運動学・解剖のセミナー54 件中 49 - 54 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/12/19 10:30
    【習得できる知識】 ・ 試験所が有すべき能力について(ISO/IEC 17025の要求事項の概説を含む) ・ 微生物試験に関連する国際規格やガイドライン(コーデックス規格、ISO等)について ・ 微生物試験結果の品質保証(QA)と内部質管理(QC) ・ 微生物試験における「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」について ☆前回も好評のセミナーです! ・微生物試験の「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」とは?
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/18 10:30
    【趣旨】  近年、ラボのデータ・インテグリティに焦点が当てられて来たが、データ・インテグリティを確保しつつ作業効率の向上が求められ、その推進のため様々なデバイス、ネットワークなどのIoT関連設備やその管理について関心が集まっている。  本講では、そうした機器の要件や管理の方法論を検討し、コンピュータ化システムがデータ・インテグリティの最新の要件を満たしつつ、効率的、効果的に運用するための方策を、具体的なデバイス等の知見を交え、CSVとの関連を含めて確認する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/21 10:30
    【習得できる知識】 ・ バリデーション全体の進め方:VMP/URS/FAT/SAT/DQ/IQ/OQ/PQ/PV ・ 製造/包装のバリデーションの実施方法 ・ 空調関係のバリデーションの実施方法 ・ キャリブレーション概要/実施方法 ・ 洗浄バリデーション概要/留意点  この講座で効率の良い、具体的なバリデーション作業方法を取得し、品質を重視したクオリティカルチャーを高めて頂きたい。  バリデーションで求められる資料・データの作成や留意点について演者の実務経験に基づいて具体的に解説します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/01/13 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/12/28 10:00
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/01/20 10:00
    ■車椅子設計採寸技術セミナー(車椅子身体採寸ツールセット付属) 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。車椅子姿勢を見ただけで適合が正しいかどうかがわかるようになります。 ■車椅子メンテナンスセミナー(車椅子調整専用工具セット) 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から、メンテナンスの重要性と技術を実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会