近畿地方のセミナー19 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2020/02/25 19:30
    運動連鎖の基礎の概念を踏まえ運動連鎖についてさらに理解を深めていただく講習となります。 臨床で運動連鎖を考慮した運動療法の展開が可能となるように各関節運動や基本動作・ADL動作など動きや動作を交えて運動連鎖への理解を深められる内容とする予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/18 19:30
    運動連鎖とは運動のつながりなどと言われていますが、いろんな環境下において筋活動は変化します。今回は運動連鎖とはなにか?また、どのような運動連鎖があるかなど運動連鎖の基礎について教授したいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/04 19:30
    バランスが良くなることとはどのようなことでしょうか? バランス能力向上に向けて今回はバランス向上に対する運動療法の展開についてより深い内容での実技を交えて教授したいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/20 19:30
     肩こりの方は偏頭痛を有することがあります。薬を飲んでも痛みが治まらないという方も経験します。こういった患者さんにおいても顎関節、頭頚部のAlignmentを調整することで症状の改善を得ることができる症例を多く経験します。顎関節のAlignmentや頭頚部移行部の筋緊張を変化させるための方法を紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/13 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第5回の今回は、足関節を対象に実施します。 股関節可動域改善や正しい姿勢への修正、それによる筋発揮向上などの効果をだせる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/06 19:30
     肩こりの方に対してどのような運動を行っていますか?頸部の評価が中心になっていませんか?肩こりを改善するためには全身的な姿勢評価を行う事が重要です。姿勢評価を基に体幹・頸部の運動療法を紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/01/30 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第4回の今回は、膝関節を対象に実施します。 股関節可動域改善や正しい姿勢への修正、それによる筋発揮向上などの効果をだせる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/03/03 13:00
     1.核酸医薬品の製造   1.1 核酸医薬品の合成原理   1.2 核酸医薬品の原料について   1.3 核酸医薬品の固相合成の現況   1.4 新たなスケールアップ方法について   1.5 核酸合成の新しい技術(1)硫化技術の多様化   1.6 核酸合成の新しい技術(2)長鎖核酸のニーズと合成法   1.7 核酸医薬品の精製方法   1.8 核酸医薬品の精製以降工程   1.9 核酸医薬品製造のサプライチェーン  2.核酸医薬品の分析方法   2.1 核酸医薬品の同定方法   2.2 核酸
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/03/03 12:30
     1.ゲル化剤、増粘剤の分類   1.1 高分子系、天然高分子とその誘導体、合成高分子   1.2 無機微粒子系   1.3 低分子ゲル化剤系  2.代表的なゲル化・増粘剤の特性   2.1 多糖類及びその多糖誘導体   2.2 合成高分子   2.3 無機系微粒子   2.4 低分子ゲル化剤(oil gelator)   3.ゲル化、増粘機構とその原動力   3.1 ゲル化・増粘機構のいろいろ   3.2 分子間に作用するいろいろな力  4.粘性の起源   4.1 流動とは何か   4.2 粘度の濃度依存性  5.弾性の起源   5.1 弾性変形とは何か   5.2 エネルギー弾性とエントロピー弾性  6.ゲル化剤・増粘剤の効果と評価   6.1 ゲル化・増粘効果をレオロジーの共通語で理解する   6.2 緩和時間とは何か   6.3 ゲル化・増粘効果と緩和時間  7.実際のデータの解釈   セルロース系、アルギン酸溶液系、カードラン溶液系、    キトサン・キチン誘導体系、低分子ゲル化剤系、その他の系  8.ゲル化・増粘効果を評価する便利な測定法    その他、ゲル化・増粘効果を理解するための基礎的事項についての解説
