運動療法のセミナー7 件中 1 - 7 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:00
    呼吸リハを行う前にこれだけは知らなければいけない原則があります。 臨床の中で呼吸リハビリテーションを求められることは多々あると思います。 しかしながら実施する中で呼吸リハの徒手的技術や聴診技術の未熟さを 上司に指摘されて悔しい思いをすることがあるのではないでしょうか? もちろん呼吸リハの徒手的技術や聴診技術はとても大切です。 しかしながらそれよりも大切なことがあるのです。 それは 〇呼吸の生理学 〇呼吸の解剖運動学 〇徒手的技術や聴診技術 これらが欠けていると技術だけ高めても効果は半減します。 本セミナーでは呼吸リハの基礎知識を習得するための講座であり 継続的に学んでいただける場を提供していきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on宮城県query_builder2018/01/14 10:00
    【講義内容予定】 ・座学 本当の触診とは 触診のための必須要素 レイヤーパルペーション(階層触診)とは 皮膚・筋膜・筋・骨膜・骨、各組織の組成 ・実技 胸腰部の各組織の触り分け ①皮膚の触診 ②筋膜の触診 ③筋の触診 ④骨膜の触診 ⑤骨の触診 ※座学と実技を中心に実施致します。
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/01/14 10:00
    医療・介護現場でも必要とされる足のトラブルケア。REFLEで学ぶ『フットケア』は、セルフケアやご家族・友人等に活かせる基礎テクニックです。 足のトラブルについての基礎知識と合わせて「外反母趾や偏平足に対応するテーピング」「骨格の柔軟性を高めるストレッチ」「爪・角質ケア」「スクラブマッサージ」など幅広いテクニックを習得します。 ★1/14(日)+1/28(日) の2回セット講座です。
    日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】
  • location_on北海道query_builder2018/01/07 09:30
    CSPTとは、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズです。この度、札幌にてCSPT足部・足関節編を開催いたします。 <足関節編> 多くのスポーツ選手が悩まされる足関節捻挫。CSPT足関節編では、背屈位での不安定性を呈するマルアライメントの理解とともに、その原因を解消します。リアラインにより関節の適合性が改善し、不安定性に大きな変化が生じます。 また、組織間リリース(ISR)を用いた治療にて、安定した足関節を再獲得させる技術を習得していただきます。スポーツ現場で捻挫を減らすためにも、ぜひ受講していただきたい内容となっています。 <足部編> CSPT足部編では、外反母趾から足部アーチ異常まで、さまざまな足部疾患に対応できる、知識・技術を学んでいただきます。 扁平足、ハイアーチ、どちらにも起こりうるアーチ機構の崩壊を評価し、アーチ機構再獲得に重要な立方骨コントロールの治療方法を紹介します。外反母趾に伴うマルアライメントを理解し、その治療手段を習得していただきます。 【CSPTとは?】 全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズです。関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象としています。GLAB代表の蒲田和芳(広島国際大学リハビリテーション学科教授,日本健康予防医学会 副理事長)が提唱する「リアライン・コンセプト」(治療理論)と治療を進める上で必要な「治療技術」を習得できます。  リアライン・コンセプト(治療理論)を習得していただくことで、関節疾患の治療を進める上での「治療の設計図」を理解することができます。その結果、治療の過程で方針に迷うことなく、治療においての進むべき方向が明確になります。  また、リアライン・コンセプトを進める上での「治療技術」を部位別に習得できます。組織の癒着に対して組織間リリース、筋機能低下に対して運動療法、不安定性や解剖学的因子に対して補装具療法を、実技を含め学ぶことができます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:30
    概要: 足関節・足部は非常に狭い領域に多くの骨が密集している。そのため、本来は多くの可動性と多くの筋による協調的な運動を要求される部位であると考えられる。しかし、多くの患者さんは足部の可動性が低下しており足部の機能が発揮出来ていない状態で動作を行なっている。今回は、足部の可動性に着目して講義します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/12 19:30
    概要: 各種基本動作にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な方法から脳血管障害特有の方法まで寝返り・起き上がりなど基本動作を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/12/16 10:00
    近年では『体幹』に中心にリハビリメニューを組み立てることが多くなっております。 その中、『体幹は大事なのはわかるけど、アプローチ法は腹筋ぐらいしか知らない。しかも効果出てるいかわからないで悩んでいる』との声が多くの療法士から聞かれます。 患者さんに、疲れるだけで効果の無い体幹(コア)トレーニングを指導していませんか? 体幹深層筋(コア)トレーニングというと、 「この運動で○○筋が鍛えられます。」 「○○を使えば効率的にコアを鍛えられます。」 と、特定の部位を強化することに注目されがちです。 体幹深層筋(コア)が機能しない理由は、単純に筋力が弱化している事だけが原因でしょうか? 安易に強化すればいいのでしょうか? この考えは治療にも同じことが言えます。 体幹深層筋(コア)トレーニングでも、機能的なコアを獲得する為に、コアが機能していない理由を明確にし、邪魔な部分があれば取り除く必要があります。 そして、その整備をしたうえでトレーニングをしていく必要があります。 治療には「足し算の治療」と「引き算の治療」の二種類の治療があります。 筋力増強運動や反復動作練習などは、「足し算の治療」です。 患者(利用者)さんの動作を変えたいと思った時に、筋力増強運動や反復動作練習などの「足し算の治療」だけを繰り返すことは、地盤を整備せず家を建て始めるようなものです。 基礎の安定しない、非効率的な動きになってしまいます。 また、非効率的なだけではなく、「足し算の治療」は患者(利用者)さんの努力を伴う治療なので患者(利用者)さんが疲れます。 逆に土地の整備の様に、動きを邪魔している部位を緩めるような治療は、「引き算の治療」となります。動きを阻害している部位を取り除く「引き算の治療」をしてあげて、一旦整理してあげるとそれだけで動きがスムーズになります。 しかも、患者(利用者)さんは疲れることはありません。 コアトレーニングというと、一般的に「足し算の治療」が中心となっています。 体幹部の解剖イメージを確認しつつ体幹機能臨床で行いやすい徒手的なアプローチを揃えた研修会開催いたします。
    国際統合リハビリテーション協会