手技のセミナー32 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/11/14 19:30
    概要: 脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。今回は2回シリーズにて行う予定です。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/07 19:30
    脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。 中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。今回は2回シリーズにて行う予定です。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/02 19:30
    変形性膝関節症の患者さんの立ち上がり動作や歩行動作の特徴を理解するとともに立ち上がり動作や歩行動作の改善を目的としたアプローチを紹介します。 なお、3回シリーズで講義を行いますが各回だけの受講でも理解していただけるように講義を行ないます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/31 19:30
    基本的な歩行の復習から脳血管障害特有の歩行動作までを紐解いていきます。 歩行動作の改善には反復練習以外に必要なこともあります。 運動療法の工夫や考え方について実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/26 19:30
    変形性膝関節症を有する患者さんの筋出力の特徴について理解するとともに筋出力の向上を目的としたアプローチについて紹介します。 なお、3回シリーズで講義を行いますが各回だけの受講でも理解していただけるように講義を行ないます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/24 19:30
    脊椎圧迫骨折はリハビリテーションにおいてよくみる疾患です。 しかし、コルセットの完成によって離床するのみで終わっていませんか? 発症初期より後々の状況を考えながら介入できる方法は少なからずあります。 今回は圧迫骨折の病態を理解し、ベッド周りにおいて注意することや体動方法の指導、アプローチする際の注意についてのアイデアを紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on宮城県query_builder2017/11/12 10:00
    【講義内容予定】 ・座学 本当の触診とは? レイヤーパルペーション(階層触診)とは? ・実技 骨ランドマークの触診 (肩鎖関節、胸鎖関節、肩峰、上腕骨頭、腕頭関節、腕尺関節、手根骨、中手骨など) 骨の触診・リリース(例:肩鎖関節の制限リリース) 筋の触診・リリース(例:小胸筋の制限リリース) 筋膜の触診・リリース(例:前腕の筋膜リリース) 皮膚の触診・リリース(例:皮膚の制限リリース) ※座学と実技を中心に実施致します。
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/11/05 10:00
    近年、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。長期療養生活を送った対象者の過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった発見と、今後の医療に影響する事が示唆されました。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on山梨県query_builder2017/11/19 10:00
    【講師コメント】 膝関節は下肢の中間関節として機能し、荷重位での運動連鎖とメカニカルストレスなどの「力学的な知識と解 釈」は不可欠となります。 また機能障害として、膝関節の各組織の評価や運動療法などの「組織学的知識」も不可欠であり、「力学」と 「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。 今回のセミナーでは、膝関節における「力学」と「組織学」の評価・治療について、実技を多く取り入れなが ら説明します。 【持参物】はさみ、ハーフパンツ、バインダー、筆記用具
    上野原梶谷整形外科
  • location_on東京都query_builder2017/11/19 10:00
    原理編:クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ないます。自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on兵庫県query_builder2017/09/06 19:00
     近年、ADLの自立度は重視されており、PT,OTに関わらずFIMの点数向上を求められる状況です。しかし、どうでしょうか?ADLに対して直接介入はしているが、今一つ改善率が悪い、各部位の機能が上がらないなどありませんか?また、外来など、すぐに結果を求められる状況になっていますが、効率的なリハプログラムを立てられていますか?効率よく能力回復させるための徒手療法の勉強会の案内をさせて致します。 コースで行い  股➡膝➡足➡肩➡肘➡手   の順にナイトセミナーを行います.  今までにないセミナーです
    日本徒手医学リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/12/02 10:00
    機能解剖学のことで、このよう経験はありませんか? どれか一つでも当てはまる方は受講をお勧めします! ●教科書的なことを勉強しても、どのように臨床に生かしたらよいかわからない ●臨床に必要と思って機能解剖の本を読んでも、途中までしか進んでいない ●腰椎にある複数の靭帯の、動きの中で役割がわからない ●腰椎の形が複雑で、実際の評価や治療場面で骨をイメージできない ●国家試験前には勉強したが、忙しい臨床の中で機能解剖を意識できてない ●徒手的に治療しようとすると、骨の動きをうまく誘導できない
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/12/09 12:30
    ■実際のアプローチについての考え ・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース ・離開とその動き(モビライゼーション)について ■触診に必要な心得 ・相手を緊張させない触り方の実践 ■胸部・腹部・腰部のアプローチの実際 ・腹直筋リリース ・胸郭リリース ・腹横筋リリース ・腹斜筋リリース ・脊柱起立筋リリース ・腸腰筋リリース ・腰方形筋リリース ​ ■下肢のアプローチの実際 ・臀筋リリース ・大腿筋膜張筋リリース ・大腿四頭筋リリース ・ハムストリングスリリース
    「進」リハの集い
  • location_on兵庫県query_builder2017/12/02 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/11/04 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/11/03 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所