関東地方のセミナー83 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on東京都query_builder2020/01/30 10:30
     1.はじめに 業態に応じて行うサプライヤ管理  2.サプライヤ管理に関する法規制上の要求  3.サプライヤのQualificationとは?  4.Supplier Qualification Guideline / APIC   4.1 サプライヤの新規選定   4.2 サプライヤの継続的管理  5.サプライヤ管理の考え方   5.1 サプライヤ管理の目的   5.2 社内各部門の視点  6.サプライヤ監査   6.1 システム監査   6.2 行政の監査とサプライヤ監査の共通点と相違点   6.3 チーム編成と事前送付資料の依頼   6.4 監査計画書の作成との送付   6.5 オープニング会議 工場の概要と製造工程の概説、PQSの説明   6.6 サイトツアー   6.7 製造指図記録書その他文書・記録の確認   6.8 ラップアップ   6.9 監査レポート送付   6.10 CAPA計画・報告の入手   6.11 レイティング   6.12 フォローアップ  7.監査演習  8.まとめ、質疑応答
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/01/29 10:30
     1.中国   ・医療保険制度~都市従業員基本医療保険制度と新型農村合作医療制度   ・保険給付システム   ・医療提供体制   ・医薬品市場規模と市場構造   ・薬剤の保険償還制度   ~保険償還薬甲リスト・乙リストと収載プロセス、国家基本薬物目録~   ・薬価制度と薬価設定の実際   ~新薬・GEの薬価算定方法、上限販売価格登録から              公定薬価設定までの流れ、薬価改定の動向、薬価水準など~   ・医薬品集中入札制度   ・最新の動向   ~公定薬価制度から自由価格制度への移行、           承認審査の加速化、医薬品流通の両票制の導入~  2.インドネシア   ・医療保険制度   ~様々な公的医療保険(ASKES,JAMSOSTEK,JAMKESMASなど)と               BPSJ Health設置による統一医療保険制度(SJNS)の開始~   ・保険給付システム   ・医療提供体制   ・医薬品市場規模と市場構造   ・薬価制度と保険償還システム   ~国家必須医薬品リスト,政府のGEリスト,         ASKESドラッグ・フォーミュラリ,価格規制,薬価水準など~   ・最近の動向      ~輸入薬の承認・登録条件の厳格化など~  3.フィリピン   ・医療保険制度   ~公的医療保険フィルヘルス~   ・保険給付システム   ・医療提供体制   ・医薬品市場規模と市場構造   ・薬価制度と保険償還システム   ~国家必須医薬品リスト,価格規制,薬価水準など~   ・最近の動向   ~政府による医薬品の並行輸入実施など~  4.ベトナム   ・医療保険制度    ~強制加入型の社会医療保険SHIと民間保険~   ・保険給付システム   ・医療提供体制   ・医薬品市場規模と市場構造   ・薬価制度と保険償還システム   ~SHIのポジティブリスト(National Drug List),必須医薬品リスト,価格規制,薬価水準など~   ・最近の動向   ~SHIの全国民への拡大, 政府の「医薬品国内生産重視」政策など~  5.タイ   ・医療保険制度    ~3つの公的医療保険(公務員医療給付制度,社会保険制度,国民医療保障制度)~   ・保険給付システム   ・医療提供体制   ・医薬品市場規模と市場構造
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/01/24 10:30
     1.GMPの基礎の基礎   (1) 医薬品の特性   (2) 法律の遵守(コンプライアンス)   (3) 医薬品の回収   (4) 医薬品の製造所が目指すべきこと  2.GMPの概念と本質   (1) 法規制の推移   (2) GMPの目的と必要性   (3) GMPソフトとハード   (4) GMPの三原則   (5) 医薬品製造業とは  3.GMP文書の重要性   (1) GMP文書体系   (2) 文書管理   (3) 膨大な文書類の管理方法   (4) データインテグリティ(データ完全性)  4.異物対策・防虫対策(構造設備のあるべき姿)   (1) 異物対策   (2) 防虫対策   (3) 衛生管理  5.