運動療法のセミナー34 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/10/12 19:00
    変形性膝関節症は理学療法士が担当する患者さんの多くが有している疾患の一つである。 今回は変形性膝関節症の病態を理解しアプローチする方法についてアイデアを3回シリーズで紹介します。 第1回目は病態の理解と関節可動域の拡大をテーマとします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/10 19:00
    脊柱疾患はリハビリテーションにおいて多くが有している疾患の一つである。今回は頚椎疾患の病態を理解し注意することやアプローチする方法についてのアイデアを紹介します。 (頚椎ヘルニア・頚椎症・頸髄症など)
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/05 19:00
    急性期のみでなく回復期や生活期においても、リハビリテーションを実施する上でリスク管理は必要不可欠です。 血液データのみだけでなく、バイタルサインや自覚症状など患者様から得られる情報は沢山あります。それらを多角的に評価することで安全にリハビリテーションを実施することが出来ます。 今回は安全なリスク管理シリーズの第四段です。カルテの情報を整理し、リハビリテーョションに活かせていますか?今回は血液検査データの中でも肝機能と腎機能に絞り、肝臓や腎臓の状態から全身状態を考ええ、それらを踏まえ安全なリハビリテーョションを提供していきましょう。 本セミナーは明日の臨床から注意出来る内容となってます。是非ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/03 19:00
    ハンドセラピィに対して難しく感じていませんか?何も難しく考える必要性はないです。 正しく評価ができ、しっかり触診ができれば楽しくセラピィはできます。 今回は前腕に着目して機能解剖や実技を交えて進めていきます。 まずはしっかり前腕の機能や筋を認識、再確認して、生活に必要な機能的な手やUseful Handを作っていきましょう。 曖昧になっていることも再認識できると思いますので是非ご参加ください。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/10/14 10:00
    【日本作業療法士協会生涯教育基礎ポイント対象講義(1ポイント) 】 「どんな勉強を進めていったらいいのかが、イマイチ分からない…」 「勉強会に参加したけれど、実践で活かせている気がしない…」 臨床で結果が出せないセラピストの為に、数あるIAIRテクニックの中から結果が出せる技術を選出しお伝え致します。 https://www.youtube.com/watch?v=atT-lPoRsCA どうやったら結果がだせるのか? 実は、最も簡単な方法があります。 「既に実績のある方法を学び、練習するだけ」 部活動……スポーツに限らず、文化部でも「練習」をしてきましたよね? 試合だけをして、コンクールに提出だけをして、強くなったり、試合に勝てたり、受賞できますか? 出来ませんよね??? それと同じことが、リハビリの現場で起きています。 練習を現場で行わないまま、試合……実際に患者さんにアプローチをしていませんか? 患者様と周りを納得させるだけの結果が出せていますか? とは言っても、なかなか練習に時間を取れないのが臨床現場の悩みでしょう。 しかも、どんな方法で再現性のある練習や学びを効率的に行って良いかわかりませんよね。 だからこそ、既に全国で13000名の療法士が受講し、結果が出せるようになった再現性の高い方法をお伝えします。 この中に一つでもあなたの目標と同じ項目があったら受講をお奨めします。  とにかく結果が出せる様になりたい!  本当の意味で患者さんの役に立てるセラピストになりたい!  患者さんに笑顔になってもらえるセラピストになりたい!  どんな現場でも活躍出来るセラピストになりたい!  自信を持って、患者さんの前に立ちたい!  後輩や実習生に、価値のある助言・指導をしてあげたい! のべ13,000名以上の成長をサポートしてきた当協会だからこそお届けできる、 「確実に成長できる」講習プログラムをご用意しております。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on宮城県query_builder2017/11/12 10:00
    【講義内容予定】 ・座学 本当の触診とは? レイヤーパルペーション(階層触診)とは? ・実技 骨ランドマークの触診 (肩鎖関節、胸鎖関節、肩峰、上腕骨頭、腕頭関節、腕尺関節、手根骨、中手骨など) 骨の触診・リリース(例:肩鎖関節の制限リリース) 筋の触診・リリース(例:小胸筋の制限リリース) 筋膜の触診・リリース(例:前腕の筋膜リリース) 皮膚の触診・リリース(例:皮膚の制限リリース) ※座学と実技を中心に実施致します。
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/12/16 10:00
    近年では『体幹』に中心にリハビリメニューを組み立てることが多くなっております。 その中、『体幹は大事なのはわかるけど、アプローチ法は腹筋ぐらいしか知らない。しかも効果出てるいかわからないで悩んでいる』との声が多くの療法士から聞かれます。 患者さんに、疲れるだけで効果の無い体幹(コア)トレーニングを指導していませんか? 体幹深層筋(コア)トレーニングというと、 「この運動で○○筋が鍛えられます。」 「○○を使えば効率的にコアを鍛えられます。」 と、特定の部位を強化することに注目されがちです。 体幹深層筋(コア)が機能しない理由は、単純に筋力が弱化している事だけが原因でしょうか? 安易に強化すればいいのでしょうか? この考えは治療にも同じことが言えます。 体幹深層筋(コア)トレーニングでも、機能的なコアを獲得する為に、コアが機能していない理由を明確にし、邪魔な部分があれば取り除く必要があります。 そして、その整備をしたうえでトレーニングをしていく必要があります。 治療には「足し算の治療」と「引き算の治療」の二種類の治療があります。 