運動学・解剖のセミナー49 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/02/09 12:30
    【習得できる知識】 ・品質安定性に問題が発見された際の、ケース毎の処方設計術 ・市場における品質トラブル要因抽出 ・処方設計段階での品質予見 ・品質管理における実質的試験方法と自社基準の設定 化粧品業界の品質安定性試験には、手段や手法といったマニュアルが存在せず、公的機関からも品質指針が示されているのみです。それゆえ、各工場において自社で確立した手段やノウハウに頼っているのが現状です。  市場に出た商品が品質トラブルを起こさないよう予測するための試験手法を、ケーススタティを交えて講義致します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on宮城県query_builder2018/01/14 10:00
    【講義内容予定】 ・座学 本当の触診とは 触診のための必須要素 レイヤーパルペーション(階層触診)とは 皮膚・筋膜・筋・骨膜・骨、各組織の組成 ・実技 胸腰部の各組織の触り分け ①皮膚の触診 ②筋膜の触診 ③筋の触診 ④骨膜の触診 ⑤骨の触診 ※座学と実技を中心に実施致します。
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on宮城県query_builder2018/01/13 14:00
    【講義内容予定】 ・座学 動作分析の目的 効率的な動作とは何か? 初動部位と痛みの関係 動作分析で制限部位を見つける方法 動作分析で運動連鎖の破綻を見つける方法 ・実技 寝返りの動作分析 起き上がりの動作分析 立ち上がり・着座の動作分析 歩行の動作分析 ※座学と実技を中心に実施致します。 【このような悩みをお持ちの方にオススメです】 ・動作分析と治療が結びつかない。 ・動作分析の視診のポイントがわからない ・寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行の動作分析が不安
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/01/13 10:00
    本講座を通じて、下記の内容が得られます。 “触診の意義、ポイントを知ることができてよかった“ “教科書だけでの学習ではイメージでしかありませんでしたが、より具体的になりました。“ ”触診に自信が少しつきました。また、治療の即時効果にはとても驚き、すぐにでも試したいとおもいました。” ”とてもわかり易く苦手な私でも苦手な私でも触れるようになりました。もっと練習してうまく触れるようになりたいと思います。” ”触れるようになってよかった。即戦力となる知識・技術が分かってよかったです。” ”触診のコツと基本を学ぶことができました。触診を上達するために教えていただいたコツを(骨to骨)を思い出し、練習していく必要があるなと感じました。” ”触り方のポイント、方法が今まではあまり気にして行っていませんでしたが少し工夫するだけで触診しやすくなるとわかりました。” ”今まで治療中に触診の自信がなかったのですが、今日実践を含めて勉強したので少し自信がついたと思います” ”ランドマークをわかり易く教えていただき、多くの人の身体を触る機会をくださったのでたくさんのことを学べました。人によって筋肉や骨が全く違うことに驚きました。” ”触り方の工夫や介入の仕方を学べました。実際に治療の現場で実感するのが楽しみことに驚きました。またすぐに結果が出るテクニックもありセミナーに参加して有意義な時間を過ごせました。” どんな臨床現場でも、焦らず対応できるようになります! このセミナーでは中々臨床で結果が出せないセラピストの為に、 今行っている技術をより効果的に行うために必要な触診をお伝え致します。 実習中・入職したてのころ必ず先輩に言われたこと 「今、何筋触ってるの?」 「ランドマーク触れてる?」 「それ、ほんとに触れてんの?」 養成校時代の先生や・職場の先輩に言われた 「解剖学は基本だからきっちり勉強しときな」 「解剖学が頭に入ってないと何にもできないよ」 「だから解剖が大事だって言ったじゃん」 これらの意味が分からなかったあなたに 本当の触診・解剖学の必要性を実感していただきます。 解剖を学びたくて仕方がない?! 解剖を知ることでほんとに治療の幅が広がるんです。 それをみなさんにも実感していただきたい。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/01/29 10:30
    1部:医薬品原薬製造時のラボレベルを抜け出すためのデータ取得とトラブル対応  ラボでのプロセス化学研究からパイロットプラントでの原薬製造にスケールアップするために必要なデータ・実験について解説。  プラント製造までにどのように反応危険性を評価しプロセスに反映するかも概説する。 2部:医薬品原薬開発におけるスケールアップ技術とトラブル事例  プロセス化学の役割や医薬品開発への関わり、品質の同等性保証の手順を再確認し、代表的スケール依存因子と、スケールアップ及びトラブル実例について解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/31 12:30
    【趣旨】  現在,医薬品の安全性情報は、日本当局のみならず,FDAやEU当局,さらにはアジア各局当局の要求に対応する必要があり,幅広い知識を有する必要がある。  現場レベルでは,安全性情報を的確に捉え,収集する必要があり,これを達成しなければGlobalレベルでの迅速かつ適正な安全性情報の収集体制は達成できない。  今回は,どういった情報を安全性情報として収集する際に留意すべきか,またGlobalレベルで求められている安全性情報とは何かを知って頂く機会となればと考える。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/30 12:30
    1.GCPの変化の予備知識 -GCP要件を満たすポイント 2.海外臨床試験関係書類の確認 -データ整理 -申請添付資料(STED)の臨床試験成績欄の作成 -製造国の試験規制と、本邦申請に対する修正 3.臨床試験データ確認 -臨床デザイン(プロトコール)の要求事項 -臨床試験の流れと適合性調査 -症例報告書と症例一覧表 4.審査照会の事例と回答 -症例報告書と症例一覧表間の不一致の問題 -生データとSTED記載 5.GCP適合性調査 -試験全般及び施設関連の基礎資料 -申請資料の問題点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/23 12:30
