近畿地方のセミナー49 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/07/28 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on兵庫県query_builder2018/06/17 13:00
    筋膜リリースをマスターし、どの疾患の痛みでもすぐに改善出来るセラピストを育成するコース ★筋膜リリースセミナーでは、明かされない技術!各疾患に対して完璧に評価  して、痛みをとる技術を学べます! 受講料:36000円(全4回分) *月1回、第3日曜日に開催予定です。 (5月以降は、6月17日、7月15日、8月19日開催予定) 内容:(内容は予告なく変更する事がございます。) 詳しくは、ホームページにて
    Therapist new generation
  • location_on兵庫県query_builder2018/06/17 09:30
    臨床5年目までの勉強熱心な若手セラピストのあなたへ 治療テクニックで月収70万を達成した筋膜リリースの極意! 根本から改善する新時代の治療で痛みの原因を瞬時に評価し取り除きます。 あなたも様々な疾患に対応する治療を学びませんか? このセミナーを受講して頂くあなたに先着順で残り2名様限定で『完璧に肩こりを治すための秘密』の資料を無料プレゼントします! 通常8000円相当の資料を無料で差し上げますのでお早めにご参加ください。
    Therapist new generation
  • location_on兵庫県query_builder2018/05/26 18:30
    臨床5年目までの勉強熱心な若手セラピストのあなたへ 治療テクニックで月収70万を達成した筋膜リリースの極意! 根本から改善する新時代の治療で痛みの原因を瞬時に評価し取り除きます。 あなたも様々な疾患に対応する治療を学びませんか?
    Therapist new generation
  • location_on京都府query_builder2018/07/22 09:30
    関節疾患が思うように治らないとき、関節拘縮やその原因である組織間の滑走不全が障壁となっていることが少なくありません。組織間リリース®またはISR®(=Inter-Structural Release)とは、長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術です。 ISR®は、主に以下のような目的で使用されます。 1.慢性痛への効果 2.マルアライメントの修正 3.正常な筋機能の獲得 ISR®の技術は、繊細な指先の触診技術とともに進歩してきました。具体的には、指先を組織の間に滑り込ませて、末節骨遠位端を使って1㎜の精度で疎性結合組織をリリースします。その結果、あらゆる軟部組織(=皮下組織、筋、腱、神経、骨膜など)を対象として、組織間の癒着をリリース(解放)し、滑走性を改善するものです。組織をつぶすことなく、溶かすように組織間の滑走性を改善させます。幼児期のときのように、すべての組織がスムーズに滑るようになることで、組織の緊張が軽減され、癒着による痛みが軽減されます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on大阪府query_builder2018/05/31 19:30
    近年TKA術後リハビリの加速化が提言されてきている。今回はTKAにおいて術後から退院までを3つの時期に分けて各要素を整理することを目的に実施したいと思います。 今回の1週から2週目では、膝関節機能改善を基盤とした立位・歩行における下肢運動連鎖が必要な時期となります。今回は膝関節の評価から内側広筋、ハムストリングス(半腱・半膜様筋)に着目した治療展開を実技を通して考えていきたいと思います。当セミナーは10年以上の臨床経験があり、学会発表も多数行っている理学療法士が担当致します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/05/30 19:30
    急性期治療が終了し、積極的なリハビリ介入の時期の適切な作業療法での評価、治療方法を教授したいと思います。 作業療法においてROM練習やADLの反復練習だけの練習になっていませんか? 回復期の時期では、自己身体に対しての気づきが増え、頑張ろうとする時期でもあるため、現象をしっかりと評価して治療に結びつけることが必要です。 明日から考える作業療法が出来るような内容にしたいと思います。 当セミナーは10年以上の臨床経験がある作業療法士が担当致します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/05/29 19:30
