近畿地方のセミナー23 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/10/07 12:30
    1.GMP教育訓練概論 GMP教育訓練に関する規制・ガイドラインの整理 教育訓練システムを適切に運用するために ・教育訓練のPDCA ・教育訓練の効果測定・理解度の評価方法 効果的な教育訓練にするために ・教育訓練を行う上での留意点 ・良くない教育とは 2.GMP教育訓練各論 初任者のための導入教育 SOP教育 資格認定のための教育 定期的なGMP教育 品質文化向上のための教育 逸脱等に対するCAPAとして行う教育 ・ヒューマンエラーの予防処置 FDA査察に向けたトレーニング、応答訓練
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/10/27 10:00
    ■講座1:10:00~11:45 認知症の人の想いをカタチに!認知症の人の社会参加活動を見える化! 「認知症だからできない…」という発想の脱却と社会参加活動に対する考え方の整理 ■講座2:12:00~13:15 認知症ケアでの環境設定の視点 リビングオブザイヤー最優秀賞受賞!入居待ち100名超えの「ありがとうグループホーム」の工夫を中心として ■講座3:14:15~15:30 新しい総合的認知症ケアの実践 認知症の方に効果的なプログラムとケアの工夫 ■講座4:15:45~17:00 認知症ケアの現場で不適切ケアを防ぐためのスタッフ教育 不適切ケアを予防するコミュニケーションと利用者理解の観点 ※本研修は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士:3単位)
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/09/29 10:15
    ■第1講座:10:15~11:45 本人が望む最期を実現する看取りケアの進め方と介護の工夫 ■第2講座:12:45~14:15 『最期まで自分の場所で自分の人生を生きる』ことを支援する訪問看護 ~在宅ホスピスケアを主軸とする訪問看護ステーションとして、年間看取り数600件以上の在宅看取りの実践から~ ■第3講座:14:30~15:15 訪問介護でもここまでできる!看取りケアの質を高めるための取り組み ~ターミナル期における他サービスとの連携~ ■第4講座:15:30~17:00 経験の浅いスタッフを育てる!「情報不足」「経験不足」により不安を持つ者への死生観の育て方
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/08/27 19:30
    脳血管障害の上肢の特性を理解し、運動療法において押さえてほしいポイントを教授したいと思います。 中枢部・末梢部の可動が円滑に行えるように実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/08/29 19:30
    近年TKA術後リハビリの加速化が提言されてきている。今回はTKAにおいて術後から退院までを3つの時期に分けて各要素を整理することを目的に実施したいと思います。 今回の術後から1週目までは創部管理と二次障害予防が必要になります。そのため、今回は術後管理の評価、下肢運動連鎖を見直し、この時期に必要な治療展開を実技を通して考えていきたいと思います。 当セミナーは10年以上の臨床経験があり、各学会発表も多数行っている理学療法士が担当致します。 注 8月15日木曜日より8月29日に変更となりました
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/10/05 10:15
    1. 管理者・リーダーの役割は何か!? ~結果を出す管理者と出せない管理者の違い~ 2. 働きやすい環境づくりのためにリーダーとしてできること 3. 現場の職員のやる気、モチベーションについての分析 4. チームワークの実態をどう見るか 5. 管理者、リーダーとして必要なコミュニケーションスキル
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/24 10:15
    1. お世話型サービスから利用者の意思でやりたいことが出来るサービスへ 2. ケアマネジャーが選びたくなる広報物の作り方とプレゼンの仕方 3. 利用者・家族が「デイを見に行きたくなるように伝える」ということ 4. 地域に自事業所の必要性を感じてもらうための広報とは 5. キーワードは「循環」と「継続」!地域連携拠点のつくりかた
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/23 10:15
    1. 預かり希望のケアマネジャー・家族への説明 2. 今までのケアの常識は能力を奪っている 3. 「居宅」における生活のどこに「目」を向けるべきか? 4. 利用者のモチベーションアップ 5. 介護技術の重要性
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/10/04 10:15
    1. デイの管理者・リーダーとしての心得 2. 基準・制度を知る 3. 職員の急な退職でも慌てないデイの「基準」「要件」をおさらい 4. 急な実地指導が来ても大丈夫!「具体的な実地指導対策」の情報共有 5. 公的保険サービスとこれからの保険外サービスの在り方
