評価・検査のセミナー46 件中 33 - 46 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/11/28 19:30
    概要: 脳血管疾患の回復期・慢性期管理でのリスク、運動療法を行う上での注意点など脳血管疾患の病態、管理方法を復習してみませんか。観察するポイント運動療法など実技を交えながら実施していこうと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1. CTD 第3部を基にした第2部(QOS) の作成   1-1 S.1 一般情報   1-2 S.2 製造    1-2-1 S.2.2 製造方法及びプロセス・コントロール    1-2-2 S.2.3 原材料の管理    1-2-3 S.2.4 重要工程・重要中間体の管理    1-2-4 S.2.5 プロセスバリデーション    1-2-5 S.2.6 製造工程開発の経緯   1-3 S.3 特性   1-4 S.4 原薬の管理    1-4-1 S.4.1 規格及び試験方法    1-4-2 S.4.2 試験方法    1-4-3 S.4.3 分析法バリデーション    1-4-4 S.4.4 ロット分析    1-4-5 S.4.5 規格及び試験法の妥当性   1-5 S.5 標準品又は標準物質   1-6 S.6 容器及び施栓系   1-7 S.7 安定性  2.CTD第2部を基にした申請書(MF) の作成   2-1 共通ヘッダ   2-2 別紙規格について   2-3 製造方法   2-4 規格及び試験方法   2-5 原薬等の製造所   2-6 備考  3.照会・GMP適合性調査  4.承認後の変更   4-1 変更登録   4-2 軽微変更届   4-3 原薬等登録原簿登録承継届  5.参考通知
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    趣旨 医薬品事業の永続的な成功には、ポートフォリオ戦略に加えて、重点製品のライフサイクルマネジメントLCMを有効に行う事が必須である。 この重要なタスクについて実践的に分かりやすく解説し、色々な角度からLCMについて考察する。 この講演は、経営企画部門、マーケティング部門の管理職、マーケティング実務に携わる方々の、ライフサイクルマネジメントに関する体系的な理解を促す事を目的としている。 プログラム  1.イントロダクション   -Marketing Managementとは   -Marketing の役割  2.マーケティングマネジメント   -Marketing Management Flow   -Marketing Management Cycle  3.ライフサイクルマネジメント   -LCMとは?   -LCMのゴール   -製品の各ライフステージでのポイント   -LCMにおける Target Product Profile(TPP) と           Target Product Claim(TPC)の重要性  4.有効なLCM戦略   -優れたLCM計画策定を可能にする基礎知識   -LCM実施のこつ   -Market Access   -LCMスキル習得の意義  5.まとめ ※当日の講演内容に変更の可能性がございます。予めご了承ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1.はじめに   1-1 医薬品開発の課題   1-2 Model Informed Drug DevelopmentとPharmacometrics  2.母集団薬物動態解析を学ぶための準備   2-1 母集団とは何か   2-2 薬物動態解析の基礎知識(非モデル解析, コンパートメントモデル解析, PBPK)   2-3 通常の薬物動態解析と母集団薬物動態解析の違い   2-4 母集団解析を理解するために必要な生物統計  3.母集団薬物動態解析   3-1 母集団薬物動態解析の基礎理論   3-2 NONMEMを用いた母集団薬物動態解析   3-3 モデル構築の進め方とモデル診断   3-4 解析支援ソフトウェアの紹介(R, PsN, Pirana)  4.母集団PKPD解析   4-1 薬力学解析の目的   4-2 NONMEMを用いた母集団PKPD解析   4-3 Exposure – Response解析の基本   4-4 Clinical Trial Simulation  5.発展的な話題   5-1 代謝物のPK解析   5-2 疾患進行モデル   5-3 QSPとその医薬品開発への利用   5-4 終わりに
    株式会社R&D支援センター
  • location_on宮城県query_builder2018/01/06 09:15
    超音波ハンズオンセミナーでは、できるだけ長い時間「装置やプローブに触れて欲しい」との思いから、US-ismでは装置1台につき2~6名までの少人数制で超音波検査技術をお伝えする実技講習会を実施しています。 実際にプローブを持って、画像の描出から検査手技、検査時に大切なポイントを丁寧にわかりやすく講師が解説していきます。 腹部エコー・心臓エコー・頚動脈エコー・乳腺エコー、各領域のハンズオンセミナーは、超音波検査(エコー)をこれから始める方~初心者の方まで、誰でも受講することができます。
    株式会社US-ism
  • location_on宮城県query_builder2018/01/06 09:15
    超音波ハンズオンセミナーでは、できるだけ長い時間「装置やプローブに触れて欲しい」との思いから、US-ismでは装置1台につき2~6名までの少人数制で超音波検査技術をお伝えする実技講習会を実施しています。 実際にプローブを持って、画像の描出から検査手技、検査時に大切なポイントを丁寧にわかりやすく講師が解説していきます。 腹部エコー・心臓エコー・頚動脈エコー・乳腺エコー、各領域のハンズオンセミナーは、超音波検査(エコー)をこれから始める方~初心者の方まで、誰でも受講することができます。
    株式会社US-ism
