近畿地方のセミナー18 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/11/29 13:00
    Ⅰ. 事務職に求められるスキルと人材育成の変革 Ⅱ. 医療従事者をサポートする医療材料管理担当者になろう Ⅲ. 人事管理の実際と人材育成への取組み Ⅳ. 経営マネジメントと事務系職員の役割
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/10/27 13:00
    在宅医療の点数は複雑です。それに加え2018年の改定で、訪問診療料では主治医からの依頼を受けた医療機関での訪問診療、さらに同一敷地内の有料老人ホーム等への訪問診療料が新設されるなど大幅改定となりました。 これまでも算定漏れ、老人ホームなど施設入所患者の点数算定の誤りなどが多数見られます。それに加え 患者が要介護認定を受けているケースや訪問看護ステーション、ケアマネージャーと連携した時の点数算定は どうするのかなどの疑問が多数あって困るとの声も上げられています。 ますます複雑になった在宅医療点数の算定漏れと悩みの解消を目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちから点数算定・請求までの基礎を詳しく解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整なども分かりやすく説明いたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2019/01/19 09:30
    本法の基本から具体的な手段まで症例も交えてわかりやすく講義をしていただきます。今回は「認知症」臨床への本法適応の試みの経過をお話いただき、より全体構造法の可能性をご紹介する講義も予定しております。全体構造法を初めて学ばれる方、既に実践しているが更に理解を深めたい方々などにご参加いただきたい内容です。 ★「全体構造法」とは、在来の失語症リハビリテーションでは全く発話ができなかった患者様が短期間で言葉を発することができるまでに改善され、多くの成功実例が実証されています。
    一般社団法人国際教育
  • location_on大阪府query_builder2018/10/29 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・手関節や手指に起こる拘縮。その原因や問題をしっかりと把握することはできていますか? 手関節や手指の機能障害については定量的に検査や評価する方法が存在しています。 このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、超急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/10/22 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節は人間の身体の中で、最も自由度の高い関節です。 多様な運動を可能にする可動性を獲得するために、安定性を犠牲にしてしまったという事実も存在します。 運動器疾患では肩関節周囲炎やインピンジメント症候群、脳血管疾患後の肩関節不安定症や有痛性の肩関節拘縮など様々な病態を呈します。 あなたは、そんな肩関節の疼痛治療について悩んでいることはありませんか? このセミナーでは難しい理論や手技ではなく、基本に忠実で誰にでも出来る治療方法をしっかりと身に着けて頂くセミナ―となっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、長急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/10/30 19:30
    運動療法でのバリエーションを増やす事で様々な問題に対して応用的な展開が実施できるようになります。 今回のセミナーではバランスが良くなることとはどのようなことなのかを考え、バランス障害の概要と評価方法、その対処法となる運動療法の展開について実技を交えて教授したいと思います。今回はpart1となるためバランスに対する基礎について理解を深めていただければと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/10/25 19:30
    体幹筋は重要であるという事は一般的に言われています。皆さんは、どのようなアプローチを実施していますか?ブリッジ動作やキッキング練習も体幹筋を活動させながら実施する場合と体幹筋の活動が不十分な場合では効果が大きく異なります。今回は下肢、骨盤と体幹筋を機能的に働かせる方法について実技を中心に講義します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2018/10/23 19:30
    基礎の概念を踏まえ運動連鎖について理解を深めていただく講習となります 今回は上肢機能に対しての運動療法の工夫について教授する予定です。 その際、運動連鎖を踏まえたものを交えて実技を中心に行います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/07/20 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/11/07 10:30
     1.バリデーションの概要   1.1 バリデーションの歴史   1.2 バリデーション関連公文書   1.3 新しいGMPの考え方に沿った新バリテーション概念   1.4 製品品質の照査と再バリデーションの関係   1.5 バリデートされた状態の照査手法  2.適格性の確認はURSの作成から始まる   2.1 URSとは   2.2 プロセス(工程)を構成する要素の理解が必要   2.3 URS作成時は汚染・交叉汚染・混同・ミスのリスクに注力する   2.4 重要工程とは   2.5 ユーザー