    解剖の復習から膝関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。さらに膝関節周囲筋の働きを強化するような運動療法の展開方法や考え方について実技を実施しようと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/05/25 19:30
    金曜の晩に徒手療法技術の向上を図りませんか? 本セミナーでは患者さんに嫌われない触り方を知り、会話だけではなく、触れることで距離感を知っていただければと思います。今回は脊柱にフォーカスし、それに応じたアプローチ(各種徒手療法)を選択実施していくことを教授したいと思います。 今回のセミナーは臨床にて15年以上経験し、また様々な徒手療法について学んできておられる先生の講義となります。技術向上を希望しておられる先生方にはぜひ受講していただきたいセミナーとなっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/05/24 19:30
    下部体幹は骨盤、胸郭の間に挟まれた不安定な部分です。それゆえ、アライメントの異常や過剰固定による障害が生じやすい身体部分です。皆さんも下部体幹のアライメント不良や過剰固定を呈した患者さんを多く経験するのではないでしょうか?今回は下部体幹の可動性、安定性に対する運動療法について講義と実技を行いたいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/06/08 10:30
    【趣旨】  日常で経験する“ぬめり”の本質は、実は細菌と材料との相互作用にある。  本講演では、細菌の材料への付着という、小さな一歩が、日常生活だけでなく、大きな産業上の問題へとつながっていくかを、基礎から応用、評価と開発に触れながら、長い時間軸とともにその顔を変えていく“ぬめり”をわかりやすく解説する。 【プログラム】 1ぬめりという現象 2細菌とぬめり、バイオフィルム 3ぬめりをどのように実験室的に再現するか?どのように検出、評価するか? 4 ぬめりの評価法 5ぬめり対策のエンジニアリング
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/06/04 12:30
    【趣旨】  においの評価に必要な基礎知識をはじめ、嗅覚測定法(官能試験法)、機器分析法(ガスセンサ、GC/MSなど)まで、体系的に解説します。 製品や空間に放散する臭気、低濃度の試料を濃縮して分析する方法、国内外の最新情報を紹介します。  においの評価経験の無い方にも、必要な基礎知識を習得して頂ける内容です。嗅覚テスト試薬を嗅いで頂く体験や、評価に使用する器材の紹介も実施します。 ☆前回も好評のセミナー! これからにおいに関わる業務を立ち上げられる方にも最適のセミナーです!
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/07/28 13:00
    Ⅰ. 特定行為研修制度を活用した創傷管理とエビデンスに基づく褥瘡予防 【13:00~14:10】 2025年に向けて、病院から地域へと医療体制の変化、そして、超高齢者の増加により、複数の慢性疾患を併せ持つ複雑化した疾病構造の変化が謙虚化していきます。医療を必要とする方が地域の在宅、老人施設などさまざまな場所にあふれ、複数の疾患を持った患者の多くが褥瘡や慢性創傷管理を必要とするでしょう。国はこうした医療ニーズに応えるために「特定行為に係る看護師の研修制度」を推進しています。今、この研修を活かした看護師による高度創傷管理に期待が高まっています。その正しい知識を知り、今後の看護師としてのキャリアアップにつなげましょう。また、これからはますます予防が重要でコストパフォーマンスを考えながら、かつ効率よいケアが必要とされます。エビデンスに基づくドレッシング材による褥瘡予防についても紹介します。 1.これから拡がる特定行為研修制度を活用した高度創傷管理 2.エビデンスに基づく新たな褥瘡予防(ドレッシング材の活用)の考え方 Ⅱ. 治らないキズの治し方 【14:30~15:40】 キズが癒されることを「創傷治癒」と云います。ヒトは動物で最も高等な生物ですが、創傷治癒の観点では最も下等な生物です。多くの動物は「きずあと」なく治り、ヒトでは瘢痕が残ります。それは、遺伝的素因に依るところが大きく、手術の上手下手で決まらない傾向にあります。形成外科医は、できる限り「キズをきれいに治す」科ですが、一方、「治りにくいキズを治す」ようにお手伝いする診療科でもあります。様々な「治らないキズ」を見ながら、その「創傷治癒」をご紹介します。 Ⅲ. 創傷管理の実際 -症例検討- 【15:50~17:00】 超高齢化やそれに伴う慢性疾患等の増加により、医療や介護の現場では、スキン‐テア(皮膚裂傷)や、褥瘡や下腿潰瘍など慢性創傷を抱えた患者に遭遇する機会が増えています。そのため、看護師には、身体的・精神的・社会的観点から創傷を適切にアセスメントする知識と、治療を継続するためのスキンケア技術が必要不可欠と考えます。本講では、症例を通して、それらの知識と技術を解説していきます。 1.褥瘡の症例 2.スキン‐テアの症例 3.下腿潰瘍の症例
