関東地方のセミナー88 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/06/08 13:00
    Ⅰ. 働き方改革関連法に対応する労務管理の基本 Ⅱ. 看護管理現場で発生する事例から労務管理を学ぶ Ⅲ. 質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/22 13:30
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. セントラルキッチンシステム導入による効果と課題 Ⅱ. セントラルキッチンかすがいの挑戦と目指すところ
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/20 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. フォーミュラリーをめぐる動きと経営への影響 Ⅱ. 東北医科薬科大学病院における院内フォーミュラリー導入事例 Ⅲ. 新座病院におけるフォーミュラリーの導入と具体的作成事例
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/20 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. コンサルタントの視点 Ⅱ. 療法士の視点 Ⅲ. 医師の視点
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/19 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. 次世代医療基盤と遠隔モニタリングが拓く情報化時代の医療 Ⅱ. オンライン診療、医療ICT化の最新動向と将来展望 Ⅲ. 第5世代移動通信5Gの医療分野への応用
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/04/13 10:00
    ※価格は昼食代込です ※「2018‐2019年版在宅診療報酬Q&A」(医学通信社刊)を席上配布いたします 複雑な在宅医療の点数をマスターして活用するとともに、2020年の改定にバッチリ対応できるようにしませんか。 在宅医療点数を正しく算定し、算定漏れをなくすことを目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちを説明した上で、点数算定・請求までの疑問点解消のために、疑義解釈を通じて解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整、施設入所者の医療なども分かりやすく説明いたします
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/06/28 10:30
    本セミナ-では、GMPやバリデーションを実践する上でのポイントなどの説明を通してその本質を紹介する。  特に、そこにはヒトの特徴(ヒューマンエラー)や科学技術の技術進歩、そして行政側の政策が深くかかわっているが、こうしたことを理解した上で、今医薬品の開発・品質保証に対して、どのような取り組みが求められているのか、考える機会を提供する。  そして、自社に適したGMPを構築するため、また自分の言葉で自社のシステムを説明するための基礎的な知識を提供する。 新入社員や新任者の方にも最適なセミナーです!
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/22 10:30
    【習得できる知識】 バイオ医薬品製造設備及びプロセス開発に必要となる項目と手法を解説することでバイオ医薬品製造工程開発及び製造システムの導入に際して基礎となる知識を得ることが出来る。 1.GMPとダウンストリームプロセス開発のためのバリデーション戦略 2.バイオ医薬品製造における精製システムの適格性評価 3.バイオ医薬品の分析法と分離剤の適格性評価 5.クロマトグラフィー工程の至適化とバリデーション 6.精製システムのメンテナンス
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/20 12:30
    1腸内細菌叢研究の進展 −腸内細菌研究の歴史 −無菌動物 2メタゲノム解析 ・従来のシーケンサーと次世代シーケンサーの違い ・メタゲノム解析とメタ16S解析 ・腸内細菌と疾患 ・疾患との因果関係 − 鶏か卵か 3腸内環境の解析 ・統合オミクスによる解析例  −ビフィズス菌が産生する酢酸によるマウスO157感染死予防  −兆内細菌が産生する酪酸による大腸制御性T細胞誘導  −発性硬化症における腸内細菌叢の関わり  −1型糖尿病における腸内細菌叢の関わり 4畜産業における腸内細菌研究
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/27 12:30
    1事業化失敗事例、そして最初に考えるべきこと 2まず、どこの国でビジネスをするか 3主として海外での展開を考える場合 -規制、商習慣と技術トレンド -ターゲット市場と商品設定を考える上で必要なニーズとトレンド -薬事規制 -市場への参入、その形態と販路開拓 4導入品の国内販売における留意点 5製品実現=顧客の望むものをタイムリーに正しく作る -設計開発=プラットフォームとして捉える -購買と製造(サービス)=正しく作り、正しく使ってもらう -販売とサービスの連携 6ヘルスケア製品ならではの留意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/29 10:30
    1GMPでの文書管理の基本 -文書体系 -作成と改定、保管 -指図者と記録の承認者 -記録(5W1Hの記載) -電子記録 -GMP省令の改正点 2SOP、記録書のポイント -工程管理の記載 -記憶にするな!記録にしろ! -転記ミス -できないことを書くな! -しているはず 3ダブルチェック -責任と権限 4データインテグリティ -真正性 -見読性 -保存性 5CAPA -教育訓練の徹底 -犯人捜しと叱責 6ヒューマンエラー防止のシステム -見える化 -品質方針 -PDCAサイクル
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/31 12:30
    【プログラム】 1 中国の治験実施医療機関 2 韓国の治験実施医療機関 3 台湾の治験実施医療機関 4 中国のIRB審査 5 韓国のIRB審査 6 台湾のIRB審査 7 中国GCP 8 韓国GCP 9 台湾GCP 10 ICH-GCP 11 CFDA 12 MFDS 13 TFDA 14 中国治験の指摘事例 15 韓国治験の指摘事例 16 東アジア各国の治験データの品質 特に大きく規制当局の要求事項を変えた中国を中心に、臨床試験の実際とその品質を解説!
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/30 12:30
    本講演では、医療機器への組込ソフトウェアおよびソフトウェア単体医療機器という視点で、如何にレギュレーションに対応させるのかを把握いただきます。 AIを利用したソフトウェアシステムは、アーキテクチャ上、通常のソフトウェア・コンポーネント部分と深層学習機能等を実現したAIエンジン・コンポーネント部分に大別される。 開発プロセスでの各コンポーネントの位置づけと利用すべき規格と留意点、また各コンポーネントが結合したソフトウェアシステムとしての位置づけと利用すべき規格と留意点が異なるので、詳しく解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/29 12:30
    【習得できる知識】 〇 医薬品ライセンスの判断をなすにあたってのビジネス上の要素・考え方 〇 医薬品ライセンスに関連する各種契約についての基本的知識・法律理解 〇 医薬品ライセンス契約の交渉における留意点 〇 医薬品ライセンスにおけるデューディリジェンス 企業がライセンスを許諾し、または許諾を受けるか否かの判断は、その経営戦略に強く関連します。経営上のいかなる要素に基づいて企業がそのような判断をなしているのかについても言及します。 入門者にも最適なセミナーです!
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/21 12:30
    【習得できる知識】 ・エンドトキシン(Et)の基礎 ・三極薬局方Et試験法とバリデーション手法 ・Et試験法および除去法のバリエーション ・再生医療、細胞治療におけるEt試験の意義 ・再生医療等製品の品質確保 ・品質リスクマネジメント 本セミナーでは、エンドトキシンの基礎、日米欧三極局方に基づいたエンドトキシン試験法、バリデーションのポイントとデータ解釈上の留意点等について国内外の薬事規制動向を踏まえて解説し、再生医療等製品における品質リスクマネジメント実践の要点と今後の展望について述べる。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/28 12:30
    室内環境には,様々な臭気が存在し,対策として,“臭気対策の三要素(臭気発生の抑制,伝達経路の遮断,不快度の低減)”を実践すれば良いが、効果的に進めるには知識が必要である。 本セミナーでは、嗅覚特性、関連法規(悪臭防止法、VOC排出規制、有機則)、臭気発生状況の調査方法、既存脱臭法の原理と特徴、対策後の効果を大まかに予測する手法などを学習し、臭気・VOCなどのガス状汚染物質を処理するためのノウハウを身に着ける。 脱臭・VOC対策を検討される方、ガス除去装置の開発を目指している方は、ご参加ください。
    株式会社R&D支援センター