エクササイズ (アスレチック、トレーニング、東洋、ピラテス等含む)のセミナー38 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on埼玉県query_builder2017/07/31 19:00
    概要 臨床の中で様々な疾患の動作分析を経験していると思います。 本セミナーでは歩行動作の周期ごとにおけるメカニズムと、 その機能が破綻することによりどのような症状が出現するかを運動学的に学んで頂きます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/24 19:00
    概要 基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてのポイントをお伝えします。 股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/27 19:30
    概要 理学療法士は基本動作能力を向上させるためADL練習を実施することは多いと思います。しかし、基本動作は多くの関節運動を伴う動きであり、非常の多くの筋の協調的な活により達成できているものです。今回は体幹、四肢の筋力増強の手段として起き上がり動作を利用できるようになることを目的とします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/25 19:30
    概要 足関節の基礎復習 機能解剖と運動療法について実技を交えながらお伝えいたします 基礎からどのように運動療法に展開するか学びなおしてみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2017/08/27 10:00
    あなたはこんな症状に覚えがありませんか? ・生理前になるとイライラする ・生理前になると頭痛がある ・生理前には過食になる ・生理前にんると情緒不安定になる ・生理前や生理中のニキビや肌荒れに悩んでいる ・婦人科系疾患を持っている ・生理が来るのが憂鬱 ・月経量が多くて気になる    etc 【生理のトラブルはセルフコンディショニングで改善することが可能です】 PMS(月経前症候群)や生理トラブルが起こるのは体質の問題ではありません。 個人によって出る症状や程度は違うとされ、症状だけでも15
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/09/18 10:00
    あなたはこんな症状に覚えがありませんか? ・生理前になるとイライラする ・生理前になると頭痛がある ・生理前には過食になる ・生理前にんると情緒不安定になる ・生理前や生理中のニキビや肌荒れに悩んでいる ・婦人科系疾患を持っている ・生理が来るのが憂鬱 ・月経量が多くて気になる 【生理のトラブルはセルフコンディショニングで改善することが可能です】 PMS(月経前症候群)や生理トラブルが起こるのは体質の問題ではありません。 個人によって出る症状や程度は違うとされ、症状だけでも150以上あると言われています。 このような特殊な症状故に、多くの人が原因や対策を知らないままでいます。そしてこの症状は年齢が進むにつれ強くなるのも特徴的です。 しかし、実はPMSや生理トラブルは日々のちょっとした心がけとセルフコンディショニングで改善することが可能です。 本セミナーでは、女性ホルモンなどのホルモンバランスとPMSの関係を解説しながら、PMSに有効なセルフエクササイズをご紹介いたします。 「自分の身体を整えたい」、「辛い生理痛やPMSがあるのに対処法が分からない」という皆さまに特におすすめいたします。 また、妊娠前に身体を整えておくことで妊活にもつながり、婦人科系疾患の予防や悪化防止にも期待ができます。 ※本セミナーは【女性限定】セミナーとなります。 詳細はこちらをご覧ください。 >>>http://gracefulcare.iairjapan.jp/ PMSセミナー申し込み >>>http://goo.gl/ydG5JV
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/08/27 10:30
    膝関節の術後にどのようにアプローチすべきか?   TKA術後患者さんに対するリハビリテーションにおいて関節可動域、筋力改善、歩容改善において膝関節局所に注目したアプローチに偏っていませんか? また、関節可動域の改善において筋の伸張性低下に着目しすぎていませんか?   術直後は膝関節周囲の腫脹軽減,疼痛緩和,結合組織の癒着予防,筋膜のTightness改善に重きを置いたアプローチが重要であると考えます。 そして、歩行の改善においては膝関節局所の問題だけでなく頭頸部体幹からのアプローチも重要であると考えています。   今回の講義では私が実践してきた物理療法の選択,結合組織の癒着予防について講義と実技を行います。 さらに、歩行の問題点と歩容改善のためのアプローチについて実技を中心に講義を行います。   持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食  
