画像診断のセミナー39 件中 33 - 39 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/05/30 12:30
    1メディカルライティングについてのガイドライン、規程の考え方 2医薬品の開発におけるライティング 3治験総括報告書からCTD 2.7.6の作成 4ドキュメントQC点検の定義と実際《QC点検演習》 5ドキュメントQC点検の意義と実際 6海外データの活用およびチェックリストの考え方 7メディカル分野で汎用される用語(英語) 8機械翻訳(MT)をメディカル文書翻訳に用いる場合の注意点 実際に作成された文書や、使用頻度の高い文章で、間違いの起きやすいポイントを知ることが、実際の業務に生きると考えます
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 12:30
    《習得できる知識》 ・2003年度版との差異 ・要求事項を理解するための必要な事項 ・対応のための具体的方法  2016年版は、新しい考えが取り入れられているよりも、規制要求事項を取り込むためにより明確になった印象です。従って、今の品質システムの大部分はそのまま使用できますが、活用中の手順にある曖昧な部分が思わぬ落とし穴になります。  規格の主旨を理解し、適合性証拠として採用されやすいものを、スムーズな移行に役立つよう解説いたします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 13:00
    1 はじめに -経皮吸収技術・評価の必要性 -医薬品外用剤と化粧品の違い 2 経皮吸収の基礎 -皮膚構造 -定義 -薬物の経皮吸収経路 -各種パラメータ -経皮吸収に影響を与える要因 3 経皮吸収の評価法 -in vitro 評価法 -膜の選択 -経皮吸収評価の流れ  ・ 試験条件の設定  ・ 実験方法  ・ 分析  ・ 解析方法 -蛍光物質によるイメージング評価  ・ カルセインやナイルレッドを用いた評価例  ・ 評価の注意点 -in vivo 評価法 -血中濃度測定 -テープストリッピング法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/31 12:30
    1品質保証・品質管理システム -品質管理のサイクル -モニタリング業務の品質管理 -QC活動 -CAPAの手順とコンセプト 2品質向上・維持のために -高率的モニタリング -risk based monitoring -治験事務局、CRCとの円滑な情報交換 -モニターのコミュニケーション能力、交渉力、事務処理能力の向上 -QC活動 -原資料マネジメント -逸脱の原因に関しての考察とリスク評価 3今後のモニタリング業務 -サンプリングSDV -中央モニタリング -組織・プロジェクトチームの体制
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/13 09:30
    「消化管エコー」のハンズオンセミナーです Bモードでの描出方法から~スクリーニングまで消化管エコーの検査手技をお伝えします!
    株式会社US-ism
  • location_on東京都query_builder2018/03/18 09:30
    ○ 深部静脈血栓症の診断に欠かせない検査 「下肢静脈  超音波検査」のハンズオン(実技)セミナーです ○ 下肢静脈エコーの意義や描出方法、注意点について  やさしく解説します ○ 下肢静脈エコーにおけるドプラ法の使い方と評価方法  そして実際の写真による症例検討も! ○ 実際の装置を使って、日常における下肢静脈超音波検査  が実施できるようになることが目的のセミナーです ○ 各回、1台につき5名までの少人数制で、受講者全員が  プローブをしっかりお持ちいただきます
    株式会社US-ism
  • location_on福岡県query_builder2018/05/03 09:00
    動脈硬化性疾患の診断に欠かせない検査「頸動脈エコー」のBモード画像の描出からドプラまでのすべてを! 翌日からすぐに頸動脈エコーを始められることを目的として、超音波装置1台に6名を上限とした少人数制の実技セミナーです。
    株式会社US-ism