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/03/02 10:00
     1.医薬品に係る法令と品質管理   1.1 薬機法とGMP省令   1.2 GMPの仕組み   1.3 承認申請規格とは   1.4 GMP省令に基づく品質管理    ・経営層の関与    ・原料及び資材の参考品保管・製品の保存品保管    ・製品品質の照査    ・安定性モニタリング    ・原料等の供給者管理    ・外部委託業者の管理  2.試験検査室の管理に関する留意点   2.1 文書の管理   2.2 記録の管理   2.3 試験検査員の力量   2.4 試験検査室の環境   2.5 製造販売承認規格の把握   2.6 試験検査方法の適格性評価(ベリフィケーション)   2.7 設備・装置・器具等の校正   2.8 試薬・試液・自家調製溶液の使用期限   2.9 一次標準物質・二次標準物質の取扱い   2.10 試験検査の準備   2.11 検体の採取   2.12 検体の識別管理   2.13 試験検査の実施と報告   2.14 検査結果のとりまとめと規格外対応等   2.15 試験検査結果の合否判定と試験成績書の発行  3.PIC/SのQCラボ査察リストに学ぶ試験検査室の管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/03/06 10:30
     1.最新GMPの要請ポイント   1.1 改正GMP省令に盛り込まれる事項   1.2 品質システムとは  2.進化したバリデーション概念   2.1 バリデーションにQトリオの取り込み   2.2 傾向評価でバリデートされた状態であることを継続して確認  3.構造設備の設計時に行うリスクマネジメント手法  4.配置計画   4.1 Suite方式とCluster方式   4.2 防虫を配慮した倉庫の配置とは   4.3 包装室の配置に注意  5.レイアウト図の検討   5.1 計画時に抜けやすい部屋   5.2 適切な倉庫面積、包装室、洗浄室面積にするには  6.交叉汚染の防止   6.1 交叉汚染リスクを緩和させる手段(PIC/S-GMP 第五章 製造)   6.2 アイソレータ方式にも問題点が   6.3 交叉汚染に配慮した空調システム   6.4 差圧だけで封じ込めはできない   6.5 環境清浄度だけでは汚染防止は無理  7.異物対策   7.1 原材料由来異物対策   7.2 人由来異物対策   7.3 防虫対策  8.作業性改善、ミス防止策   8.1 現状の作業性を点検(見える化)しよう   8.2 監視性・情報伝達性を確認しよう  9.作業者保護策の確認  10.製造用水設備で中止すること  11.メンテナンスで配慮すべきこと   11.1 事故原因の多くは経時劣化である   11.2 部品要因事故の減少には日常点検が重要   11.3 要は日常点検しやすい設備にする   11.4 計器だけで判断していたら改善はない   11.5 6種の保全方式  12.校正作業   12.1 計器の重要度を設定しているか   12.2 校正周期の設定方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/03/05 10:30
    第一部(概論)考え方の基本を押さえる!   ・医薬品は微量で高生理活性!精緻な製造管理をGMP記録により保証   ・医薬品開発/生産の業務フローから理解するGMP記録の重要性  1.“Data Integrity(DI)” って何?(注目の経緯からその重要性を読み解く!)  2.医薬品製造/販売におけるGMP文書記録の重要性  3.製剤機械/分析機器のコンピュータ化の進展とData Integrity確保の重要性  4.記録媒体の現状とDI対応に関する考察  5.GMP記録の「完全性」と「信頼性」  6.文書記録の信頼性確保の基礎となる改ざん・ねつ造・隠ぺい対策の考え方  7.製造販売承認書とGMP記録の整合性確保の考え方と留意点  8.文書(SOP)と記録の一貫性確保の考え方  9. GMP記録の信頼性確保とヒューマンエラー対策  10. WHO, FDA, MHRA, PIC/Sの4種のDIガイダンス概観と特長の把握 第二部(各論)実務的な知識を習得する!  1.PIC/Sガイダンスの概要確認  2.ALCOA原則と「ALCOA/CCEA」の要点(Data Integrity確立の指標)   ・GMP領域における「ALCOA+」の意味とGMP記録信頼性確保の概念  ・医薬品の製造/品質管理の流れとGMP記録のALCOAの確保  3.