関東地方のセミナー96 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/07/25 12:30
     1.はじめに  2.売上予測の全体像  3.薬価の予測  4.処方箋量に及ぼす要因  5.売上予測を考える上での5つのP  6.売上予測をするための4つの手法  7.売上予測の幅の設定  8.売上予測の上限を達成するためのマーケティング施策の考え方   (1)ブルーオーシャン戦略   (2)差別化戦略   (3)ランチェスター戦略   (4)ゲーム理論:PARTS  9.事例提示
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/22 13:00
     1.マーケティング戦略立案の基本プロセス  2.体外診断用医薬品のマーケティング戦略立案の留意点   2-1.顧客と製品特性   2-2.市場特性と競合環境   2-3.プラットフォーム戦略  3.マーケティング戦略立案プロセス   3-1.製品企画戦略   3-2.プロモーション戦略    3-2-1.製品コンセプト    3-2-2.環境分析    3-2-3.市場性評価    3-2-4.STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)    3-2-5.マーケティングミックスの立案  4.体外診断薬業界の方向性   4-1.技術動向・市場動向   4-2.主要競合企業の動き・方向性   4-3.今後の戦略への示唆
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/08/18 09:45
    ■Aコース 9:45~13:00 「脳疾患(脳梗塞、脳出血、パーキンソン病の方など)リハビリテーションの基礎知識と最新の知見」 「脳疾患(脳梗塞、脳出血、パーキンソン病の方など)リハビリテーションの展開」 ■Bコース 9:45~13:00 「高齢者によく見られる円背の方へのリハビリテーション知識と知見」 「円背の方が訴える腰痛・膝痛へ効果を出せるハンズオンの対応」 ■Cコース 14:00~17:00 「セラピストだからこそできるシーティング 実践と評価」 「中、重度・終末期の人のポジショニング 実践と評価」 ■Dコース 14:00~17:00 「認知症の方とのコミュニケーション・トレーニングの展開~状態に応じたコミュニケーションの取り方と注意することから」 「認知症の方の生活行為向上リハビリテーション~ADL・IADL訓練の工夫~
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/23 10:30
    【第1部】 消化器外科領域における癒着防止剤のニーズ   10:30~12:00 1.本邦における内視鏡外科手術の変遷と現況 2.講演者の治療経験(主に前勤務先) 3. 基本的な手術手技 4.癒着防止材の使用法と工夫点 5.消化器外科領域において使用される癒着防止材と今後の課題 【第2部】 癒着防止材の材料と効果評価・開発のポイント 12:45~16:00 1.腹腔、腹膜、腹膜癒着 2.腹膜癒着 3.腹膜癒着防止材料 4.ドラッグデリバリー機能の利用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/08/30 13:00
    1.ペプチド医薬品について 2.ペプチドの合成  2.1 合成の流れ  2.2 縮合反応  2.3 保護基と脱保護  2.4 固相合成のリンカー 3.ペプチドの分析  3.1 HPLC  3.2 MS  3.3 そのほかの分析法 4.特殊なペプチドの合成  4.1 リン酸化ペプチドの合成  4.2 糖修飾ペプチドの合成  4.3 長鎖ペプチドの合成  4.4 ジスルフィド結合を複数含むペプチドの合成
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/22 12:30
    【第1部】 経皮吸収の基礎と皮膚に適用される製品の開発 12:30~14:50 1.はじめに 2.皮膚の構造と機能 3.皮膚の疾患と治療法 4.経皮吸収 5.経皮吸収製剤の開発 6.まとめ 【第2部】 マイクロニードルを用いた経皮薬物送達 15:00~16:30 1. 薬物の経皮吸収 2. 経皮吸収促進法について 3. マイクロニードル
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/19 13:00
    1.ファーマコビジランスとは 2.医薬品医療機器法下の施行規則、厚生労働省とPMDAの関係 3.日本及び欧州のGVP省令(条文毎) 4.GVP SOPの作り方 5.有害事象と評価(副作用、重篤性の国際比較、治験薬の場合) 6.安全管理情報の当局報告の基準 7.E2B R2からR3で何が変わったか 8.演習問題(有害事象の取り扱い) 9.安全確保措置 10.医薬品リスク計画(RMP)の概要 11.DSURの概要、PBRERの概要 12.市販直後調査と市販後調査について 13.PV業務の委託、再委託について 14.コンビネーション製品の副作用・不具合報告について 15.その他、最近の話題から
