運動学・解剖のセミナー89 件中 65 - 80 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/09/20 13:00
     1.プラスチック容器   1-1 種類と材料構成   1-2 使用材料の特性  2.ヒートシールの基礎  3.シール方法   3‐1 ヒートシール   3‐2 インパルスシール  4.ヒートシールの不具合   4‐1 はみ出し   4-2 発泡  5.適正なヒートシールの実施   5-1 熱電対を使用する温度測定法   5-2 溶着面温度に影響する因子   5-3 実生産におけるヒートシール条件設定時の注意点  6.検査方法   6-1 外観検査   6-2 シール強度   6-3 成形容器
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/10/26 12:30
    【趣旨】  データ固定や総括報告書の作成を経て、当局に承認申請をした後から準備を開始するのでは、本質的な準備はできません。GCP査察の準備は、試験開始準備から始まります。試験の準備から終了まで常に査察を意識した試験の運用が、重要かつより効率的な対応となります。  本講義では、治験を実施するうえでGCP査察を意識した運用を紹介します。そのためには試験の本質と運用、品質に対する考え方の理解が必要であり、それらの観点から治験依頼者、実施医療機関の立場で査察時に特に重要と思われる項目について解説します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/27 10:00
    【趣旨】 ①「わかりやすい文書の書き方の3原則」と「6つのルールと17の書き方」 -この2つを習得することが,わかりやすい文書を書くためのスタートです。 ②日々のオンザジョブトレーニングの方法 -日々のオンザジョブトレーニングの方法を習得すれば,日々実践することでわかりやすい文書が書けます。 ③「わかりやすい文書を書くこと」と「専門分野の技術力のレベルアップ」との関係 -わかりやすい文書を書くことで,「理解したつもりの技術」が「理解した技術」に変わり,専門分野の技術力がレベルアップします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 10:30
    【習得できる知識】 ・各種規制文書が求める洗浄バリデーション実施上の留意点 ・洗浄バリデーション時に検討すべき事項とその対応事例 ・残留限度値設定のための考え方-従来の方法と毒性に基づいた方法- ・査察に対応するためのポイントと具体的な指摘事項 ・ヒューマンエラーに対する理解と対策 ・高活性物質取り扱いエリアにおける洗浄バリデーションの留意点 【趣旨】 洗浄バリデーション実施においての検討項目や留意点、査察時の指摘事項を規制当局による査察、委受託製造における委託元の監査に対応した経験を元に解説。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/28 13:00
    1 臨床試験の「質」 -Quality by Designの考え方 -QMSとRBM -QMS・RBM導入の際の留意事項 2 品質マネジメントプラン(QMP) -臨床試験の品質方針 -要求事項 -適用範囲と権限 -リスクの特定と対応計画 -品質マネジメント計画 -モニタリング手法 -品質保証 -変更管理 -教育・トレーニング 3 モニタリング計画(MP) -目的と適用範囲 -品質目標 -モニタリング担当者 -実施体制、施設選定 -モニタリングのポイントと実施時期 -実施方法、注意事項 4 まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/27 12:30
    1食品用設備・装置の衛生性確保 -接触してよい材料 -洗浄性に必要な衛生的構造、表面仕上 2洗浄の基礎 -洗浄4大要素 -開放系装置と密閉系装置の洗浄 -洗浄液流れ 3洗浄手法 -装置洗浄 -定置洗浄CIPの進歩と改善 -評価方法 -衛生管理システム、法的要求事項 4洗浄しにくい場合の対策 5トラブル対策 -製造時、洗浄時の不具合に起因する事例と対策 -メンテナンスの不備 -機械・装置メーカーへの過度な依存 -装置・設備全体の衛生性対策 6新しい洗浄技術 -マイクロバブル、キャビテーションの利用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/26 10:30
    1現在の化粧品規制実態 2EU化粧品規制のポイントと最近の動き ① 特徴、構成と最近の動き ② 各条詳細と対応  -定義、届出  -製品情報ファイルと安全性評価  -成分規制  -効能・表示  -代替法等の解説・関連情報収集方法 3アセアン化粧品指令の概要とポイント(EU化粧品規則の比較) ① 特徴・構成 ② 各条詳細 4アセアン主要国の化粧品規制の概要、ポイントと最新動向 ① シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイの規制概要と対応解説と関連情報収集方法 ② ハラル化粧品規制等の最近の動き
