評価・検査のセミナー86 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/09/05 19:30
    概要 体幹の評価は出来ていますでしょうか?四肢を動かすため、各動作を行うためには体幹の安定が不可欠です。体幹は胸郭(上部体幹)と骨盤を含めた下部体幹とに分類され各々に機能が分かれています。 今回は下部体幹について機能解剖から評価の仕方についてお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/29 19:30
    概要 体幹の評価は出来ていますでしょうか?四肢を動かすため、各動作を行うためには体幹の安定が不可欠です。体幹は胸郭(上部体幹)と骨盤を含めた下部体幹とに分類され各々に機能が分かれています。今回は胸郭(上部体幹)にフォーカスを絞り、機能解剖から評価の仕方についてお伝えします
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/24 19:30
    概要 体幹アプローチといえば腹横筋、骨盤底筋のイメージが強いと思います。確かに、腹横筋、骨盤底筋は重要な筋です。しかし、大腿骨と体幹を結ぶ筋はこれらの筋でしょうか?今回は、腹横筋、骨盤底筋だけでなく大腰筋、多裂筋にも焦点をあてて講義と実技を行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/22 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/15 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/10 19:30
    概要 理学療法を実施するうえで患者さんの表情がわかりやすい、患者さんとのコミュニケーションが取りやすい、四肢に対するアプローチが実施しやすいなどの観点から背臥位で運動療法を行うことは多いのではないでしょうか?でも、腹臥位やパピーポジションンは上肢に荷重した姿勢であり腹筋側にブリッジを作ることができる姿勢です。このように背臥位とは異なるメリットであるにも関わらず臨床場面ではあまり使われていないではないでしょうか?今回は腹臥位、パピーポジションでのアプローチ方法について実技を行いアプローチ方法のバリエーションを増やすことを目的にします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/08 19:30
    概要 異常歩行はどのような関節運動や筋活動が行われているのか 臨床上で多い異常歩行の紹介をしながらメカニズムを説明し、何故この異常歩行は起こるのかなど実技を通して理解していただければと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/01 19:30
    概要 歩行はどのような関節運動や筋活動が行われているのか どのような歩行が効率的なのかというような歩行の基礎を復習することで先の運動療法での理解を深められるような内容とします
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/27 19:00
    概要 肩関節の機能障害に対する治療手技の実技講習です。 肩関節の基本的な解剖・運動学から肩関節の他動運動や特定の回旋筋への収縮方法などから、拘縮や痛みがある肩関節への介入方法の練習を行います。 さらに、上肢全体の運動連鎖から肩関節の運動が前腕・手関節へ与える影響を考えた介入方法などもお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/31 19:00
    概要 臨床の中で様々な疾患の動作分析を経験していると思います。 本セミナーでは歩行動作の周期ごとにおけるメカニズムと、 その機能が破綻することによりどのような症状が出現するかを運動学的に学んで頂きます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/24 19:00
    概要 基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてのポイントをお伝えします。 股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/27 19:30
    概要 理学療法士は基本動作能力を向上させるためADL練習を実施することは多いと思います。しかし、基本動作は多くの関節運動を伴う動きであり、非常の多くの筋の協調的な活により達成できているものです。今回は体幹、四肢の筋力増強の手段として起き上がり動作を利用できるようになることを目的とします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/25 19:30
    概要 足関節の基礎復習 機能解剖と運動療法について実技を交えながらお伝えいたします 基礎からどのように運動療法に展開するか学びなおしてみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on長野県query_builder2017/12/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on神奈川県query_builder2017/11/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会