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/06 12:30
     1.はじめに:化粧品とは  2.スキンケア製品の開発者が知っておくべき皮膚科学   2-1 皮膚の構造と機能   2-2 トラブル肌のメカニズム  3.化粧品の法規制   3-1 医薬品医療機器等法(旧薬事法)   3-2 成分に関する規制  4.スキンケア製品の概要   4-1 スキンケア製品の役割と機能   4-2 スキンケア製品の種類と特長  5.スキンケア製品の処方設計の実際   5-1 スキンケア製品に使用される主な成分    5-1-1 多価アルコール    5-1-2 油性成分    5-1-3 保湿成分    5-1-4 増粘成分   5-2 スキンケア製品の処方設計の基本    5-2-1 化粧水    5-2-2 美容液    5-2-3 クリーム   5-3 機能別スキンケア製品の設計    5-3-1 美白    5-3-2 ニキビ    5-3-3 エイジングケア    5-3-4 サンスクリーン   5-4 スキンケア製品の安全性と安定性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/06 10:30
     1.分析法バリデーションとは   1-1 定義および重要性   1-2 分析法バリデーションをいつ実施しますか?   1-3 医薬品の開発過程における実施目的    (1)分析法の開発段階    (2)承認申請段階    (3)GMP生産段階  2.分析能パラメータの評価方法   2-1 正規分布と標準偏差   2-2 直線性   2-3 範囲   2-4 真度   2-5 併行精度   2-6 室内再現精度   2-7 検出限界   2-8 定量限界   2-9 頑健性   2-10 信頼区間の推定    (1)母平均    (2)母分散   2-11 申請・GMP生産時に検討が必要なパラメータ   2-12 GMP適合性調査に学ぶLC限度試験   2-13 関連するガイドライン  3.分析法バリデーションの実施例   3-1 確認試験    (1)呈色反応    (2)赤外吸収スペクトル測定法    (3)薄層クロマトグラフィー   3-2 純度試験    (1)LCによる類縁物質の定量    (2)重金属   3-3 定量法    (1)LCによる有効成分の定量   3-4 GMP適合性調査に学ぶLC限度試験  4.局方収載試験法のベリフィケーションについて  5.分析能パラメータの基準値についての考え方   5-1 開発過程における基準値の役割   5-2 特異性   5-3 直線性   5-4 真度   5-5 併行精度
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/05 10:30
     1.クロマトグラフィーの基礎   1.1 分配係数、保持係数及び保持時間   1.2 理論段数、最適線速度及び分離度  2.GCカラム   2.1 GCカラムの種類と選択   2.2 液相の種類と選択  3.ガスクロマトグラフ   3.1 ガスクロマトグラフの構成   3.2 注入口の原理   3.3 検出器の原理  4.試料注入装置   4.1 オートサンプラーの原理と用途   4.2 ヘッドスペースサンプラーの原理と用途   4.3 パージ&トラップ装置の原理と用途   4.4 加熱脱着装置の原理と用途   4.5 固相マイクロ抽出とスターバー抽出の原理と用途   4.6 熱分解装置の原理と用途  5.ガスクロマトグラフィーのトラブル対策   5.1 ガスクロマトグラフィーに関するトラブル対策   5.2 ガスクロマトグラフに関するトラブル対策
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/09 12:30
    【プログラム】 1 再生医療等製品の製造とGCTP省令  1-1 GCTP省令と再生医療安全性確保法について  1-2 GCTP省令について  1-3 GCTP組織体制   - 文書管理   - 教育訓練   - 変更管理及び逸脱管理 2 再生医療等製品の製造管理  2-1 再生医療等製品やロット、単位の考え方  2-2 原材料管理と供給者選定  2-3 バリデーションとベリフィケーション  2-4 構造設備 3 再生医療等製品の品質管理  3-1 再生医療等製品の試験方法  3-2 分析法バリデーション
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/06 13:00
    【習得できる知識】 ・ 撹拌に対する考え方と汎用的な撹拌機の実 ・ 一般的な化粧品製造工程における製造機械の使用法 ・ ホモミキサー(高速撹拌機)使用時におけるスケールアップの考え方 【趣旨】  化粧品や医薬部外品等を製造するにあたって,工場技術者と共に研究室規模から工場生産規模へのスケールアップの研究が行われます。その際工場において研究室と全く同じ製造機械を使用することは通常ありませんので,工場で使用する製造機械の条件を新たに決定する必要があります。  本講座では,乳化撹拌装置を使用した乳化製品の製造を例に,工場における製造条件を決定するためのスケールアップの基礎的な考え方について解説します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/11/05 12:30
    【講演趣旨】  査察の対応を正確にスムーズに進めるためには、GMPの基本的な考え方を理解した上で、何をどう説明し、どんな質問に答え、文書を準備するのか、また重要なGMP用語、通訳を使う際に留意する点などを想定し、綿密に準備する必要があります。  本セミナーでは、講師の豊富な経験に基づき、実際の査察の流れに沿ってわかりやすく説明します。査察官の注目するポイントは時代の流れ、GMPの進展に伴って変化します。  最近ますますチェックが厳しくなる「データ・インテグリティ」についてもポイントを説明します。
    株式会社R&D支援センター