近畿地方のセミナー13 件中 1 - 13 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/02/28 19:30
    痛みは多くの患者さんにみられる症状です。皆さんは痛みに対してどのように対応を行っています?今回は徒手的な対応と物理療法(マイクロカレント,超音波)を利用した対応について実技を中心に講義を行い実際に物理療法も体験をして頂きます。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/02/26 19:30
    歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。今回は立脚期での体重移動が必要な荷重応答期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/03/23 10:00
    本セミナーでは「レクの目的」「視点」などをケアに取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが「レク=ゲーム」にならない、意味ある【人生再創造】活動の一助となる提供方法について学びます。 【参加のポイント】 (1)レクを目標達成型プログラムのツールにする (2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える! (3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない! (4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する (5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/03 10:00
    第1講座 10:00~11:30 「ケアを拒否?こんな時どうする?認知症の人の理解と適切な関わり方」 第2講座 11:40~13:00 「認知症ケアの現場で介護拒否・バーンアウトを起こすスタッフへ」 第3講座 14:00~15:20 「事業所と地域で支える認知症の方への支援」 第4講座 15:30~16:30 「認知症の方のその人らしさを最期まで実現する環境づくり」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※全4講座受講で割引(3000円/講座)
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/02 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/08 10:30
    1.医療機器の開発のために必要なこと 開発する上での法的規制 医薬品医療機器等法の目的 法令が関係する範囲 医療機器の開発とQMS 2.医療機器の製品化のために必要なこと クラス分類 薬事申請区分(後発、改良、新医療機器) 非臨床試験 治験の要否の考え方 3.薬事申請書類の作成のために 薬事申請等の流れ・考え方 製造販売届出か、申請か リスク分析とは 4.製造販売承認/認証申請書等の作成とその対応 5.信頼性調査(適合性書面調査)への対応 6.QMS適合性調査とその狙い 7.対応 8.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/02/26 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) ※オンラインライブ中継による大阪・東京同時開催  ライブ会場:SSK セミナールーム  東京都港区西新橋2-6-2ザイマックス西新橋ビル4F ※本セミナーの録音、転送、撮影等はお断りしております。 また、法律事務所ご所属の方は、お申込みご遠慮願います。 Ⅰ.ハードクレーマー(モンスターペイシェント等)対策(基礎編) Ⅱ.事例に学ぶ患者クレーム対応術(実践編) Q&A:【このようなケースはどうしたらいい?】
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2019/03/07 10:30
     1.SOP/指図書作成の前に考えて頂きたいこと   1.1 テーマ名の「分かりやすい」の意図は…   1.2 品質保証の原点は「教育訓練」SOP/指図書をみれば企業のレベルがわかる   1.3 今、日本で何が起きている?   1.4 今、現場で足りないのは何か理解している?   1.5 今、査察官が確認するのは   1.6 ルール厳守だけの教育では   1.7 改正GMP省令のポイント   1.8 誰がリスク抽出と改善提案をする?   1.9 職員全員にリスクマネジメントスキルが必要   1.10 現場に転がっている「普段と違う」への対処法を構築   1.11 CAPAの実践には認識能力がいる  2.SOPはOJT教育のツール   2.1 教え方の4ステップ   2.2 どんなSOPが必要?   2.3 GMP省令の求める手順書とSOPの関係   2.4 SOPの第一版は70点の出来と考える  3.SOP・指図書の不備はトラブルの元   3.1 SOP、指図書はあったけれど…   3.2 不適切な指図では必要な記録は得られない   3.3 ダメなSOP例   3.4 保管関連、秤量作業、液調製作業、手洗浄作業、目視検査、自動検査機SOPの留意点   3.5 検体採取など試験検査関連SOPの留意点   3.6 忘れやすい外部業者用SOP  4.SOP作成時の留意点   4.1 指図書はSOPを簡略化したもの、簡略化によるリスク   4.2 SOPへの記載項目と留意点   4.3 SOPの作成手順   4.4 目標は「LINE」の文書  5.製造指図記録書原本の作成   5.1 逸脱検知に有効な記録が残る指図書   5.2 指図書作成の基本   5.3 指図記録書の一般的な様式   5.4 重要工程は詳述  6.記録の作成   6.1 記録書に期待すること   6.2 証拠書類となる「記録」の要件   6.3 ALCOA+plusの原則   6.4 証拠書類があるから…   6.5 製品品質照査ができる記録   6.6 記録書の留意点   6.7 使用日誌(ログブック)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/05 10:45
