運動学・解剖のセミナー63 件中 49 - 63 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/05/31 10:30
     1.包装商品設計とシール   1‐1 包装商品化で考えること   1-2 包装商品設計に必要な15項   1-3 シールの機能効果など   2.シールと包装商品の劣化   2-1 包装商品をねらう15   2-2 包装商品化後の劣化因子   2-3 シール不良による劣化  3.シールの種類・方法・原理   3-1 容器とシール・封緘の関係   3-2 シール機構   3-3 袋のシール  4.シールは7要素でなっている   4-1 シールを決める7要素   4-2 良好なシールの検討に必要なこ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/30 12:30
     1.バイオ後続品/バイオシミラーとは   1-1 バイオ後続品/バイオシミラーの概要と定義   1-2 ジェネリック医薬品との違い   1-3 バイオ後続品/バイオシミラーの開発(1)  2.バイオ後続品/バイオシミラーのCMC開発   2-1 バイオ後続品、/バイオシミラーのCMC開発(2)   2-2 先発品の解析と製造クローンの選択   2-3 製造工程、投与デバイス   2-4 その他の留意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 12:30
     1.凍結乾燥の基礎   1)凍結乾燥の基礎   2)乾燥の注意点   3)有機溶媒含有物の凍結乾燥   4)縣濁系製剤の凍結乾燥   5)アニーリング、氷核導入などによる結晶化技術   6)真空制御の重要性   7)医薬用凍結乾燥機の装置規格(ASME-BPE 2016)について  2.凍結乾燥とバリデーション   1)バリデーション概要 、凍乾機リスクマネジメントの紹介   2)凍結乾燥過程に於ける制御要素とバリデーション   3)凍結乾燥過程工程に於ける変動要因と製品品質   4)凍結乾燥製品の無菌性保証   5)TM by SR法による昇華面温度測定  3.試験機から生産機へのスケールアップ   1)スケールアップの問題点     ・ 装置基本性能の相違     ・ 試験機と生産機の伝熱相違     ・ 温度、圧力の測定方式の違い     ・ その他の相違   2)バイアルへの入熱と昇華速度に関する解析     ・ バイアルへの熱源     ・ バイアルの入熱経路     ・ 乾燥速度の解析   3)生産機へのスケールアップ実験     ・ スケールアップ時の諸影響要素     ・ スケールアップ実験   4)生産機へのスケールアップ方法     ・ 試験製造の凍結乾燥条件と結果解析     ・ 生産機へのスケールアップ   5)スケールアップ時の留意点   6)プログラム作成及び解析ソフトの紹介  4.凍結乾燥機の技術動向と今後   1)グレードAを確保した自動入出庫システムについて   2)凍結乾燥機の無菌・無塵対応装備について    ・復圧フィルターのインライン滅菌と完全性    ・凍結乾燥機の洗浄と滅菌    ・油圧ロッド表面の無菌性保証    ・復圧速度の確認と庫内グレードAの確保    ・庫内リーク量測定   3)凍結乾燥機の冷却方式   4)冷媒問題と今後の対応   5)ICS(Integrated Closed System)型凍結乾燥機について    ・理想的な無菌凍結乾燥品の生産
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 12:30
     1.バリデーションの歴史   1.1 バリデーションとは、    -品質システム ISOとGMP・QMSの関係は     -GxP(GLP,GCP,GMP,GDP)不適合とペナルティ   1.2 コンピュータ化システムバリデーション(CSV)とは    -医薬品、医療機器の製造とコンピュータシステム    -ソフトウェア品質保証とは    -コンピュータ化システムのライフサイクル    -CSVの適用範囲は    -日本、米国、EU(PIC/S)の展開と法規制・ガイドライン    -医薬品の品質確保とGMP、GQP、QMS   1.3 CSV実施プロセスと関連文書とバリデーション    -システムアセスメントとカテゴリ分類    -要求仕様書の記載事項    -機能仕様書の作成    -設定仕様書の作成    -DQ/IQ/OQ/PQの実施    -バリデーション報告書の作成    -運用手順書の記載事項  2.医薬品製造環境の変化    -化学合成品からバイオ医薬品への移行と製品品質の確保(GMP、QMS 、GDP)    -製造拠点の分散、発展途上国の製造と偽薬対策 (GDP)    -データの完全性   3.情報システムの進化    -電子記録・電子署名    -ITインフラとアプリケーション、クラウドのCSV    -データインテグリティ(DI)とCSV
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/28 12:30
    1バイオ医薬品製造システム  1-1 基質(細胞)   -目的産物vs 細胞   -細胞   -原材料  1-2 ウイルス、TSE  1-3 培養系   -培養法   -設備及び施設  1-4 精製系   -抗体医薬精製   -Case-by-Case  1-5 分析   -タンパク質及び複合タンパク質分析能   -標準品、特性試験、規格 2至適化  2-1 QbD  2-2 至適化   -培養工程   -精製工程 3スケールアップ  3-1 培養系  3-2 精製系  3-3 規制 4CMO
