北海道・東北地方のセミナー6 件中 1 - 6 件を表示

  • location_on宮城県query_builder2018/01/06 09:15
    超音波ハンズオンセミナーでは、できるだけ長い時間「装置やプローブに触れて欲しい」との思いから、US-ismでは装置1台につき2~6名までの少人数制で超音波検査技術をお伝えする実技講習会を実施しています。 実際にプローブを持って、画像の描出から検査手技、検査時に大切なポイントを丁寧にわかりやすく講師が解説していきます。 腹部エコー・心臓エコー・頚動脈エコー・乳腺エコー、各領域のハンズオンセミナーは、超音波検査(エコー)をこれから始める方~初心者の方まで、誰でも受講することができます。
    株式会社US-ism
  • location_on宮城県query_builder2018/01/06 09:15
    超音波ハンズオンセミナーでは、できるだけ長い時間「装置やプローブに触れて欲しい」との思いから、US-ismでは装置1台につき2~6名までの少人数制で超音波検査技術をお伝えする実技講習会を実施しています。 実際にプローブを持って、画像の描出から検査手技、検査時に大切なポイントを丁寧にわかりやすく講師が解説していきます。 腹部エコー・心臓エコー・頚動脈エコー・乳腺エコー、各領域のハンズオンセミナーは、超音波検査(エコー)をこれから始める方~初心者の方まで、誰でも受講することができます。
    株式会社US-ism
  • location_on宮城県query_builder2017/11/12 10:00
    【講義内容予定】 ・座学 本当の触診とは? レイヤーパルペーション(階層触診)とは? ・実技 骨ランドマークの触診 (肩鎖関節、胸鎖関節、肩峰、上腕骨頭、腕頭関節、腕尺関節、手根骨、中手骨など) 骨の触診・リリース(例:肩鎖関節の制限リリース) 筋の触診・リリース(例:小胸筋の制限リリース) 筋膜の触診・リリース(例:前腕の筋膜リリース) 皮膚の触診・リリース(例:皮膚の制限リリース) ※座学と実技を中心に実施致します。
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on山形県query_builder2017/10/01 10:00
    【講義内容予定】 ①心理学を応用した筋・筋膜リリース ・皮膚の機能解剖について ・ミラーリングについて ・Tension Releaseテクニックとは? ②心理学を応用したストレッチ ・ダブルバインドとは ・トランス状態とは ・ダブルバインドストレッチとは? 【このような悩みをお持ちの方にオススメです】 ・得意な手技の効果を最大限に引き出したい ・筋・筋膜リリース、ストレッチの効果がいまひとつ ・疼痛が強い場合のアプローチ方法が少ない ・心理学を応用した治療に興味がある
    本質力リハビリテーション協会
  • location_on宮城県query_builder2017/09/30 10:00
    日本プロカウンセリング協会 「2級心理カウンセラー養成講座」  土日2日間で履歴書に書ける資格が取得できます。 10:00~17:00開催 開催は定期的に行っております。ご都合の良い日程をお選びください。 チケットにて通常価格¥71,280→¥9,980 (販売詳細チケットサイト:http://d-prokan.com/) ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ まずはチケットサイトをご覧下さい。 心理カウンセリングの普及に向けて本気で取り組んでいる非営利団体が直接提供する特別キ
    一般社団法人日本プロカウンセリング協会
  • location_on岩手県query_builder2017/10/15 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会