中部地方のセミナー13 件中 1 - 13 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2017/06/29 19:00
    概要: 膝外傷の多くの原因は膝にはありません。足関節の硬さや股関節の硬さ、また誤った使い方により膝へ大きなストレスとなるのです。 今回は様々な原因の中でも「動き」にフォーカスして、下肢の動きをピラティスという面からアプローチしていきたいと思います。 ピラティスとは別名コントロロジー。自分の体をいかに正しく使うか。それを脳と体に覚え込ませていきます。 徒手による施術後にトレーニングやピラティスにより正しい動作の獲得をすること。これが一番の外傷予防となります。 新たなアプローチを取得したい方にオススメです。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/22 19:00
    概要: スポーツで行われる構え動作であるスクワット。ウェイトトレーニングとして行われるスクワットには大きな違いがあります。またスクワット動作が正しく行えないと、膝の外傷の大きな原因となります。 今回はまずスクワット動作を正しく理解し、また正しく行えていない原因を考え、それに対してどのようなトレーニングで改善していくのかをお伝えしたいと思います。 スポーツ選手だけでなく、一般の人や高齢者の方でも大事なスクワット動作。 これを正しく理解し、より自分の現場へと落とし込むことでより治療家としての幅が広がるでしょう。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/15 19:00
    膝関節周囲を解剖学、運動学的な視点で理解し、その後、術後に対するリスクを再認識し、 動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントについて実技を中心に教授します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/08 19:00
    概要: 日々患者さんのリハビリを行なっている中で常にゴールを見据えてリハビリが行えていますか? 今回はスポーツ選手の膝の外傷に対してスポーツ現場で行われるアスレティックリハビリテーションをご紹介します。スポーツ現場でどのようなアスリハが行われているか知っていることにより、診療室内で行われるリハビリもより意味のあるリハビリとなるでしょう。スポーツ選手を見たい、現場で働いてみたい、知識の幅を広げたい方などおすすめです。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/06/01 19:00
    膝関節周囲を解剖学、運動学的な視点で理解することを目標にします。 また触診技術の実技を交えながら理解を深められるような内容で実施したいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on愛知県query_builder2017/09/17 10:30
    患部が原因だと思っていました。 片麻痺の患者様の上肢が上手に使えない 頚部骨折の患者さんの歩行が安定しない 膝のOAの患者さんの痛みが落ち着かない   こういう臨床上の問題点はよく目にすることはあると思います。 しかし患部を積極的に治療しても一向に良くならないということはありませんでしたか?   体幹は四肢を使う上で、最も重要な役割を果たします。 中枢部の協調的な動きはパフォーマンスを高める役割を担いますので、評価は必要不可欠です。   前回の講義で大好評だった「体幹機能の評価と治療〜四肢を最大限活かすためのアプローチ」では、四肢の状態が体幹に及ぼす影響を動きで評価し、カラダの使い方と運動の中で機能的な体幹を感じてもらいました。 今回は特に 頚部〜肩の痛み、腰痛、膝関節痛といった、一度は出会ったことのある痛みや、体幹の問題起因による四肢の運動制限という目に見えたカラダのトラブルに対して、体幹と全身の関連性を追求していきます。 前回参加された方はさらに体幹の理解が深まりますし、今回初めて参加の方も、曖昧になりがちな体幹機能について再考察するきっかけになると思いますので是非ご参加ください。   プログラム ・上部体幹へのアプローチ ・下部体幹へのアプローチ ・コアコントロールと腰痛の関係性 ・痛みに対する運動療法 ・ワークアウト 持ち物 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) ・バスタオル(枕代わりとして使用します) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on愛知県query_builder2017/09/10 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。 テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on山梨県query_builder2017/07/09 10:00
    入谷式足底板では距骨下関節と第 1 列の誘導が大変重要になります。しかし、「誘導方向に自信が持てない」「テ ープの技術がまだまだ足りない」「歩行を見てもよくわからない」という声を聞きます。この誘導は基本的な身 体の方向や重心を変化させるため歩行に影響を与えます。そのためこれらの誘導がしっかり決まっていないと結 果も期待できません。 そこで今回はこの二つの誘導に自信を持てるよう実技編を行います。テープ誘導はもちろんその他の評価項目に ついても「どこを触診してどうやって誘導する」「何を観察している」など具体的にご指導いただきます。 さらに講義の後半では実際の歩行の変化のさせ方としてパッドの紹介をしていただく予定になっています。 【参加費】9000 円(道具代として別途 300 円程かかります) ※お知り合いの方を紹介していただくと初回に限り 1000 円割引させていただきます(複数人可) 紹介した方とされた方のお名前をメールでお伝えください(当日返金いたします)
    上野原梶谷整形外科
  • location_on愛知県query_builder2017/12/02 10:00
    機能解剖学のことで、このよう経験はありませんか? どれか一つでも当てはまる方は受講をお勧めします! ●教科書的なことを勉強しても、どのように臨床に生かしたらよいかわからない ●臨床に必要と思って機能解剖の本を読んでも、途中までしか進んでいない ●腰椎にある複数の靭帯の、動きの中で役割がわからない ●腰椎の形が複雑で、実際の評価や治療場面で骨をイメージできない ●国家試験前には勉強したが、忙しい臨床の中で機能解剖を意識できてない ●徒手的に治療しようとすると、骨の動きをうまく誘導できない
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/07/23 10:30
    同じことをしているつもりで、違うことをしている!? 正確に触れて、動かす技術が決定的な結果の差を生む! 膝関節可動域制限は、私達が日常業務で最もよく遭遇する機能障害の1つです。 改善のための治療技術は数多く存在し、それぞれが理論に基づく素晴らしい治療方法です。   しかし、これらの治療方法で結果を出すには1つ大事な条件があります。   可動域制限の原因となる病態のある部位に対して、病態に合った内容を正確に施行する ということです。 言葉にすると当たり前のことのように感じますが、実際にやってみると「できているつもり」になっていることも少なくありません。   関節可動域制限の原因を見つけて改善するためには、 可動域や症状の把握をした後、正常な運動軌跡での関節可動域・症状変化、 圧痛所見、制限と同時に緊張する組織、起始・停止を近づけた位置での筋緊張、 徒手的伸張・弛緩操作による可動域や症状の変化、各組織の柔軟性、運動療法による可動域および動作能力の変化など多くの確認が必要となり、 そのほとんどが正確な触診・関節操作技術があって初めてできるものだと言えます。   このセミナーでは、 膝関節の膝関節拘縮の評価・治療につながる触診技術の習得 を目標としています。 骨指標を確認後、伸張・弛緩・収縮などの操作をしながら周辺組織の触診をしていきます。 触診技術を活かして実際どのような評価・治療を行ったのかを紹介したいと思います。 何事も技術の習得には多くの練習が必要です。 本を読んで練習することもできますが、触れ方のコツを学び、正しく触れているかの確認をしながら練習すれば、これから何が必要かが見えてくるのではないでしょうか。 【プログラム】 1.膝関節における骨指標の触診 2.正常な運動軌跡での膝関節屈曲操作 3.膝関節伸展機構の触診 4.膝関節屈筋群の触診 5.症例紹介   【持ち物】 動きやすい服装 筆記用具 ヨガマット <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on山梨県query_builder2017/06/18 10:00
    第5回研修会 【講師コメント】 頭痛・頚部痛・上肢痛を有する症例に対して、どのような視点で介入するでしょうか。 頭頚部は非常に細かく複雑であり、危険な領域の多いところです。そのため症例に介入する際は、リスク管理しながら、局所を改善させることを目的にした介入、メカニカルストレスの軽減を目的にした介入を使い分ける必要があると考えます。 今回の研修では、頭頚部の触診時にリスクを回避し、機能解剖と運動連鎖の視点から考えた運動療法の知識と技術が習得できるように、講義・実技を行わせて頂きます。 【講師】
    上野原梶谷整形外科
  • location_on富山県query_builder2017/06/17 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治ら
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on新潟県query_builder2017/05/28 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「子育て」「夫婦関係」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会