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 12:30
    【趣旨】  糖尿病患者数と関連医療費は増加の一途をたどり、今やその対策は国家的課題と言える。  本講演では糖尿病の治療ストラテジーを理解するために最低限必要となる事項を最初に紹介し、その後治療薬選択の考え方、各国の治療ガイドライン、処方実態、エビデンス、最近の話題、今後の課題を順次示したい。  1日通して聴講頂ければ、糖尿病の病態、検査、治療の現状、課題のエッセンスが理解でき、明日からの活動に必ず役立つ実践的な企画です。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/09/21 13:00
    1.核酸医薬とは 2.分類 3.特徴 4.修飾型核酸の開発 5.開発の現状  5-1 アンチセンス   5-1-1 Gapmer型アンチセンス   5-1-2 スプライシング制御型アンチセンス   5-1-3 miRNA阻害型アンチセンス  5-2 siRNA  5-3 アプタマー  5-4 その他の核酸医薬  5-5 開発に関する情報収集 6.開発の課題 7.規制に関する動き  7-1 海外規制動向  7-2 国内規制動向 8.核酸医薬のレギュラトリーサイエンス研究(安全性評価に関する検討)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/09/28 19:30
    概要 股関節の運動は体幹、股関節、膝関節、足関節が協調的に動くことが多いのではないでしょうか。例えば、立ち上がり動作においても股関節が動くために体幹を安定させ膝関節、足関節が協調的に運動することで動作が成り立っています。今回は立ち上がり動作、ブリッジ動作を中心に実技を行い協調運動を考えるヒントを提供します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/26 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/21 19:30
    概要 股関節周囲筋の筋力増強をどのように実施していますか?MMTの教科書や論文では骨盤を固定して大腿骨を動かすことにより筋力トレーニングを実施しているものが多く紹介されています。この方法で患者さんに対して実施した際に十分な股関節の運動が実施できていますか?私は腰部の代償を行う患者さんを多く経験します。今回は大腿骨を固定し骨盤を動かすことにより実施できる股関節の筋力トレーニングについて紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on長野県query_builder2017/12/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on神奈川県query_builder2017/11/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on岩手県query_builder2017/10/15 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/09/23 10:30
    【歩けない】を【歩ける】にするために必要な知識は【運動学】   我々セラピストは、歩行動作を見る際に、どこから観察し、 分析していく必要があるかを明確に勉強していただきます。 その際には、 歩行を運動学的に解釈する観点で考えることが必要になります。 神経系だけで解釈するのではなく、 患者さんが我々にみせていただける動作を解剖学、 運動学を用いて解釈してもらいます。 当日はみなさんと実技を通して体感していただきたいと思います。     〜関西理学療法学会 会長 鈴木俊明先生とは〜 鈴木俊明先生は関西医療大学で教授として活躍され、また今年度の関西理学療法学会の会長も務めておられます。 「治せる治療家を育てる」ことを究極の目的とし、講習会、症例検討会などを通じて日々、リハビリテーションの知識・技術を研鑽されています。 中でも神経疾患の理学療法をご専門に研究され、多数のセミナー講師を務められ、多くのセラピストに支持されておられます。 そして理学療法と鍼灸医学の考えを組み合わせた新しい治療法の開発など、臨床家として多くの成果を挙げられておられ、患者様からも支持されておられます。 【治せるセラピストになるために、動作分析はまず「ここ」を診る!】 今回は療法士として特に重要な動作分析、その中でも特に難しい神経疾患の臨床動作分析をご講義頂きます。 神経疾患の病態生理学のお話や、ビデオを用いての動作分析実習は必見です。 本講座を受講していただくことで、以下のメリットがあります。 〇健常者の動作観察の要点が理解できる。 〇脳血管障害片麻痺患者、パーキンソン病患者の病態が理解できる。 〇動作分析に必要な着目点がわかる。 〇神経疾患に対する治療アプローチ方法が想起できる。 〜本講座受講後、明日からの臨床での視診力が必ず変わります〜   持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食  
    EPoch / 株式会社Rebel Flag