運動学・解剖のセミナー94 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2017/06/29 19:00
    概要: 膝外傷の多くの原因は膝にはありません。足関節の硬さや股関節の硬さ、また誤った使い方により膝へ大きなストレスとなるのです。 今回は様々な原因の中でも「動き」にフォーカスして、下肢の動きをピラティスという面からアプローチしていきたいと思います。 ピラティスとは別名コントロロジー。自分の体をいかに正しく使うか。それを脳と体に覚え込ませていきます。 徒手による施術後にトレーニングやピラティスにより正しい動作の獲得をすること。これが一番の外傷予防となります。 新たなアプローチを取得したい方にオススメです。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/22 19:00
    概要: スポーツで行われる構え動作であるスクワット。ウェイトトレーニングとして行われるスクワットには大きな違いがあります。またスクワット動作が正しく行えないと、膝の外傷の大きな原因となります。 今回はまずスクワット動作を正しく理解し、また正しく行えていない原因を考え、それに対してどのようなトレーニングで改善していくのかをお伝えしたいと思います。 スポーツ選手だけでなく、一般の人や高齢者の方でも大事なスクワット動作。 これを正しく理解し、より自分の現場へと落とし込むことでより治療家としての幅が広がるでしょう。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/15 19:00
    膝関節周囲を解剖学、運動学的な視点で理解し、その後、術後に対するリスクを再認識し、 動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントについて実技を中心に教授します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/08 19:00
    概要: 日々患者さんのリハビリを行なっている中で常にゴールを見据えてリハビリが行えていますか? 今回はスポーツ選手の膝の外傷に対してスポーツ現場で行われるアスレティックリハビリテーションをご紹介します。スポーツ現場でどのようなアスリハが行われているか知っていることにより、診療室内で行われるリハビリもより意味のあるリハビリとなるでしょう。スポーツ選手を見たい、現場で働いてみたい、知識の幅を広げたい方などおすすめです。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/01 19:00
    膝関節周囲を解剖学、運動学的な視点で理解することを目標にします。 また触診技術の実技を交えながら理解を深められるような内容で実施したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/29 19:00
    【概要】 術後に対するリスクを再認識し、動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントについて実技を中心に教授します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/26 19:00
    【概要】 大腿骨頸部骨折に対する運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。 術後を円滑にそして痛みを出来るだけ抑えて運動療法を行えるためにはより基礎に戻る必要があります。 今回、実技を中心にすることで術後の運動療法について理解を深めることが出来る内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/22 19:00
    【概要】 TKA術後に対するリスクを再認識し、動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントについて実技を中心に教授します
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/19 19:00
    【概要】 THAに対するリスクを再認識し、動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。THAの術後を円滑にそして痛みを出来るだけ抑えて運動療法を行えるためにはより基礎に戻る必要があります。 今回は実技を中心に行うことでTHA術後の運動療法について理解を深めることが出来る内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/15 19:00
    【概要】 基本的な解剖生理・運動学より膝関節疾患の運動療法においてのワンポイントアドバイスを行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/12 19:00
    【概要】 股関節疾患は様々ですが皆さんは各疾患(手術後含む)の注意点や特徴は理解できていますか? 今回、股関節の疾患の特性と運動療法での注意点を知ることでリハビリテーション場面でのリスク管理や動作観察、動作分析に貢献すると思います。実技を交えながら股関節疾患の患者の理解を深められる内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/08 19:00
    【概要】 膝関節周囲を運動学的な視点でひも解いていきます。実技を交えながら理解を深められるような内容で実施したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/05 19:00
    【概要】 股関節の機能は体重支持と運動において体幹と下肢をつなぐ重要な関節です。股関節の機能は股関節周囲のどの筋肉が働き安定や動作を行っているのか理解できていますか? 今回、皆さんに体験していただきながら股関節の筋活動の理解を深めていただく内容としたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/06/01 19:00
    【概要】 膝関節の解剖を基礎復習から行い、膝周囲の筋肉の働きについて実技を交えながらお伝えしたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/09/17 10:30
    患部が原因だと思っていました。 片麻痺の患者様の上肢が上手に使えない 頚部骨折の患者さんの歩行が安定しない 膝のOAの患者さんの痛みが落ち着かない   こういう臨床上の問題点はよく目にすることはあると思います。 しかし患部を積極的に治療しても一向に良くならないということはありませんでしたか?   体幹は四肢を使う上で、最も重要な役割を果たします。 中枢部の協調的な動きはパフォーマンスを高める役割を担いますので、評価は必要不可欠です。   前回の講義で大好評だった「体幹機能の評価と治療〜四肢を最大限活かすためのアプローチ」では、四肢の状態が体幹に及ぼす影響を動きで評価し、カラダの使い方と運動の中で機能的な体幹を感じてもらいました。 今回は特に 頚部〜肩の痛み、腰痛、膝関節痛といった、一度は出会ったことのある痛みや、体幹の問題起因による四肢の運動制限という目に見えたカラダのトラブルに対して、体幹と全身の関連性を追求していきます。 前回参加された方はさらに体幹の理解が深まりますし、今回初めて参加の方も、曖昧になりがちな体幹機能について再考察するきっかけになると思いますので是非ご参加ください。   プログラム ・上部体幹へのアプローチ ・下部体幹へのアプローチ ・コアコントロールと腰痛の関係性 ・痛みに対する運動療法 ・ワークアウト 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) ・バスタオル(枕代わりとして使用します) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on宮城県query_builder2017/09/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会