医薬品の製造設備管理   (1) GMP対応設備とは   (2) 構造設備管理    1) 製薬用水設備     2) 空調設備  6.クオリフィケーションとバリデーションとベリフィケーション   (1) クオリフィケーションとは   (2) DQ、IQ、OQ、PQについて   (3) バリデーションとは   (4) ベリフィケーションとは   (5) キャリブレーションとは   (6) バリデーション実施例   (7) 洗浄バリデーション   (8) 分析法バリデーション   (9) コンピュータ化システムバリデーション   (10) バリデーションのまとめ  7.GMP適合性調査   (1) 最近の指摘傾向  8.GMP省令改正
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/01/23 10:30
     1.ファンデーションの粉体技術と市場動向  2.ファンデーションや口紅の使用感の機器分析の基礎   2.1 テカリ感と透明感のある明るい肌のツヤとマットな隠ぺい力をもたらす粉体の違い   2.2 アスペクト比と粉体形状係数   2.3 フワッと軽くのびる心地よさと嵩密度と動摩擦係数   2.4 均一にのびてピタッとつく付着力と分散性と結合油剤の影響   2.5 隠す効果とぼかす効果の光学的機能の差異と粉体形状と屈折率の関係   2.6 化粧くずれを防ぐ持続性の官能指標と粉体の物性機能   2.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/11/27 10:30
     1.無菌操作法のリスク  2.注射剤の歴史とそこから学んだこと   2.1 無菌性と発熱性物質フリー   2.2 無塵性確保   2.3 直接容器の材質   2.4 長期安定性/使用性の確保   2.5 製造工程の留意点(液調製、ろ過、充填、巻締)  3.凍結乾燥とは   3.1 装置の概要  4.凍結乾燥条件の設定   4.1 予備凍結工程の留意点   4.2 ロット内の凍結構造均質化策   4.3 氷晶核形成の均質化策   4.4 一次乾燥工程の留意点   4.5 二次乾燥工程の留意点  
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/11/21 10:30
     1.ゲノム編集の原理と歴史   1.1 ゲノム編集の原理   1.2 ゲノム編集の前CRISPR/Cas9史   1.3 CRISPR/Cas9時代の到来  2.ゲノム編集の最先端技術   2.1 ゲノムを編集するために   2.2 ゲノム編集以外の目的のために  3.ゲノム編集技術の応用   3.1 動植物・生体への応用    3.1.1 遺伝子改変モデル生物の作製    3.1.2 遺伝子改変畜産動物の作製    3.1.3 遺伝子改変農作物の作製    3.1.4 Gene Drive:生物集団を遺伝的に制御    3.1.5 細胞系譜の追跡:細胞が分裂して増えてきた歴史を辿る    3.1.6 データを生きた細菌のゲノムに記録する    3.1.7 微量のウイルスの検出    3.1.8 ヒト受精卵のゲノム編集:倫理と今後の課題   3.2 iPS細胞による疾患モデルへの応用    3.2.1 これまでのiPS細胞による疾患モデルの課題    3.2.2 心臓疾患モデル    3.2.3 ダウン症モデル   3.3 iPS細胞による細胞移植治療への応用    3.3.1 iPS細胞による細胞移植治療の課題と取り組み    3.3.2 標的疾患:肝臓疾患、眼疾患、心疾患、神経疾患など    3.3.3 細胞移植治療をめぐる状況   3.4 生体内・外ゲノム編集の応用    3.4.1 モデル生物の問題点    3.4.2 HIV治療    3.4.3 筋ジストロフィー治療    3.4.4 腫瘍免疫によるガン治療    3.4.5 血液疾患などその他の疾患の治療  4.デジタルPCRによるゲノム編集結果の検出と応用(講師自身の研究成果)   4.1 デジタルPCRによるゲノム編集結果の検出   4.2 デジタルPCRのゲノム編集への応用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/01/23 10:30
