上肢のセミナー60 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/02/01 19:30
    肩関節可動域制限に対して、制限因子の特定や運動時痛の原因などに悩んだことがあるセラピストは多いと思います。自分もそうでした。 それを解決する鍵は、基本的な病態を把握することと検査結果を整理するという、いたってシンプルなものでした。 前回は操作時の注意点、筋に対するアプローチの練習をしました。今回は、それらを生かすための制限因子の特定ができるように、評価を整理することを中心に行います。もちろん、実際にアプローチまで行いたいと考えています。より効率の良い運動療法を展開できるように勉強しましょう。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/25 19:30
     リーチ動作の練習はリハビリテーションのプログラムとして多く利用することができます。 しかし、リーチ動作を通して何を獲得するかを明確にしておかないと十分な効果を得ることができません。今回は目的を明確にしながらリーチ動作の練習を行い自分の身体を通して効果を検証したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/23 19:30
    基礎の概念を踏まえ運動連鎖について理解を深めていただく講習となります 今回は上肢機能に対しての運動療法の工夫について教授する予定です。 その際、運動連鎖を踏まえたものを交えて実技を中心に行う予定です。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on京都府query_builder2018/01/21 09:00
    投球障害の90%以上は保存療法で完治するといわれております。しかし,障害選手は全身に様々な症状を呈し,真の問題点を抽出することが困難な場合があります.またリハビリ室では疼痛が消失しても,投げ始めると疼痛が再発することも経験します.長期の戦線離脱は選手生命に大きく影響を及ぼすため,一日でも早い競技復帰が必要です.本セミナーでは、基本的な投球障害の病態,身体特性,スポーツバイオメカニクスをふりかえり,競技復帰までの3つの時期(疼痛期,投球準備期,投球復帰期)における評価、実践アプローチを紹介します。
    京都運動器障害予防研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/02/18 10:00
    【開催のねらい】 正しい運動学習と評価方法を身に付ける! 「リハビリ場面では楽に動けるのに、自宅ではうまく動けない…」という問題は、対象者が正しく運動を学習できていないことが原因です。一人ひとりにあった体の使い方を指導できれば、自宅で一人で楽に動けるようになり、QOLが向上します! 【セミナー内容】 <午前にやること> (1)ADL動作改善のための神経科学にもとづく運動学習のポイント (2)「反復練習をしてもなかなか改善しない」という問題を解決 (3)学ぶべき運動の正しい理解 (4)難易度設定と注意の方向性に着目した運動学習理論 (5)運動学習ができない原因の評価方法 <午後にやること> (6)参加者同士が実技を通して学ぶ具体的評価方法 (7)効果的な運動学習を進めるためのオーダーメイドの指導方法 (8)ご利用者の状態に応じたADL動作改善へ向けた指導方法(実技) (9)「どのように声を掛けるのか?」「どのような姿勢を選択するのか?」 (10)実際のリハビリ場面の動画による臨床思考トレーニング ※現場で困っている事例をお持ちいただければ、講師が個別にアドバイスいたします!
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/02/11 10:00
    【開催のねらい】 正しい運動学習と評価方法を身に付ける! 「リハビリ場面では楽に動けるのに、自宅ではうまく動けない…」という問題は、対象者が正しく運動を学習できていないことが原因です。一人ひとりにあった体の使い方を指導できれば、自宅で一人で楽に動けるようになり、QOLが向上します! 【セミナー内容】 <午前にやること> (1)ADL動作改善のための神経科学にもとづく運動学習のポイント (2)「反復練習をしてもなかなか改善しない」という問題を解決 (3)学ぶべき運動の正しい理解 (4)難易度設定と注意の方向性に着目した運動学習理論 (5)運動学習ができない原因の評価方法 <午後にやること> (6)参加者同士が実技を通して学ぶ具体的評価方法 (7)効果的な運動学習を進めるためのオーダーメイドの指導方法 (8)ご利用者の状態に応じたADL動作改善へ向けた指導方法(実技) (9)「どのように声を掛けるのか?」「どのような姿勢を選択するのか?」 (10)実際のリハビリ場面の動画による臨床思考トレーニング ※現場で困っている事例をお持ちいただければ、講師が個別にアドバイスいたします!
