運動療法のセミナー9 件中 1 - 9 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/08/30 19:30
    基本動作練習は、患者の活動レベルを直接改善させる練習として重要視されており、また反復した動作練習が推奨されています。 ただ反復した動作練習を繰り返すのではなく、原因となる機能障害を把握して行うことで治療効果は劇的に改善します。 今回は坐位姿勢とリーチ動作に着目して、考えられる問題点、観察ポイントを整理して実技を行いながら考えていきたいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/08/28 19:30
    脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。今回は2回シリーズの2回目です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/08/23 19:30
    股関節に対するアプローチは体幹機能と下肢の運動の連動や下肢関節間の機能的な連動に注意しながら実施する必要がある。今回は、体幹と股関節の機能的な連動、膝関節と股関節の連動に着目して実技を中心に講義を行います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/08/21 19:30
    脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。 中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。今回は2回シリーズにて行う予定です。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2018/09/19 12:30
    1.CMC申請資料の構成と特徴 CTDの構造/日本と欧米・アジア地区など地域間の相違/開発段階・申請区分による違い/必要とされる薬事規制知識 2.CTDで要求されている記載項目 原薬関係/製剤関係 3.効率的な資料作成体制整備 体制概要/課題と対策/試験報告書作成の定着/執筆ルール確立/電子・紙資料の保管ルール確立/自己チェックスキル向上/査読留意点/導入品の留意点/効果と体制の維持管理 4.照会事項対策 照会事項の分類/回答書作成の留意点/導入品回答書作成の留意点 5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on香川県query_builder2018/09/20 19:00
    セラピストは感覚入力を通じて患者様・利用者様の運動を変化させます。 本セミナーでは、意識下の感覚が入力される大脳と無意識下の感覚が入力される小脳について脳画 像も交えて整理します。 また感覚入力が運動に及ぼす影響について、明日から使えるような即時的な変化を体験しながら再 考します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/07/03 19:30
    足関節周囲を解剖から足関節周囲の筋活動・運動学的な視点で紐解いていきます。基礎から理解を深められるように実技を交えながら実施する予定としています。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2018/09/08 10:00
    近年では『体幹』に中心にリハビリメニューを組み立てることが多くなっております。 その中、『体幹は大事なのはわかるけど、アプローチ法は腹筋ぐらいしか知らない。しかも効果出てるいかわからないで悩んでいる』との声が多くの療法士から聞かれます。 【コア】はその名の通り身体の【核】となる部分です 患者さんに、疲れるだけで効果の無い体幹(コア)トレーニングを指導していませんか? 体幹深層筋(コア)トレーニングというと、 「この運動で○○筋が鍛えられます。」 「○○を使えば効率的にコアを鍛えられます。」 と、特定の部位を強化することに注目されがちです。 体幹深層筋(コア)が機能しない理由は、単純に筋力が弱化している事だけが原因でしょうか? 例えば家を建てる際に、荒れた土地にそのまま基礎を打って、柱を立てていく大工さんはいないと思います。丈夫な家を建てるためには、土台が大事になります。 ですので、地盤がしっかりしているかの確認をし、土地を整備して、初めて基礎を打ち始めます。 体幹深層筋(コア)トレーニングでも、機能的なコアを獲得する為に、コアが機能していない理由を明確にし、邪魔な部分があれば取り除く必要があります。 そして、その整備をしたうえでトレーニングをしていく必要があります。 効率的に患者(利用者)さんのコアトレーニングをしたいと思ったら、 ① コアマッスルが働かない原因を改善する(引き算の治療)        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ② コアマッスルを活性化するファシリテーション(足し算の治療) 上記の流れが理想的な治療法なのです。 多くの患者(利用者)では、現在持っている機能を十分発揮できない(邪魔している)ために、コアが機能していないケースが多いのです。 極端な話、コアマッスルが働かない原因を削除するだけでコアは活性化されるのです。 そこで、体幹部の解剖イメージを確認しつつ体幹機能臨床で行いやすい徒手的なアプローチを揃えた研修会を開催いたします。 【講義内容】 体幹機能の不活性因子を改善する ○肋間リリーステクニック  ○腹部ポンピングテクニック ○大腰筋〜腸骨筋間リリーステクニック 体幹機能を活性化する ○Transversus abdominis muscle(TAM)促通テクニック 活性化した動作時に使えるようにする ○運動療法
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/18 10:00
    (1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは (2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは (3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ (4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示 (5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」 (6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介 (7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート (8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する (9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法 (10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法 (11)痛みの部位別・タイプ別運動方法 (12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫 (13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ (14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか 【その他】 詳細は公式ホームページにてご覧ください https://www.tsuusho.com/skill/reha_program/
    日本通所ケア研究会