     1.官能評価とは?   1.1 なぜ官能評価をするのか?   1.2 機器分析との違いと特徴   1.3 官能評価のプロセス   1.4 倫理審査  2.官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール   2.1 評価方法の種類   2.2 実験環境をどうするか?   2.3 試料数とその提示法   2.4 パネルの選び方と数   2.5 評価に使うことばの選び方   2.6 官能評価の尺度と特徴  3.官能評価用質問紙の作り方   3.1 フェイスシートにはどんな内容を盛り込むか?   3.2 質問紙の具体例  4.官能評価データの解析   4.1 データ解析の基本    ・平均    ・分散    ・標準偏差    ・ガウス分布    ・t分布   4.2 検定:2つのスコアの間に差があるか?   4.3 相関分析:2つの変量の間の関係   4.4 回帰分析:3つ以上の変量の間の関係   4.5 高度な解析法    ・クラスター分析    ・パス解析    ・共分散構造解析  5.感覚に関する機器分析の一般的な考え方  6.手触り・触感のメカニズムと定量化技術の最新動向   6.1 ヒトの触覚認識メカニズム   6.2 触覚センサと触覚ディスプレイ   6.3 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用   6.4 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発   6.5 触覚による水認知のメカニズム   6.6 水の触感のディスプレイの可能性   6.7 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源   6.8 シルクのような手触りの粉黛とその化粧料への応用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/01/21 12:30
     1.OAの発症機序   ・発症に関与する要因   ・加齢によりOAが発症する理由  2.OAの進行機序   ・各組織の変化とOAの進行   ・軟骨について   ・滑膜について   ・軟骨下骨について  3.OAの進行と症状   ・実際の症例にみるOAの進行   ・OAの進行と症状の関連   ・膝OAの症状:痛みはどこから生じるのか?  4.OAの治療の現状と将来   ・膝OAに対する種々の診療ガイドラインの紹介   ・OA治療の実際   ・治療薬開発の現状と将来  5.OAのバイオマーカー探索の現状   ・OAのバイオマーカー探索の歴史と現状  6.OAの病態解明に関する我々の取り組み   ・軟骨、滑膜における遺伝子発現の網羅的解析   ・軟骨、滑膜におけるタンパクの半網羅的解析   ・関節液の解析   ・ヒト検体の解析結果から考えられるOAの進行および疼痛発現の機序
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/12/20 12:30
     1.微生物の一般的な生育条件   1.1 微生物の生育条件を考える。    1.1.1 pH    1.1.2 温度    1.1.3 酸素(空気)    1.1.4 水分(湿度)    1.1.5 栄養源    1.1.6 塩濃度・糖濃度   1.2 微生物汚染を受けやすい製品かを考える。   1.3 製品の微生物汚染をコントロールできるか?  2.微生物試験法   2.1 培地の選択   2.2 培養条件の検討   2.3 殺菌   2.4 微生物の計数   2.5 製品汚染微生物の分離と特徴付け    2.5.1 コロニー等の形態観察    2.5.2 製品汚染微生物の分離   2.6 微生物コレクションの作成と保存方法  3.防腐・抗菌性試験   3.1 試験微生物の選択   3.2 防腐・抗菌剤の有効濃度の予測   3.3 防腐・抗菌剤を含まない素地の抗菌力を考える。   3.4 防腐・抗菌剤の選択    3.4.1 防腐・抗菌剤の性質    3.4.2 化粧品に使用される防腐・抗菌剤の要件    3.4.3 製品中での抗菌活性の低下    3.4.4 防腐・抗菌剤の選定と配合量    3.4.5 配合上の留意点  4.製品の抗菌性を考える。   4.1 製品の機能、効能・効果と抗菌力   4.2 製品の安定性と抗菌力   4.3 エマルションと防腐・殺菌剤   4.4 ビーカースケールと製造スケール   4.5 防腐剤フリーのために   4.6 保存効力試験は自社で行うか、外注か。  5.製造所の微生物管理   5.1 微生物がどのくらい存在しているか、また、どこに多いか?    5.1.1 微生物計数条件    5.1.2 空中落下菌の状況    5.1.3 原料    5.1.4 製品    5.1.5 作業環境   5.2 製造所の微生物管理   5.3 衛生管理   5.4 作業従事者の意識   5.5 GMPとISO・・・標準化  6.品質保証   6.1 製品の物性と微生物安定性   6.2 微生物汚染製品のクレーム処理   6.3 製品の抗菌力と使用方法、容器の選択  7.微生物汚染防止のための社内ネットワーク   7.1 よりよい微生物管理を行うために
