循環器のセミナー4 件中 1 - 4 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2017/04/23 10:00
    国内における死亡・要介護の原因の大部分は生活習慣病に起因することが明らかとなってきており、近年脳卒中やがん、認知症などを有する患者は世界で軒並み増加しています.生活習慣病の代表が糖尿病であり、現在成人の11人に1人が糖尿病を有していると言われています. おそらく、これまでに糖尿病患者様を担当した経験をお持ちの先生方も多く見えることと思います. ​ しかし、糖尿病により引き起こされる合併症や運動療法実施中のリスク管理、患者教育に関して十分に実践できている でしょうか.今回のセミナーでは、これまで曖
    「進」リハの集い
  • location_on大阪府query_builder2017/04/09 10:30
    運動負荷を適切に調整できるセラピストが求められています 超高齢社会を迎え、循環器疾患を重複した様々な患者を治療する場面が増えています。 そして重症心疾患があっても様々な理由で保存的治療となった患者がリハビリを受ける場面が増えているのが現状です。  その中であなたは循環器や呼吸器疾患のリスクを理解した上でリハビリを実施できていますか?  急性期、回復期、維持期、在宅、いずれのステージにおいても数々の合併症をお持ちの患者様が増えているため、循環器の知識は欠かせません。 本セミナーは近年循環器疾患患者のリハビリテーションに対するエビデンスを元に、循環器の基礎知識を学び、これらを元に病態の理解と治療や運動負荷の進め方についてご講義頂きます。 ※特に新人の方におすすめの内容になっています。 プログラム 1)循環器疾患の病態を理解する ・虚血性心疾患ってどんな病態なの? 弁膜症ってどんな病態なの? 不整脈があってもリハビリしても大丈夫? あらゆる心疾患の終末像、心不全を理解することが循環器理解の第一歩! 2)循環器疾患を評価する (ア)代表的な検査結果の意味を解釈できるようになろう 心電図 心エコー 胸部レントゲン 血液生化学検査 その他 (イ)その日その場の状態を把握する『フィジカルアセスメント』 視診 聴診 その他 3)循環器疾患の理学療法 (ア)虚血性心疾患の運動療法戦略を理解する なぜ運動した方が良いのか? 中長期的な視点で運動療法を考える (イ)心不全患者の運動療法はこんなに重要! 絶大な効果を誇る運動療法ができるようになる 適切な負荷量をどう考えていくか 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・聴診器 ・血圧計(もしあればご持参ください)
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/04/02 10:30
    『筋』を知るために『内臓』を知る 臨床において、純粋に中枢神経障害や整形疾患のみではなく、 糖尿病などの生活習慣病、浮腫みや呼吸のパターンなどの影響により 全身の不調や関節の動きの悪さを呈している疾患をよく目にします。 そこで、今回は内臓の場所を把握し触診と治療をすることにより全身の動きやすさ、 代謝の変化などを実感してもらい、なぜ内臓機能が骨格筋に影響を与えるかを知っていただき 明日からの臨床に使えるようにしてもらいたいと考えています。   【プログラム】 ・内臓と骨格筋のつながりの解剖学 ・内臓の触診 ・簡単な内臓ストレッチ   【持ち物】 ・動きやすい服装 ・昼食 ・筆記用具 ・温度調整しやすい服装 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) ・バスタオル(枕代わりとして使用します)   <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on東京都query_builder2017/04/04 18:45
    近年、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。微小重力相対性理論の仮説を実証した結果で、低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うことで成功しました。この環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。2015年5月に理学療法の全国学会、6月には、作業療法の世界学会にも、2演題の演題採択がされています
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会