“Data Lifecycle”と”Data Governance”  4.GMP記録の信頼性確保への組織の関与(Quality Culture構築)への対応の考え方  5.PIC/Sガイダンス第8章からひも解く紙ベース記録の信頼性確保の実務対応の要点   ・GMP省令を基礎とした文書管理の12の基本的留意事項  6.電子記録の完全性・信頼性確保の考え方   7.製造委託先のGMP記録の信頼性確保の考え方と留意点   ・医薬品委受託製造にけるリスク回避のポイントほか  8.今後の査察傾向とDI査察への対策の考え方   ・GMP紙記録に関する査察を意識した具体的な対策・留意事項   ・Form483指摘に学ぶ「監査証跡」などDI用語の意味とハイブリッド運用のポイント   ・QCデータの重要性/信頼性と医薬品の信頼性確保  9.PIC/Sガイダンスから読み解くDI確保のための教育訓練に考慮すべき3つの要素 おわりに
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/02/05 10:00
    【第1部】 難治性掻痒症治療薬の研究開発 【主旨】 痒みは身近な感覚であるにも関わらず、その発生機序などが明らかになってきたのはごく最近のことであり、それ故に痒みに対する治療薬も十分に備わっていないのが現状である。 痒みの基礎研究に関する最近の知見を紹介しつつ、そのメカニズムに触れ、痒みを抑制するためのアプローチを紹介したい。 本セミナーでは痒み治療薬に関する最新の臨床開発動向を紹介し、PDE4阻害剤の痒み抑制作用を見出しアトピー性皮膚炎治療薬に応用した演者の経験を踏まえて、動物モデルを用いた痒みの評価方法についても言及したい。  1.はじめに  2.痒みの基礎   2-1 かゆみとは?   2-2 かゆみの神経生理学   2-3 かゆみのメディエータ   2-4 かゆみ治療の現状(国内及び海外)  3.新しい痒み治療の可能性   3-1 痒み治療のための新規アプローチ   3-2 痒み治療薬の開発動向  4.痒み治療薬の開発に際して   4-1 痒みの動物評価モデル   4-2 痒みモデルを用いた薬物評価事例 【第2部】かゆみの基礎と治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像 【主旨】  かゆみの機序、メディエーターやレセプターについての知見を学習するとともに、臨床現場で遭遇する様々なかゆみに対しての対処法について示す。さらに臨床現場ではどのような薬剤が望まれているのかを提案したい。  1.かゆみの解剖学   1-1 かゆみとは   1-2 かゆみの分類   1-3 かゆみの機序    1-3-1 かゆみの神経生理学    1-3-2 ヒスタミン性かゆみ    1-3-3 非ヒスタミン性かゆみ  2.かゆみの臨床   2-1 じんましんのかゆみ   2-2 アトピー性皮膚炎のかゆみ   2-3 その他の皮膚疾患のかゆみ   2-4 かゆみとの戦い  3.かゆみ温故知新   3-1 東洋医学的見地からのかゆみ   3-2 かゆみを抑える漢方処方
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/02/05 10:30
     1.再生医療に関する法規制   1-1 法の仕組みとその背景   1-2 医療としての再生医療:再生医療安全確保法   1-3 産業としての再生医療:薬機法   1-4 起きている問題と学会の取り組み   1-5 薬機法改正はどう影響するのか  2.規制の主体は何か   2-1 厚生労働省と関連機関の仕組み   2-2 規制の対象は何か   2-3 再生医療はどこが特別なのか?   2-4 治験と市販後の評価:リバランスがもたらす変化  3.再生医療関連製品とは何か   3-1 医療の視点から   3-2 ビジネスの位置付けを考える   3-3 ガイダンス/ガイドライン活用のコツ   3-4 研究、開発、医療の流れ   3-5 ロールプレイヤーの変化と規制  4.再生医療は有効なのか?    4-1 再生医療に関心を持つ医療者、人々の変化   4-2 再生医療の提供の仕組みの変化とビジネス   4-3 再生医療においてデザインするもの   4-4 医療経済という考えを知る  5.誰がカスタマー? ユーザ? アクションを起こすコツ   5-1 ピットフォールに気をつける   5-2 医療現場と企業の乖離の原因   5-3 視点を磨く方法 マーケティング工学等を参考に   5-4 ビジネスの必要性と潮流変化   5-5 安全性と品質を支える役割  6.法規制に仕掛けられたマネジメント   6-1 法規制の中にあるマネジメントに気づく   6-2 リスクマネジメントとRMP   6-3 プロセスマネジメント   6-4 製品のライフサイクルという視点  7.手続きをするということ   7-1 手続きの向こうにあるもの   7-2 支援の仕組みを活用する   7-3 ステージを深く考える   7-4 相談を利用するコツ   7-5 審査、規制をする人は、何をみているのか。   7-6 手続き完了が、スタートラインです
