運動学・解剖のセミナー65 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/07/13 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/06/22 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/07/08 10:30
     第1部.体外用診断薬性能試験の統計的方法   1.統計の基礎    1)データの種類と解析方法    2)代表値とばらつき    3)分散の加法性、分布の性質   2.相関分析    1)2種類の相関係数の違い    2)回帰分析と残差分析   3.検定と推定を理解する    1)仮説検定の原理    2)検定方法の選択に間違いはないか    3)代表的な検定手法   4.分散分析法と多重比較法の基礎を学びます。    ・臨床試験では必須です。   5.サンプルの選び方とサイズの決め方  第2部.統計手法の応用例   1.基本的性能試験の応用例(最小検出限界や直線性について)   2.臨床的許容誤差    1)許容誤差の考え方と求め方    2)評価方法と精度管理への応用   3.基準範囲の計算方法と確認方法    1)考え方    2)計算方法と確認方法   4.精密さと正確さの評価の仕方を考える    1)2種類の精密さ評価    2)3種類の正確さ評価  第3部.ベイズ統計学   1.感度と特異度、適中率、尤度、オッズを考えます   2.ROC分析の有効な活用方法と注意点について
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/02 10:00
     1.ファンデーションの粉体技術と市場動向   (1) 日本人の肌環境の変化とファンデーション人気復活の兆し   (2) 使用動作と使用感の知覚要素   (3) メイクアップ化粧品と粉体技術;体質顔料・着色顔料・光学的微粒子・結合油剤   (4) 化粧品開発における人工知能AIの応用に不可欠な機器分析データ  2.粉体化粧品の使用感の官能評価と機器分析の基礎   (1) テカリ感と透明感のある明るい肌のツヤとマットな隠ぺい力をもたらす粉体の違い   (2) アスペクト比と粉体形状係数   (3) フワッと軽くのびる粉体の心地よさと嵩密度と動摩擦係数   (4) 均一にのびてピタッとつく付着力と分散性と結合油剤の影響   (5) 隠す効果とぼかす効果の光学的機能の差異と粉体形状と屈折率の関係   (6) 化粧くずれを防ぐ持続性の官能指標と粉体の物性機能   (7) ファンデーションの皮脂濡れによる外観の変化と撥水撥油効果をもたらす表面処理   (8) 肌水分率計を用いた保湿効果の盲点と切り餅評価試験法の特徴と応用   (9) 製品開発に用いる機器分析の常用項目  3.肌の光老化防御と紫外線・近赤外線の遮蔽技術の設計方法   (1) 紫外線・ブルーライト・近赤外線による肌の光老化と防御剤の特徴   (2) SPFとPA   (3) 紫外線・近赤外線遮蔽複合粉体の設計と使用感の改良   (4) 湿式充填プレス法と乾式粉砕プレス法の特徴   (5) 湿式スラリー複合化と撹拌乾燥・溶媒回収工程の1ステップ連続処理プロセス   (6) 処方を変えずに紫外線・近赤外線防御効果を高め、           使用感を改善する粉体加工プロセス技術の要点  4.実験実習:粉体物性の機器評価と官能評価   (1) 粉体原料と製品ケーキの嵩密度   (2) 落下強度試験   (3) 粉体の色(L*, a*, b*)と光沢と隠ぺい力   (4) 粉体の濡れ性   (5) 肌スコープを用いる粉体表面の接触角測定による撥水度と撥油度の評価   (6) 化粧品の保湿効果   (7) 粉体の滑らかさ   (8) 粉体表面処理による複合化と評価方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/10/11 10:30
     1.分析法バリデーションとは   1-1 定義および重要性   1-2 分析法バリデーションをいつ実施しますか?   1-3 医薬品の開発過程における実施目的    (1)分析法の開発段階    (2)承認申請段階    (3)GMP生産段階  2.分析能パラメータの評価方法   2-1 正規分布と標準偏差   2-2 直線性   2-3 範囲   2-4 真度   2-5 併行精度   2-6 室内再現精度   2-7 検出限界   2-8 定量限界   2-9 頑健性   2-10 信頼区
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/12 10:30
