画像診断のセミナー66 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/11/22 12:30
    1PIC/S GMPガイドラインの法的位置づけ 2国内GMP省令とPIC/S GMPガイドライン 3検査室管理の実践 1)原材料受入試験  ・ガイドラインに沿った原材料受入試験のサンプリング方法 2)参考品管理 4変更管理 1)クラス分類 2)管理実践 3)一変と軽微の区分 4)変更事例 5異常・逸脱・OOS・ラボエラー対応 1)FDA のOOSガイドライン 2)異常・逸脱・ラボエラーの発生原因とその対応 6試験検査業務の信頼性確保 1)Data Integrity 2)信頼性確保への取り組み
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 10:30
    【習得できる知識】 〇 においの分類 〇 人がにおいを嗅いでいるメカニズム 〇 においの分析方法と原理、その特長と適応事例 【趣旨】 ・におい形態を説明 ・形態ごとの見える化方法の説明 【プログラム】 1においのいくつかの形態 ​2嗅覚の検知メカニズムから見た複合臭の特長 3においの単位は? 4においの見える化方法 5官能評価法って実際どのようにするの? 6機器分析の種類と特徴 7おいしさ、風味の定量、快・不快度を調べるのあたって 8臭気・悪臭の定量化 9複合臭に対する最近のアプローチ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/24 10:30
    1 Global担当者とのe-mailのやり取り 2 同意取得の医学英語表現 3 治験開始の医学英語表現 4 AE/SAE出現対応時の医学表現   ​5 被験者の処置/対応の医学表現 6 入退院・転院時の医学表現 7 治験の中止・終了時の医学英語表現 8 医師の評価コメントの医学英語表現 9 検査および検体キットの取り扱いの医学英語表現 10 数多くの事例、(失敗事例も含む)を提示し、受講者の回答を添削いたします    ※参加者にはよく使う「医学英語事例集」を最後にお配り致します
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/27 12:30
    1部:プロジェクト計画の作成と計画の目標達成のための進捗管理 1 プロジェクトチームの構成とガバナンス 2 開発計画の作成 3 開発計画の進捗管理 -問題の発生と解決策 -開発が遅れる要因と対策 4 プロジェクト成功のために 2部:プロジェクトの遅れる原因とスピードアップのための求められるスキル 1なぜプロジェクトが計画通りに進まないのか 2効果的な部下面談 3全員参加型会議のファシリテーション技法 4プロジェクト・マネージャーが意識したいコミュニケーション手法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:30
    概要: 足関節・足部は非常に狭い領域に多くの骨が密集している。そのため、本来は多くの可動性と多くの筋による協調的な運動を要求される部位であると考えられる。しかし、多くの患者さんは足部の可動性が低下しており足部の機能が発揮出来ていない状態で動作を行なっている。今回は、足部の可動性に着目して講義します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/12 19:30
    概要: 各種基本動作にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な方法から脳血管障害特有の方法まで寝返り・起き上がりなど基本動作を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/05 19:30
    概要: 連合反応って?どうやって抑えるの?なぜ起こるの? 脳血管疾患に対し、連合反応はなぜ起こるのか、どうやって抑制するのか実技を交えて行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/30 19:30
    概要:腰痛を引き起こす原因としては、骨・関節系、神経性、軟部組織性、退行病変、成長期疾患など多種多様で、症状も疼痛部位や神経兆候、筋力低下などの理学所見などを考えると幅広く対応する必要があります。 その中で共通して問題となるのは姿勢です。 その姿勢を改善させることで疼痛が改善することはもちろん、神経兆候や筋力までも改善することをたびたび経験します。 今回、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の病態を整理して、姿勢改善のための評価、運動療法を行います。 2回シリーズの予定で11月は頸椎-胸椎からの視点で行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/28 19:30
    概要: 脳血管疾患の回復期・慢性期管理でのリスク、運動療法を行う上での注意点など脳血管疾患の病態、管理方法を復習してみませんか。観察するポイント運動療法など実技を交えながら実施していこうと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/21 19:30
    概要: 脳血管疾患の急性期管理でのリスク、運動療法を行う上での注意点など脳血管疾患の病態、管理方法を復習してみませんか。観察するポイント運動療法など実技を交えながら実施していこうと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/16 19:30
    概要: 足関節は捻挫や下腿の骨折は比較的担当することの多い疾患である。それ以上に、足関節・足部のアライメント不良は担当する患者さんの多くが有している障害の一つである。足関節・足部の問題を解決することで膝関節痛の軽減など多くの良い影響が全身に波及する事がある。今回はアライメントに着もして実技を交えながら講義を行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/14 19:30
    概要: 脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。今回は2回シリーズにて行う予定です。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/11/16 10:30
