関東地方のセミナー77 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/06/11 18:45
    人間工学とシーティング&姿勢保持を考えると、いすと車椅子の徐圧特性は同じではない。そこから分かる新しい座位の考え方。 姿勢と人間工学の関係性が分かった!回復段階、ADLに合わせたシーティング・フィッティングの概念も分かった!次は形にしよう! 身近にある物を利用して、解剖学、運動学、物理学を基に、座れる道具に変えて実際に使う。使うものはシートのたるんだ車椅子、タオル、バスタオル、段ボール等、そして中身も簡単に作れてしまうもの。あまりお金をかけずに、徐圧効果の高いクッションを短時間で作ります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/05 18:45
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有します。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。日常生活動作に合わせるために、動画として姿勢を捉え応用していく方法を考えます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/11 10:00
    【こんなことで悩んでいませんか?】 ・リハビリで何をしていいかがわからない ・アプローチの優先順位がわからない ・動作分析が苦手 ・触診が苦手 ・評価がわからない ・統合と解釈が苦手 ・どの患者さんにも同じリハビリの内容になってしまう ・患者さんがよくならない ・仕事が楽しくない 【リハビリの流れを見える化し、あなたのリハビリを加速させる方法】 ・リハビリの目的を明確にする ・リハビリの流れの基本原則を知る ・触診ができるようになる ・評価のポイントを知る ・動作分析の目的とポイントを知る ・問題点を抽出し優先順位のつけ方を知る ・アプローチ方法を知る ・実際の臨床で実践し、リハビリが加速したことを実感する 【本当に2日間で流れを理解し、リハビリが加速するの?】 実はリハビリの流れは根本的には ・動作分析をする ・問題点を抽出する ・アプローチする この3工程なんです。 この3工程に必要な要素が、先に挙げた8つの方法なのです。 【この研修会で得られること】 ・リハビリで何をしていいかがわかるようになる ・アプローチの優先順位がつけられるようになる ・動作分析のポイントが分かるようになる ・触診のコツが身につく ・何を評価していいかがわかるようになる ・統合と解釈ができるようになる ・患者様に合わせたリハビリを構築できるようになる ・患者さんが笑顔になってくる ・仕事が楽しくなる 【講義内容】 1日目:触診と評価 ・リハビリの目的について ・リハビリの流れについて ・触診のコツ ・触診(肩甲骨、骨盤、脊柱のランドマーク、大腰筋) ・局所の評価と解釈(FFD、パトリックテスト、トーマステスト) 2日目:動作分析とアプローチ法 ・基本動作分析の見方とポイント(寝返り・歩行) ・動作分析から導き出された問題点に対するアプローチ法(関節(肩甲胸郭関節のリリース、脊柱セルフモビライゼーション、仙腸関節体験)・筋(大腰筋リリース)・運動学習) ・問題点の抽出ワーク ・フローチャートの作成
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/15 10:00
    ※日本作業療法士協会、SIG認定、生涯教育システム対象研修会 1ポイント付与となります。 作業療法士限定です。 作業療法士の皆さんトイレ動作の訓練にてこんな悩みを抱えていませんか? ・骨盤の前傾できず、離臀が困難・・・ ・立位保持にて体幹が起きてこない・・・ ・ステップが踏み出せず、便座への移乗に時間がかかる などなど この悩みは多くの作業療法士が抱えているかと思います。 しかし、改善しようとすると上肢・下肢・体幹と見る箇所が多くあり、どこに評価・アプローチをしていいのかわからなくなります。 人の身体は体幹から抹消へつながっています。そのため、まずは体幹から評価・アプローチすることが必要となります。 昨今のリハビリでのアプローチとして体幹が注目されています。 体幹は身体の基盤であり、 ・腹圧が高められること ・柔軟な体幹の可動性があること の2点がとくに重要となってきます! 「立ち上がりでの体幹の機能とは」 椅子からの立ち上がり動作における体幹前傾角度の下肢関節モーメントへの影響を検討した研究では、『体幹前傾角度の影響はすべての関節モーメントで認められ, 殿部離床時の体幹前傾角度と股関節最大伸展モーメントにもっとも大きな相関があった』と報告がある。(引用:椅子からの立ち上がり動作における体幹前傾角度と下肢関節モーメントとの関係) この研究からも分かる通り、体幹での前傾角度が立位保持に大きく影響している。その体幹の前傾を保つためには上記の2点が大切となるのです。 リハビリの手順は 動きやすいに身体に整える ↓ 意識的に動かす ↓ 無意識に落とし込む の順番が大切です。 つまり、意識的に動かせない人はまず、『動かしやすい身体に整える』の段階が大切です。 そのためには、体幹の評価方法とアプローチ法を作業療法士が学ぶのが大切になってきています。 このセミナーでは、1つの評価方法と4つのアプローチ方法をお伝えすることで、 ・腹圧を高められる身体 ・柔軟な体幹の可動性 この2点のトイレ動作に必要な身体基盤を整えることが可能となります。 臨床で悩んでいる作業療法士の皆さん、体幹機能について学び、トイレ動作獲得の糸口を掴んでみませんか?
