お気に入りのブログがきっと見つかる 医療系ブログのコレクション poche ブログランキング

おすすめセミナー

  • location_on兵庫県query_builder2017/7/2 (日)
    【世界一受けたい授業!竹井仁先生による徒手療法セミナーが再来!!】 全身を繋いでいると言っても過言ではない筋膜について、あなたはどれくらい理解しているでしょうか? 筋膜とは浅筋膜・深筋膜・筋を薄く覆う筋外膜・筋束を包む筋周膜・筋線維を包む筋内膜からなります。 筋外膜からは一部の筋線維が深筋膜に入り込み、深筋膜は関節を越えて広い範囲で全身を包みます。 深筋膜は筋膜配列・筋膜対角線・筋膜螺旋によって、14通りのつながりで体全体を覆っています。 この連続した筋膜の繋がりが、身体の運動連鎖や、関連痛といった身体の痛みに大きく関わってきます。 このことから、筋膜性腰痛や肩こりのように、一見痛みの出ている部分と全く関係のない部分が責任病巣(問題点)であることもあるのです。 本セミナーは、昨年募集開始からわずか1.5ヶ月で満員御礼となった首都大学の竹井仁先生にお越しいただき、最新の知見を交えた筋膜に対する徒手療法についてご講義いただきます。 セミナー中に受講生様の中で痛みのある方を選別し、実際の治療デモンストレーションも行って頂く予定です。 なかなか講師の治療を見る機会はありません。 興味がある方はぜひともご参加をお待ちしております。   概要 徒手理学療法の中でも、筋・筋膜に対するアプローチを中心に解説する。 講義の流れは、まず筋膜の解剖・生理について概説する。 次に治療アプローチとして、筋膜マニピュレーション(Fascial Manipulation)の評価と治療を概説する。 さらに、参加者の中で、実際に痛みのある人の評価から治療のデモンストレーションを実践する。 治療後には、痛みが軽減し、筋出力と可動域の向上、運動パフォーマンスの改善がみられることを確認していただきたい。 ご協力いただける参加者は肌を露出できる服装を用意していただきたい。 ※本セミナーは座学が中心となりますが、一部デモンストレーションを含みます。   持ち物 ・筆記用具 ・昼食
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on埼玉県query_builder2017/7/13 (木)
    概要: 肩関節有痛者では上腕骨頭の偏位を呈している事が多くみられます。これはメカニカルストレスの原因となり疼痛を生じさせると多数報告されています。 臨床上、肩甲上腕関節で修正しようとしても良い結果が出なくて困った事はありませんか? 上腕骨頭の偏位を起こす原因は肩甲骨や鎖骨だけではなく胸郭、骨盤帯、下肢など多岐に渡っているからです。 今回、それらを紐解いていくために肩関節複合体の機能解剖、評価編について実技を交えながら説明し、それに基づいた運動療法を紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/8/15 (火)
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/8/22 (火)
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/8/27 (日)
    ドローインをするとスポーツが下手になると言ったら信じますか? 実はこれは本当のことです。 体幹を鍛える時に「ドローインでお腹を凹ませることで腹圧が上がり体幹は安定する」と言われますが みなさんよく考えてみてください。 ボディブローを食らう時にあなたはどうしますか? お腹を凹ませた状態で殴られたら・・・内臓破裂しますよ。 あなたはきっとお腹を膨らませることでパンチに耐えようとするのではないでしょうか? そうお腹を凹ませて体幹を安定させるなんてのは嘘だったんです。 剛構造と柔構造&体幹の階層構造化 では、どんな体幹を作ったらいいのでしょうか? それは 体幹の柔構造化 です。   建築の話になりますが 建築には「剛構造」と「柔構造」という構造があります。 前者は分厚い壁で外側を固める衝撃に耐える構造。 後者は揺れることで衝撃を吸収する構造。 この2つの構造を比較した時に前者の剛構造型の建物は簡単に崩れてしまいます。 これを人体に当てはめると・・・ 体幹トレーニングで腹横筋に代表されるようなコアユニットを鍛えて安定させようとするのは まさに身体を剛構造化しているということであり、非常に脆い身体にしているということです。 なので、強い体幹を作り上げるには体幹を柔構造化しなくてはいけないのですが しかし、体幹を柔構造化しただけでは不十分です。 