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/09/24 10:30
    治療技術って何?そんなお悩み解決します   あなたは治療技をする際に、どのような手技を用いて治療を行いますか?   もちろん治療の根底には解剖学、生理学、運動学が中心になると思いますが、それらを基盤として治療をする際に、患者様への触り方、触診技術、筋へのダイレクトストレッチ方法など、しっかりと考えて行えていますでしょうか?   我々はセラピストです。医学的知識に基づいた治療を心がけなければいけません。 これらをきちんと理解した治療技術を基礎から学んでいく必要があります。   でも治療技術を教えてもらったことがないというセラピストもおられるのではないでしょうか?   本セミナーでは変形性股・膝関節症や術後患者様に対して、筋、関節、表在・深部覚において、 どのように評価し、そして最も適する治療手技を選択する技術を身につけます。 徒手療法を基礎から学びたいあなたにおすすめです。 【プログラム】 1.運動療法技術としての徒手療法 2.徒手療法に必要な触診技術 3.関節モビライゼーションについて 4.軟部組織モビライゼーションについて 5.変形性関節症などに対するアプローチの考え方と徒手療法の適応 6.急性の関節障害を有する整形疾患患者に対するアプローチの考え方と徒手療法 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) ・バスタオル(枕代わりとして使用します) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on兵庫県query_builder2017/09/02 10:30
    2日間徹底実技講習会!!徹底的な実技講習をお望みのセラピストへ 本セミナーを受講すれば肩関節に関わらず、拘縮治療が行えるようになることでセラピストに対応可能な疼痛が理解できるようになります。   整形外科リハビリテーション学会でもご活躍の小野志操先生による2日間徹底的に実技を学びます。 拘縮の基礎知識から病態生理学、そして肩関節周囲の解剖についてしっかり理解し、 今まで1日だけの講習会では習得できなかった   触診の方法、整形外科的診断方法、レントゲン画像の見かた、エコー画像、そして運動療法に至るまで 評価から治療を本セミナーでは一貫して学べます。   これらを踏まえた上で、触診技術と具体的な評価方法および運動療法について、実技を中心に紹介していただきます。   しかも少人数限定講習会!   拘縮を理解すれば実際に夜間痛や運動時痛が改善していきます。 受講生から絶大な人気のある、小野先生の実技講習会!この機会をお見逃しなく!! 【プログラム】 第1日目 ・肩関節の形態と解剖学的基礎知識 ・肩関節拘縮の病態 ・肩関節拘縮に伴う疼痛の解釈 ・画像所見の見方 ・肩関節の評価に必要な触診 第2日目 ・肩関節に対する運動療法の進め方と実技 【持ち物】 ・ スパッツなど触診および実技がしやすい服装(汚れてもよいもの) ・ポスカなどの水性マジック ・バスタオルもしくはヨガマットなど ・お手持ちの解剖学書 ・昼食 <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/09/03 10:30
    脳血管障害のバランス障害についてお悩みのセラピストへ 脳卒中のリハビリテーションを進めるうえで、日常生活動作や歩行の獲得は重要なポイントになります。 より質の高い動作を獲得できれば、日常生活における活動の幅は大きく広がり、生活の質の向上にも繋がります。   日常生活動作や歩行には、立位バランスの質が重要です。   キッチンでの調理動作や、洗濯物を干す動作、そしてトイレ動作といった動作には、立位でのリーチや方向転換などダイナミックな立位バランスが必要となります。 歩行も左右の片足バランスの繰り返しであり、さらに高度な立位バランスが求められます。 より安定した立位バランスが獲得できるようにアプローチを進める中で、以下のようなことで悩んだ経験はないでしょうか? ○立位バランス訓練を反復してもなかなか改善しない ○リハビリ室ではバランスが良いのに、生活場面ではバランスが悪い ○リハビリ後は改善しても翌日まで効果が持続しない   これらの問題の共通した原因の一つとして、 “対象者自身が、「どのように体を使えばうまくバランスを取れるのか」     を正しく理解できていない”ことが挙げられます。 