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/14 10:00
    理学療法士限定です。 日々の臨床でこんな悩みはありませんか? ・リハビリを何から始めていいのかわからない ・歩行分析のポイントがわからない ・体幹の問題なのはわかるけど評価がわからない ・体幹機能に対するアプローチ方法がわからない ・歩行分析で体幹の問題をなんとなくでしかわからない ・結果の出るアプローチ法を知りたい ・一つでも当てはまる場合は今すぐ参加をご検討ください。 歩行動作を改善するためには 機能改善→動作の改善→ADLの改善の3つのステップが必要です。 自転車で例えると ・自転車の動きのチェック(チェーンの緩み、ハンドル、ブレーキの掛かり具合など)→機能改善 ・自転車の乗り方の学習(サドルに座って、ペダルを漕いで、など)→動作の改善(リハ室内での歩行訓練はここの段階です。) ・日常的に自転車を使う→ADLの改善 となります。 つまり、歩行にアプローチするにはまず機能の改善が必要です。 体幹機能に影響する因子として3つ挙げられます。 ・体幹深層筋の機能障害 ・上肢の機能障害 ・下肢の機能障害 今回の研修ではこの3つのポイントにアプローチする方法をお伝えします。 また歩行分析でみるポイント・評価の方法・アプローチの優先順位なども合わせてお伝えしていきます。 講義内容 AM 歩行分析で基本となる3つの見るべきポイント 体幹に影響を及ぼす3つの原因(上肢・下肢・体幹深層筋) 体幹機能の評価と解釈(Finger floor distance (FFD) 検査) PM 問題点に対するアプローチ法 上肢・下肢・体幹深層筋に対するアプローチ
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/08 10:00
    近年では『体幹』に中心にリハビリメニューを組み立てることが多くなっております。 その中、『体幹は大事なのはわかるけど、アプローチ法は腹筋ぐらいしか知らない。しかも効果出てるいかわからないで悩んでいる』との声が多くの療法士から聞かれます。 【コア】はその名の通り身体の【核】となる部分です 患者さんに、疲れるだけで効果の無い体幹(コア)トレーニングを指導していませんか? 体幹深層筋(コア)トレーニングというと、 「この運動で○○筋が鍛えられます。」 「○○を使えば効率的にコアを鍛えられます。」 と、特定の部位を強化することに注目されがちです。 体幹深層筋(コア)が機能しない理由は、単純に筋力が弱化している事だけが原因でしょうか? 例えば家を建てる際に、荒れた土地にそのまま基礎を打って、柱を立てていく大工さんはいないと思います。丈夫な家を建てるためには、土台が大事になります。 ですので、地盤がしっかりしているかの確認をし、土地を整備して、初めて基礎を打ち始めます。 体幹深層筋(コア)トレーニングでも、機能的なコアを獲得する為に、コアが機能していない理由を明確にし、邪魔な部分があれば取り除く必要があります。 そして、その整備をしたうえでトレーニングをしていく必要があります。 効率的に患者(利用者)さんのコアトレーニングをしたいと思ったら、 ① コアマッスルが働かない原因を改善する(引き算の治療)        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ② コアマッスルを活性化するファシリテーション(足し算の治療) 上記の流れが理想的な治療法なのです。 多くの患者(利用者)では、現在持っている機能を十分発揮できない(邪魔している)ために、コアが機能していないケースが多いのです。 極端な話、コアマッスルが働かない原因を削除するだけでコアは活性化されるのです。 そこで、体幹部の解剖イメージを確認しつつ体幹機能臨床で行いやすい徒手的なアプローチを揃えた研修会を開催いたします。 【講義内容】 体幹機能の不活性因子を改善する ○肋間リリーステクニック  ○腹部ポンピングテクニック ○大腰筋〜腸骨筋間リリーステクニック 体幹機能を活性化する ○Transversus abdominis muscle(TAM)促通テクニック 活性化した動作時に使えるようにする ○運動療法
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/09 10:00