    日本通所ケア研究会
  • location_on岩手県query_builder2018/02/03 14:00
    さて、当会は、現在注目されているセラピスト等を岩手に招いての研修会を開催し、その達人技や考え方等に触れ、新たな気づきや自身の方向性などを確認し、セラピストとしての更なるバージョンアップを図る目的で運営しております。 そこで今回は、『もっと東洋医学を知ってほしい!』という思いで、今回久しぶりに東洋医学&リハビリテーション協会(以下、TORAs)代表 千葉 道哉氏(理学療法士・鍼灸師)を講師に招いて、セミナーを開催致します! テーマは『痛み~東洋医学的にどうとらえるか?』として開催いたします。冬場は寒くてどうしても痛みが出て来るとか?また腰痛を訴える方も多いと考えた事はありませんか?何故寒さと痛みが関係あるのか?この様な事も東洋医学を学ぶと見えて来るかも知れません。 そこで臨床で診る機会が多い腰痛等の評価&治療が中心のセミナーですので、痛みに対する治療で悩んでいる方や東洋医学に興味のある方、東洋医学を学んでいるけれど実際どの様に活用すれば良いのか悩んでいる方・・・etc。是非この機会をお見逃しなく。 ※内容や申込方法等の詳細は達人に学ぶセラピストの会inいわてのFacebook  ページ(https://www.facebook.com/tatsujin.iwate/)をご覧下さい。
    達人に学ぶセラピストの会inいわて
  • location_on群馬県query_builder2018/01/21 09:30
    上肢セミナーでは、骨格系テクニックと筋膜系テクニックの2つを軸に、テクニックをお伝えしています。 [講義内容] 骨格系テクニック: ■肩甲上腕関節の骨格調整テクニック ■肘関節(橈骨頭のアライメント、腕尺関節)の調整テクニック ■手根管(手根部)、手根中手関節と中手骨間(アーチ)の調整テクニック ■舟状骨、月状骨の調整テクニック ■指節の調整テクニック 筋膜系テクニック: ■肩甲上腕関節の軟部組織調整テクニック ■斜角筋の調整テクニック ■小胸筋の調整テクニック ■肩甲挙筋の調整テクニック ■肩甲骨周囲軟部組織の調整 ■上腕筋と上腕三頭筋間のリリース [受講者さんからのテクニックレビュー] N先生 理学療法士6年目 女性 橈骨の調整をすると、これまでどんなことをしても落ちなかった患者さんの緊張が変わりました。 N先生 作業療法士3年目 男性 肘が完全伸展しない方でも、橈骨の調整をすると緊張が落ちるので、毎回使ってます。 T先生 作業療法士9年目 手根中手関節と中手骨関節の調整によって、母指と各指の対立がスムーズになり、その明らかな変化に患者さん自身がびっくりしました。「これはすごい!!」と喜んでおられました。 O先生 理学療法士6年目 肘のテクニックを行って、身体が前屈しやすくなり動きやすくなったと言ってもらった。 大成恵美先生 理学療法士1年目 頸部の緊張の高い患者さんに橈骨のテクニックを使ったら緊張が落ちて、患者さんのリハビリ意欲が高まった。その日のうちに結果が出せるようになりました。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on兵庫県query_builder2018/01/31 18:30
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節は人間の身体の中で、最も自由度の高い関節です。 多様な運動を可能にする可動性を獲得するために、安定性を犠牲にしてしまったという事実も存在します。 運動器疾患では肩関節周囲炎やインピンジメント症候群、脳血管疾患後の肩関節不安定症や有痛性の肩関節拘縮など様々な病態を呈します。 あなたは、そんな肩関節の疼痛治療について悩んでいることはありませんか? このセミナーでは難しい理論や手技ではなく、基本に忠実で誰にでも出来る治療方法をしっかりと身に着けて頂くセミナ―となっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/30 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ひたすら実技演習にて、<明日からすぐに実践できる技術>を学びます。 上部体幹や肩甲帯周囲の筋緊張異常によるアライメントの崩れや、支持性が低下してしまっている症例に対する介入に難渋することも多いのではないでしょうか? このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/02/11 10:00