     1.洗浄バリデーションの実施関する法規制について   1.1 海外の洗浄バリデーションに関わる法規制   1.2 PIC/S GMP Annex 15の改定に対応した洗浄バリデーション   1.3 cGMPにおける洗浄バリデーション     「FDA Guide to Inspections of Validation of Cleaning Processes」   1.4 ICH Q7(原薬GMPガイドライン)における洗浄バリデーション   1.5 GMP省令改正案(2019年2月)における      「設備共用に関する規定」と洗浄バリデーション実施範囲  2.EMA及びPIC/S GMPに対応した洗浄バリデーションのリスク管理   2.1 洗浄工程のリスク管理と交叉汚染のリスクアセスメント   2.2 残留許容値の設定方法   2.3 手洗浄のバリデーション、洗浄バリデーションで基準外だった場合の対応   2.4 情報量の少ない治験薬、ケミカルハザード物質の洗浄バリデーション   2.5 閾値設定が出来ない場合の留意点   2.6 改正GMP省令案(2018年2月)示された「設備共用の禁止(案)」への考察  3.PIC/Sの求めるダーティーホールドタイム(DHT)・        クリーンホールドタイム(CHT)の設定と評価方法  4.洗浄バリデーションにおけるサンプリング及び分析法の留意点   4.1 スワブ法、リンス法と他の方法(PHなど)の併用   4.2 サンプリング法の妥当性とバリデーション   4.3 分析法バリデーション及び回収率の評価方法  5.3極GMP 洗浄バリデーション査察指摘事例と対策について  6.洗浄バリデーション関わる手順書(SOP)及び報告書作成上の留意点  7.医薬品ライフサイクルにおける洗浄手順の構築  8.高度な封じ込め設備を必要とする     高生理活性医薬品の洗浄バリデーションと設備共用・専用化に関する判断基準   8.1 固形製剤設備の洗浄バリデーション(事例1)   8.2 マルチパーパス製造設備における高生理活性化合物製造時の        洗浄バリデーション及び設備共用/専用設備化の可否について     (事例2:FDAへの質問と回答)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/12 12:30
     1.はじめに  2.微生物とは  3.微生物実験の基本操作   3.1. 微生物実験室における注意点   3.2. 基本的な設備と機器の取り扱い方   3.3. 無菌操作の仕方および注意点   3.4. 滅菌方法   3.5. 実験操作の注意点~バイオセーフティの面で  4.細菌・放線菌の分離・培養・同定方法   4.1. 試料の採取方法   4.2. 培地と培養方法の選択   4.3. 分離・培養操作   4.4. 細菌・放線菌の同定方法    4.4.1. 培養性状および形態観察    4.4.2. 生理・生化学性状試験    4.4.3. 表現形質による簡単な同定    4.4.4. 遺伝子解析  5.カビ(糸状菌)・酵母の分離・培養・同定方法   5.1. 試料の採取方法   5.2. 培地と培養方法の選択   5.3. 分離・培養操作   5.4. カビ・酵母の同定方法    5.4.1. 培養性状および形態観察    5.4.2. 生理・生化学性状試験    5.4.3. 遺伝子解析    5.4.4. カビの同定の一例  6.微生物の保存管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/11 10:30
     1.ヒューマンエラー最近事例とその原因の考察  2.基本事項の確認   ・ヒューマンエラーって何?   ・ヒューマンエラーと医薬品製造   ・医薬品・化粧品・食品企業等の主要業務の流れ   ・製造販売業(本社機能)と製造業(工場)の薬事品質保証体制‏   ・医薬品の品質保証と開発/生産の流れ   ・医薬品受託製造(OEM)業者の留意すべき点   ・医薬品企業のリスクと危機管理を踏まえた経営視点   ・品質トラブル事例:異物混入問題により企業が受ける影響   ・製造現場における品質確保と4M+1M   ・医薬品生産におけるヒューマンエラー発生の背景  3.ヒューマンエラー対策に関する基礎知識   ・人間は完全ではない!   ・人間の能力の限界と錯視   ・ヒューマンファクター(人間本来の特性)   ・人間の特性とヒューマンエラーの要因   ・認知行動プロセスとヒューマンエラー対策   ・責任者の判断ミスが事態を大きくする!   ・ヒューマンエラーは原因か?   ・ヒューマンエラーで済まさず必ず根本原因を究明するクセをつける!   ・3現主義で根本原因を究明し3原主義で対策を講じよう!   ・ミスの原因は1つではない   ・当事者エラーと組織エラー   ・ミスを起こした当事者を責めない!  4.ミスにつながる人間の特性・弱点   ・人間はどんなときに間違えるか?   ・ヒューマンエラーを防ぐ6つの留意点   ・記憶の特性を知る   ・知識不足/教育訓練の重要性   ・集中力/注意力の欠如   ・コミュニケーション不足   ・習熟と不慣れ   ・モチベーション   ・潜在リスクを注意喚起表示でごまかさない!   ・適応力は要注意!   ・集団的浅慮とリスキーシフト  5.製薬工場におけるヒューマンエラー対策の基本的な考え方   ・ミスが起きることを前提に対策する/重大なミスは回避する   ・対策に取り組むタイミングとリスクの大きさ(早期発見早期治療)   ・GMPの3原則とヒューマンエラー対策   ・日常の5S及び4M管理の徹底による継続的改善   ・GMPの主要な管理事項と目的   ・モノ造りのフロー/4Mと上流管理の重要性   ・SOPの理解とトラブル対策   ・製造設備(Machine)の維持管理の重要性   ・工程を管理することの重要性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/09 10:30
     1.「再沈」「再結晶」と晶析との接点   -晶析操作で何ができるのか-   1-1.結晶化で遭遇する問題事例   1-2.有機合成と工業晶析操作との接点   1-3.晶析操作の目的と原理   1-4.回分晶析から連続フロー製造への展開  2.「再結晶」によって結晶が創られるメカニズムを探る   -結晶化現象をどう整理し理解するのか-   2-1.結晶化の推進力と固液平衡   2-2.核発生速度と成長速度論   2-3.演習で理解する晶析現象  3.今すぐ役立つ結晶粒子群を創るためのポイント   -結晶品質に関わる具体的問題解決アプローチ-   3-1.結晶の粒径分布を思い通りにしたい場合    3-1-1.粒径分布はいかに決定されるか    3-1-2.粒径分布の数値的取り扱い   3-2.安定した結晶を思い通りに創りたい場合    3-2-1.結晶多形に及ぼす晶析操作因子とは    3-2-2.結晶多形制御の戦略   3-3.結晶の外形を思い通りに創りたい場合    3-3-1.結晶形態に及ぼす晶析操作因子とは    3-3-2.結晶形態制御の戦略   3-4.結晶の純度を思い通りに良くしたい場合   3-5.オイルアウトの回避方法と晶析操作   3-6.演習で理解する結晶品質の制御  4.今すぐ役立つ結晶粒子群品質の測定法   -思い通りに結晶を創るための測定機器の実践的使い方-   4-1.DSCデータから何を読み取るか    4-1-1.DSC(示差走査熱量計)でわかること    4-1-2.DSC測定データの解釈とその応用   4-2.XRDデータから何を読み取るか    4-2-1.XRD(粉末X線回折)測定データの意味    4-2-2.XRD測定データと結晶形態・結晶子径との関連性  5.思い通りに結晶を創るための晶析操作設計法   -結晶品質の作り込み戦略を立てるためには-   5-1.晶析操作の基本戦略   5-2.晶析操作設計の留意点 -冷却晶析や非(貧)溶媒添加法-   5-3.反応を伴う晶析操作の戦略   5-4.結晶粒子群の連続製造   5-5.連続フロー製造への展開   5-6.晶析のスケールアップに関わる最近の技術  6.最新晶析技術紹介   -最先端のラボで使われている技術を理解する-   6-1.オンラインセンサー利用技術
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/21 12:30
     1.はじめに (自己紹介、本講座の狙い等)  2.保存効力試験のポイント   2.1 保存効力試験の原理   2.2 各試験法(ISO、局方)の比較   2.3 正しい結果を得るためのポイント  3.防腐処方設計のポイント   3.1 防腐基準の比較   3.2 各防腐成分の特徴   3.3 含水製品の防腐処方設計    3.3.1 水相濃度の計算    3.3.2 スキンケア製品の防腐処方設計    3.3.3 メーキャップ製品の防腐処方設計    3.3.4 シャンプー・リンスの防腐処方設計   3.4 粉末・固形製品の防腐処方設計   3.5 油性製品の防腐処方設計   3.6 防腐力に影響を及ぼす要素
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/19 12:30
     1.クリーンルームの基礎知識   ・クリーンルームの定義/用語/規格  2.クリーンルームの4原則   ・クリーンルームの4原則と実例  3.医薬品工場における空調設備の設計について   ・空調設備の構成   ・温湿度条件と空調方式/熱源設備   ・室圧・室間の風向き/清浄度と換気回数   ・フィルタについて  4.医薬品工場内クリーンルームの管理   ・環境モニタリング/清掃/持ち込み管理/機器類メンテナンス  5.空調設備のバリデーションについて   ・バリデーションの対象の絞り込み   ・DQ/IQ/OQ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/26 10:30