    OTとしての立ち位置確認しませんか?  セミナー会場で、こんな声が聞こえました。 ・ OTって何なんですかね? ・ 作業療法って他の職種に何て言えばいいんですかね? ・ 作業療法って本当に効果があるんでしょうか? 実は、私たちもスタッフも昔、 「作業療法?レクでしょ?」と言われて何も言えなかったです・・・ IAIRで前に立つ存在になって、悩んでいたのは自分だけじゃなかったんでって気づいたんです!! だから・・・開催を決めました!!! 『OTの OTによる OTのためのセミナー』 私たちもつまづきました。 でも、IAIRと出会い、発想を転換することができるようになりました。 さらに、作業療法の脳科学からみた効果も知ることができ、他職種にも『作業療法は科学的に効果が立証されているんです』と自信を持って話すことができ、 『俺(私)、OTじゃん!』と作業療法士としてのアイデンティティーを確立することができました。そんな方法を、みなさんにお伝えしたいと考え、この企画をしました! Q 作業療法が科学的に立証されているってどういうこと? ここ5〜10年、画像解析の進歩により、作業療法は脳科学的な効果が立証され始めました。この効果とは、セロトニンの分泌量です。セトロニンとは、『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。 みなさんが何となくやっていた ・散歩 ・フリートーク ・陶芸 などのアクティビティ・・・ 実はセロトニンの分泌量を向上させる効果があります。 *本講義ではセロトニン研究の第一人者である有田秀穂医師よりセロトニンについて直接監修、指導を受けた作業療法士が講義を行います。 セミナー内容 1日目 上肢テクニック  ・ 橈骨頭調整テクニック  ・ 手のアーチ形成テクニック 下肢テクニック  ・ 腸腰筋リリース  ・ 立方骨の調整テクニック 2日目 ・ 脳内セロトニン分泌メカニズムと作業療法の関係 https://www.youtube.com/watch?v=QG0HIUf7iTY
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/07 13:30
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/05/31 18:45
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有します。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。日常生活動作に合わせるために、動画として姿勢を捉え応用していく方法を考えます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/23 18:45
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/23 14:00
    院内研修会などで「医療倫理」が取り上げられることもめずらしくなくなってきましたが、臨床で生じる倫理的問題は、「どうするのが正しいのか」について確たる正解がないことも多いため、難しく考えられがちです。 このセミナーでは、法令、裁判例及びガイドラインなどのほか、講師がこれまでに経験した事例を加えた多数の実例をもとに、法的に「何をしてはいけないのか」という視点をメインに、「すぐに役立つ医療倫理」をご紹介します。 1.医療倫理とは何か  *臨床での事例検討方法  *医療倫理と法 2.診療行為への同意  ・同意能力が疑わしい場合の判定基準  ・患者の同意が不要な場合とは  ・家族による同意の可否  ・認知症患者の場合  ・未成年者の場合  ・身寄りがない場合  ・同意の有効期限 3.家族の意見をどこまで取り入れるか  *無謀な治療を求める家族への対処 4.同意書の問題  ・同意書があれば訴えられない?  ・説明同意書に記載が必要な事項とは  ・署名だけで捺印がない同意書は無効? 5.IC  ・癌告知はすべきか  ・自院で行っていない最先端の治療でも説明する義務  ・どこまで詳細に説明すればよいのか  ・紛争防止に有効なカルテ記載方法 6.終末期医療(DNAR等)  ・積極的安楽死事例  ・治療行為の中止・差し控え事例と顛末  ・終末期医療に関する各ガイドライン  ・厚労省調査にみる今後の終末期医療のあり方  ・DNARの裁判例 7.宗教的輸血拒否  *裁判例とガイドライン 8.倫理審査委員会  *院内倫理審査委員会の役割と厚労省指針 9.守秘義務  ・虐待が疑われる患者についての通告と守秘義務  ・警察から患者情報の提供を求められたら  ・診療情報を患者の家族に伝えてよいのか 10.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/06/19 18:45
    クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、クッションの作り方を学ぶ。 人の姿勢は運動の連続です。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。様々な身体状況に対応する技術を身につけましょう。クッションを作るには徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置などを自分自身の身体から見つけ体感します。その情報は座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、そして『対象者の姿勢へのケア』を導きます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/02 13:30
