関東地方のセミナー80 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/02/27 12:30
    1.COSMOS認証について 基準の概要 原料規則 製品化ルール 2.認証の取得方法 ライセンスの種類 取得方法 製品の登録方法 維持   3.原料選定と処方作成について オーガニックに関わる原料について  芳香水・植物油脂・グリセリン・精油、エキス類 合成原料に代わる植物原料 製品における処方作成  シャンプー・トリートメント・化粧水・乳液、クリーム・美容オイル 4.品質安定性を保つ技術 保存期限を延ばす工夫  原料・製造方法・処方 防腐剤について  防腐システム・防腐剤の選択・注意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/15 12:30
    1.はじめに 2.バイオロジカルクリーンルームの設備設計 設備設計の基本的な考え方 設計条件の整理 空調ゾーニング 空調方式の決定 BCR技術の選定 ユーテリティ 3.バリデーション ユーザー要求とユーザー要求仕様書 設計仕様と機能仕様 適格性評価 工場受入検査 コミッショニング 4.維持管理 環境モニタリング バイオバーデンコントロール 防虫管理 定期校正 定期バリデーション 設備の保守点検 5.作業員管理と教育 更衣手順、選定、洗濯頻度 人体からの発塵 人の適正な位置取り・適正な動作
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/25 10:30
    1. 医薬品医療機器等法の基礎概要 2.医薬品医療機器等法の業許可制度 3.医薬品医療機器等法の規制対象品目及びその手続き 4.医薬品医療機器等法における成分規制 5.化粧品、医薬部外品の表示・広告規制の概要 参考.輸入製品の検討事項とその流れ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 12:30
    【第1部】 認知症治療薬開発におけるR&R(Recruitment & Retention) 1.被験者募集と脱落防止に対する取り組み 2.臨床試験における患者中心主義の取組み 3.患者中心主義の海外事例 ~患者経験の収集/活用事例・臨床試験での留意点 4.今後の課題と展望 など 【第2部】 認知症薬の現状と今後必要とされる薬剤の開発 1.アルツハイマー病の発症機構 2.アルツハイマー病治療薬(予防薬)の盛衰 3.前臨床試験のために開発された動物モデル 4.予防薬開発におけるパラダイムシフト:症状からバイオマーカーへ 5.タンパク質の定常量は合成系と分解系のバランスで規定される 6.経口投与可の低分子アルツハイマー病予防薬のスクリーニングへ向けて 7.次世代型モデル動物を用いた前臨床試験
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/26 13:00
    1.医薬品、医療機器開発の流れ 2.治験の流れ 2-1治験の定義、実施体制 2-2治験の進め方、フロー 3.GCP関連規制 3-1薬事法による規制 3-2関連規制(ICH-GCPの最新情報も含む) 4.GCP 省令の解説 4-1治験開始前の資料作成のポイント 4-2実施医療機関選定について 4-3治験実施中の要点 4-4治験終了時の要点 5.審査側から見たポイント 5-1PMDAへの相談 5-2PMDAから見たポイント
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/25 10:30
     1.最近規制・ガイドラインの動向   ・EU-GMP/ PIC/S-GMP 専用化要件 / 交叉汚染防止   ・PIC/S Aide Memoire(共用設備における交叉汚染防止備忘録)   ・Risk-MaPP Ver.2ガイドラインの改定内容概要  2.高活性物質を扱うマルチパーパス設備のあり方   ・明確となった専用化要件とマルチパーパス設備   ・封じ込め設備に必要とされる要件   ・封じ込め設備導入時のポイント   3.封じ込めの基本的な事項    ・各種用語の定義    ・曝露の
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 10:30