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/11/20 10:30
    【第1部】 製剤学入門(超基礎編) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   <講師>明治薬科大学 深水 啓朗 氏  1.日本薬局方に基づいた剤形の種類や定義   1)日本薬局方の概要   2)製剤各条における剤形の定義  2.製造工程における単位操作   1)固形製剤の製造における単位操作   2)無菌製剤の製造方法    a)滅菌と無菌操作    b)注射剤の製造方法    c)凍結乾燥  3.製剤の品質を担保する公的な試験法   1)物理的試験法   
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/11/30 09:30
    ISR®(=Inter-Structural Release)または組織間リリース®とは、組織同士をゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。 具体的には、指先を組織の間に滑り込ませて、末節骨遠位端を使って1mmの精度で疎性結合組織をリリース(解放)します。 その結果、あらゆる軟部組織(=皮下組織、筋、腱、神経、骨膜など)を対象として、組織間の癒着を解き、滑らかに動くよう改善させることができます。 組織をつぶすことなく、溶かすように組織間の滑走性を改善させます。 幼児期のときのように、すべての組織がスムーズに滑るようになることで、組織の緊張が軽減され、癒着による痛みが軽減されます。リースすることを意図した徒手的治療法です。 今回のセミナーでは ・重度の肩関節拘縮の治療において、確実に拘縮の要素である癒着を解消しながら治療を前進させられるようになること ・軽度の肩関節拘縮(肩関節疾患)の治療において、可動域を制限している要素を速やかに見つけ、それを即時的に解消させられるようになること ・腕神経叢を正確に触診できるようになり、胸郭出口症候群の治療を習得すること を目標とし実施していきます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on東京都query_builder2019/12/06 13:00
    Ⅰ. なぜ、赤字にあえぐ中小病院が、年間2億円以上の増収を実現できたのか? 経営数字力でコミュニケーションを向上させる「かしこい数字の使い方」で医師や他部門を動かす方法 複雑な会計知識を必要とすることなく、かんたんに病院のお金の流れを1枚の図で見える化。たった2割の会計知識で、経営判断に必要な8割のことを理解できるようになる「お金のブロックパズル」を使って、医師や他部門が進んで経営に関わるようになる実践的キャッシュフロー思考について解説します。 Ⅱ. 患者や他の医療機関・職員から選んでもらえる『オンリーワン・病院』を目指して ~職場は貴方の晴れ舞台~ 当院は、急性期の脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院を目指し、経営理念を目的に、全職員参加で経営指針書を作成し、人材育成を中心に経営を推進してきた。病院の特色としてワークライフバランスを重視し、職場環境の整備・医療とアートの融合など癒しの環境の整備を行った。理念追求型の学習型病院について言及したい。 Ⅲ. 外来・入院医療中心へ転換した、くろさわ病院の経営改善事例 当法人は長野県佐久市を中心に83床の小病院であるくろさわ病院を中心に保健医療福祉を展開している。病院は建物の老朽化により2017年4月に新築移転し、近年注力しているリハビリ・救急・整形外科手術に重点的に取り組み、更に収支が悪化していた医療療養床を地域包括ケア病棟に転換し経営改善に取り組んでいる。法人全体としては介護事業所を整理し運営の効率化を図り、また商店街のイベントに参加し、空き店舗を利用してコミュニティスペースを開設し街づくりに積極的に参画している。 ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/29 14:00
    「デジタルディスラプション」「デジタルトランスフォーメーション」「Death by Amazon」など、多くのバズワードからデジタル化によって様々な産業分野が変化を余儀なくされていることがうかがえる。医療・ヘルスケア産業も例外ではない。多くの国で、規制産業であれば医療は、比較的緩やかな変化をすることが多いが、それでも、デジタルが生活者の思考や行動までをも変えつつある中、いよいよ変化を迫られている。さらに、日本をはじめとする多くの先進国では、少子高齢化が進行し、医療を含む社会保障制度全体の見直しが迫られている。 本講演では、制度、テクノロジー、社会構造に至るまで、様々な変数のからむ医療・ヘルスケア分野を俯瞰し、2030年に向けた予測ビジョンを描く。 1.社会構造変化と医療・ヘルスケア産業 2.イノベーション 3.医療・ヘルスケア産業におけるデジタルトランスフォーメーション 4.プライマリケアシフト 5.グローバルシフト 6.日本と世界におけるデジタルヘルスの事例 7.ビジネスを取り巻く3つの競争   ~バリューチェーン化競争/サービス化競争/プラットフォーム化競争 8.質疑応答/名刺交換 ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/22 13:00
    以下のお悩みがある院長や事務長、看護部長、その他経営幹部の方に特におススメ 1.病院が赤字にあえいでいるのに、病院に寄生するノンワーキング医師に頭を痛めている 2、自分の診療領域の中だけで存在価値を高めたい、権限を持ちたい医師が自己主張ばかりする 3.収益が下がるのが怖いので医師に言いたいことが言えない 4.院長が一人で診療負荷をかかえ背中を見せているが、他の医師は無関心 5.将来に向けた病院のコンセプトが見えない漠然としたストレスがある 『このセミナーに参加して得られる効果』 ■ 病院の収益向上のための行動プロセスを見える化してわかりやすく伝える方法が身につく ■ もう"嫌われ役" ともサヨナラ。見守るだけで 改革を目指すチームへ変わる法則がわかる ■ 医師の 心理属性や思考のクセを理解することによって効果的なアプローチがわかる ■ 院長と医師の懸け橋になる院内通訳家として医療経営参謀のポジションが確立する ■ 医師との面談で相手が聞く姿勢をつくる3つのポイントがわかる ■ 以下の漠然としたお金の悩みから解放され、本来やるべきことに専念できる 1.最低限いくら収入を上げれば目標利益が残せるのか売上必達目標をわかりやすく説明できる 2.人を何人まで増やして良いのか、ボーナスはいくらまで払えるのかという人件費の上限がわかる 3.医師に無駄な設備投資をさせない方法がわかる  <セミナー内容> 1.医師の心理属性や思考のクセを知る 2.組織が成果を上げる最も有効な方法とは? 3.このプロセスを辿れば必ず成功できる「チームの成長法則」 4.ヒット企画(アイデア)連発会議法 5.病院の経営状態と適切な判断がすぐにわかる「お金のブロックパズル」とは? 6.医師とのコンスタントな会話と面接法 7.3つの数字を3%改善するだけで利益が2倍になるシナリオ作成 8.院長の危機感を職員に伝える5つのステップ ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/12/24 10:30
    ~処方を体系的に学べる大人気セミナーです~  化粧品も工業製品のひとつであり、適切な性能や性質をもった化粧品を作るためにはさまざまな技術的背景が必要です。  今回の講演では、化粧品の処方開発にこれから取り組もうと考えている企業、処方開発者としての第一歩を踏み出したばかりの方、研究員やOEMが組上げた処方の意味を少しでも理解したい企画立案部門の方や処方例の開発が必要な原料メーカーの方々のために、化粧品処方設計の基礎知識をわかりやすく解説します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/12/18 12:30
    1GDPガイド 2GDP関連の文書管理 -GDP委受託契約と品質協定書 -GDP契約・取決め書の締結範囲 -GDP委受託契約に盛り込むことが必要とされる項目 -製品調達元(サプライヤ)との品質協定書に盛り込むことが必要とされる項目 -運送業者との品質協定書に盛り込むことが必要とされる項目 -GDPガイドで必要とされる手順書例と記録類 -手順書の作成 -記録を含む文書管理の留意点 3GDP監査 -監査の計画とタイプ -監査頻度 -基本監査頻度の評価例 -監査の準備 -監査の実施 -指摘事項のまとめ
    株式会社R&D支援センター