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/04/12 10:30
    ※歯科医師 25,000円 (税込) 歯科衛生士/歯科助手/栄養士/保育士/その他17,000円(税込) ※1日で口育士の資格が取得できます。合格者には認定カードを発行致します。 口育(kouiku)とは、0歳から歯科医院にて口腔周囲筋の発達を管理し、 咀嚼、嚥下及び呼吸の正常発達を促し、 口呼吸や不正咬合を含む、 口腔機能発達不全症の予防を通じて全身の正常発達を誘導することです 口育士とは、新生児からの口腔育成を担うための一般社団法人 日本口育協会の認定資格です。 第一期、第二期開催で 744名の口育士が誕生しました。 この度、第三期の開催が確定致しましたので、 認定資格を目指す意欲的な方々の積極的なご参加をお待ち申し上げております。 スケジュール 10:30~11:30 口育講義 (口育マニュアルテキスト及び実践資料配布) 12:30~13:30 講義1 13:40~14:40 講義2 14:50~15:30 テスト 15:30~16:30 補習(追試) 特典充実!! 日本口育協会加盟歯科医院募集のご案内   年会費3万5千円 条件:最低1名の口育士が在籍 (口育士資格取得後、協会加入が出来ます) ~法人会員特典~ ①雑誌「ひよこクラブ」の一面を使って 定期的に全国の0歳児からの口腔管理、 口育実践医院リストとして掲載 ②研修や講演会の参加の減免(資格取得セミナーを除く) ③口育関連情報の発信 ④AAMS海外セミナー参加(希望者のみ) ⑤書籍「口育」低価格配布 詳しくは、日本口育協会のHPをご参照ください▶http://www.oral-development-association.org/
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2020/02/17 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) ※本セミナーの録音、転送、撮影等はお断りしております。 また、法律事務所ご所属の方は、お申込みご遠慮願います。 大阪メイン会場 ホテルコンソルト新大阪 大阪市淀川区西中島1-12-7 東京ライブ会場 SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F 本セミナーは、医療介護機関に関わる各種問題を専門とする弁護士が、 豊富な実例をもとに具体的なクレーム解決術を伝授すると共に、 対応マニュアルを紹介し院内チェックリストの解説をします。 実践編では、実務上、問題となりやすい事例に対するケーススタディを解説し、 その後、受講者からの質問に回答する形で、現在、受講者が悩んでいる事案の 解決の役に立てるよう、できる限りの情報提供をしていきたいと考えています。 また、クレーム対応で、病院の風評を損なわずに対応をする ワンランク上のサービスを目指します。 I.ハードクレーマー(モンスターペイシェント等)対策(基礎編) 1.ハードクレーマー側の基本的テクニックを知ろう。 2.ハードクレーム対応の3鉄則 3.モンスター患者・入居者・家族対策のための法的知識 4.7大クレーム対応とモンスター化防止策 5.クレーム対応-プロとアマの違い 6.クレーム対応マニュアルとチェックリストの策定 7.クレーマーに対する診療拒否・退院要請と医師法19条1項の応招義務 II.事例に学ぶ患者クレーム対応術(実践編)  ケース1:高圧酸素治療で事故が起こったのであるから、  証拠を保全しておく必要があるとして、原因がはっきりするまで、  この装置を動かすなと言われた場合。  ケース2:終末期の患者への対応につき、家族が病院の対応が  ぞんざいで何も処置しないとクレームを付けたことに対して、  医師が患者や治療に優先順位があると回答したところ、  それが正しい医療かマスコミで検証してもらうので、  治療の優先順位につき一筆書けと言われたケース。  ケース3:身体拘束を行った看護師名を明らかにし、  今晩、看護師長と一緒に俺の家に来て、謝罪をしろと言われたケース。  Q&A:【このようなケースはどうしたらいい?】
    (株)新社会システム総合研究所