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/09/15 10:30
    ■何故、通所系サービスに家屋訪問や評価が必要なのか ■家屋訪問や家屋評価の重要性 ■ご利用者事例を基にグループに分かれて家屋評価の体験 ■カンファレンスの必要性 ■やってみよう!評価に基づきグループで実際にカンファレンス ■やってみよう!評価を基にリハビリテーションプログラムの案出し
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/09/04 12:30
     GxP環境におけるデータ・インテグリティの確立は、必ずしも順調ではなく、規制当局からの指摘も依然多い。  本講演では、データ・インテグリティについて相次いで発行されたガイダンスを読み解き、データ・インテグリティを確立するために必要なコンピュータ化システムの要件についてコンピュータ化システムバリデーションも含めて検討するとともに、データ・インテグリティの確立を妨げているものについても検討し、ポイントを抽出し、それを打破する方法、手順について提案する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/05 10:30
     製造工程を設計し、製品を製造、試験を行い、そして出荷する。これら一連の過程において共通することは、サンプリングで得たデータからロットや工程の真の姿を推測するという点でしょう。真の姿の推定において、統計は威力を発揮しますが、入り口の敷居が高いという難点があります。  本セミナーでは、これから統計を勉強しようとする方々を対象に、統計の基礎、それがどのように応用できるのかを紹介していきます。入門編ですので、数式による理解よりもグラフなどによるイメージの理解を心がけています。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/08 10:30
    歯科医師 25,000円 (税込) 歯科衛生士/歯科助手/栄養士/保育士/その他17,000円(税込) ※1日で口育士の資格が取得できます。合格者には認定カードを発行致します。 口育(kouiku)とは、0歳から歯科医院にて口腔周囲筋の発達を管理し、 咀嚼、嚥下及び呼吸の正常発達を促し、 口呼吸や不正咬合を含む、 口腔機能発達不全症の予防を通じて全身の正常発達を誘導することです 口育士とは、新生児からの口腔育成を担うための一般社団法人 日本口育協会の認定資格です。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2019/10/09 10:30
     1.GDPの目的とGDP要請の背景   1.1 主なGDPガイドライン  2.GDP+GMP=GMDPの視点が必要   2.1 GMPとGDPの融合化が進む  3.日本版GDPとPIC/S GDPの相違点  4.GDPもGMPもまずは品質システムの構築から   4.1 品質システムとは  5.日本版GDPの概要   5.1 EU GDPに関するQ&A集で補足説明  6.GDPの実践   6.1 GDP対応のために調査すること   6.2 温度逸脱試験   6.3 輸送時の振動試験   6.4
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/06 12:30
     1.はじめに  2.標準品の意義と役割  3.標準品の定義  4.標準品の用途  5.標準品の設定と求められる基本的品質評価要件  6.標準品の品質評価試験法と評価基準   6.1 定量用標準品   6.2 確認試験用標準品   6.3 純度試験(類縁物質)用標準品   6.4 システム適合性試験用標準品   6.5 残留溶媒標準品  7.標準品の新しい品質評価法  8.標準品の品質管理の要点  9.標準品の貯法と有効期間  10.新薬開発における標準品の規格及び試験方法の要点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/09/06 10:30
     1.バリデーション対象の拡大(GDPからの要請)   1.1 バリデーションは継続するもの   1.2 プロセスバリデーションの概念も変化   1.3 構造設備は経時変化するという視点でRe-Qualification  2.製品品質照査と再バリデーションの関係   2.1 製品品質照査の目的  3.適格性評価はユーザー要求仕様書(URS)からスタート   3.1 URS作成時の留意点   3.2 URS作成に実施したいリスクマネジメント手法   3.3 URS作成時の検討事項例   3.4 異物対策、エラー対策など   3.5 DQは業者の選定・調査から始まる   3.6 工業化検討と適格性評価を混同しない   3.7 IQ の手順   3.8 OQの基本原則   3.9 校正とは   3.10 PQの基本原則  4.伝統的プロセスバリデーションアプローチ  5.コンカレントバリデーション  6.より進んだ手法(QbD手法)  7.変更時のバリデーション
    株式会社R&D支援センター