     1.細胞培養の基礎知識   1.1 細胞を培養する環境・無菌操作    ・細胞培養に適した環境    ・細胞培養に必要な機器、管理    ・無菌操作・火炎滅菌    ・作業しやすいレイアウト   1.2 培養細胞とは   1.3 培地、血清の選択    ・培地の選択    ・抗生物質    ・増殖因子    ・血清    ・血清のロットチェック    ・培地の最適化のフロー   1.4 細胞培養における各操作上の注意点    ・細胞を観察する    ・細胞を継代する    ・細胞を凍結する    ・細胞を融解する    ・細胞増殖曲線の作成法   1.5 細胞の増殖が変化する要因  2.細胞の品質管理   2.1 細胞の保存    ・凍結・融解時の注意点    ・長期保存による細胞生存率の変化    ・長期保存する場合の注意   2.2 微生物汚染    ・汚染の確認    ・汚染の原因、予防   2.3 マイコプラズマ汚染    ・マイコプラズマについて    ・マイコプラズマ検査(DNA染色法)    ・マイコプラズマ検査(PCR法)    ・マイコプラズマ検査(マイコアラート法)   2.4 細胞の種の同定    ・動物種検査     動物種検査(PCR法)     DNAバーコーディング法    ・マウス系統検査(SSLP法)    ・ヒト由来(個人同定法)検査(STR-PCR法)   2.5 細胞同定検査の事例    ・マウス細胞 事例1(系統が異なる)    ・マウス細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)    ・ヒト細胞 事例1(同一人由来細胞でも性質が異なる)    ・ヒト細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)   2.6 クロスコンタミネーションをおこさないためには    ・クロスコンタミネーションの原因    ・クロスコンタミネーションの予防  3.品質管理された細胞の入手   3.1 細胞バンクとは    ・細胞バンクの概要    ・細胞バンクで行われている培養検査・品質管理法   3.2 細胞を入手したら    ・細胞の入手・履歴    ・細胞培養の記録   3.3 論文発表をするときには    ・細胞の入手先の記載    ・細胞バンクからの検査書
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/15 13:00
     1.はじめに   1-1 欧州連合   1-2 欧州の法規制(安全性関連)   1-3 欧州の販売承認   1-4 EMA  2.EU-GVPの概要   2-1 GVPモジュール   2-2 PVシステムと品質システム  3.EU-GVP M6「副作用情報の収集・管理と当局への報告」の概要   3-1 個別副作用報告の仕組み   3-2 規制当局へのICSRの報告    3-2-1 報告期限    3-2-2 副作用報告時に最低限必要な情報    3-2-3 報告起算日    3-2-4 因果関係の定義   3-3 副作用情報の収集、管理、報告    3-3-1 自発的な情報源    3-3-2 依頼に基づく非自発的な情報源    3-3-3 Special situasions    3-3-4 臨床試験、承認後試験、コンパッショネートユース、named patient    3-3-5 非介入臨床研究    3-3-6 医学文献に発表された症例報告    3-3-7 病原体の医薬品を介した感染    3-3-8 新規安全性情報    3-3-9 適応外使用   3-4 ICSR報告の方法    3-4-1 EUにおける安全性情報の電子交換    3-4-2 EudraVigilanceデータベースモジュール    3-4-3 ICSR作成    3-4-4 MAHの本社によるICSRの電子報告  4.重複症例の管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/12 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) ※受講者全員に、講師著書を進呈  「まちづくりとしての地域包括ケアシステム」東京大学出版会(2017年12月) Ⅰ. 超高齢人口減少社会、2040年を見据えたまちづくりの展望 Ⅱ. 地域活性化、地域再生、地方創生から持続可能な地域共生社会の構築 Ⅲ. 人口減少時代を見据えた持続可能な地域共生社会を目指す Ⅳ. ディスカッション
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.現状から自院の病床機能をどう考えるか 2.患者獲得に向けたPFM(ペイシェントフローマネジメント)の整備 3.医療スタッフの安定確保に向けて 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/09 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. これからの医療介護と地域に必要とされる病院 1.自称急性期の意図的選別 2.高度慢性期医療の確立 3.地域多機能病院を目指す 4.介護保険施設のこれから 5.病院再生(ハード面・ソフト面) Ⅱ. 地域包括ケア時代の介護医療院の役割と行方 1.療養病床の歴史 2.なぜ介護医療院か 3.地域医療構想の中の介護医療院 4.介護医療院とは 5.介護医療院の利点、課題 6.地域包括ケア時代の慢性期病院 7.