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/18 10:30
     1.薬物動態の素過程  2.薬物動態パラメータ  3.薬物動態解析法  4.実践薬物動態学  【質疑応答】
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/18 10:30
    1. バイオフィルムの基礎 2. 身の回りのバイオフィルム 3. バイオフィルムの除去と形成防止・対策 4. バイオフィルムの評価・解析と研究アプローチ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/22 12:30
    0.担当企業紹介 1.GMP準拠の医薬品工場建設のポイント 2.バリデーションのポイント  3.建設プロジェクトのマネジメント手法と具体的事例
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/18 12:30
     1.動物用医薬品法規制の変遷   「薬事法」から「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び   安全性の確保等に関する法律」へ   ~「薬事法」時代の変遷から現在まで~      現状の法規制  2.開発段階から承認取得までの流れ   開発段階に留意すべき点~組織の構成による開発段階での留意点の相違について~   申請書の構成   申請書提出後の審議から承認取得まで  3.承認取得後の業務   製品とは不変ではない   製品全般を把握する方法例   製造書類と申請書の整合性確認
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/24 13:00
    1 体外診断薬と疾患治療薬の違い 2 バイオマーカーそのものを権利化しても無意味? 3 体外診断薬の保護形式 4 日米欧中韓台+新興国における特許保護適格性 5 国によっては、用途発明で保護できるとは限らない 6 米国のBilski事件の判例解説 7 米国のMyriad事件の判例解説 8 米国のPrometheus事件の判例解説 9 米国のAlice事件の判例解説 10 米国特許商標庁の体外診断薬の特許適格性(101条)の事例集 11 コンパニオン診断薬や、医療機器の消耗品である場合 など
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/20 13:00
    【第1部】関節リウマチの治療におけるマネージメント ー主に分子標的治療薬についてー  1.関節リウマチとは  2.治療目標 (T2T: treat to target)  3.治療アルゴリズム  4.治療薬  5.臨床現場におけるマネージメントの工夫 【第2部】臨床医からみた関節リウマチ治療薬における臨床試験デザインのポイント  1.関節リウマチの概要  2.関節リウマチの臨床試験の事例  3.関節リウマチの臨床試験計画のポイント  
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/26 12:30
     1.はじめに  2.再生医療実現に向けた取り組み   2-1 再生医療とは2-2 再生医療実現に向けた取り組み2-3 再生医療の課題  3.再生医療実現に向けた多能性幹細胞の大量培養   3-1 細胞培養の要件3-2 培養容器3-3 培地及び培地成分   3-4 多能性幹細胞培養の課題  4.多能性幹細胞の3次元培養   4-1 Scaffold型培養4-2 Scaffold-free型培養4-3 培養基材4-4 課題   4-5 3次元培養容器の活用例  5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/21 13:00
     1.その薬、本当に効きますか?   1-1 臨床試験の例   1-2 因果効果とランダム化  2.データを人に伝える:記述統計   2-1 データの種類   2-2 データの図示、データの要約  3.データから真実を探る:統計的推測   3-1 検定と推定の考え方   3-2 調整解析の役割 ~共分散分析を例に~  4.この患者さんの治療はどっち:結果の解釈、集団から個へ   4-1 部分集団解析と一般化可能性  5.試験の計画に必要な統計学   5-1 症例数設計   5-2 ランダム化の方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/24 13:00
    近年では企業主導により再生医療の産業化が推し進められている。再生医療を実現するために必要不可欠な周辺産業についても事業化が進められている。キーワードとして標準化や産学連携、パッケージ化などが挙げられ、さまざまなレポートやセミナーが開催されている。その多くは業界全体に対する俯瞰や個別具体的なサービスの紹介であり、産業にとっての「将来シナリオ」や「戦い方のオプション」については議論が必要とされている。 本講演においては、再生医療産業及び周辺産業における参入プレーヤーの戦い方についての整理を行う。
    株式会社R&D支援センター