なぜならここまでの話は3段階ある姿勢制御のうちのLEVEL1とLEVEL2でしかないからです。 不安定を作り出す運動理論 LEVEL1の「姿勢保持」、LEVEL2の「支持基底面内での重心移動」だけでは 実際のスポーツに必要な「移動動作」に繋がらないからです。 では、移動動作とは何なのか? それは支持基底面を変化させながら重心移動をすることです。 支持基底面を変化させ、新しい支持基底面内に重心を移動させることで「歩く」「走る」が可能になります。 そして、日本のアスリートが世界のアスリートに劣るフィジカルというのは 「当たりの強さ」だけでなく、この移動の「速さ」が決定的に遅いと言われています。 武術にみる卓越した体捌き 近代武道はスポーツ化していますが、古来の武道では「命のやりとり」になることもなり 特に日本の剣術では一瞬の動きで勝負が決まってしまいます。 そんな一瞬の勝負の世界で築き上げられた武術の動きこそが スポーツに必要な動きになります。 もちろん、本セミナーでお伝えする動きは「速さ」だけではありません。 西洋医学的な運動連鎖で武術の動きを解き明かしているため「力強さ」や「障害予防」にもつながります。 講師はテレビで特集される人気理学療法士 講師はOriental Physio Academy代表の波田野征美先生です。 学生時代は野球、社会人になってからは実業団所属の自転車ロードレーサーとして競技生活をしていく中で従来のトレーニング理論に疑問を抱き、「勝つために本当に必要な動きとは何なのか?」を探求していく中で武術を取り入れた現在の理論にたどり着きました。 感覚的に説明されることの多い武術の理論を理学療法士として運動物理学的に解明し、シンプルかつ効果的なトレーニングはメディアからも注目され、多数の記事を寄稿。 2016年には主要民法テレビ局であるテレビ東京の人気サッカー番組『FOOT BRAIN』でも特集されました。 次回開催未定の貴重なセミナーです。 徒手療法コースのセミナーだけで年間の日程が埋まってしまう人気講師です。 関西はもちろん全国でも本セミナーの開催は未定となっている貴重なセミナーです。 スポーツ分野に少しでも興味のある方は必ずご参加下さい。 持ち物 動ける服装(エクササイズ中心になります) 飲み物(脱水症状予防に必ずご準備ください) 昼食 ヨガマットやバスタオルなど床に敷くもの <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/8/8 (火)
    概要 異常歩行はどのような関節運動や筋活動が行われているのか 臨床上で多い異常歩行の紹介をしながらメカニズムを説明し、何故この異常歩行は起こるのかなど実技を通して理解していただければと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/7/1 (土)
    【1か月目 体幹編】 <1日目> 〜 AM:触診 〜 ◯頸椎  ◯胸椎  ◯腰椎   ◯胸鎖関節  ◯PSIS  ◯腸骨稜 〜 PM:関節モビライゼーション 〜 ◯C2  ◯C7  ◯脊柱  ◯胸鎖関節 ※ 触診が上達するための6つのコツ、股関節・手指のコンディショニング ※ 評価の流れ、報告書の書き方 <2日目> 〜 AM:触診〜 ◯大腰筋  ◯最長筋  ◯腸肋筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋、(僧帽筋) 〜 PM:筋膜リリース 〜 ◯大腰筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋(僧帽筋) ◯体幹深層筋の活性化  ◯階層的触診の方法 ◯症例検討  【2か月目 上下肢編1】 <3日目> 〜 AM:触診 〜 ◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節 〜 PM:関節モビライゼーション 〜 ◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節 ◯症例検討 <4日目> 〜 AM:触診 〜 ◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス ◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋 〜 PM:筋膜リリース 〜 ◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス ◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋 ◯症例検討 【3か月目 上下肢編2】 <5日目> 〜 AM:触診 〜 ◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節 〜 PM:関節モビライゼーション〜 ◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節 ◯症例検討 ◯復習 <6日目> 〜 AM:触診 〜 ◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋 〜 PM:筋膜リリース〜 ◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋膜 ◯症例検討 ◯復習 *進行状況によりお伝えする内容は変更になる場合がございます。何卒ご理解ください。 詳細はホームページからご確認ください。 >>>http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
    療法士活性化委員会
  • location_on東京都query_builder2017/7/2 (日)
    あなたは脳卒中患者様の歩行獲得に対して・・・・・ 4月から新人セラピストとして働きだした皆さん おそらく、 回復期リハビリテーション病棟で脳卒中片麻痺の方にリハビリテーションを行っている方が多くいらっしゃると思いますが・・・ “ちゃんと治療できてますか?” 色々な文献を読んだり、先輩セラピストから教わったりして ”ちゃんと治療できている”方にはこの講座は必要ありません。 しかし、患者さんを良くしたいという強い気持ちがあるのに「文献を読んだだけでは具体的な方法が分からない」とか「先輩は忙しそうでなかなか教えてもらえない」とか「職場の新人教育プログラムだけでは不十分」など ”知りたいのに教えてもらえないセラピストの方々”にはお薦めの講座です。 本セミナーでは、セラピストが臨床で担当することが多い脳卒中片麻痺の患者さんの歩行再獲得のために必要な運動療法を体系的にお伝えします。 脳卒中片麻痺の患者さんからは歩行獲得に向けて私たちセラピストには大きな期待が寄せられていますが、治療に難渋した経験を持つ方も多くいると思います。   脳卒中片麻痺患者さんの歩行障害に対する運動療法は、画一的に4点杖を用いた3動作継ぎ足歩行からスタートして「杖・患側・健側」と号令をかけ、 まるで努力性の強い随意活動の一部のような方法で練習をしているだけになってはいませんか? 実際の患者さんには高い潜在能力があるのにも関わらずです。しかしそれを見極めるためには療法士にはいつどのような歩行練習を始めるかといった症例に合わせた細やかなクリニカルリーズニング能力が要求されます。 正常な歩行運動のメカニズムは、大脳皮質での運動プログラム作成から始まり、脳幹網様体での運動前段階での姿勢制御「予期的姿勢制御」や大脳基底核と視床での運動のコントロールが行われて歩き出します。 そして、一度歩き出したら、中脳などにある歩行誘発中枢や脊髄の歩行パターンジェネレーターの作用で、自動的に振り子運動のように歩き続けることができます。 しかし脳卒中片麻痺になると、麻痺側の感覚が鈍くなり、非麻痺側の過剰活動によって、健康な頃と比べて身体イメージが狂ってきます。そして麻痺だけの問題でなく、背骨や手足の筋肉のコンディションが悪化して固く強張ってしまいます。 当日は実技を多く交えてそのクリニカルリーズニングに必要な姿勢制御機構と脳卒中片麻痺者への運動療法を分かりやすく講義したいと思います。 プログラム ・背臥位で行う下肢の治療 ・不活動によって弱化した筋のコンディションやアライメントを整える方法 ・背臥位から側臥位への姿勢変換を使って歩行の要素を促通する方法 ・側臥位で行う下肢の治療 ・麻痺側下の側臥位で歩行に必要な麻痺側下肢の支持性を高める方法 ・麻痺側が上になった側臥位で麻痺側遊脚期の運動を促通する方法 ・坐位で行う下肢の治療 ・歩行に必要な立ち直り反応を坐位での骨盤コントロールで促通する方法 ・痙性によって引き込まれた麻痺側ハムストリングスの長さを作る方法 ・立位で行う立脚期の準備 ・歩行に必要な麻痺側立脚期の支持性を立位の中で作っていく方法 ・立位で行う遊脚期の準備 ・歩行に必要な麻痺側遊脚期の運動を促通する方法 ・歩行のための非麻痺側の治療 ・非麻痺側の過剰な反応をコントロールして楽に歩けるようにする方法 ・足首と足指のモビライゼーション ・膝と股関節のモビライゼーション ・歩行の介助 ・重度な片麻痺の方への最大介助による介助歩行の方法 ・中等度な片麻痺の方への最小限介助による介助方法   【持ち物】 ・動きやすい服装 ・筆記用具 ・昼食
    EPoch / 株式会社Rebel Flag

健康トピック (記事提供 : おうちdeケア)