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/07/05 10:00
     1.食品の異物混入事故とは   ・異物混入事故をどう捉えどう行動して来たか(現状)   ・全国での食品回収事故についての傾向と内容分析   ・個々のクレーム発生状況について、その傾向と是正処置について  2.【毛髪】事故の原因と対策   ・体毛毛髪混入事故の特異性と傾向   ・個々の発生状況調査と根本的な原因解析について   ・混入防止対策について出来る事(建物設備面・運用面)  3.【金属】異物事故の原因と対策   ・重篤性についての認識(硬質異物クレーム根絶の為に)   ・原因解析(どんな
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/07/04 10:00
     1.洗浄バリデーションに関する法規制   1.1 海外の洗浄バリデーションに関わる法規制   1.2 PIC/S GMP Annex 15の改定に対応した洗浄バリデーション   1.3 cGMPにおける洗浄バリデーション   1.4 ICH Q7(原薬GMPガイドライン)における洗浄バリデーション   1.5 改正GMP省令案(2018年2月)における洗浄バリデーション実施範囲  2.洗浄バリデーションのリスク管理と実施のポイント   2.1 洗浄工程のリスク管理と交叉汚染のリスクアセスメント   2.2 残留許容値の設定方法   2.3 手洗浄のバリデーション   2.4 洗浄バリデーションで基準外だった場合の対応   2.5 情報量の少ない治験薬、ケミカルハザード物質の洗浄バリデーション   2.6 閾値設定が出来ない場合の留意点   2.7 改正GMP省令案(2018年2月)示された「設備共用の禁止(案)」への考察  3.PIC/Sの求めるダーティーホールドタイム(DHT)・       クリーンホールドタイム(CHT)の設定と評価方法  4.洗浄バリデーションにおけるサンプリングの留意点   4.1 スワブ法、リンス法と他の方法(PHなど)の併用   4.2 サンプリング法の妥当性とバリデーション   4.3 分析法バリデーション及び回収率の評価方法  5.3極GMP 洗浄バリデーション査察指摘事例と対策について   5.1 PMDA、cGMP、PIC/S(EU)GMP、ICH Q7の指摘事例と対策  6.洗浄バリデーション業務の進め方   6.1 目的と用語の定義   6.2 実施内容   6.3 手順書、計画書・報告書の内容、 管理、保管  7.高度な封じ込め設備を必要とする、高生理活性医薬品/           ケミカルハザード物質の洗浄バリデーション   7.1 マルチパーパス製造設備で製造する高生理活性医薬品/ケミカルハザード物質   7.2 高生理活性医薬品/               ケミカルハザード物質の取扱い基準   7.3 有害性評価の判定基準と暴露レベル及び製造設備封じ込めの要件   7.4 固形製剤設備の洗浄バリデーション   7.5 マルチパーパス製造設備における高生理活性化合物製造時の洗浄バリデーション
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/07/03 10:00
     1.最新GMPが要請しているのは   1.1 品質システムとは   1.2 CAPAとは   1.3 上級経営者、品質経営陣、GMP責任者、作業者の業務  2.調査申請から調査開始まで   2.1 6サブシステムで検証   2.2 査察の仕方   2.3 査察のスケジュール例   2.4 対応者の心得   2.5 プラントツアーの手順  3.管理監督システムの調査対象   3.1 品質マニュアルの確認   3.2 品質システムに関する指摘事例  4.構造設備システムの調査対象   4.1 汚染、交叉汚染への配慮   4.2 ヒューマンエラーへの配慮   4.3 指摘事例  5.保管等システムの調査対象   5.1 倉庫のチェックポイント   5.2 マッピングデータの確認   5.3 防虫対策の確認   5.4 指摘事例  6.製造システムの調査対象   6.1 更衣室のチェックポイント   6.2 混同防止への配慮   6.3 始業点検をしているか   6.4 指摘事例  7.包装・表示システムの調査対象   7.1 包装表示システムでは混同防止がキー   7.2 静電気対策が施されているか   7.3 指摘事例  8.試験室管理システムの調査対象   8.1 試験検査室のチェックポイント   8.2 サンプリングのリスクチェック   8.3 試薬、参考品等の保管管理のチェック   8.4 指摘事例  9.GMP文書・記録の査察   9.1 要求された文書類は迅速に提示   9.2 記録書の留意点   9.3 指摘事例
    株式会社R&D支援センター