関東地方のセミナー91 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/10/08 10:00
    【セミナー内容】 1.認知症の理解 2.入院中にみられやすい高齢者の状況 3.病棟で起こりやすいBPSDの対応と工夫 4.身体拘束の早期解除に向けたケアの工夫 5.病棟看護師が行う退院支援の実際 6.認知症ケア加算の実際
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2017/08/31 14:00
    平成30年度診療報酬&介護報酬の同時改定は、医療機関にとって厳しい改定になる事が予想されまる一方で、有効求人倍率は右肩上がりに上がり続け、2017年4月の倍率は1.48倍とバブル期を上回る勢いです。こういった、医師、看護師等の医療スタッフのみならず、事務職員も人材の確保競争が過熱している状況では、「教育」も重要な課題の一つです。今回は、医療機関の事務職員教育について、実例を交えながらお伝えします。 1.医療機関をとりまく労働環境  (1)働き方改革  (2)医療機関に関連する労働市場 2.世代間の価値観の差  (1)ゆとり世代は根性がないのか?  (2)「経験」か「ひらめき」か 3.事務職員の教育  (1)医療機関の事務  (2)職員教育は必要か  (3)事務職員の教育  (4)評価の取り組み 4.事務職員が医療機関の質を高める  (1)望まれる事務職員とは  (2)事務職員が医療機関の質を高める 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 14:00
    平成30年の同時改定は2025年を目指す医療と介護の一体改革におけるターニングポイントと言えます。第7次医療計画や介護保険事業計画も同時に開始され、まさに病床再編や地域包括ケアシステムの構築へ待ったなしと言えます。 ここまでに中医協や社保審等で検討されてきた内容を検証し、現段階で見える次回改定の動向と、医療機関等における対応策をお話し出来ればと思います。 1.機能別(急性期 回復期 慢性期)の入院医療の方向性 2.在宅医療とかかりつけ医機能の方向性 3.医療と介護の連携に係る診療の方向性 (リハビリテーション他認知症ケアなど) 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/11/11 13:00
    Ⅰ. ストーマや失禁管理に活用するデバイスの基本 【13:00~14:10】 人が生きていくために排泄は欠かせない行為であり、自分で排泄をコントロールできなくなることは個人の尊厳や生活にも影響を及ぼします。 疾患や病状により排泄経路の変更を余儀なくされたストーマ保有者や排泄障害を抱える高齢者が日々の生活を安心して過ごすことができるように、ストーマ装具と失禁管理に必要なケア用品をご紹介します。 1.ストーマ装具の種類と選択方法 2.失禁管理に必要なスキンケア用品とデバイス Ⅱ. ストーマスキントラブルはABCD-Stoma(R)ケアで解決! 【14:30~15:40】 2025年には複数の医療二ーズのある高齢者が医療施設ばかりか地域医療の現場にあふれます。 とくに高齢者の排泄管理には多くの課題を抱えます。そこで日本創傷・オストミー・失禁管理学会では医療関係者が誰でも一定の質でストーマ管理が行える「ABCD-Stomaケア?」を開発しました。スケールを使用して皮膚障害を数値化し、その皮膚障害の対処法ヘと案内されるものです。これを機会にストーマケアに強い医療・介護者を目指しましょう。 1.ストーマ周囲皮膚障害とは 2.ABCD-Stoma(R)とその採点方法 3.ABCD-Stoma(R)ケアを活用したストーマ管理技術のスキルアップ! Ⅲ. 失禁に伴うスキントラブルの予防と治療 【15:50~17:00】 失禁に関連したスキントラブルは、苦痛だけでなく、自尊心にも影響を及ぼし、QOL低下にもつながることから、適切なケアとアセスメントで早期解決することが重要です。本講では、失禁に関連する予防的ケアおよびスキントラブルの対処方法や、失禁関連皮膚障害(IAD)の評価スケールである「修正版IAD重症度評価スケール」についても解説いたします。 1.失禁によるスキントラブルの予防的ケア 2.失禁によるスキントラブルの対処方法 3.修正版IAD重症度評価スケールについて
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/27 19:00
    概要 肩関節の機能障害に対する治療手技の実技講習です。 肩関節の基本的な解剖・運動学から肩関節の他動運動や特定の回旋筋への収縮方法などから、拘縮や痛みがある肩関節への介入方法の練習を行います。 さらに、上肢全体の運動連鎖から肩関節の運動が前腕・手関節へ与える影響を考えた介入方法などもお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/20 19:00
    概要: 肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。 臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出なくて困った事はありませんか? 上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。 今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体についての運動療法を紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/13 19:00
    概要: 肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。 臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出なくて困った事はありませんか? 上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。 今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体の機能解剖、評価編について実技を交えながら説明し、それに基づいた運動療法を紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/06 19:00
