近畿地方のセミナー28 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on兵庫県query_builder2018/01/31 18:30
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節は人間の身体の中で、最も自由度の高い関節です。 多様な運動を可能にする可動性を獲得するために、安定性を犠牲にしてしまったという事実も存在します。 運動器疾患では肩関節周囲炎やインピンジメント症候群、脳血管疾患後の肩関節不安定症や有痛性の肩関節拘縮など様々な病態を呈します。 あなたは、そんな肩関節の疼痛治療について悩んでいることはありませんか? このセミナーでは難しい理論や手技ではなく、基本に忠実で誰にでも出来る治療方法をしっかりと身に着けて頂くセミナ―となっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2018/01/24 18:30
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・臨床で良く遭遇する肩関節疾患について、治療を行うために必要な触診技術と治療手技に自信はありますか? 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい 臨床に悩む新人OTは是非、ご参加ください!
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2018/01/17 18:30
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・脳卒中片麻痺後のに起きる様々な問題点。 特に上部体幹や肩甲帯周囲の筋緊張異常によるアライメントの崩れや、支持性が低下してしまっている症例に対する介入に難渋することも多いのではないでしょうか? このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2018/01/10 18:30
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・脳卒中片麻痺後の肩甲骨のアライメントの崩れは、触診で確認できますか? 鎖骨や胸骨・肋骨の関係性が崩れることで起きる身体の問題を改善する治療手技などを学ぶことができます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/30 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ひたすら実技演習にて、<明日からすぐに実践できる技術>を学びます。 上部体幹や肩甲帯周囲の筋緊張異常によるアライメントの崩れや、支持性が低下してしまっている症例に対する介入に難渋することも多いのではないでしょうか? このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/23 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 脳卒中の後遺症として片麻痺を呈した症例の麻痺手に対して、皆さまは日頃、どのようなアプローチを行っていますか? あまりにも麻痺が重度の場合、随意性が少なく、痙性も強い状態で、そんな手の麻痺に対して、あなたはどんなリハビリを行っていますか? 脳卒中の後遺症後であるため、脳の回復が見られなければ手関節や手指にアプローチして難しいと考えているセラピストもいるかもしれません。 しかし、身体の構造や運動学的特徴を理解することで、それが本当に麻痺による筋緊張の異常状態なのか、またはアライメントの不良や関節の不安定性によるものなのかを判断することができるようになります。 その判断や評価が行えるようになることで筋緊張の亢進や弛緩など、バランスを崩してしまった症例に対して徒手的なアプローチが可能となります。 今回は、脳卒中片麻痺患者の【手】の特徴や解剖学、運動学的に抑えておかなければいけないポイントと実際の治療介入方法と手技の練習を行い、麻痺手へのアプローチを習得して頂きます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/16 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 新人OTが、押さえておくべき体幹へのアプローチ! 第2弾の内容です! 動作を遂行する上で、体幹機能が果たす役割は大変重要です。 特に、上肢機能やADL場面では土台的な役割を担っています。 しかし、その体幹機能について、解剖学的・運動学的な知識を持って論理的な評価・治療展開はできていますでしょうか? 動作を評価する上で人間の体幹を構造学的に理解し、運動学へと繋げる。 その知識が評価の正確さと治療の的確さを高めてくれるはずです。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/01/09 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 新人OTが、押さえておくべき体幹へのアプローチ! 動作を遂行する上で、体幹機能が果たす役割は大変重要です。 特に、上肢機能やADL場面では土台的な役割を担っています。 しかし、その体幹機能について、解剖学的・運動学的な知識を持って論理的な評価・治療展開はできていますでしょうか? 動作を評価する上で人間の体幹を構造学的に理解し、運動学へと繋げる。 その知識が評価の正確さと治療の的確さを高めてくれるはずです。 今回は、新人OTなら絶対に抑えておきたい、体幹機能の基礎である解剖学と運動学を中心に知識を深めて頂き、実際に臨床で活かせる体幹機能の評価と治療方法について、実技指導を行っていきます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。 ○どうしても実技に自信が持てない ○評価や自分の治療に不安がある ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/03/07 10:30
     1.GMPを簡単に言えば  2.日本の医薬品品質保証体系  3.製造販売業者と製造業者の関係  4.医薬品とは、医薬部外品とは  5.原料とは、資材とは、製品とは  6.保管とは、包装・表示とは  7.進化したGMPの考え方   7.1 第一世代のGMPの弱点   7.2 第二世代GMPの特徴   7.3 品質システムとは   7.4 経営陣(the management team)とは、上級経営者(Senior Management)とは   7.5 そもそも品質(Quality)とは   7.6 フォーマルな品質リスクマネジメント(QRM)手法   7.7 CAPAの定義   7.8 リスクマネジメントは工場内に留まらない  8.ハードに関するGMPの要請   8.1 区画と清浄度設定   8.2 人と物の動線分離   8.3 高薬理薬の専用施設化   8.4 面積確保   8.5 適正な温湿度・照明・空気の流れ・差圧   8.6 適正な内装の材質・仕上げ   8.7 清掃・消毒の実施   8.8 防虫・防鼠  9.GMPソフトとは  10.製造管理者の業務  11.製造部門の業務  12.品質管理とは   12.1 試験検査部門の業務とは   12.2 品質保証部門の業務とは  13.GMP文書と文書管理   13.1 証拠書類に求められるのは   13.2 文書体系と各階層の位置付け   13.3 製品標準書とは   13.4 製造指図書の要件   13.5 SOPの目的  14.変更管理  15.逸脱管理  16.品質情報処理、回収管理  17.自己点検  18.教育訓練
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/03/05 12:30
     1.ゲル化剤、増粘剤の分類   1.1 高分子系、天然高分子とその誘導体、合成高分子   1.2 無機微粒子系   1.3 低分子ゲル化剤系  2.代表的なゲル化・増粘剤の特性   2.1 多糖類及びその多糖誘導体   2.2 合成高分子   2.3 無機系微粒子   2.4 低分子ゲル化剤(oil gelator)   3.ゲル化、増粘機構とその原動力   3.1 ゲル化・増粘機構のいろいろ   3.2 分子間に作用するいろいろな力  4.粘性の起源   4.1 流動とは何か   4.2 粘度の濃度依存性  5.弾性の起源   5.1 弾性変形とは何か   5.2 エネルギー弾性とエントロピー弾性  6.ゲル化剤・増粘剤の効果と評価   6.1 ゲル化・増粘効果をレオロジーの共通語で理解する   6.2 緩和時間とは何か   6.3 ゲル化・増粘効果と緩和時間  7.実際のデータの解釈   セルロース系、アルギン酸溶液系、カードラン溶液系、    キトサン・キチン誘導体系、低分子ゲル化剤系、その他の系  8.ゲル化・増粘効果を評価する便利な測定法    その他、ゲル化・増粘効果を理解するための基礎的事項についての解説
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/03/06 10:30
    第1部 薬機法とGMP/GQP関連の重要ポイントの解説  1.法令、通知、自主基準  2.GMP省令  3.薬機法上の医薬品の分類とGMPの関係  4.GQPとGMPの連携図  5.薬機法/GMP/バリデーションの関係図  6.工程の変動要因と製品品質との関係  7.Qシリーズ  8.薬機法とGMP  9.GMP3原則  10.GMP導入のメリット  11.医薬品の品質管理  12.良い医薬品・品質保証  13.GQP品質  14.市販後安全対策の強化  15.製造販売業と製造業の責任体系  16.製造販売業の管理システム  17.GMP組織・製造管理者・職員  18.GMP省令のポイント  19.GMP省令と品質部門への特異点  20.GMPの組織(責任者の例)  21.GMP(製造業)の組織  22.品質部門の主な業務  23.PIC/S GMP 第2部 記録書及びGMP手順書作成等のポイント解説  1.記録書の作成のポイント   ・GMP実践における「記録」の作成とHE   (1)GMPにおける記録書の特性   (2)GMPで求められる記録類   (3)製造記録書   (4)製造管理基準書の作成   (5)製造所(GMP)における文書類   (6)「記録」の不備によるHEの発生事例   (7)製造指図書の不備事例  2.