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/30 12:30
    1メディカルライティングについてのガイドライン、規程の考え方 2医薬品の開発におけるライティング 3治験総括報告書からCTD 2.7.6の作成 4ドキュメントQC点検の定義と実際《QC点検演習》 5ドキュメントQC点検の意義と実際 6海外データの活用およびチェックリストの考え方 7メディカル分野で汎用される用語(英語) 8機械翻訳(MT)をメディカル文書翻訳に用いる場合の注意点 実際に作成された文書や、使用頻度の高い文章で、間違いの起きやすいポイントを知ることが、実際の業務に生きると考えます
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 12:30
    《習得できる知識》 ・2003年度版との差異 ・要求事項を理解するための必要な事項 ・対応のための具体的方法  2016年版は、新しい考えが取り入れられているよりも、規制要求事項を取り込むためにより明確になった印象です。従って、今の品質システムの大部分はそのまま使用できますが、活用中の手順にある曖昧な部分が思わぬ落とし穴になります。  規格の主旨を理解し、適合性証拠として採用されやすいものを、スムーズな移行に役立つよう解説いたします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/29 13:00
    1 はじめに -経皮吸収技術・評価の必要性 -医薬品外用剤と化粧品の違い 2 経皮吸収の基礎 -皮膚構造 -定義 -薬物の経皮吸収経路 -各種パラメータ -経皮吸収に影響を与える要因 3 経皮吸収の評価法 -in vitro 評価法 -膜の選択 -経皮吸収評価の流れ  ・ 試験条件の設定  ・ 実験方法  ・ 分析  ・ 解析方法 -蛍光物質によるイメージング評価  ・ カルセインやナイルレッドを用いた評価例  ・ 評価の注意点 -in vivo 評価法 -血中濃度測定 -テープストリッピング法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/05/31 12:30
    1品質保証・品質管理システム -品質管理のサイクル -モニタリング業務の品質管理 -QC活動 -CAPAの手順とコンセプト 2品質向上・維持のために -高率的モニタリング -risk based monitoring -治験事務局、CRCとの円滑な情報交換 -モニターのコミュニケーション能力、交渉力、事務処理能力の向上 -QC活動 -原資料マネジメント -逸脱の原因に関しての考察とリスク評価 3今後のモニタリング業務 -サンプリングSDV -中央モニタリング -組織・プロジェクトチームの体制
    株式会社R&D支援センター
  • location_on愛知県query_builder2018/06/03 10:00
    運動器疾患に対する徒手的評価、徒手的治療法を系統的に習得する講習会です。 機能解剖、評価方法を学び、障害原因が関節、筋あるいは神経などいずれに起因するかを鑑別し、これに対するコンビネーション治療方法を習得していきます。運動器疾患に対して自信をもって取り組める知識と技術が備わっているはずです。 当講習会は、メールにて受付を行っております。 下記項目を記載して、当講習会メールアドレスに送信してください。 ①氏名 ②住所 ③勤務先 ④アドレス ⑤経験年数 ⑥6/3名古屋 入門コース と記載
    標準徒手医学会
  • location_on東京都query_builder2018/07/22 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/05/30 19:30
    急性期治療が終了し、積極的なリハビリ介入の時期の適切な作業療法での評価、治療方法を教授したいと思います。 作業療法においてROM練習やADLの反復練習だけの練習になっていませんか? 回復期の時期では、自己身体に対しての気づきが増え、頑張ろうとする時期でもあるため、現象をしっかりと評価して治療に結びつけることが必要です。 明日から考える作業療法が出来るような内容にしたいと思います。 当セミナーは10年以上の臨床経験がある作業療法士が担当致します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/05/29 19:30
     解剖の復習から膝関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。さらに膝関節周囲筋の働きを強化するような運動療法の展開方法や考え方について実技を実施しようと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/06/13 18:45
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/28 18:45
    皆さんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。そんな時に有効な訓練方法があります。ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する「ポジショニング To シーティング」です。臥位姿勢で異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから動作を引き出していくアプローチです。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会