    本講座を通じて、下記の内容が得られます。 ・肩疾患の介入ポイントを知ることができます。 ・教科書だけでの学習よりも、より具体的に臨床で活用できるようになります。 ・すぐに効果が出せる技術を、習得できます。 ・触診が苦手でも、しっかり触れるようになります。 ・患者さんと関わることが楽しくなります。 肩関節の拘縮改善に難渋した経験はありませんか? 肩関節は 1)肩甲上腕関節(第1肩関節) 2)第2肩関節 3)肩鎖関節 4)胸鎖関節 5)肩甲胸郭関節で主に構成されている複合体の構造をしています。 さらに、椎間関節、胸肋関節、肋椎関節も 肩関節の機能的な運動に影響します。 加えて肩関節は股関節のような 骨構造的な安定性を持たず、 筋などの軟部組織によって その安定性を作り出しているため 大きな可動域を持ち ADLにおける様々な動きを可能にしています、 複数の筋が協調して働き自由な運動が行える反面、 筋緊張や短縮などの筋トラブルによって 関節可動域制限が生じやすい関節です。 臨床では 「肩関節周囲炎」「五十肩」「凍結肩」と呼ばれる 痛みと可動域制限を伴った病態を持つ患者さんを 担当することは比較的多いと思います。 「痛みと可動域制限」に対して、リハビリオーダーが出た時に やみくもにROM exを行ったり、 インナーマッスルのトレーニングを行ったりしていませんか? 症状の改善にはその原因の解決が求められます。 間違ったアプローチを繰り返していても、症状の変化は生まれません。 「病態を産んでいる原因」に正しくアプローチする必要があります。 ここで、多くの療法士を悩ませるのが冒頭の「複合体」という構造なのです。 複数の関節、複数の筋による協調的な作用で自由な運動を得ることができていました。 その運動に制限が起きるということは、複数の制限因子が組み合わさっていると考えることができます。 肩関節は【1つの機能低下】が起こっても「他の関節機能」がカバーしあうので すぐに症状としては現れません。 このセミナーでは、肩疾患の患者様との信頼関係を作り上げながら、 難渋しやすい肩疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/02/18 10:00
    全国で今年度最後のADL評価法FIM講習会となります。 FIMver.3.0の評価基準を詳しく解説する初心者対象の講習会です。オリジナル動画や具体的な症例を通した採点法についての講義を追加しています。施設内での評価の統一や知識の確認のためにご参加ください。
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on大阪府query_builder2018/02/17 10:00
    道免教授の四半世紀以上にわたる脳卒中リハビリテーションの実践経験から、診察法、評価法、予後予測、診療報酬制度、心の問題、臨床研究、脳科学とニューロリハビリテーションに至るまで、臨床に役立つ真実を伝授する講演会です。
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on徳島県query_builder2018/03/03 14:00
    ①平成30年3月3日(土)14:00~19:00基礎講座 ②平成30年3月4日(日)9:00~15:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/02/17 14:00
    ①平成30年2月17日(土)14:00~19:00基礎講座 ②平成30年2月18日(日)9:30~16:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/09/14 13:00
    平成30年9月14日(金)13:00~基礎講座&応用講座 平成30年9月15日(土)13:00~部位別①&② 平成30年9月16日(日)13:00~部位別③&④ 平成30年9月17日(月・祝)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、     http://www.kokusaikt.jimdo.com  にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所