     1.アメリカ   ・医療保険制度(民間保険、メディケア、メディケイド)の概要   ・薬価設定方法(新薬・ジェネリック薬)   ・様々な医薬品の価格と実勢価格の水準   ・薬剤の保険償還システム((民間保険、メディケア、メディケイド)   ・マネージドケアの概略とその対応(薬剤費抑制策、フォーミュラリなど)   ・オバマヘルスケア改革とトランプ新政権による廃止に向けた動き   ・アメリカの最新動向(バイオシミラーの承認状況、メディケアパートBの      国際医薬品指数による新たな償還制度、メデ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/24 12:30
     1.敗血症の定義   1-1 成人向け旧定義   1-2 成人向け新定義   1-3 小児用定義  2.敗血症の病態生理   2-1 感染症による臓器障害   2-2 炎症   2-3 微小血管障害、内皮障害   2-4 凝固異常  3.敗血症の診断   3-1 成人SIRS基準   3-2 成人SOFA score   3-3 小児基準   3-4 バイオマーカー   3-5 救急外来や一般病棟で早期に発見するために: スクリーニングツール  4.敗血症の治療   4-1 抗病原体薬   4-2 抗炎症   4-3 凝固・線溶系に対して  5.病態から見た求める診断・治療薬、診断・治療機器   5-1 血行動態   5-2 炎症性メディエーター   5-3 免疫応答・免疫麻痺   5-4 急変予知ツール   5-5 その他  6.臨床試験実施の際の留意点   6-1 対象は敗血症患者全体か特定の患者か    -対象患者の多様性   6-2 その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/27 13:00
     1.はじめに    ナノテックシュピンドラー 会社紹介  2.背景   (1)研究用試薬と体外診断用医薬品   (2)現状の問題点  3.認定検査試薬の概要   (1)目的   (2)基本概念   (3)認定検査試薬のメリット  4.認定検査試薬 確認申請に際して   (1)登録認証機関が確認する内容   (2)事前確認   (3)確認業務のフロー  5.認定検査試薬の確認申請のポイント   (1)確認申請書の構成   (2)確認申請書の記載要領   (3)添付資料の記載要領   (4)ポイント  6.認定検査試薬の適合性調査申請のポイント   (1)適合性調査の概要   (2)適合性調査申請書の記載要領   (3)薬機法QMSとの違い   (4)ポイント  7.認定検査試薬の運用について   (1)表示・取扱説明書   (2)リストの公表   (3)確認後に必要な業務  8.最後に   (1)期待する成果   (2)認定検査試薬制度の将来
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/20 10:30
    医薬ライセンス業務は創薬全般に関わるため、担当者は研究・開発部門を中心に創薬に関わる全ての部門から集められるが、国内製薬企業ではライセンス部門の研修体制が整っていない企業が多い。比較的頻繁に行われている医薬ライセンス関連セミナーもトピックスを取り上げる傾向が強く、ライセンス業務について学ぶ機会は案外少ない。そこでこのセミナーでは、ライセンス化合物評価やライセンス契約書を中心にライセンス業務全般について、配属されてまだ日の浅いライセンス担当者にも分かりやすく概説する。また、ライセンスフィー設定の考
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/19 13:00
     1.抗凝固剤の歴史  2.ワルファリンの適応  3.抗凝固剤処方時の問題点-処方を妨げる因子は?  4.4つのDOAC(直接経口抗凝固剤)-現在の差別化データは?   4.1 薬剤の比較   4.2 Pivotal試験(心房細動)の比較  5.心房細動症例の市場-拡大する余地はあるのか?  6.以外の適応-これらの市場は今後発展するのか?    ~動脈血栓症予防における有用性/意義は?~   6.1 ACS   6.2 PCI/Af   6.3 Cardioversion/ablation   6.4 Stroke/PAD   6.5 Special population(腎障害、超高齢など)  7.VTE   7.1 内科的疾患、悪性腫瘍に伴うVTE   7.2 予防における処方時の動機   7.3 今後の動向
    株式会社R&D支援センター