つまり、 【生活の場に応じた適切な運動学習ができていない状態】 と言えます。 適切な運動学習をすすめるためには、対象者自身が「外在的フィードバックをどのように理解したうえで、どのように体を感じ、使おうとしているか」といった 内在的フィードバックの状況を“対象者の言葉”を通じて把握することにあります。 今回のセミナーでは、家事動作や歩行に繋がる起立や立位をテーマとしています。   本セミナーでは、あえてセラピストの介助や促通手技などの“徒手的介入が一切ない”状態で、 対象者自身が「こうすれば、体がうまくバランスが取れる」と理解し実践できるようになるための新たな運動学習方法を身につけていただきます。 【プログラム】 ① 立位バランスと運動学習のメカニズム ② ダイナミックな立位バランスの評価のポイント ③ 一人一人異なる「こうすれば、体がうまくバランスが取れる」と理解し実践できるための運動学習のポイント ④臨床場面の動画紹介と実技 ※①~④では、参加者同士がセラピスト役と患者役となって評価や訓練を行いますが、 その都度、相手を変えていくことで「1人1人ことなる感じ方やセラピストの援助方法」をリアルに体感していただけます。 その結果、翌日の臨床現場において具体的な評価や訓練方法の糸口が身につきます。 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/09/17 10:30
    西洋医学・東洋医学2つから診たアプローチ リハビリ職種が主に扱うのは 「運動器」ですが、運動器へのアプローチで患者さんの体質がわかって 呼吸器疾患 消化器疾患 循環器疾患 をはじめとした、あらゆる症状にも対応できるとしたら・・・ 素晴らしいと思いませんか? 何故、そんなことができるのかというと・・・ アナトミートレインと東洋医学で使われる経絡が走行が一致しているからです。 膀胱経と浅後線、胃経と浅前線、胆経と外側線。 つまり、アナトミートレインに異常をきたすと 運動器の異常だけでなく様々な症状を引き起こしますし アナトミートレインの調整をすることで様々な症状を改善することができます。 当アカデミーの中級編ではアナトミートレインの異常による可動域制限と筋力低下だけを東洋医学のルールに則ったトリガーポイント(経穴)で調整していきましたが 上級編では ・東洋医学での整体観 ・東洋医学での生理学と病理学 ・中級編では取り扱わない評価法(問診や経穴診) ・中級編では取り扱わない経穴の組み合わせ といった、充実の大ボリュームとなります。 私自身の臨床でも 腰痛を治療する中で導診法を使い腰痛だけでなく 胃の慢性びらんや大腸ポリープがなくなり 医師が「なんで?」と不思議がったり 肺気腫の患者さんの肩こりと腰痛を治療していく中で 呼吸機能が改善し、やはり医師が「なんで?」と不思議がったり 中級編の受講生の中にも数ヶ月に渡る不眠症と便秘が セミナー当日の夜にはぐっすりと眠ることができ便秘も治ったといった報告をしています。 中級編の手技を全て取りこぼしなく行えば結構、改善はするのですが それを全部行うのは時間もかかりますし、運動器の異常と他の症状の関連性を説明するのには やはり、東洋医学的な病理学がわからないといけません。 逆にそれがわからないと 「便秘だから大腸経だな。」とか 「むくんでるから腎」 なんて短絡的な考えになってしまいます。 さらに 東洋医学では評価や効果検証に脈診、腹診、腹診などを使っていくのですが患者さんと共有できません。 しかし、OPAの導診法を使えば可動域や筋力といった患者さんと共有できる部分で効果検証できます。 東洋医学に興味があるけど・・・ まずは当アカデミーで学んでみてください。もっともわかりやすくお伝えします。 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマットやバスタオルなど床に敷くもの <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on愛知県query_builder2017/09/03 10:30
    一日でも早く使える手の獲得を目指すには 橈骨遠位端骨折は骨折の中で発生頻度が高い骨折の1つであり,好発年齢も多岐にわたります.近年,骨折後の外科的治療法も進化し,強固な固定法によって術後早期のセラピィも可能となりました。 特に,日本は近年,超高齢化社会を迎え,独居の高齢者が多いことから,早期の社会復帰を目的とするために手術適応を希望される方も増えてきています。 本セミナーでは橈骨遠位端骨折術後のセラピィを円滑に進め,1日でも早い社会復帰を目指すために必要な基礎知識と治療技術について紹介します。   プログラム ・橈骨遠位端骨折の治療に必要な機能解剖 ・橈骨遠位端骨折術後の合併症 ・橈骨遠位端骨折術後のセラピィ ・症例紹介および検討会 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on福岡県query_builder2017/09/10 10:30
