近畿地方のセミナー13 件中 1 - 13 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2020/02/07 10:30
     近年、ラボのデータ・インテグリティに焦点が当てられて来たが、データ・インテグリティを確保しつつ作業効率の向上が求められ、その推進のため様々なデバイス、ネットワークなどのIoT関連設備やその管理について関心が集まっている。  本講では、そうした機器の要件や管理の方法論を検討し、コンピュータ化システムがデータ・インテグリティの最新の要件を満たしつつ、効率的、効果的に運用するための方策を、具体的なデバイス等の知見を交え、CSVとの関連を含めて確認する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/12/12 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第3回の今回は、股関節を対象に実施します。 股関節可動域改善や正しい姿勢への修正、それによる筋発揮向上などの効果をだせる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/17 19:30
    歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。今回は遊脚期と歩行への機能的アプローチの応答について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/10 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第5回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でもほとんど行われていない立脚後期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/05 19:30
     脳梗塞片麻痺の患者さんに対し歩行獲得に向けたアプローチを実施する機会は多く経験します。 歩行獲得に向けたアプローチとして膝立ちでの練習や座位での練習も重要な練習となります。 今回は座位、膝立ち立位で実施できる歩行に対するアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/03 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第4回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でも全荷重がかかっている時期での評価・アプローチについて実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/28 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第2回の今回は、下位胸椎〜腰椎を対象に実施します。 正しい姿勢への修正や立ち直り反応の改善、上半身質量のコントロール改善の効果がみえる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/21 19:30
     中枢神経障害の患者さんの機能的な運動練習として座位や立位、歩行練習が機能的な練習として良く利用されます。 しかし、伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチも重要な機能的な練習となります。 今回は伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチや基本動作を利用したアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/19 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第3回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でもアプローチの難しい荷重応答期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2020/02/03 10:30
     1.はじめに  2.食品微生物制御の種類と方法  3.食品にはどのようなものがあるか?   -種類と特性、組成と物性、加工・殺菌中の変化  4.微生物とはどのようなものか?   -種類と特性、細胞の構造と機能、腐敗と食中毒、発育と死滅  5.殺菌・静菌効果の評価法   -培養法(平板法、MPN法、発育遅延解析法など)と        非培養法(染色法、PCR法など)、MBCとMIC、など  6.殺菌技術にはどのようなものがあるか?   6-1 加熱殺菌   6-2 高圧殺菌   6-3 紫外線・低エネルギー電子線殺菌   6-4 高電界パルス殺菌・プラズマ殺菌   6-5 薬剤殺菌   6-6 その他の殺菌法  7.静菌技術にはどのようなものがあるか?   7-1 低温保存(冷蔵・冷凍)   7-2 酸性化   7-3 水分活性低下   7-4 抗菌性化合物添加   7-5 雰囲気調節   7-6 その他の静菌法  8. 微生物制御のシステムとツール   8-1 HACCPとリスクアセスメント   8-2 データベースと予測モデリング  9.微生物制御における最近話題の微生物学的問題とその対策〔時間があれば〕   9-1 芽胞   9-2 損傷菌   9-3 低(貧)栄養細菌・VBNC菌・persister   9-4 バイオフィルム   9-5 真菌とその胞子  10.まとめと結論
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2020/03/02 09:30
    「リアライン・フット」とは、足の柔軟性とアライメント(骨の配列)を組織間リリースと運動療法によって改善することで、パンプスのような細めの靴に対しても、自然になじむような足を作る技術のことです。 足の可動性を作る技術と、理想的な足部アライメントを維持する技術を、講習・実技を交え習得できるセミナーです。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/24 10:15
    1. お世話型サービスから利用者の意思でやりたいことが出来るサービスへ 2. ケアマネジャーが選びたくなる広報物の作り方とプレゼンの仕方 3. 利用者・家族が「デイを見に行きたくなるように伝える」ということ 4. 地域に自事業所の必要性を感じてもらうための広報とは 5. キーワードは「循環」と「継続」!地域連携拠点のつくりかた
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/23 10:15
    1. 預かり希望のケアマネジャー・家族への説明 2. 今までのケアの常識は能力を奪っている 3. 「居宅」における生活のどこに「目」を向けるべきか? 4. 利用者のモチベーションアップ 5. 介護技術の重要性
    日本通所ケア研究会