北海道・東北地方のセミナー2 件中 1 - 2 件を表示

  • location_on北海道query_builder2019/01/14 09:30
    このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の股関節・鼠径部編のご紹介です。 鼠径部痛症候群は様々な問題が絡み合って症状を引き起こすため、正確な評価が必要となります。 そして、保存療法でスポーツへの完全復帰を果たすには、内転筋群・鼠径部・腹筋群に残存しやすい滑走不全を正確にリリースする技術が必要と言えます。 CSPT クリニカルスポーツ理学療法セミナーの「股関節編」は、この評価から治療技術までの一連を習得できるセミナーです。 スポーツに関わる医療従事者の方や、股関節痛に悩む患者さんを抱える方はにはとくにおすすめのセミナーです。 ■コラム「スポーツが原因の股関節痛 鼠径部痛症候群の治療」 https://realine.info/realine/column/groin-pain
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on北海道query_builder2019/01/13 09:30
    このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の骨盤編のご紹介です。 CSPT骨盤編では、仙腸関節痛を引き起こすメカニズムに、PSIS(上後腸骨棘)間の開大によるストレスが原因となるとして、その評価、治療を紹介します。PSIS間が開大する原因として、 ①寛骨内旋(ASIS(上前腸骨棘)間の接近) ②寛骨下方回旋(腸骨稜の開大) ③寛骨前・後傾 の3つがあり、これらが複数同時にみられることもあります。それぞれを引き起こす軟部組織の滑走不全は触診によって特定でき、その滑走性の改善によってPSIS間を接近させて仙腸関節の安定性を向上させることができます。 微細な骨盤運動を正確に評価し、治療につなげていくコンセプト、技術を学びませんか。骨盤の解剖から、仙腸関節痛の病態、評価、治療を明確に示していきます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会