運動学・解剖のセミナー93 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on埼玉県query_builder2017/10/26 19:00
    肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。 臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出なくて困った事はありませんか? 上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。 今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体についての運動療法を紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/19 19:00
    肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。 臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出なくて困った事はありませんか? 上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。 今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体の機能解剖、評価編について実技を交えながら説明していきます。」
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/12 19:00
    このセミナーでは、とらえるのが難しい肩関節を運動学から学びなおし、その動きに関わる筋の触診を徹底的に行っていきます。 肩関節は医師の中でも難しい関節といわれています。五十肩などの肩関節周囲炎など、基礎や筋の触診が出来ていないと何をやればいいか、何をみていけばよいかわからなくなってしまいます。 運動学の基礎から触診まで徹底的に行っていくことで、確実にスキルアップが出来るでしょう。スキルアップをしてどんどん患者さんを治していきたい。基礎から触診を学んでいきたいという方をお待ちしています。 ※動きやすい服装でご参加ください
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/05 19:00
    このセミナーでは、肩関節の骨格構造から触診を時間を十分にとって行っていきます。肩関節は球関節であり、肩甲胸郭関節も密接に関わってくるため、難しいと思っているかもしれません。 もう一度骨格構造から学び、骨の触診を出来るようにすれば動きをとらえやすくなります。 治療アプローチでは、触診は必須のスキルです。確実なスキルアップをしたい方、基礎から学びなおして臨床につなげられるようになりたい方をお待ちしています。 ※動きやすい服装でご参加ください。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/23 19:00
    その足の痺れ、歩き続けた際の筋力低下、本当に脊柱管狭窄症が原因ですか? 脊柱管狭窄症では、下肢後面の痺れと間欠性跛行が主症状としてありますが、その原因は神経性のものだけではないのはご存知でしょうか? 評価を適切に行うことで痺れを改善できる可能性が出てくるかもしれませんよ。 今回は脊柱管狭窄症の基礎とその評価・アプローチ方法のポイントを実技を含めてお伝えしていきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/16 19:00
    その腰痛、本当に腰椎椎間板ヘルニアによるものですか? 人間は歳を重ねていくに従って、自然とヘルニアが出てきてしまう方がほとんどです。ですが、ヘルニアがあっても症状が出る方と出ない方がいます。この違いはなんなのでしょうか? 今回は腰椎椎間板ヘルニアについての基礎とその評価・アプローチ方法について実技を含めてお伝えしていきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/09 19:00
    あなたは外腹斜筋と内腹斜筋の触りわけはできますか? 腹筋に限らず、体幹筋は数が多く、多裂筋は小さく触知が難しいと感じている方は多いと思います。 適切な触りわけは、体幹を評価・アプローチをしていく上でとても重要な要素になります。 今回は、講義の始めから徹底的に触診の練習を行い、評価の妥当性をあげられるように臨床でのポイントをお伝えしていきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/02 19:00
    あなたはしっかりと胸郭を評価できていますか?適切な評価は最適な治療につながります。 胸郭は多くの関節があるため、その触りわけは評価・アプローチともに重要な要素となります。 今回は胸郭はどこを指すのかから始めていき、肋骨や胸骨、さらに胸郭の関節の触診を時間を多くとって練習していきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/11/22 12:30
    1PIC/S GMPガイドラインの法的位置づけ 2国内GMP省令とPIC/S GMPガイドライン 3検査室管理の実践 1)原材料受入試験  ・ガイドラインに沿った原材料受入試験のサンプリング方法 2)参考品管理 4変更管理 1)クラス分類 2)管理実践 3)一変と軽微の区分 4)変更事例 5異常・逸脱・OOS・ラボエラー対応 1)FDA のOOSガイドライン 2)異常・逸脱・ラボエラーの発生原因とその対応 6試験検査業務の信頼性確保 1)Data Integrity 2)信頼性確保への取り組み
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 10:30
    【習得できる知識】 〇 においの分類 〇 人がにおいを嗅いでいるメカニズム 〇 においの分析方法と原理、その特長と適応事例 【趣旨】 ・におい形態を説明 ・形態ごとの見える化方法の説明 【プログラム】 1においのいくつかの形態 ​2嗅覚の検知メカニズムから見た複合臭の特長 3においの単位は? 4においの見える化方法 5官能評価法って実際どのようにするの? 6機器分析の種類と特徴 7おいしさ、風味の定量、快・不快度を調べるのあたって 8臭気・悪臭の定量化 9複合臭に対する最近のアプローチ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/24 10:30
    1 Global担当者とのe-mailのやり取り 2 同意取得の医学英語表現 3 治験開始の医学英語表現 4 AE/SAE出現対応時の医学表現   ​5 被験者の処置/対応の医学表現 6 入退院・転院時の医学表現 7 治験の中止・終了時の医学英語表現 8 医師の評価コメントの医学英語表現 9 検査および検体キットの取り扱いの医学英語表現 10 数多くの事例、(失敗事例も含む)を提示し、受講者の回答を添削いたします    ※参加者にはよく使う「医学英語事例集」を最後にお配り致します
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/27 12:30
    1部:プロジェクト計画の作成と計画の目標達成のための進捗管理 1 プロジェクトチームの構成とガバナンス 2 開発計画の作成 3 開発計画の進捗管理 -問題の発生と解決策 -開発が遅れる要因と対策 4 プロジェクト成功のために 2部:プロジェクトの遅れる原因とスピードアップのための求められるスキル 1なぜプロジェクトが計画通りに進まないのか 2効果的な部下面談 3全員参加型会議のファシリテーション技法 4プロジェクト・マネージャーが意識したいコミュニケーション手法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:30
    概要: 足関節・足部は非常に狭い領域に多くの骨が密集している。そのため、本来は多くの可動性と多くの筋による協調的な運動を要求される部位であると考えられる。しかし、多くの患者さんは足部の可動性が低下しており足部の機能が発揮出来ていない状態で動作を行なっている。今回は、足部の可動性に着目して講義します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/12 19:30
    概要: 各種基本動作にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な方法から脳血管障害特有の方法まで寝返り・起き上がりなど基本動作を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/05 19:30
    概要: 連合反応って?どうやって抑えるの?なぜ起こるの? 脳血管疾患に対し、連合反応はなぜ起こるのか、どうやって抑制するのか実技を交えて行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/30 19:30
    概要:腰痛を引き起こす原因としては、骨・関節系、神経性、軟部組織性、退行病変、成長期疾患など多種多様で、症状も疼痛部位や神経兆候、筋力低下などの理学所見などを考えると幅広く対応する必要があります。 その中で共通して問題となるのは姿勢です。 その姿勢を改善させることで疼痛が改善することはもちろん、神経兆候や筋力までも改善することをたびたび経験します。 今回、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の病態を整理して、姿勢改善のための評価、運動療法を行います。 2回シリーズの予定で11月は頸椎-胸椎からの視点で行います。
    EPoch ナイトセミナー