記録管理の留意点   (1)記録管理の留意点(磁気媒体記録管理も含む)   (2)生データに対する対応   (3)機器プリントアウト資料の取扱留意事項   (4)記録の記入留意事項  3.HEの発生を防止するためのSOPの作成ポイント   ・作業手順書・SOP作成の基本事項   (1)作業手順書・SOPを作成する必要性   (2)作業手順書・SOPのルール作りの心得   (3)作業ミス軽減のためのSOP   (4)SOP作成のための15の心得   (5)SOP作成手順  4.SOPのためのSOPの作成  5.文書作成の基本方策  6.作業手順書・SOPが遵守されない原因を考える 第3部 ヒューマンエラー防止活動の基本  1.ヒューマンエラー(HE)とGMP  2.HEの基本を識る  3.不良医薬品発生事例とHE  4.HEの発生機序と一般的予防対応  5.HEの防止対策の進め方  6.それでもHEは減らない!なぜだろう  7.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/02/07 10:30
     1.油脂の「物性-機能」相関  2.油脂の構造と分子間相互作用   (1)油脂の構造と物性     a.アルカン類     b.脂肪酸     c.ワックス     d.アシルグリセロール   (2)油脂の混合系の相挙動   (3)油脂の結晶化   (4)油脂と乳化剤の相互作用  3. トランス脂肪酸代替技術   (1)分別   (2)エステル交換   (3)オレオゲル  4.さまざまな状態の油脂物性   (1)液体   (2)バルク固体     a.チョコレートの構造と物性     b.ファットブルームのメカニズム   (3)ゲル     a.オレオゲルの性質     b.さまざまなオレオゲル   (4)エマルション     a.W/Oエマルション     b.O/W エマルション   (5)ホイップ     a.ホイップクリーム     b.ホイップオイル
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/02/06 10:00
     1.GMP基準書や手順書の英文化に適切な英語のテキストについて   1.1 日本人が間違える傾向がある単語とその例文について   1.2 使い方が間違えやすいShall, should, will, wouldについて   1.3 日本で常識、海外では使わない英語(単語とその例文)について   1.4 経験上英文作成時に推奨する海外のガイドライン   1.5 経験上英文作成時に使用しないことを推奨するガイドライン  2.英文手順書の書式と記載例について   2.1 CAPAの英文手順書を作成してみよう    2.1.1 フォ-マット事例    2.1.2 項目と内容例   2.2 バリデーションの英文プロトコル(IQ)を作成してみよう    2.2.1 フォ-マット事例    2.2.2 項目と内容例  3.GMP査察対応の文書について   3.1 英訳した方がよい手順書   3.2 査察時に説明するOHPについて   3.3 査察時の応対について
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:00
    呼吸リハを行う前にこれだけは知らなければいけない原則があります。 臨床の中で呼吸リハビリテーションを求められることは多々あると思います。 しかしながら実施する中で呼吸リハの徒手的技術や聴診技術の未熟さを 上司に指摘されて悔しい思いをすることがあるのではないでしょうか? もちろん呼吸リハの徒手的技術や聴診技術はとても大切です。 しかしながらそれよりも大切なことがあるのです。 それは 〇呼吸の生理学 〇呼吸の解剖運動学 〇徒手的技術や聴診技術 これらが欠けていると技術だけ高めても効果は半減します。 本セミナーでは呼吸リハの基礎知識を習得するための講座であり 継続的に学んでいただける場を提供していきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/02/09 12:30
    【習得できる知識】 ・品質安定性に問題が発見された際の、ケース毎の処方設計術 ・市場における品質トラブル要因抽出 ・処方設計段階での品質予見 ・品質管理における実質的試験方法と自社基準の設定 化粧品業界の品質安定性試験には、手段や手法といったマニュアルが存在せず、公的機関からも品質指針が示されているのみです。それゆえ、各工場において自社で確立した手段やノウハウに頼っているのが現状です。  市場に出た商品が品質トラブルを起こさないよう予測するための試験手法を、ケーススタティを交えて講義致します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/01/14 10:00
    医療・介護現場でも必要とされる足のトラブルケア。REFLEで学ぶ『フットケア』は、セルフケアやご家族・友人等に活かせる基礎テクニックです。 足のトラブルについての基礎知識と合わせて「外反母趾や偏平足に対応するテーピング」「骨格の柔軟性を高めるストレッチ」「爪・角質ケア」「スクラブマッサージ」など幅広いテクニックを習得します。 ★1/14(日)+1/28(日) の2回セット講座です。
    日本リフレクソロジスト養成学院【REFLEリフレ】