ガンリハのセミナー3 件中 1 - 3 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/12/08 13:00
    1.はじめに 2.「心因性疼痛の定義」と疫学 3.「心因性疼痛」「ヒステリー」とみなされることによる患者の悲嘆 4.「心因性疼痛」と間違えやすい疼痛性疾患 ・膠原病・神経障害性疼痛・線維筋痛症 5.痛みの強さは心理的要因により修飾される。痛みの情動反応 6.慢性疼痛患者への接し方 7.慢性疼痛の薬物治療 ・α2δ治療薬(プレガバリン、ガバペンチン) ・抗うつ薬(デュロキセチン、ヴェンラファキシン、三環系抗うつ薬) ・オピオイド ・オピオイドのケミカルコーピングとpseudoaddiction
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/26 10:30
    内臓・頭蓋治療や経絡治療などは、アドバンスコースやマスターコースなどまで学ばないといけないため、時間と費用が掛かり学ぶことに躊躇する方も多いでしょう。 さらに、1つ1つの技術では対応できない患者様が来院された際には、筋膜や内臓、経絡治療など幅広いテクニックが必要になりますが、それらのテクニックを1度に学ぶことは他のセミナー団体さんではおこなっていません。 さらに、患者様とのラポールつくりに必要なスキルを学び、苦手な患者さんも本気で向き合えるようになるためのメンタルアプローチも指導しています。
    ALLアプローチ協会
  • location_on東京都query_builder2017/12/02 18:45
    近年、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。長期療養生活を送った対象者の過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった発見と、今後の医療に影響する事が示唆されました。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会