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/08 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.序章  ・製造業の当たり前を覆す。これからの市場コンセプト  ・予見(市場の再認識:日本市場の特徴と未来予測) 2.潜在の中に隠れる他分野との融合価値 3.政府や自治体、実証事業に隠れるヒント 4.なぜ健康事業は難しい? 実現法則とは? 5.ヘルスケア機器と医療機器の違い 6.「デザイン思考」(M+D+P)開発の重要性 7.企業の「健康経営」トレンドへの対応策 8.モチベーション喚起のヒント 9.海外展
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/06 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.今後日本の人口構成はどのように変化していくのか 2.地域医療構想と医療・介護提供体制の変化 3.AIやICT活用による医療の生産性の向上と効率化   (ヘルスケア分野におけるAIやICT活用例を紹介) 4.未来投資戦略 5.個人の生活、老い方、死に方、はどのように変わるか 6.上記の変化に対する各病院の経営戦略について 7.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/01/26 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.「あり方」が変わると結果が変わる5ステップチャート 2.自信がない人でも、意思が弱い人でも行動できてしまう理由 3.自己主張ばかりの人たちを根底から変える方法 4.職場の生産性を上げる最も有効な方法 5.このプロセスを辿れば必ずV字回復できる「チームの成長法則」とは 6.指示待ちスタッフを0人にし、自主的に動くスタッフを量産する方法 7.経営と現場の懸け橋となる「院内通訳家」となって組織を動かす方法 8.他部
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/03/28 10:30
     1.官能評価とは?   1.1 なぜ官能評価をするのか?   1.2 機器分析との違いと特徴   1.3 官能評価のプロセス   1.4 倫理審査  2.官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール   2.1 評価方法の種類   2.2 実験環境をどうするか?   2.3 試料数とその提示法   2.4 パネルの選び方と数   2.5 評価に使うことばの選び方   2.6 官能評価の尺度と特徴  3.官能評価用質問紙の作り方   3.1 フェイスシートにはどんな内容を盛り込むか?   3.2 質問紙の具体例  4.官能評価データの解析   4.1 データ解析の基本    ・平均    ・分散    ・標準偏差    ・ガウス分布    ・t分布   4.2 検定:2つのスコアの間に差があるか?   4.3 相関分析:2つの変量の間の関係   4.4 回帰分析:3つ以上の変量の間の関係   4.5 高度な解析法    ・クラスター分析    ・パス解析    ・共分散構造解析  5.感覚に関する機器分析の一般的な考え方  6.手触り・触感のメカニズムと定量化技術の最新動向   6.1 ヒトの触覚認識メカニズム   6.2 触覚センサと触覚ディスプレイ   6.3 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用   6.4 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発   6.5 触覚による水認知のメカニズム   6.6 水の触感のディスプレイの可能性   6.7 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源   6.8 シルクのような手触りの粉黛とその化粧料への応用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/27 12:30
     1.はじめに   1.1 医療の経済評価はなぜ必要か   1.2 医療経済と薬剤経済の違い   1.3 費用対効果の考え方   1.4 増分費用効果とは   1.5 投入と結果を比較する  2.病気に関するお金の話   2.1 病気の値段とは   2.2 医療費の推計について   2.3 患者・家族の負担   2.4 生産性損失   2.5 支払い意思額  3.薬物治療の効果の話   3.1 効能と効果   3.2 患者アウトカム   3.3 生存期間   3.4 ネットワークメタアナリシス   3.5 QOLとQALY  4.費用と効果を比べる   4.1 費用効果分析   4.2 費用効用分析   4.3 費用便益分析   4.4 モデル分析   4.5 不確実性・割引  5.おわりに   薬剤経済分析の実例(国内の研究事例を中心に)
    株式会社R&D支援センター