    歩行獲得のために何をするべきなのか 脳血管疾患患者の日常生活レベルを大きく左右するポイントに歩行の獲得があります。 あなたは歩行獲得するために歩行練習ばかり行ってはいないでしょうか? 目の前の患者様の歩行の問題点はその歩行練習で解決するのでしょうか。 本セミナーでは、歩行を診ていく上でポイントとなる動作は何なのか、 実際どのように評価すべきか、そしてそれぞれの問題点が歩行動作の際にどのように影響するのかを学んで頂きます。 本セミナー講師の弓岡先生は、大阪人間科学大学で教鞭をとられている傍ら、基本動作の評価と治療アプローチについての執筆活動などでご活躍中です。 ぜひ脳血管障害に対する基本動作を評価する方法や治療について基本に立ち返って学んでみてください。 講義概要 歩行動作を獲得するためには、寝返り・起き上がり・坐位・立ち上がり・立位など 各基本動作で歩行動作に必要となる要素を練習して、さらに歩行動作の中でそれぞれの要素を統合することが必要である。 つまり歩行動作でうまくいかないとき、歩行動作自体の練習ばかりではなく、歩行に至る基本動作のどこに問題があったかを考えて、必要な禁本動作を練習すると歩行動作が改善するということである。このような観点で講義を行いたいと考えている。   プログラム 10:30-12:00 基本動作の治療手技の実際(歩行のための準備としての寝返り・起き上がり) 12:00-13:00 お昼休み 13:00ー14:30 基本動作の治療手技の実際(歩行のための準備としての座位、立ち上がり) 14:45-16:15 基本動作の治療手技の実際(歩行のための準備としての立位、歩行) 16:15-16:30 まとめ・質疑応答
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on愛知県query_builder2017/09/24 10:30
    予約殺到人気セミナー!上肢へのアプローチはココで解決! 本セミナーは上肢の機能障害を呈する運動器や脳血管疾患に対する治療手技の実技講習です。 上肢機能の元となる、肩甲帯や肩関節の基本的な解剖・運動学から他動運動や特定の筋への収縮方法や促通方法などから、拘縮や痛みがある関節への介入方法の練習を行います。 様々な症状を呈する上肢機能ですが、治療を進めていくうえで押さえておくべきポイントがあります。 上肢にある各関節とはどのように触るのか、構造学的・運動学的に問題となりやすい場所はどこであるのかをしっかりと理解し、治療手技の適応や運動の誘導・指導を考えなければなりません。 今回は上部体幹・肩関節~肘・前腕までの解剖学や運動の繋がりと、運動器・脳血管疾患に共通する問題点の抽出とすぐに臨床で使える手技を基礎からお伝えしていければと思います。 内容 ・体幹・肩甲帯~肘・前腕にかけての機能解剖と触診について ・肩甲帯~肘・前腕に起きる運動の特徴と上肢機能の障害について ・運動器・脳血管疾患の共通の問題点について ・治療手技の紹介 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on兵庫県query_builder2017/08/06 10:30
    予約殺到人気セミナー!上肢へのアプローチはココで解決! 本セミナーは上肢の機能障害を呈する運動器や脳血管疾患に対する治療手技の実技講習です。 上肢機能の元となる、肩甲帯や肩関節の基本的な解剖・運動学から他動運動や特定の筋への収縮方法や促通方法などから、拘縮や痛みがある関節への介入方法の練習を行います。 様々な症状を呈する上肢機能ですが、治療を進めていくうえで押さえておくべきポイントがあります。 上肢にある各関節とはどのように触るのか、構造学的・運動学的に問題となりやすい場所はどこであるのかをしっかりと理解し、治療手技の適応や運動の誘導・指導を考えなければなりません。 今回は上部体幹・肩関節~肘・前腕までの解剖学や運動の繋がりと、運動器・脳血管疾患に共通する問題点の抽出とすぐに臨床で使える手技を基礎からお伝えしていければと思います。 内容 ・体幹・肩甲帯~肘・前腕にかけての機能解剖と触診について ・肩甲帯~肘・前腕に起きる運動の特徴と上肢機能の障害について ・運動器・脳血管疾患の共通の問題点について ・治療手技の紹介 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag