関東地方のセミナー90 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/04/22 12:30
    ◎はじめに 関連ガイダンス/査察指摘事項/DI対応例 ◎DI対応と浮き足立つ前に 生データ・記録の定義/SOP再確認/機器管理台帳の整備/リスク評価 ◎DI対応システム導入 生データの保全/記録とトレーサビリティ/SOP改訂と教育訓練/システムに求められる必須機能・出来ること、出来ないこと/バリデーションの負荷軽減 ◎システム導入後、運用のポイント アクセス権管理/時刻同期/バックアップ・リストア/バックアップ、アーカイブメディア管理/DIカルチャー醸成 ◎指摘事例 EU/US FDA/PMDA
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/16 12:30
    1.平成30年度診療報酬改定 2.薬価算定基準の改定 3.医療用医薬品の薬価基準収載をする際に知っていなければいけないポイント 保険収載の流れ 薬価基準収載希望書作成 算定方法 類似薬効比較方式 原価計算方式 外国平均価格調整 加算 4.申請書類の記入方法 実際の書式を用いて記載の際の注意点 薬価基準収載希望書資料作成 推定適用患者数及び予測販売数根拠資料 類似薬効比較方式の選定薬の根拠の記載方法 類似薬がない根拠 加算申請 原価計算方式を提出する際の添付資料 5.学会・ロビー活動 6.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/27 13:00
    1.地域包括ケアシステム実現に向けて 2.在宅療養移行支援のプロセス理解・システム構築  (1)退院支援・退院調整3段階プロセス  (2)外来から取り組む在宅療養支援 3.在宅支援チームと病院チームで協働して取り組む入退院支援・看取り支援  (1)入院決定時から、退院後のフィードバックまでの連携協働のあり方  (2)安定在宅着地のための退院直後支援  (3)ケアプロセスを切れ目なくつなぎ、意思決定を支える院内・院外の仕組み
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/03/26 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.消費税増税の背景 2.改正消費税法の内容 3.医療・福祉非課税の原則と控除対象外消費税 4.控除対象外消費税問題の医療機関への影響 5.控除対象外消費税問題と平成31年度税制改正 6.軽減税率の導入とその影響 7.インボイスの導入とその影響 8.消費税率引き上げに伴う経過措置 9.医療機関の設備投資と消費税 10.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/03/25 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 診療記録は医事紛争が発生した場合の最重要証拠として位置づけられています。実際に行った説明や診療行為であっても、診療記録に記載がなければ「行わなかった」と認定される可能性が高いといえます。本講義では、医事紛争を多数扱う法律家の観点から、望ましい診療記録のあり方について、実例をもとに具体的に紹介いたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/13 18:40
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防しましょう。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/03/22 10:30
    医薬品製造現場における逸脱は、いろいろな手段を講じてもゼロにはできない。重要な事は ① 逸脱が起こるメカニズムを理解すること ② どんな逸脱が発生しているのかを認識すること ③ 逸脱が起こる兆候をとらえること ④ 逸脱が起こってもそれが重大な品質問題に繋がらないように適切な手段をとること ⑤ 少しでも逸脱を減らす手段を講ずること ⑥ 変更管理を含む後処理を適切に行うこと ⑦ 関係部門で情報を共有すること、などである 本講演では、こうした点についてCMOにおける8年余における経験を踏まえて解説する
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/22 10:30
    1.香りの効能 2.香りの作用機構 3.香りの有効性評価法 4.香りの評価のための計測法の実演 5.香りの評価法の課題 6.まとめと香り研究の展開
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/17 12:30
    1.微生物とは 2.微生物実験の基本操作 3.分離・培養・同定方法 4.再発防止に向けた各種試験方法 5.微生物の保存管理など
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/25 12:30
    『自社で試験する際にはどんな試験法を採用すればよいのか?』『試験機関に出すものはいろいろな試験法や定量下限などがあるがどれを選択すればよいのか?』など、日々の品質管理でお悩みの方も多い。 化粧品の広告について昨今は景表法・薬機法の違反により課徴金が課されるようになり『有効な広告表示を行うためにはどんなエビデンスを取得すればよいのか?』などに悩まされている企業も多い。 本講習会では昨今の回収事例や指摘事例を紹介し、多くの化粧品会社の品質管理をお手伝いしてきた観点から、実際の事例を中心に解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/27 12:30
    【趣旨】  一方、臨床試験を開始したのに、何らかの理由で開発を断念せざるを得なかった医薬品の中には、動物用として世に出ることを獣医師に切望される医薬品もあります。人用としては既に同効品が競合する疾患領域であっても、動物用としては新規の作用機序ゆえに歓迎される場合もあります。  本セミナーでは、医薬品開発で蓄積した試験データを動物用に活用できないか、長年の動物薬開発経験からお話しします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/28 10:00
    【趣旨】.  本講義の第1部は臨床試験計画編とし,臨床試験計画に関する統計的知識を提供します.特に症例数設定に注目し,症例数設定に必要な情報や考え方,根拠について説明します.  第2部はデータ解析編とし,申請資料の作成や理解のために必要となるデータの見方や代表的な解析手法を紹介し,解析手法とエンドポイントや症例数設定との関係を講義します.  第3部は結果報告編とし,統計的視点から,総括報告書やCTDを作成する上での注意点を概説します.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/26 10:30
    【習得できる知識】 ・ バイオリアクターを使用するための基本やノウハウの概要 ・ バイオリアクターをより高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識 ・ バイオリアクターや周辺技術の今後の発展の方向性に関する知識  本セミナーでは、バイオリアクターの基本から、容器・装置・操作の設計論の基本的事項を解説し、各種細胞への適用における注意点を述べる。  本セミナーが対象とする技術の範囲は極めて広く、一日で全てをお伝えすることは難しいが、可能な限り平易にエッセンス・考え方に絞って講義する.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/29 12:30
    【趣旨】  本セミナーでは、医薬品製造工場建設における計画、設計、建設、試運転の各過程において、最新GMPを如何に組み込めば良いのか具体的に解説いたします。  さらにユーザー要求仕様書(URS)の作成ポイントや、リスクマネージメント手法などユーザーエンジニアにとって最も重要なアイテムを明確に解説致します。プロジェクトの両輪である「建設」と「GMP」を計画・設計・調達・建設・バリデーションなどの各ステップおいて、どの様にバランスを取り、適正に運用するかについて詳述します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/25 10:30
    【習得できる知識】 〇 Clinical QMSにおけるRBMの位置づけ 〇 RBMの概念 〇 RBMの一般的な手法 〇 RBM導入に関する成功事例、失敗事例と勘違い事例 〇 RBM導入により試験を成功に導くポイント 〇 品質改善手法Lean Six Sigmaの理解 被験者の保護とデータの信頼性を第一に考えた日本における臨床試験の発展、モニタリングコスト抑制のため、また、自身と会社の成長のために、ぜひご参加ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/26 12:30
     1:はじめに  2:ターゲット疾患若しくはターゲット領域は明確か  3:開発経緯で収集したデータについて  4:KOLの選定  5:臨床での使用ビジョンは明確か。  6:PMDAに相談をする際の留意点  7:臨床研究用プロトコール作成のポイント  8:実施医療機関との関連  9:申請資料への書き方  10:これからの診断薬について
    株式会社R&D支援センター