筋力増強運動や反復動作練習などは、「足し算の治療」です。 患者(利用者)さんの動作を変えたいと思った時に、筋力増強運動や反復動作練習などの「足し算の治療」だけを繰り返すことは、地盤を整備せず家を建て始めるようなものです。 基礎の安定しない、非効率的な動きになってしまいます。 また、非効率的なだけではなく、「足し算の治療」は患者(利用者)さんの努力を伴う治療なので患者(利用者)さんが疲れます。 逆に土地の整備の様に、動きを邪魔している部位を緩めるような治療は、「引き算の治療」となります。動きを阻害している部位を取り除く「引き算の治療」をしてあげて、一旦整理してあげるとそれだけで動きがスムーズになります。 しかも、患者(利用者)さんは疲れることはありません。 コアトレーニングというと、一般的に「足し算の治療」が中心となっています。 体幹部の解剖イメージを確認しつつ体幹機能臨床で行いやすい徒手的なアプローチを揃えた研修会開催いたします。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on埼玉県query_builder2017/09/25 19:00
     筋・筋膜性の疼痛は臨床でもとても多くみられます。しかしながら、その筋膜について理解ができているかと問われると、自信を持ってYESと言えるでしょうか?  今回は筋膜についての基礎をしっかりとみていくのと共に、下肢から体幹の後面・側面にかけてつながりを持つ筋膜への評価と治療方法について実技を交えながら行っていきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on山梨県query_builder2017/11/19 10:00
    【講師コメント】 膝関節は下肢の中間関節として機能し、荷重位での運動連鎖とメカニカルストレスなどの「力学的な知識と解 釈」は不可欠となります。 また機能障害として、膝関節の各組織の評価や運動療法などの「組織学的知識」も不可欠であり、「力学」と 「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。 今回のセミナーでは、膝関節における「力学」と「組織学」の評価・治療について、実技を多く取り入れなが ら説明します。 【持参物】はさみ、ハーフパンツ、バインダー、筆記用具
    上野原梶谷整形外科
  • location_on大阪府query_builder2017/09/28 19:30
    概要 股関節の運動は体幹、股関節、膝関節、足関節が協調的に動くことが多いのではないでしょうか。例えば、立ち上がり動作においても股関節が動くために体幹を安定させ膝関節、足関節が協調的に運動することで動作が成り立っています。今回は立ち上がり動作、ブリッジ動作を中心に実技を行い協調運動を考えるヒントを提供します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/26 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/21 19:30
    概要 股関節周囲筋の筋力増強をどのように実施していますか?MMTの教科書や論文では骨盤を固定して大腿骨を動かすことにより筋力トレーニングを実施しているものが多く紹介されています。この方法で患者さんに対して実施した際に十分な股関節の運動が実施できていますか?私は腰部の代償を行う患者さんを多く経験します。今回は大腿骨を固定し骨盤を動かすことにより実施できる股関節の筋力トレーニングについて紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on長野県query_builder2017/12/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on神奈川県query_builder2017/11/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on岩手県query_builder2017/10/15 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/09/23 10:30
    【歩けない】を【歩ける】にするために必要な知識は【運動学】   我々セラピストは、歩行動作を見る際に、どこから観察し、 分析していく必要があるかを明確に勉強していただきます。 その際には、 歩行を運動学的に解釈する観点で考えることが必要になります。 神経系だけで解釈するのではなく、 患者さんが我々にみせていただける動作を解剖学、 運動学を用いて解釈してもらいます。 当日はみなさんと実技を通して体感していただきたいと思います。     〜関西理学療法学会 会長 鈴木俊明先生とは〜 鈴木俊明先生は関西医療大学で教授として活躍され、また今年度の関西理学療法学会の会長も務めておられます。 「治せる治療家を育てる」ことを究極の目的とし、講習会、症例検討会などを通じて日々、リハビリテーションの知識・技術を研鑽されています。 中でも神経疾患の理学療法をご専門に研究され、多数のセミナー講師を務められ、多くのセラピストに支持されておられます。 そして理学療法と鍼灸医学の考えを組み合わせた新しい治療法の開発など、臨床家として多くの成果を挙げられておられ、患者様からも支持されておられます。 【治せるセラピストになるために、動作分析はまず「ここ」を診る!】 今回は療法士として特に重要な動作分析、その中でも特に難しい神経疾患の臨床動作分析をご講義頂きます。 神経疾患の病態生理学のお話や、ビデオを用いての動作分析実習は必見です。 本講座を受講していただくことで、以下のメリットがあります。 〇健常者の動作観察の要点が理解できる。 〇脳血管障害片麻痺患者、パーキンソン病患者の病態が理解できる。 〇動作分析に必要な着目点がわかる。 〇神経疾患に対する治療アプローチ方法が想起できる。 〜本講座受講後、明日からの臨床での視診力が必ず変わります〜   持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食  
    EPoch / 株式会社Rebel Flag