    概要: 肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出ず困った事はありませんか?上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体の機能解剖について実技を交えながら説明し、それに基づいた評価、運動療法を紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/31 19:00
    概要 臨床の中で様々な疾患の動作分析を経験していると思います。 本セミナーでは歩行動作の周期ごとにおけるメカニズムと、 その機能が破綻することによりどのような症状が出現するかを運動学的に学んで頂きます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/24 19:00
    概要 基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてのポイントをお伝えします。 股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/10 19:00
    概要 足関節の基礎復習 機能解剖と運動療法について実技を交えながらお伝えいたします 基礎からどのように運動療法に展開するか学びなおしてみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/03 19:00
    概要 足関節の基礎復習 機能解剖や評価方法について実技を交えながらお伝えいたします 基礎から評価方法を学びなおしてみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/07/22 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/08/25 13:00
    Ⅰ. 介護事業のM&A事例 【13:00~14:10】 湘南乃えんグループは、相模湾に面する湘南地域で、主に地域密着型サービスに注目し、1拠点1法人の複合介護サービスを展開してきた特徴を持つ。事業拡大を目指していたが、一方、介護報酬の減額や介護職員の人材不足に直面し、2016年に株式売却を決めた。しかし、この売却には一切のネガティブイメージは存在せず、現在に至っている。マイナスの売却イメージを一掃し、会社が融合し発展していくというM&A戦略には、どのような経緯があったのかを今回ご紹介したい。 1.我が社の特徴(介護事業の特性、経緯からの特性)について 2.成長方針と株式売却との整合性をどう捉えるかについて 3.仲介会社の利用について 4.売却交渉を始めるタイミングについて 5.持つべき売却条件の優先順位について 6.理念や社風の重要性について 7.売却後に生まれた「嫁側」という意識について 8.結局、何を買われたのか Ⅱ. 医療機関のM&A事例 【14:25~15:35】 1.いつ売ろうと思ったか 2.医療法人は売買できるのか 3.高く売るためにどうしたか 4.伸び白があるうちに売ろう 5.売ったあとは仕事が無くなってしまうのか 6.売ったあとの影響も考える 7.M&Aの会社を使ったか? 8.職員は不安にならないか? 9.M&Aによる打ち合わせの内容  (1)デューデリはどんなだったか?  (2)個人保障について  (3)契約書  (4)決算書 Ⅲ. 伯鳳会グループのM&A戦略 【15:50~17:00】 医療法人伯鳳会グループは人口5万人弱の過疎の町、兵庫県赤穂市を本拠地としているが2004年の明石市を皮切りに、姫路市2ヶ所、尼崎市、大阪市此花区、東京都墨田区、江東区にM&Aの手法を用いて進出している。当初50億円あまりであった事業規模は現在400億円を伺う規模に成長した。過疎による医療・介護需要の減少を克服するための地方法人の生き残りをかけた取り組みを紹介したい。 1.人口動態に基付く医療需要予測とは 2.医療需要減少地域の病院の取り組みは 3.M&A後、赤字病院を建て直す方法は
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/09 13:00
    Ⅰ. 2018年同時改定、そして、2025年に向けた急性期病院のメルクマール(指標)を考える ~地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能として残るためにやることは何か~ 【13:00~14:55】 来年2018年同時改定以降から7対1入院基本料には従来の看護職員数、看護必要度、医師数、在宅復帰率等に加えて、メディカルスタッフ病棟配置、病床回転率、DPC機能評価係数Ⅱとのリンク、ケースミックス(患者構成)、1日入院単価等の様々な指標が改定の度に加わってくることが予測される。 次回同時改定へ向けた急性期病院の短期的対応だけではなく、2025年に向けた地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能の病院として地域でのポジショニングを確保するためのメルクマールを解説する。 1.地域医療構想と診療報酬改定はクルマの両輪 2.機能評価係数Ⅱの見直し(重症度係数、後発医薬品、重み付け) 3.メディカルスタッフの入院基本料への要件化はあるのか 4.病床稼働率だけではなく病床回転率(効率性係数の重要性) 5.1日当たり入院単価(7対1の平均52,150円という提示) 6.ケースミックス(患者構成)の重要性 7.退院支援加算1、認知症ケア加算1の持つ意味 8.質疑応答 Ⅱ. 2018年同時改定目前!看護必要度から考える急性期病院経営対策 ~疾患別、在院日数別看護必要度とベットコントロールの関係性と看護必要度のデータ精度を考える~ 【15:05~17:00】 2016年改定で7対1入院基本料に対する看護必要度が厳格化され、院内の看護必要度対策の風当たりが強まっている。2017年1月からHファイルの提出がはじまり、2018年度改定でも再検討がなされるのではないかという議論もあり、今までただ蓄積していただけの看護必要度データを病院経営へ活用することは急務である。忙しい業務の中で蓄積されたデータについて、看護部はじめ職員全体がモチベートされる看護必要度データ活用術を考える。 1.疾患別看護必要度とベットコントロール 2.自院で出来るデータ精度を上げるためのデータの見方 3.看護部門をモチベートさせるデータの活用術 4.同時改定を見据えた看護必要度の新たな展望 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所