運動学・解剖のセミナー42 件中 33 - 42 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/09/03 10:30
     1.バイオ医薬の物理化学分析に関する基礎知識   1-1 タンパク質、抗体の取扱に必要な基礎的知識    1-1-1 一次構造、二次構造、三次構造、高次構造    1-1-2 濃度決定    1-1-3 化学構造変化    1-1-4 変性  2.バイオ医薬品と凝集体   2-1 バイオ医薬品に含まれる凝集体研究の現状、免疫原性との関係   2-2 凝集体の分類    2-2-1 解離会合    2-2-2 物理ストレスとの関係    2-2-3 サイズによる分類    2-2-4 特性解析と規格との関係   2-3 粒子サイズに応じた分析法 0.1μm以下    2-3-1 HPLC-SEC    2-3-2 超遠心沈降速度法(AUC-SV)    2-3-3 フィールドフローフラクショネーション(FFF)    2-3-4 動的光散乱法(DLS)   2-4 粒子サイズに応じた分析法 0.1〜2μm   2-5 粒子サイズに応じた分析法 2μm以上   2-6 バイオ医薬品における凝集体関連情報  3.タンパク質の安定性と凝集メカニズム   3-1 タンパク質の安定性   3-2 タンパク質の凝集メカニズム   3-3 第2ビリアル係数、拡散係数の濃度依存性  4.タンパク質の電気的性質、安定性とpH   4-1 タンパク質の等電点、ゼータ電位、ネットチャージ   4-2 溶液のpHとタンパク質の安定性  5.タンパク質の安定性と溶媒組成、添加剤の効果   5-1 タンパク質の安定性と塩   5-2 タンパク質の安定性と糖類   5-3 タンパク質の安定性と界面活性剤   5-4 タンパク質の安定性とその他の添加剤  6.凝集体の免疫原性   6-1 抗体産生のメカニズム   6-2 免疫原性の評価法   6-3 免疫原性の要因となり得る因子   6-4 免疫原性を低減させる方法   6-5 免疫原性の予測法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/09/28 13:00
     1.国内外における神経障害性疼痛に関する統計   1)がん疼痛   2)非がん疼痛  2.疼痛の定義と概念   1)国際学会での疼痛の定義   2)ICD−11新分類  3.疼痛機序と分類   1)侵害性   2)神経障害性   3)機能性  4.疼痛評価法   1)痛みの強さ   2)生活支障度   3)その他の尺度  5.非がん神経障害性疼痛の治療   1)薬物療法   2)その他の治療法   3)当科での治療紹介  6.がん神経障害性疼痛に対する薬物療法とその他の治療法   1)WHO3段階ラダー   2)その他の治療法  7.非がん慢性疼痛に対する薬物療法とその他の治療法   1)慢性疼痛の概念と分類   2)慢性疼痛の治療ストラテジー   3)オピオイド鎮痛薬について   4)その他の治療法  8.未来の神経障害性疼痛治療薬に期待すること
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/08/20 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節周辺の運動器疾患後に起きる様々な問題点。 上腕骨骨折後や鎖骨骨折後に気を付けなければならない考え方や手技方法の紹介を致します。 このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、超急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/08/26 10:00
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用したクッションをつくっていきます。 急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考え、バスタオルや段ボール等身近にある物、病院や施設で準備出来る物だけで座位保持クッションを作ります。この徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/19 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/23 10:00
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/16 10:00
    ■車椅子設計採寸技術セミナー(車椅子身体採寸ツールセット付属) 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。車椅子姿勢を見ただけで適合が正しいかどうかがわかるようになります。 ■車椅子メンテナンスセミナー(車椅子調整専用工具セット) 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から、メンテナンスの重要性と技術を実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/24 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/14 18:45
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2018/09/17 12:30
    上肢を対象にクライエントを治療しているが、治療手段に悩んでいる方必見! または筋骨格系の触診に自信がない方は必見です! ■実際のアプローチについての考え ・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース ・離開とその動き(モビライゼーション)について ■触診に必要な心得 ・相手を緊張させない触り方の実践 ■肩・肩甲骨・胸部のアプローチの実際 ■前腕・肘・上腕のアプローチの実際 ■指・手根骨・手関節のアプローチの実際(手のアーチの改善に向けて) *セミナー翌日からの臨床で早速手技を使って頂きたいです。
    「進」リハの集い