」
    株式会社US-ism
  • location_on東京都query_builder2019/05/05 09:30
    腹部エコー初心者の方のためのモデルを使った実技講習会です。 肝・胆・膵・腎・脾の上腹部5臓器を中心に描出方法とコツ、 検査の方法とポイントをわかりやすく解説。参加者全員、同じよう にしっかり実技を行います。 肝区域、胆管、膵臓等、初級者が最初に苦労する部分は、描出の コツやポイント、解剖について時間をかけて実践できます。 本では得られない腹部エコーのコツを超音波検査士がお伝えする 少人数セミナーです。 対象:医師・研修医・臨床検査技師・診療放射線技師・看護師等
    株式会社US-ism