    1 生物学的安全性評価と医療機器のリスクマネジメント 2 生物学的安全性評価の器機分類  ・なぜ分類する必要があるか  ・どのように分類するのか -接触部位と接触時間による分類 -評価すべき項目の選 -分類に際しての注意事項 3 生物学的安全性評価の進め方 - 評価計画書  ・評価責任者  ・機器の概要  ・評価者基準  ・機器の分類  ・評価方法  ・試験の実施方法 - 試験以外に評価に用いることのできるデータ - 生物学的安全性試験の選択 - 追加試験の必要性 - 試験施設の選定
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/26 12:30
    【習得できる知識】 〇日本と主要各国における成分規制の特徴 〇輸入時における注意点・回収の実際 〇輸出時における留意点・各国の違い 〇輸入化粧品の品質管理の方法 1.日本の化粧品規制 2.主要輸出相手国(中国、台湾、ASEAN、EU)の原料成分規制の特徴と日本との比較 3.各国の最新情報 4.輸入化粧品の品質管理 -国毎の注意ポイント -アイテム種別毎の注意ポイント -表示のポイント 5.輸入化粧品におけるリスクマネジメント -近年における収去検査などからの検出事例、違反事例 -近年の回収事例
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/31 10:30
    【趣旨】  本セミナーでは、製品開発における課題、留意点について、現在の法規制との関連性を含め解説する。また、再生医療等製品の製造施設(細胞加工施設)を立ち上げる際に考慮しなければいけない事項についてGCTP省令はもちろん、省令には記載されていない実運用で悩まされる課題の解決策について詳細に解説する。  これから再生医療等製品を開発する開発担当者、細胞加工施設を立ち上げようとする担当者、GCTPの運用を構築する必要がある責任者など、再生医療に携わる多くの人々にとって必須となるセミナーである。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/24 12:30
    【習得できる知識】 〇スプレードライヤの基本的原理、仕組み 〇スプレードライヤの構成機器に関する知識 〇スケールアップの考え方、方法、指針 【趣旨】  スプレードライヤの特色や基本原理に重点を置いて解説します。希望する製品の生産のためにはスプレードライヤについての理解が重要です。特に微粒化方式(各種ノズル、各種ディスク)についてはそれぞれ特色があり、対象物による最適な装置や方法について解説する。  さらにスプレードライヤの基本原理を元に、スケールアップの考え方について実例を交えて解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/01/29 13:00
    【趣旨】 【趣旨】  無菌製剤の製造プロセスの特徴、設備設計のポイント、アイソレータ/RABSの特徴、ゾーニング、バリアや更衣の機能などについて解説します。無菌コアを守るための様々な機能の組み合わせにより、無菌製剤工場は成り立っています。各々が持つ機能とその役割を正しく理解し、設計する側の視点を持てるようになれば皆さんの視野も広がります。そうすれば普段お勤めされている工場の施設や設備についても、新たな発見があると思います。  無菌製剤のプロセスと各種機能を系統立てて理解できる内容としている。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/12/25 10:30
    1部:効果的なSTP戦略 1.医薬品マーケティングの概念 2.戦略と戦術 3.セグメントの考え方 4.STPを意識した戦略展開 2部:KOLの選定と育成 1.ヘルスケア企業のPMに与えられた使命 2.KOLマネジメント 3.選考のための指標・考え方 4.短中長期的な管理・育成戦略 5.選定上の注意点 6.理想的なKOLの構成 3部:KPI達成のためのマーケティング戦略と手法 1.基本的な考え方の習得 2.ターゲティング手法・KPI 3.製品価値の訴求の仕方 4.製品ステージに基づいた製品戦略
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/12/19 10:30
    1部:コスモス認証製品の原料選定とオーガニック化粧品の品質安定性を保つ技術 1.認証について 2.認証製品の原料選定と処方作成について 3.オーガニック化粧品の品質安定性を保つ技術 2部:世界のオーガニックコスメ認証基準の現状 1.世界のオーガニックコスメ認証団体 2.「コスモス」はどのように設立されたのか? 3.「コスモス」基準の概要 4.日本は、オーガニックコスメ世界最先進国 5.天然成分100%基準を目指すJOCA推奨品基準とは 6.日本から世界へ、天然100%コスメ基準を発信しよう
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/12/19 10:30
    1部:医薬品製造現場における逸脱‐なぜ起こる、どう対応する、どう防ぐ、それだけで十分か‐ 《習得できる知識》 〇逸脱発生がなぜ起こるのか 〇逸脱予測とRisk評価 〇逸脱発生時の対応 〇防ぐための取り組み ‐教育訓練と分かりやすい文書作成‐ 〇変更管理と逸脱コミュニケーション 2部:医薬品製造現場における事例を用いた逸脱管理演習 逸脱管理の運営における注意点について話し、実際の逸脱処理の失敗から工場閉鎖に至った事例、ロットアウトになった事例、製品回収に至った事例等について、事例検討を行う。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/12/25 12:30
    【習得できる知識】 〇RBMの概念 〇RBMの一般的な手法 〇RBM導入に関する成功事例、失敗事例と勘違い事例 〇RBM導入により試験を成功に導くポイント モニタリングにおいては2012年以降RBM導入が一つのトピックになっているが、どこから手を付けたらいいのか、メリットはあるか、現場は対応できるか、施設や当局は受け入れてくれるか、などわからないことやクリアにしなければいけないことが多々あり、導入には至っていないのが実情である。 本講演では実例を交えてRBM導入に向けたポイントを説明する。
    株式会社R&D支援センター