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 13:00
    【習得できる知識】 ・人用の医薬品と大きく異なる動物用医薬品の開発と承認申請の特徴 ・動物用医薬品の開発コスト(時間と経費)削減のためのポイント ・実例に基づく申請書、添付資料概要作成のポイント ・製造販売後臨床試験を避けるための市販後使用成績調査立案と実施のポイント 【趣旨】  今回は、動物用医薬品の開発と承認申請、再審査について、「動物用医薬品等製造販売管理者講習会」で語られることのない基本的な知識から、コンサルタントならではのノウハウまで幅広くお話します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/29 13:00
    【習得できる知識】 〇 再生医療等製品の臨床試験の計画実施において留意すべきポイント 〇 条件及び期限付き承認と承認を分けるポイント 〇 製造販売承認申請書作成時のポイント 【趣旨】  今回は、これまでの再生医療等製品の開発経験加え、昨年発出された技術的ガイダンス及び承認申請書留意事項通知の内容を織り交ぜながら、再生医療等製品の臨床試験と製造販売承認申請書の作成のポイントについて事例を交えて説明させていただきます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    1はじめに 2非臨床試験とその信頼性を確保するための基準 -非臨床試験の目的 -新医薬品開発の主要項目と実施のタイミング -各非臨床試験のデータの特徴 -非臨床試験の信頼性を確保するための基礎 ​3信頼性を確保するための基礎 -試験担当者の責任とリスク管理 -コンプライアンス対応 -信頼性基準試験の信頼性確保 -GLP基準試験の信頼性確保 -適切な教育研修計画と実施 4信頼性確保の実践  各開発段階における信頼性確保の取組み(QC/QA)のポイント -探索段階 -開発展開中段階 -申請段階
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/27 12:30
     ■健康保険制度   -保険適用申請における医療機器及びIVDの類似点と相違点   -保険導入プロセスと戦略   -先進医療   -保険適用区分   -保険適用の流れ   -保険適用希望書作成   -類似機能区分方式と原価計算方式   -償還価格算出演習   -加算に関する考え方   -要求されるエビデンスについて   -効用値について   -Outocomeの定義とその主張について   -保険適用審査とその流れ   -保険適用の事例検討   -必要な活動について   -学会要望   -行政折衝の実際   -まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/29 10:30
     1.バリデーション概念の始り  2.バリデーション関連公文書  3.バリデーションにQトリオの取り込み  4.製品ライフサイクル全域での検証・確認   4.1 商業生産移行後のバリデーション   4.2 Continuous process verificationとContinued process verificationを混乱しない   4.3 Ongoing Process Verificationと再バリデーション   4.4 継続的確認は継続的改善のため(CAPAにより継続的改善)   4.5 製品品質照査で継続的改善(バリデートされた状態の照査)  5.適格性評価はユーザー要求仕様書(URS)の作成から始まる   5.1 URS作成時の留意点   5.2 URS作成に必要なリスクマネジメントと管理戦略  6.QRMの視点に立てば、バリデーションの対象範囲は拡大せざるを得ない   6.1 適正流通規範(GDP)とバリデーション(輸送のベリフィケーション)  7.デザイン適格性評価 (DQ)と判定基準  8.IO/OQとFAT/ SAT   8.1 OQの基本原則  9.校正   9.1 計器の重要度分類   9.2 校正周期の設定  10.PQの基本原則   10.1 PQ移行時には教育訓練もほぼ完了   10.2 チャレンジテストとは  11.プロセスバリデーション (PV)の前提  12.コンカレントバリデーション (同時的バリデーション)  13.変更時のバリデーション  14.洗浄バリデーション   14.1 非日常的作業後の洗浄にも留意   14.2 洗浄開始までの放置時間に注意   14.3 洗浄バリデーション業務の進め方   14.4 残留許容値設定   14.5 投与量基準から毒性発現量基準へ   14.6 サンプリング箇所の設定   14.7 回収率の確認  15.用水システムのバリデーション   15.1 用水システムの設計とDQ   15.2 PQで実施すること   15.3 導電率とTOC計の留意点  16.空調システムのバリデーション
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/21 10:00
    原理編:クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ないます。自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on長野県query_builder2017/12/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/12/02 10:00
    機能解剖学のことで、このよう経験はありませんか? どれか一つでも当てはまる方は受講をお勧めします! ●教科書的なことを勉強しても、どのように臨床に生かしたらよいかわからない ●臨床に必要と思って機能解剖の本を読んでも、途中までしか進んでいない ●腰椎にある複数の靭帯の、動きの中で役割がわからない ●腰椎の形が複雑で、実際の評価や治療場面で骨をイメージできない ●国家試験前には勉強したが、忙しい臨床の中で機能解剖を意識できてない ●徒手的に治療しようとすると、骨の動きをうまく誘導できない
    国際統合リハビリテーション協会