画像診断のセミナー56 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/03/31 12:30
    1.はじめに -高分子とは -化粧品における高分子の役割 2.化粧品に汎用される高分子材料の分類 -構造、由来からみた分類 3.化粧品に汎用される高分子材料の機能 -増粘、乳化安定 -保湿 -その他 4.増粘剤としての高分子材料 -粘弾性(レオロジー) -特性ごとの増粘のメカニズム 5.高分子材料の使用感における影響 -構造による要因 -レオロジー特性による要因 -その他使用感に及ぼす要因 6.化粧品に汎用される高分子各論(実際のサンプルを触りながら)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/03/16 19:30
    CVD患者さんや運動器疾患の患者さんを担当した際に座位で体幹の練習を実施することがある。座位では頭頸部、肩甲帯、骨盤帯を利用して脊柱の運動を引き起こすことが可能である。  今回の講義では歩行時の体幹機能に着目し頭頸部、肩甲帯、骨盤帯から影響を与える方法について実技を交えながら紹介する。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/14 19:30
    基礎から応用へ  基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてアドバイスを行います。股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/09 19:30
    運動器疾患の患者さんを担当した際に胸部や腰部の過剰固定がみられ、可動性の低下した症例を経験する。また、歩行の制御のうち肩甲帯、体幹は約40%を制御するとの報告がみられるなど動作に対する影響も大きい。 今回の講義では骨盤、腰椎の解剖、運動学について慨説し下部体幹の安定性や可動性向上を目的としたアプローチについて実技を交えて紹介する。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/03/07 19:30
    基礎から応用へ  基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてアドバイスを行います。股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/30 19:00
    股関節疾患は様々ですが各疾患(手術後含む)の注意点や特徴は理解できていますか? 今回、股関節の疾患の特性と運動療法での注意点を知ることでリハビリテーション場面でのリスク管理や動作観察、動作分析に貢献すると思います。実技を交えながら股関節疾患の患者の理解を深められる内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/23 19:00
    股関節のROM改善に自信はありますか? ROM制限の原因を追究し、ROM拡大や筋力増強に結びつけることは重要です。 そのため、今回は股関節の機能解剖と筋の触診に重点をおいて教授したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/16 19:00
    股関節の機能は体重支持と運動において体幹と下肢をつなぐ重要な関節です。股関節の機能は股関節周囲のどの筋肉が働き安定や動作を行っているのか理解できていますか? 今回は股関節の基礎をしっかりと把握し治療効果を高めていけるようにします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/03/02 19:00
    肩関節疾患の特性を理解し、各種リハビリテーション時の運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。肩関節の可動が円滑にそして痛みを出来るだけ抑えて運動療法を行えるように実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/03/17 10:00
    第一部:分析法バリデーションにおける統計の基礎 ​【習得できる知識】 ・統計的有意差と信頼区間の関係 ・併行精度、室内再現性、直線性を評価するための試験デザインと解析方法 第二部:分析法バリデーションにおけるパラメータ基準値設定のポイント 【習得できる知識】 ・評価すべき分析のパラメータと算出方 ・各パラメータの基準値設定 ・システム適合性試験 第三部:分析機器の適格性評価と日常運用のポイント ​【習得できる知識】 ・分析機器の適格性評価 ・DQ、IQ、OQ、PQの実施 ・日常の運用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/22 10:30
     官能評価は、人間の感覚特性を考慮したものづくりをしたい時、または、感覚を利用してすでに作り上げた製品の特性を正しく評価したい時に用いる。  本講演では、パネル(評価者)や検査室、試料の管理などの官能評価を実施する際の注意点、官能評価手法の概要とその使い分け、主な手法としての順位検定とQDA法の実施法と統計手法、さらに、官能評価の事例などの紹介と解説を通して、官能評価をものづくりに役立てるための知識と技量の修得を目指す.なお、QDA法は、製品の官能特性を様々な評価用語を用いて評定するものである.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/24 12:30
     本セミナーでは、エンドトキシンの分子構造と生物活性、エンドトキシン測定の基礎と応用、局方エンドトキシン試験法(LAL)の実際と留意点、製造・品質管理のポイントとPitfall(Low Endotoxin Recovery)について海外の動向も交えて分かりやすく解説します。  さらには医療(Et血症・敗血症の診断と治療、透析液の品質確保、PET検査薬等々)および農業、ナノテクノロジー、環境衛生など種々産業分野への応用ならびに次世代 LAL、微生物迅速試験法も含めた現状と将来展望について述べます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/27 12:30
    1.はじめ -PMSとPVの違い -原資料 -合併症、既往歴 -投与前の有害事象 2.有害事象 -有害事象と副作用 ・重篤/ 非重篤との関係性 ・臨床検査値の異常値 -悪化と悪化傾向 ・疾患のぶれ -該当しない場合 -重篤/ 非重篤の判断、症例処理 3.有害事象評価 -最近の質問 -評価のための『3ステップ』-有害事象処理の流れ- ・安全性情報の考え方 ・治験薬との関連性 4.留意点 -SAE発現日 ・各社の悩み -関連性評価で困ること -補償 5.Global開発での留意事項
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/28 12:30
    I. CTD2.7.6作成演習 1審査の現状、作成ポイント -フォーマット、Synopsisの作成 -図表例、留意点 -ドキュメント、ドラフト完成 ​II. QC点検演習 1. 開発中のドキュメント・翻訳 -翻訳、グローバル展開 ​2. ドキュメントQC点検 -品質管理・点検 -手順書作成、確認 -点検業務、事例 3. 海外データ活用 -データ適合性、チェックリスト例、留意点 4. 人材活用、発掘、教育研修 5. 点検事例、解説 6. 照会事例対応 -不明な文章解釈、読み方、英語対応、タイミング
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/23 13:00
    1.細胞の特性、分化 -培養手法、設備 2.細胞力学操作 -力学操作技術 -個別細胞、規模コロニーへの力学操作技術 -大規模コロニー、細胞群への力学操作技術 3.iPS細胞と再生医療 -培養技術,注意点 -iPS細胞による再生医療の現況 4.増殖培養促進 -再生医療に必要なiPS細胞数 -自動増殖培養装置の開発 -3次元振動ステージによる増殖促進 5.分化誘導培養促進 -手段と課題 -3次元振動アクチュエータによる分化誘導促進 6.3次元組織・臓器への構築培養促進 -次元組織構築培養の現状と課題
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/30 12:30
    1.マルチチャンネルとは -政策と情報 2.医療情報の現状と今後 -シェア情報からの変化 -レセプト情報から電子カルテへ 3.プロモーション活動 -地域包括ケアと医療情報 -医療機器、検査機器との情報共有 -MRの役割変化 4.マルチチャンネルの考え方 -構築法 -情報提供スピードと質 -チャンネルに基づく組織づくり 5.患者情報 -患者行動と調査 -個人情報保護法 -電子カルテ 6.  マルチチャンネルとKOLマネージメント -KOLに対する優先順位の変化 -情報社会における営業のためのKOL
    株式会社R&D支援センター