関東地方のセミナー102 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/10/17 12:30
     1.治験薬を正しく理解しよう   1.1 医薬品とは?   1.2 治験薬とは?  2.医薬品/治験薬における品質を理解しよう   2.1 医薬品の品質とは?   2.2 治験薬の品質とは?  3.医薬品開発と治験薬の関係を理解しよう   3.1 医薬品開発における品質の位置づけとは?   3.2 医薬品開発における品質保証とは?   3.3 治験薬のGMPと医薬品GMPの違いは?  4.治験薬のGMPを正しく理解しよう   4.1 法的位置づけ   4.2 3極におけるGMPの現状   4.3 EU-GMP改正Annex13について   4.4 3極における治験薬のGMPの共通点   4.5 日本の治験薬GMPのポイント  5.PIC/SとPIC/SGMDPを理解しよう   5.1 PIC/Sとは?   5.2 PIC/S加盟の意義とメリット   5.3 日本におけるPIC/SGMDPの位置づけ   5.4 PIC/SGMDPにおける治験薬のGMP   5.5 治験薬のGDPについて(日本版GDPガイドラインを含む)  6.CHガイドラインとの関係を理解しよう   6.1 ICHガイドラインとは?   6.2 ICHの品質ガイドラインと治験薬のGMPとの関係  7.治験薬のGMPの適切な運用のために   7.1 治験薬のGMPの本質   7.2 治験薬のGMPの運用における留意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/09/17 12:30
     1.適切な510(k)申請のために情報収集の方法  2.FDAとの事前相談の実施方法、指針  3.510(k)申請書に必要な書類概要   3.1 510(k)申請書目次   3.2 510(k) Summary   3.3 Substantial Equivalence Discussion   3.4 製品概要   3.5 Standard Data Report   3.6 Biocompatibility   3.7 滅菌と保存試験  4.実質的同等性とは何か   4.1 Intended Use (Indications for Use )   4.2 科学技術的特性   4.3 原材料   4.4 安全性と有効性への影響   4.5 エネルギー源   4.6 作動原理   4.7 滅菌方法   4.8 色素添加物   4.9 性能試験  5.FDA ラベリング作成の指針   5.1 Manual   5.2 添付文書(Package Insert)   5.3 販促資料  6.原材料・生体適合性記載留意点  7.ソフトウェア記載の留意点   7.1 IEC62304との関連   7.2 Cybersecurity   7.3 Traceability  8.人工知能・AIの申請上の留意点   8.1 米国における承認基準の状況   8.2 Computer-Assisted Detection Devices)(CADe)FDAガイドライン   8.3 CADeの臨床評価試験で使用される統計手法   8.4 CADe臨床評価試験のデザインの特徴   8.5 確定診断するAIの承認例  9.性能試験実施の留意点   9.1 比較試験   9.2 試験protocol  10.臨床試験規制の特徴   10.1 IDE規則とGCP   10.2 臨床試験protocol   10.3 統計学的妥当性  11.510(k)申請のタイムライン   11.1 FDAの持ち時間   11.2 FDAとのInteractive Communication   11.3 Additional Information Request(照会対応)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/09/30 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 本セミナーでは、今後の病院や介護施設の職員の働き甲斐の向上や生産性向上を目指した人事・賃金制度の構築と運用について、イメージできるツールや事例を示しながら、具体的な方策を説明します。また、病院や介護施設で、自ら制度構築ができるよう、説明するツールや事例はできるだけデータで差し上げます。今回は、中小病院向けに、「ポイント制範囲給表」のご紹介も行い、さらにこの特殊な賃金表の作成・運用シートもデータで差し上げますので、中小病院の人事労務のご担当の方にも是非ご参加いただけましたら幸いです。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/10/03 13:30
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) センサー技術の進展に伴いフィジカル空間のデジタル化が進んでいる。しかしどれだけデータを蓄積しても、意味づけができなければ社会的な価値は創出できない。これまでの医療は「遺伝学とメカニズム」に基づいた身体への介入が中心であった。しかし心と身体は密接に結びついており、生活習慣病は発生・発達を経て時間の積み重ねとして生み出される。 AI時代の新たなヘルスケアは「発生学と自己組織化」に基づいたものになる。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/07 13:00
    医療従事者は1名につきテキスト代として 3,000円(税込) 一般企業の方は、1名につき 32,400円(税込) Ⅰ. 精神医療が牽引する「精神障害にも対応した地域包括ケア」 Ⅱ. これからの精神科病院のありかたと精神病院の経営戦略 Ⅲ. 民間精神科病院におけるリニューアルのポイント
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/27 13:00
    1希少難病薬の研究開発とビジネス環境 2製薬企業における生産性の低下 3社会環境の変化 42000年代に時価総額を大幅に増大させた製薬企業 5FDAが2013年に承認した一般新薬の売上予測開発コスト、患者有病率それらの相関 6FDAが2013年に承認したOrphan diseaseの新薬の売上予測、開発コスト、患者有病率 7希少疾患指定薬と通常疾患の開発成功確率の比較 8海外希少難病薬の研究開発とビジネス環境 9希少難病薬成否の要点(欧米) 10国内製薬企業の大半が獲得できていない環境・情報
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/11/16 10:00
    ■講座1:10:00~11:45 認知症の人の想いをカタチに!認知症の人の社会参加活動を見える化! 「認知症だからできない…」という発想の脱却と社会参加活動に対する考え方の整理 ■講座2:12:00~13:15 認知症ケアでの環境設定の視点 リビングオブザイヤー最優秀賞受賞!入居待ち100名超えの「ありがとうグループホーム」の工夫を中心として ■講座3:14:15~15:30 新しい総合的認知症ケアの実践 認知症の方に効果的なプログラムとケアの工夫 ■講座4:15:45~17:00 認知症ケアの現場で不適切ケアを防ぐためのスタッフ教育 不適切ケアを予防するコミュニケーションと利用者理解の観点 ※本研修は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士:3単位)