    身体全体へ支持と固定を入力し、重力と抗反撥に拮抗させるポジショニングアプローチ。(2016.11東京都作業療法学会にて発表) 身体を包み込む感覚入力をビーズクッションで型を採り全身を固定するような環境にすると、筋緊張の改善と高次脳機能への変化が確認されました。重力をコントロールし低反撥ではなく高反撥で強い感覚入力を行う。このポジショニングを行うことで、異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果と具体的な症例と共にご紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/21 13:00
    本格的な病院大再編が既にスタートしています。2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定、国民健康保険の財政都道府県単位化、新たな医療費適正化計画の実施―などの重要なイベントが重なり18年度は「惑星直列」とも呼ばれています。 病院の経営陣が今後の経営を議論する上で重要なことは、 (1)地域における自病院のあるべき姿について、感覚論をなくし多角的なデータで徹底的に議論する (2)2025~35年の人口動態を見据え、長期的視点での病床機能と介護連携を考えること です。 今年度の改定では、急性期病床機能の測定のひとつとしてEFファイルを用いた「重症度、医療・看護必要度Ⅱ」が導入されました。ただ、「必要度Ⅱ」をシミュレーションし「必要度Ⅰ」と比較して"どちらを選択するか"という議論だけでは本質的な自院の病床機能が見えてきません。まずHファイルとEFファイルの"データの精度"を上げることが必須です。さらに重要かつ本質的な思考は「重症度、医療・看護必要度」から急性期を脱した患者の転棟・転院タイミングを計り、急性期疾患の在院日数をマネジメントする。そしてこれらを踏まえ、来たる人口構造の変化と地域全体の急性期、回復期、療養のニーズをみすえ、自院の病床機能を定義することです。 暫定調整係数がなくなった今、「機能評価係数Ⅱ」はDPC病院にとってますます重要な指標となりました。「機能評価係数Ⅱ」は急性期度合いを計るバロメーター(通信簿)です。通信簿の成績を良くするためには、それぞれの指標において厚労省が意図する仕組みや定義を理解し、カイゼンが可能な効率性・カバー率・救急医療係数などについて、DPCデータでベンチマーク分析することで自院の課題を検証し向上策を特定するのです。 1.病床機能をどう定義するか 2.機能評価係数Ⅱの向上 3.PFM(Patient Flow Management) 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/08/04 13:00
    医療事故調査制度の運用も定着しつつあります。しかしながら、今もって、多少の逸脱や混乱が見られます。警察への届出や刑事捜査への対応、それらに関連したマスコミへの対応にも、同様の戸惑いが残っているようです。厚生労働省などの政策動向も踏まえ、本セミナーでは、それらへの対処事例を通じ、法的観点を踏まえた現場対応の実践の仕方のポイントを解説いたします。 1.医療事故調査制度のこれまでの運用の実態  (1)不要な届出事例  (2)法令違反の院内調査の具体的事例  (3)訴訟その他の紛争化のパターン  (4)諸々の運用上の反省点とその改善 2.厚生労働省などの政策動向  (1)医師法第21条「外表異状」  (2)医療行為と刑事責任「軽率性と未熟性」  (3)今後の政策動向 3.医療事故の警察届出と警察捜査への対応実務  (1)警察届出の要否の実例  (2)警察捜査の現場実務  (3)警察対応への工夫 4.医療事故でのマスコミ取材への対応実務  (1)取材対応の要領  (2)記者会見のやり方 5.質疑応答/名刺交換
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/07/21 13:00
    近時、厚生局による個別指導や適時調査、会計検査院による会計実地検査、そして、常態化した自主返還など、診療報酬請求をめぐる規制が厳しさを増しています。 本セミナーでは、それらへの対処事例を通じ、法的観点を踏まえた現場対応の実践の仕方のポイントを解説いたします。 1.個別指導や適時調査、会計実地検査の強化の懸念 2.指導・監査への適切な対応実務  (1)指導は「研修」、監査は「調査」  (2)個別指導・監査の実務  (3)弁護士帯同の普及  (4)個別指導の後の診療報酬の自主返還 3.適時調査への適切な対応実務  (1)指導とは異なっている適時調査の特徴   (2)適時調査の実務  (3)弁護士帯同の普及  (4)適時調査の後の診療報酬の自主返還 4.会計検査院会計実地検査への適切な対応実務  (1)指導・監査・適時調査とは異なっている法的根拠とその実態  (2)診療報酬の自主返還 5.厚労省地方厚生局など行政による指導監査や適時調査などへの対処  (1)カルテ記載等の書類整備の仕方は  (2)電子カルテの虚偽記載は犯罪に  (3)保険医療機関指定と保険医登録を守るためには  (4)自主返還の実務 6.質疑応答/名刺交換
    (株)新社会システム総合研究所