    【第1部】 難治性掻痒症治療薬の研究開発  1.はじめに  2.痒みの基礎   2-1 かゆみとは?   2-2 かゆみの神経生理学   2-3 かゆみのメディエータ   2-4 かゆみ治療の現状(国内及び海外)  3.新しい痒み治療の可能性   3-1 痒み治療のための新規アプローチ   3-2 痒み治療薬の開発動向  4.痒み治療薬の開発に際して   4-1 痒みの動物評価モデル   4-2 痒みモデルを用いた薬物評価事例 【第2部】 かゆみの基礎、治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像     ~皮膚科医の医療ニーズとは?~  1.痒みを伴う皮膚疾患とその病態   A.蕁麻疹    ・蕁麻疹の病態    ・蕁麻疹のガイドライン    ・蕁麻疹治療のトピックス   B.アトピー性皮膚炎    ・アトピー性皮膚炎の病態    ・アトピー性皮膚炎のガイドライン    ・アトピー性皮膚炎治療のトピックス   C.湿疹・皮膚炎群    ・湿疹・皮膚炎群の病態    ・湿疹・皮膚炎群の治療   D.皮膚そう痒症    ・皮膚そう痒症の病態    ・皮膚そう痒症の治療  2.薬剤の選択における皮膚科医師の考え方    ・抗ヒスタミン薬と抗アレルギー剤    ・薬理作用の違い    ・インバースアゴニズム    ・副作用    ・インペアードパフォーマンス  3.皮膚科医師が求める薬剤とは    ・薬理作用    ・効果    ・使用方法    ・副作用    ・外国との違い    ・外用薬への期待    ・保険審査での問題点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/06 10:30
     1.医薬品に係る法令と品質管理   1.1 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び      安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)等   1.2 GMP省令、GQP省令、GVP省令とは   1.3 承認申請規格とは   1.4 省令および通知に基づく品質管理    ・参考品の保管    ・安定性モニタリング    ・原料等の供給者管理  2.試験検査室の管理に関する留意点   2.1 試験検査員の力量   2.2 試験検査室の環境   2.3 製造販売承認規格の把握   2.4 試験検査方法の適格性評価(ベリフィケーション)   2.5 設備・装置・器具等の校正   2.6 試薬・試液・自家調製溶液の使用期限等   2.7 一次標準物質・二次標準物質の取扱い   2.8 試験検査の準備   2.9 検体の採取   2.10 検体の識別管理   2.11 試験検査の実施と報告   2.12 検査結果のとりまとめと規格外対応等   2.13 試験検査結果の合否判定と試験成績書の発行  3.PIC/SのQCラボ査察リストに学ぶ試験検査室の管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/05 10:00
     1.なぜ化学プラントで事故が起こるのか   -物質危険性、人、設備、外乱で事故は起こる   -事故が起こる主原因を12のキーワードで紹介します  2.HAZOPの基礎知識   2‐1 HAZOPの歴史   2‐2 HAZOPの目的   2‐3 HAZOP基本的考え方   2‐4 HAZOP全体の流れ  3.HAZOPの実践知識   3‐1 HAZOPの実施体制と事前準備   3‐2 HAZOPのメンバーとリーダーの役割   3‐3 HAZOPの留意点  4.HAZOPで知っておいて欲しい事故や
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/04 10:30
     1.GMPの目的とヒューマンエラーの防止   1.1 GMPの3原則   1.2 ヒアリハットとハインリッヒの法則   1.3 変更管理とは   1.4 具体的なトラブル事例と対策      製造指図書・記録書の不備、不良品の取扱いの間違い、      機器の取扱いの誤り、包装工程捺印不備等、連続運転による加熱事故  2.教育訓練について   2.1 教育訓練   2.2 教育訓練の実効性の評価   2.3 教育訓練プログラム   2.4 ヒューマンエラーをなくすための効果的な教育訓練について  3.ヒューマンエラー防止のための文書管理   3.1 GMP文書・記録の必要性   3.2 国内法規制が求める文書管理   3.3 海外法規制の要請する手順書・記録書   3.4 文書監査におけるヒューマンエラー   3.5 コンピューター化システムにおける文書管理と逸脱防止   3.6 データインテグリティの不備と文書管理   3.7 手順書・製造記録の不備と3極当局指摘事例  4.逸脱事例と未然防止策   4.1 逸脱とは   4.2 逸脱のリスクマネジメントの重要ポイント  5.記録の重要性とヒューマンエラーの防止(現場事例)   5.1 記録の重要性について   5.2 SOPの必要性と記載事例   5.3 生産現場におけるヒューマンエラーと防止策     (人間の介在とミスの発生)  6.原薬・製剤・包装工程における逸脱管理と品質確保   6.1 目的と対応   6.2 ヒューマンエラー発生の原因と対応(ソフト、ハード両面から)    ・更衣室で着衣の状態確認    ・原料のサンプリングミス    ・クリーンルームの排水口の不備    ・蛍光灯のカバー    ・木製の作業台    ・品質管理(天秤、洗浄瓶のラベル管理)    ・封緘用テープの剥がれ事故と原因    ・個装箱「捺印なし」混入事故による回収    ・点滴静注用製剤外袋内毛髪混入    ・バイアル瓶の中にガラス片が混入    ・封緘証紙浮き上がり(その他の逸脱事例)    ・仕込み間違い、バルブ操作ミス、温度管理逸脱    ・毛髪・異物等・金属異物・ガラス片等混入    ・設備異常、作業エラー    ・異品種混合:他社品錠剤、A錠中のB錠剤回収    ・洗浄不良(ヒューマンエラー、SOP不良)   
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/07/20 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所