手技のセミナー19 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on福岡県query_builder2019/09/07 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/07/27 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/06/15 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/17 10:00
    ・知っておくべきADLの注意点 ・ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・ケアを阻害する因子 ・ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・身体機能、認知機能の評価と介入 ・日常生活を想定した関わり ・実技・演習 など
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/07/13 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/06/22 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/05/11 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on岩手県query_builder2019/04/28 10:30
    最近コンプレフロスという天然ゴム製のバンドを身体に巻き付けて圧迫し、その状態で自動運動や他動運動を行うことで、関節可動域の増加や、動作時の違和感を緩和する効果が期待できるコンディショニングツールとして、注目を集めております。そのコンプレフロスに関しての紹介と実技を交えてのセミナーを開催する事となりました。 詳細は達人に学ぶセラピストの会inいわてのFacebookページ(https://www.facebook.com/tatsujin.iwate/)をご参照下さい。
    達人に学ぶセラピストの会inいわて
  • location_on大阪府query_builder2019/04/25 19:30
     バランス障害は多くの原因により生じています。その一つの原因として足関節や足部があげられます。足部の可動性低下を有している症例や足関節のアライメントが崩れた症例を多く経験します。足部の問題は股関節や体幹の運動にも影響を与えることがあります。今回は簡単な機能的評価を紹介し、足関節のアライメント修正や足部の可動性改善に対するアプローチについて実技を交えて紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/04/23 19:30
    脳血管障害における連合反応って?どうやって抑えるの?なぜ起こるの? 脳血管疾患に対し、連合反応はなぜ起こるのか、どうやって抑制するのか実技を交えて行いたいと思います。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2019/05/05 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on栃木県query_builder2019/04/21 10:00
    頭蓋骨(特に縫合)を触ることによって身体がどう変化していくのか、その繋がりをご紹介いたします。 主訴の痛みが激しい場合、直接その部位を触ることができない場合、この頭蓋骨の調整法をお使いいただくことによって、部位に直接触らなくても痛みが軽減されます。 【講義内容】 ・解剖学的な基礎知識 ・CFT頭蓋筋膜療法とは? ・前頭骨、蝶形骨、頭頂骨、後頭骨、側頭骨、頬骨、上顎骨、下顎骨の縫合や交点の触診練習 ・頭蓋骨(特に縫合)を触り身体に変化を起こす(実技) ・質疑応答
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/06/23 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/05/26 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/06/21 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/04/23 18:40
    長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行い局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会