手技のセミナー18 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/03/17 09:00
    本研究会では、preliminaryは挑戦的な研究報告も多く議論されています。自由闊達な議論等交流の場となっておりますので、高気圧酸素・スポーツ医学にご興味のある先生、研究者、トレーナー、理学療法士等の皆様のご参加を、お待ちしております。 事前申込はございません。HPより参加申込書ダウンロード、ご記入の上ご持参下さい。
    東京医科歯科大学医学部附属病院
  • location_on大阪府query_builder2019/02/28 19:30
    痛みは多くの患者さんにみられる症状です。皆さんは痛みに対してどのように対応を行っています?今回は徒手的な対応と物理療法(マイクロカレント,超音波)を利用した対応について実技を中心に講義を行い実際に物理療法も体験をして頂きます。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/02/26 19:30
    歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。今回は立脚期での体重移動が必要な荷重応答期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/02/21 19:30
    膝関節疾患は理学療法士が担当することが多いと思います。 膝関節には筋、靭帯、支帯、脂肪体、関節包などが存在します。膝関節疾患を担当するにあたって、それらの理解が深いことは治療効果の向上に直結します。そこで今回はそれらの組織の機能解剖、触診、評価、アプローチを一つ一つ整理していきたいと思います。 今回、3月7日と2回にわたり行いますが、各回の受講でも理解できる内容で実施していきます。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/02/19 19:30
    歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。今回は立脚期でも最も重要と思われる踵接地について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2019/04/07 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on香川県query_builder2019/03/20 19:00
    筋力の発揮を規定する因子は、大きくは量的な構造的因子と質的な機能的因子に分けられます。臨床では質的な因子を神経-筋の因子とその他の因子に分けて評価・介入すべきと考えます。その他の因子の具体例として、姿勢、柔軟性、注意、関節包内の抵抗などが挙げられますが、臨床で活かすためにはひと工夫が必要です。 本セミナーでは教科書的なものではなく、より臨床に即した視点から『筋力』と『筋出力』の違いを整理し、『筋出力』を変化させ得る因子について、明日からの臨床で応用できるように実技を交えながら体感・共有していきます。 以前の日曜開催セミナーの内容はこちら↓ https://blog.ep-och.com/entry/2018/07/11/141924
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on福岡県query_builder2019/03/16 10:00
    <1日目>嚥下と呼吸の関係&ムセ介助 (1)摂食・嚥下に関わる器官の特徴と構造 (2)運動学・生理学的視点 (3)姿勢と嚥下の関係 (4)呼吸と嚥下&直ぐに使える技術と熟達が必要な技術 <2日目>摂食・嚥下障害をシンプルに整理し運動体験や実技 (1)ベッド、車いす上でのポジショニング (2)食事動作時の舌操作 (3)電動ベッド・車いす等の福祉用具使用のコツ (4)寝ているときの姿勢・呼吸アプローチ (5)介護・看護・リハ職の操作が上手く楽になる体づくり ※2日間参加で2,000円割引
    日本通所ケア研究会
  • location_on栃木県query_builder2019/04/21 10:00
    頭蓋骨(特に縫合)を触ることによって身体がどう変化していくのか、その繋がりをご紹介いたします。 主訴の痛みが激しい場合、直接その部位を触ることができない場合、この頭蓋骨の調整法をお使いいただくことによって、部位に直接触らなくても痛みが軽減されます。 【講義内容】 ・解剖学的な基礎知識 ・CFT頭蓋筋膜療法とは? ・前頭骨、蝶形骨、頭頂骨、後頭骨、側頭骨、頬骨、上顎骨、下顎骨の縫合や交点の触診練習 ・頭蓋骨(特に縫合)を触り身体に変化を起こす(実技) ・質疑応答
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/02/24 10:00
    医療従事者にとって苦手意識のある症状の中で常に名前が挙がるのが四十肩(肩関節周囲炎)治療があります。 患部だけでは限界があるが、遠隔的にどこをアプローチすれば良いのか。 検査から施術まで、最短ルートで最良の結果を出すためのアプローチ法をお伝えします。 【講義内容】 ・四十肩(肩関節周囲炎)のメカニズム ・肩関節、肩甲帯の機能解剖 ・肩周囲の筋触診 ・筋膜、リモートポイント調整法 ・関節調整 ・頭蓋神経血管反射ポイント ・養生法
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/03/21 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on広島県query_builder2019/03/21 09:30
    この1日セミナーでは、妊娠中および産後に生じる仙腸関節痛に対し、その原因なり得る骨盤マルアライメントの評価と治療法を講習します。 1.妊娠中では、快適な背臥位がとれるように胸郭の可動性とおよび腹腔筋群の滑走性を改善させて腹腔容積を拡大させます。 2.妊娠中および産後のどの時点においても、骨盤のマルアライメントを改善して仙腸関節へのストレスを減弱させるよう治療を行います。そのために、股関節周囲の組織の癒着を解消させます。その上で、上殿皮神経、中殿皮神経、長後仙腸靭帯などの疼痛に対する対症療法を実施し、疼痛を消失させます。 3.産後では、妊娠中の腹筋群の微細な損傷によって生じる筋間の癒着を解消させ、また側臥位での睡眠姿勢によって生じる中殿筋や小殿筋の癒着を解消させて正常な筋活動パターンを獲得させます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on東京都query_builder2019/03/22 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/02/24 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/04/05 10:00
    長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行い局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on徳島県query_builder2019/11/06 09:00
    ◇キネシオテーピング®理論と基本技術を実習する講座です。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所