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/11/17 10:15
    ■第1講座:10:15~11:45 本人が望む最期を実現する看取りケアの進め方と介護の工夫 ■第2講座:12:45~14:15 『最期まで自分の場所で自分の人生を生きる』ことを支援する訪問看護 ~在宅ホスピスケアを主軸とする訪問看護ステーションとして、年間看取り数600件以上の在宅看取りの実践から~ ■第3講座:14:30~15:15 訪問介護でもここまでできる!看取りケアの質を高めるための取り組み ~ターミナル期における他サービスとの連携~ ■第4講座:15:30~17:00 経験の浅いスタッフを育てる!「情報不足」「経験不足」により不安を持つ者への死生観の育て方
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/31 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) この対話術は、わたしが病院経営コンサルタントとして多くの問題を解決してきた効果実証済みの方法です。 また、この対話術を実践した各病院の責任者さまも同様にコミュニケーションの問題を解決することに成功しました。 本セミナーは、講義だけではありません。実践的なワークを通じて、医師、他部門、部下を動かす対話術を習得していただけます。 他にも、院内のコミュニケーションや経営問題を改善するための方法について多くをお伝えします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/27 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 2018年の同時改定から早1年半が経過しようとしています。 先頃中医協の入院医療評価分科会では2018年度調査結果(速報)の概要についてが報告されましたが、皆様の病院では如何でしたでしょうか? 2025年に向けて地域医療構想を達成すべく病床機能の再編については更なる方向性が出てくるものと思います。厚労省はどのように進めて行くのか、地域包括ケアシステムの構築はどうなるのか、現段階で読み取れる内容についてお話しさせていただきます。 1.地域医療構想に向けた新たな入院医療の方向性は? 2.地域包括ケアシステムの構築に向けた医療と介護の連携は? 3.その他 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/25 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 医師の人事評価制度で最も悩ましい「業績評価」。診療科の特性や業績に対する個人の考えなど、平準化しにくい要素が多く、納得性の高い評価基準や指標の設定は至難の業といえます。なかでも業績目標値は、一般的に対前年比やベンチマーク対比を用いて基準を設けますが、ベストな手法とは言い切れません。業績評価に偏重することは医師の反発を招くリスクがあるため、売上や利益以外の「貢献」をいかに評価するか考え抜く必要があるのです。 本セミナーでは、医療福祉専門の組織人事コンサルタントが、デリケートな要素をはらむ医師の業績評価設計を中心に、納得性が高く成果を生みやすい人事評価制度の構築と運用についてお話しいたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/10 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 2010年~2040年、若年人口は3千万人減少、後期高齢者は1千万人増加。6月発表の国の2019成長戦略実行計画でも(1)医療・介護の生産性を大幅に向上(2)高齢者が長く働ける社会の実現が強調。2019成長戦略実行計画で示された国家戦略の方向性、ICTやハイテク機器を用いて生産性の上がった2025年の医療介護現場のあるべき様子や、医療介護の利用量が少ないが人生の満足度が高い2025年の高齢者の標準的な老い方・死に方を紹介する。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/09/05 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 先送りを重ねてきた消費税再増税(8%→10%)ですが、さすがに2019年10月1日の再増税は見送られることはないというのが衆目の一致するところであり、この消費税増税に合わせて診療報酬や薬価も改定されることが決定いたしました。(本体+0.41%、薬価▲0.51%、材料価格+0.03%) 2014年の消費税増税時(5%→8%)も診療報酬改定には消費税増税に伴う医療機関の負担増を考慮したうえでの改定がなされたというのが建前ですが、実態としては大型急性期病院を中心に設備投資や委託費等の「損税」がそのまま医療機関の経営悪化につながり、その痛みが現在も続いていると言えるでしょう。 そこで、本講では前回の増税時に巻き起こった損税への具体的対策手法、そして消費税転嫁対策特措法による「交渉のしにくさ」をどう解消すべきなのか、具体的事例を豊富にご紹介することで消費税再増税に負けないための適切なコスト管理(ローコストオペレーション)の手法をお話いたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on神奈川県query_builder2019/09/21 10:15
    1. 管理者・リーダーの役割は何か!? ~結果を出す管理者と出せない管理者の違い~ 2. 働きやすい環境づくりのためにリーダーとしてできること 3. 現場の職員のやる気、モチベーションについての分析 4. チームワークの実態をどう見るか 5. 管理者、リーダーとして必要なコミュニケーションスキル
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2019/09/20 10:15
    1. お世話型サービスから利用者の意思でやりたいことが出来るサービスへ 2. ケアマネジャーが選びたくなる広報物の作り方とプレゼンの仕方 3. 利用者・家族が「デイを見に行きたくなるように伝える」ということ 4. 地域に自事業所の必要性を感じてもらうための広報とは 5. キーワードは「循環」と「継続」!地域連携拠点のつくりかた
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/11/20 13:00
    「臨床薬理学」は,薬物とヒトとの関係のあらゆる側面に関係する科学であり,優れた医薬品の開発,安全かつ効果的な薬物の利用を促進し,患者ケアを改善する事に欠かす事のできない事は周知の事実である。  近年,臨床薬理学の重要性はより高まり,学会,ガイドラインの整備などが充実する一方,医薬品開発における実務的な情報は十分とは言えない部分も認められる。  本講座では,演者の医薬品研究及び開発の経験を通じての臨床薬理学の実務的な話しを中心にお伝えする。
    株式会社R&D支援センター