     1.生体分子プロファイル型の計算創薬/DR の基本概念   (1)創薬を巡る状況とこれからの展望   (2)疾患・薬剤・生体ネットワークの基本枠組み  2.ビッグデータ創薬/DR(非学習型方法)   (1)遺伝子発現プロファイル比較型の創薬/DR   (2)疾患ネットワーク準拠の創薬/DR   (3)計算創薬・DRの理論的な枠組み     a.疾患関連遺伝子、薬剤標的分子、生体分子ネットワークの関係     b.タンパク質相互作用ネットワークの3環構造と薬剤標的分子の分布     c.タンパク質相互作用ネットワークにおける薬剤標的分子、疾患関連分子の関係     d.様々な距離の定義(Wang, Sun, Barabasi ら)による有効薬剤の評価  3.AI 創薬/DR(学習型方法)の実際と将来の方向   (1)ビッグデータの特性と医療・創薬のパラダイム変革     a.新 NP 問題とビッグデータの「構成性原理」     b.層別化医療と Real World Data   (2)人工知能の分類と歴史     a.知識型人工知能とニューラルネットワーク     b.医療分野での2つの人工知能のアプローチの展開   (3)ニューラルネットワークの発展と ディープラーニング(DL)の革命性     a.ニューラルネットワークの発展と従来の方式の限界     b.ディープラーニング(DL)の革命性:「教師なし学習」による特徴表現学習     c.多層自己符号化(deep autoencoder)による超多次元ネットワークの次元縮約   (4)超多次元複雑ネットワークの革新的縮約法としての DL     a.医療・創薬ビッグデータの縮約としての DL     b.タンパク質相互作用ネットワーク(PPIN)の DL による縮約     c.DLと従来の統計的縮約法との比較   (5)AI 創薬―- DLによる薬剤標的分子の探索     a.人工知能(DL)と機械学習による薬剤標的分子の(PPINの縮約準拠型)探索     b.Pharm-AI の創薬:薬剤標的分子の探索方法の評価:     c.Pharm-AI の DR:アルツハイマー症での探索結果とこれまでの結果との比較   (6)AI 創薬発展の将来的方向と国際的研究状況   4.質疑応答
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1. CTD 第3部を基にした第2部(QOS) の作成   1-1 S.1 一般情報   1-2 S.2 製造    1-2-1 S.2.2 製造方法及びプロセス・コントロール    1-2-2 S.2.3 原材料の管理    1-2-3 S.2.4 重要工程・重要中間体の管理    1-2-4 S.2.5 プロセスバリデーション    1-2-5 S.2.6 製造工程開発の経緯   1-3 S.3 特性   1-4 S.4 原薬の管理    1-4-1 S.4.1 規格及び試験方法    1-4-2 S.4.2 試験方法    1-4-3 S.4.3 分析法バリデーション    1-4-4 S.4.4 ロット分析    1-4-5 S.4.5 規格及び試験法の妥当性   1-5 S.5 標準品又は標準物質   1-6 S.6 容器及び施栓系   1-7 S.7 安定性  2.CTD第2部を基にした申請書(MF) の作成   2-1 共通ヘッダ   2-2 別紙規格について   2-3 製造方法   2-4 規格及び試験方法   2-5 原薬等の製造所   2-6 備考  3.照会・GMP適合性調査  4.承認後の変更   4-1 変更登録   4-2 軽微変更届   4-3 原薬等登録原簿登録承継届  5.参考通知
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    趣旨 医薬品事業の永続的な成功には、ポートフォリオ戦略に加えて、重点製品のライフサイクルマネジメントLCMを有効に行う事が必須である。 この重要なタスクについて実践的に分かりやすく解説し、色々な角度からLCMについて考察する。 この講演は、経営企画部門、マーケティング部門の管理職、マーケティング実務に携わる方々の、ライフサイクルマネジメントに関する体系的な理解を促す事を目的としている。 プログラム  1.イントロダクション   -Marketing Managementとは   -Marketing の役割  2.マーケティングマネジメント   -Marketing Management Flow   -Marketing Management Cycle  3.ライフサイクルマネジメント   -LCMとは?   -LCMのゴール   -製品の各ライフステージでのポイント   -LCMにおける Target Product Profile(TPP) と           Target Product Claim(TPC)の重要性  4.有効なLCM戦略   -優れたLCM計画策定を可能にする基礎知識   -LCM実施のこつ   -Market Access   -LCMスキル習得の意義  5.まとめ ※当日の講演内容に変更の可能性がございます。予めご了承ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1.はじめに   1-1 医薬品開発の課題   1-2 Model Informed Drug DevelopmentとPharmacometrics  2.母集団薬物動態解析を学ぶための準備   2-1 母集団とは何か   2-2 薬物動態解析の基礎知識(非モデル解析, コンパートメントモデル解析, PBPK)   2-3 通常の薬物動態解析と母集団薬物動態解析の違い   2-4 母集団解析を理解するために必要な生物統計  3.母集団薬物動態解析   3-1 母集団薬物動態解析の基礎理論   3-2 NONMEMを用いた母集団薬物動態解析   3-3 モデル構築の進め方とモデル診断   3-4 解析支援ソフトウェアの紹介(R, PsN, Pirana)  4.母集団PKPD解析   4-1 薬力学解析の目的   4-2 NONMEMを用いた母集団PKPD解析   4-3 Exposure – Response解析の基本   4-4 Clinical Trial Simulation  5.発展的な話題   5-1 代謝物のPK解析   5-2 疾患進行モデル   5-3 QSPとその医薬品開発への利用   5-4 終わりに
    株式会社R&D支援センター